2018年最近の山歩き

2018年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
     
・リンク2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home


15.【3月29日(木)】今畑登山口→廃村今畑→ササ峠→近江展望台→西南尾根→霊仙山最高点(1094m)→お虎が池→汗ふき峠→大洞谷→落合→今畑登山口

今畑登山口 近江展望台を望む 近江展望台 福寿草 霊仙山最高点 オニシバリ 
ミヤマカタバミ
 
ボタンネコノメソウ 
 1週間前の3月22日洛西オヤジさんが,3月24日okaokaさんが,それぞれ霊仙山に福寿草見物に行かれた.これらの情報をもとに,さらに,洛西オヤジさんからは駐車場所の情報を得て,勇躍,霊仙山に車で出かけた.(霊仙には5年前に「山少年」の案内で柏原から登り醒ヶ井に降りるルートで出かけたことがある.このときは5月でヤマシャクヤク見物が目当てだった.また鈴鹿山系の福寿草見物では2年前にYさんと一緒に藤原岳に出かけたことがある).
 
 京都南から名神に乗りまずは彦根インターを目指す.彦根インターの少し手前の多賀サービスエリアに立ち寄りトイレ休憩.彦根インターからはR306,そして県道17号線に入り,河内風穴を通り過ぎて今畑登山口へ.

 3台ぐらい駐められる登山口近くの路肩に駐車.すでに1台車があった.身支度をして登山届を出していよいよ出発.最初からかなりの急登.廃村今畑のお寺周辺で福寿草が点々と咲いている.ここの福寿草は咲き始めから時間が経っていると見え,もう終わりに近い.

 この調子だと西南尾根では今日が満開で楽しめるだろうと期待が高まる.ササ峠に着くまでに近江展望台と呼ばれるピークが見える.ササ峠から近江展望台までの急勾配の斜面の登り.苦難の登りである.お天気が続いて乾燥しているが,それにしても滑りやすい.なるべく岩のあるところを辿って一歩一歩登って行く.標高差300mになるのか.


 やれやれ.しかしこれからが福寿草である.あっ,こちらに,いや,こっちにもと,福寿草の満開である.藤原岳でも感激したが,そのときは他の登山者が多かった.今日はわれわれで独り占めの感じで感激もひとしお.ゆっくりと鑑賞,見物した.

 ここから先は花には恵まれていない.お虎が池の近くで昼食にしようと急ぐ.霊仙最高点は踏んだが,三角点と経塚山はパス.だだっと降りて,お虎が池の近くまで来て少し遅い昼食.コンビニおにぎり2個と卵スープ.デザートは梅ヶ枝餅とお茶.

 昼食後,まずはお猿岩分岐まで登り返し,そこから急な斜面を土埃をあげながら慎重に降り,汗ふき峠に至る.汗ふき峠から大洞谷を降る.峠直下のところの斜面は道が崩れかけ細い.今日第2の慎重を要するところ.幸いロープがあるので,補助的に利用しながら沢の所まで降りる.沢の所まで来ればあとは渡渉に注意しながら沢沿いに降ってゆく.水量やや多いが,適当な石を見つけては渡渉する.

 林道に出合えばあとは楽々.落合の集落を経て登山口近くの駐車地に戻った.今朝来たときにあった車はすでになく,今朝はなかった車が1台駐まっていた.

 帰りはまた多賀サービスエリアに寄り,ソフトクリームを食べて帰途についた.今日の打ち上げはビール.3月とはとても思えない暑い日だった.最高の福寿草が見られて大満足の一日であった.

14.【3月24日(土)】朽木古屋→三国岳東峰(滋賀ピーク)→三国岳(969.1m)→丹波越え→お茶屋跡→朽木桑原

バイカオウレン セリバオウレン 三国岳東峰 三国岳 ダンコウバイ ショウジョウバカマ
白山 
フサザクラ
 小てつさんから三国岳にバイカオウレン,セリバオウレンを見に行きませんかとのお誘いがあり,喜んでお受けして本日の山行.好天.

 出町柳でピックアップしてもらい,大原,途中,鯖街道で梅ノ木を経て古屋へ.

 古屋から登山道ではない支尾根を登っていく.この最初の登りが急登でつらいところ.
 
 稜線に乗ればあとはすいすい.なんと樹の間から白山が見える.このあたりから残雪がある.滋賀ピークに着くと三国岳頂上から声がしてくる.そこで山頂での昼食を避け,東峰から鞍部へ向かう途中で昼食とする.今日はチーズパンとリンゴパンと卵スープ.デザートは豆大福.小てつさんからはお汁粉を頂く.

 昼食後三国岳頂上へと登り返す.お腹が大きくなった後の登りはちとつらい.上がってみると10数人のグループが出発しようとしていた.桑原へ降りるとおっしゃるが,われわれの登ってきたほうに降りようとされている.桑原ならこっちではありませんよ,と小てつさん.

 ピーク写真ののちわれわれも後を追う.グループに追いつくとまずいのでゆっくりと降る.われわれのほうは咲いている花を探したり,今後咲くであろう花を確認しながら進むので,とうとう追いつくことはなかった.このグループは花には興味がない様子.

 丹波越えからお茶屋跡を経て朽木桑原へ.ここのトイレはまだ冬期の使用禁止のままだった.

 車道をぶらぶらと古屋の駐車場所まで戻る.小てつさんには帰途ビールを頂き,山のこと,花のこと,子供のこと,大学のこと,人生,競馬と話題も多岐にわたり話をしながら出町柳まで.小てつさん,ご案内ありがとうございました.

 帰宅して,風呂の後は山名酒造の「春霞天空晴明」で締め.

 バイカオウレン,セリバオウレン,ショウジョウバカマは見られたし,マンサクの花は咲き始め,ダンコウバイは日の光を浴びてつやつやと,フサザクラもあちこちで咲いていた.今年の雪は少なく,かなり早くに溶け始め,春の花は全体に早く咲き始めたようである.しかしながらイワウチワは赤くなっている蕾もあったが,まだまだこれから.イワカガミはもっと先.花の咲くのと山行のタイミングがピタッと合えば最高だが,こればかりはなかなか難しい.

 

13.【3月15日(木)】イン谷口8:21→大山口→青ガレ→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→コヤマノ岳→12:10武奈ヶ岳12:36→コヤマノ岳分岐→パノラマコース→八雲ヶ原→ダケ道→15:28大山口→イン谷口

青ガレ 金糞峠直下 四つ辻への小橋 コヤマノ岳南尾根 コヤマノクラウン コヤマノ岳
 
 比良山系に春の訪れを知らせる花を調べに行こうと車で出かける.バイカオウレン,ミスミソウ,イワウチワ等を調べたが,バイカオウレンはまだ蕾,イワウチワは蕾すらはっきりせず.しかし,ミスミソウは開花しているところを観察できた.これだけでも大収穫.

 イン谷口には車が4台ほど駐車.すでに出発されている.われわれもこのあと出発なのだが,とうとう武奈ヶ岳まで誰にも会わなかった


 20分も準備にかかり,やっと歩き出す.雪は全くない.青ガレの手前のところで少し残雪あり.雪が溶けもう春はそこまでやって来ている.青ガレの所も雪がなく,雪がある方が歩きやすいのになどと文句を言いながら登る.今日は念のため6本爪アイゼンをもってきたが結局使わなかった.

 金糞峠直下には毎年のことながら残雪あり.驚いたことにここからヨキトウゲ谷の方に降りたら,ここからはシャーベットのような雪が残っていた.場所にもよるが,時には30cmほどの残雪があり,踏み抜きの回数が増えていった.
 
 コヤマノ岳から武奈ヶ岳山頂へ.山頂には3,4人おられたが,昼食も終わったのか下山された.ということは,山頂にはわれわれだけ.

コンビニおにぎり2個とみそ汁,草餅とお茶の昼食を終えて,下山し始めても誰にも会わない.

 さて,前回はイブルキノコバ経由で帰ったので,今日はパノラマコース経由. 緩んだ残雪が多かろうと懸念していたがやっぱり.ここでは時には50cmほどの残雪があり,踏み抜きに注意しつつ,しかし,時々踏み抜いたりしてゲレンデ跡を降りていった.時間はかかるし,足の負担は大きかった.


 まだ氷っている八雲ヶ原の池を見ながら北比良峠へとあがり,そこからはダケ道で降りる.リフト駅跡から神璽谷分岐を過ぎて少しの所までも残雪があり,慎重に歩を進めた.それ以降は雪なしで,3月3日と比べれば随分と雪が溶けていた.ダケ道のシャクナゲ尾根とわれわれが勝手に呼んでいるところのシャクナゲは,蕾が随分と付いている木と,それとは対照的に蕾が付いていない木との両方があった.

 カモシカ台を過ぎ,大山口でゲイター,ストック,靴を持参のブラシで洗い,駐車地に急ぐ.

 車のところで後片付けをして帰宅の途に.渋滞もなくスムーズに帰宅.お風呂の後は今日はボルドーの赤ワインで締め.

 山は雪から花に少しずつ進んでいる.今日も暑かったが,靴や服も衣替えしなければなるまい,3月下旬に寒の戻りがあるとしても.
 

12.【3月12日(月)】 善峯寺登山口9:25→釈迦岳→10:52ポンポン山→西尾根→リョウブの丘→福寿草管理地→ツツジの丘→12:40森の案内所12:45→金蔵寺→13:54南春日町バス停14:03

登山口 善峯寺 ポンポン山 西尾根 福寿草 森の案内所へ
 
ネコノメソウ
 お天気がよいのでまた武奈に行こうかとも考えたが,風が強いという予報もあり,まだ見に行っていなかった西山の福寿草見物に出かける方がよかろうということになった.2月から咲いているので,はたして今日出かけてもまだ咲いてくれているだろうかという不安もあったが,行ってみて,まだまだ元気な福寿草が見られて大満足の一日だった.

 近鉄で京都駅に行き,お昼のおにぎりをSUVACOで買う.そして,JR向日町まで.阪急バスで善峯寺へ.バス停の所にトイレあり.準備の後,登山口まで.ここは善峯寺の駐車場に入るか,杉谷の方に進むか,釈迦岳あるいは柳谷観音に向かうかの三叉路である.われわれは杉谷方向の車道を避け,いつものように柳谷観音,釈迦岳方面の道をとる.

 小橋を渡り,山道らしい道を左手に善峯寺の境内を見ながら,進み,柳谷観音分岐を過ぎ,見晴台に達する.その昔,ここから樟葉,大阪方面がよく見えたものだが,今は木が高くなり見晴らしはよくない.それに今日はもや,霞が多く,展望は望み薄.

 さて,尾根まで上がるのまでもう少し.尾根に上がればあとは楽にポンポン山まで.休んでおられる方が2人ほど.われわれはピーク写真を撮っただけで西尾根を先に進む.リョウブの丘を過ぎて福寿草の管理地に到着.谷の方に降りていくと入り口があり,住所・氏名を記入して柵の中に入る.(3月25日まで)

 咲いていました,福寿草.太陽の光を受けてつやつやと輝き,春の訪れを告げている.見学者は他に誰もいず,われわれだけでゆっくりと見て回る.これで今日の目的は達した.

 が,しかし,お腹もすいてきたし,ということでさらに西尾根を北へと進み,いつものようにツツジの丘で昼食.おにぎり2個とお味噌汁.デザートは草餅とほうじ茶.さらに北へと進み,森の案内所でトイレをお借りする.月曜日なので室内には入れないが,トイレとヴェランダは利用可能.また,金蔵寺へと進む.金蔵寺からは南春日町のバス停を目指してひたすら降りていく.14時3分のバスを逃せば1時間待たねばならない.少しペースをあげたが,余裕を持ってバス停に到着.

 阪急バス,JRを乗り継いで京都駅に.ここへ来ればいつものところでいつものやつ.かなり早めに帰宅できた.今日の締めはビール.福寿草も見られたし,好天にも恵まれたし,言うことなしの山歩きだった.

11.【3月3日(土)】 イン谷口8:05→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→コヤマノ岳南尾根→コヤマノ岳→12:00武奈ヶ岳12:45→コヤマノ岳分岐→尾根コース→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:35大山口→イン谷口

青ガレを目指して 青ガレ 正面谷 金糞峠近く コヤマノ岳南尾根 コヤマノ岳山頂
 
 好天に恵まれ,これは武奈ヶ岳に行かねばなるまいと,10本爪アイゼンとワカンをもって車で出かける.イン谷口のあたりはもう雪はなく,トイレ前まで車を進める.すでに駐車スペースには多くの車があるが,適当な空きスペースに車を駐める.

 準備の後まずは大山口を目指す.もう道に雪はない.大山口を過ぎると徐々に残雪がある.踏み固められた斜面を登るときには滑らないように注意しながら登って行く.青ガレの下の所に到着して,アイゼンをつけようかとも考えたが,雪がなく岩がむき出しているところも見られたので,ここでのアイゼン装着は見送る.結局,金糞峠まではノーアイゼンでやり過ごし,ヨキトウゲ谷に入ったところでアイゼンをつける.本日はこのあと,下山時のカモシカ台まではアイゼンをつけたままであった.

 渡渉の小橋を渡る時にはアイゼンをつけているので慎重に渡る.四つ辻にあがり,ここからは我慢の登り.ブナの木が見えてくるとほっとする.コヤマノ岳からは遠く白山のあたりがかなりはっきりと見える(この後武奈ヶ岳山頂から見てみたら霞がかかってきて徐々にクリアさはなくなってきた).ここまでくれば武奈ヶ岳山頂まではあと少し.冬道で斜面を登ると山頂に到着.

 ピーク写真の後,昼食の場所を探していたら,なんと,かおりさんを発見.お久しぶりということになる.30分ほど前に到着されていたとか.かおりさんに見える山の同定をお願いする.この道にかけてはかおりさんは第一人者である.右手の鈴鹿山系から伊吹山,左へ横山岳,能郷白山,白山と次々と教示いただく.山頂近くにいた登山者がかおりさんの声を聞いて次々と山の名前を質問に来られ,かおりさんは丁寧に答えておられた.

 昼食後の下山はかおりさんとご一緒に.降りようと思っていたらChさんも山頂に到着.12月にお会いしたとき以来.

 下山はイブルキノコバへと尾根道を降り,そして八雲ヶ原まで.ここで休憩.さらに北比良峠からダケ道で下山.徐々に地面が見えてくるが,カモシカ台まではアイゼン装着のまま.カモシカ台でアイゼンを外す.

 大山口で道具を簡単に洗って車の所に.かおりさんをJR比良駅までお送りした後,湖西道路,名神で帰宅.

 帰宅後の今日の打ち上げは山名酒造の「寒造り新酒」.辛口のすっきりしたお酒だった.

 午後からは霞,雲が多くなってきたが,いいお天気で,風もなく,暖かい一日だった.雪を楽しむのは今日が最後かなあと思いつつ,寒の戻りでもう1回雪が降らないかなあと期待もしている.しかし,全体としては春近し.今年の降雪量は少なかったということか.