2018年2月

2018年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
     
・リンク2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home


10.【2月24日(土)】 石田川ダム→ワサ谷林道→三重嶽分岐→武奈ヶ嶽北尾根→武奈ヶ嶽→武奈ヶ嶽北尾根→三重嶽分岐→ワサ谷林道→石田川ダム

石田川ダム事務所横 ワサ谷登山口へ ダム湖 三重嶽・武奈ヶ嶽分岐 三重嶽 武奈ヶ嶽
 
 イン谷口から武奈ヶ岳に行こうかと考えていたところ,小てつさんからブナはブナでも湖北武奈ヶ嶽へのお誘いがあった.湖北武奈ヶ嶽には冬の季節に行ったことがない.まさに「渡りに船」とばかりにお誘いを受けた.小てつさんからは「悪魔の誘いかも」と返事があったが,スノーシューとアイゼンをもって出かける.

 鯖街道367号線を北に進み,途中坊村でセンターの駐車場に目をやれば8時過ぎでも一杯の車を目にする.今日もこちらの武奈ヶ岳は大勢の人で賑わうことだろう.朽木新本陣を過ぎ,角川で降りる.あとは石田川沿いにダムを目指す.途中の集落を越えると道路以外一面の雪世界.まだ雪は溶けていない.石田川ダムまで除雪されていなければ今日の目的地は変更せざるを得なくなるが,幸い,ダムの所までは除雪されていた.

 駐車して準備.最初は靴に何もつけずにワサ谷登山口まで.しかし,登山口でスノーシューをつける.雪は溶けて氷ったようなガシガシの雪.先行者はワカンの1人ダムの駐車場に止まっていた車の主か.かなり早い時間の出発のようで姿は全く見えなかった.尾根にのるまでの最初の急斜面のジグザグ道.小てつさんに道をつけてもらって進む.谷に切れ込んでいるので緊張しながらゆっくり登る.

 途中三重嶽方向が見える見晴らしのいいところもある.三重嶽へと延びている長尾と呼ばれる稜線が美しい.尾根をまっすぐ登って行くとやがて三重嶽と武奈ヶ嶽の分岐に達する.このあたりに来ると雪質は変わり,さらさらとした雪質になっている.80cmぐらいの積雪か.

 先行者のワカンは三重嶽に向かっていた.ご苦労さん.以前ここから三重嶽へ行ったことがあったが(そのときも小てつさんと一緒)道のりの長さには参ったことがあった.そのときは雪道ではなかったが,今日のような雪道では一体どのぐらい時間がかかることか.

 さてわれわれは武奈ヶ嶽北尾根を進む.天気予報によると午後から曇りということで,日本海から吹き付ける風が唸り声を上げている.雪雲が近づいている.武奈ヶ嶽では雨とも雪ともつかぬものが降ってきた.急いで昼食の後,赤岩山経由で下山するのを諦め,ピストンで下山することにする.

 時間はかなり速くなったものの,下山時の雪の急斜面は滑りやすく,慎重に降った.登山口に近づくにつれ,本降りの雨となり,天気予報では夕方からと言っていたのになあと愚痴る.

 ダム事務所近くまでずっとスノーシューのままで歩いた.事務所の玄関軒下を借りて後始末.無事帰って来られた.花の関係ではタムシバが蕾を一杯つけていたのが印象に残った.帰宅後の打ち上げは山名酒造の純米吟醸「奥丹波・野条穂」.コクのあるお酒.

 帰りは恵比寿ビールを頂き,また,ユッキーは購入したアイゼンを見ていただき,何から何まで細やかなお心遣いの小てつさん.本当にありがとうございました.雪の湖北武奈ヶ嶽は小てつさんのお誘いがなければ行けなかったところで,貴重な体験となりました.
 

9.【2月19日(月)】 北白川仕伏町バス停8:30→瓜生山→石鳥居→水飲対陣跡→大比叡山頂→12:50根本中堂前13:25→坂本ケーブル駅→無動寺道→明王院→玉照院→遠見岩→14:47林道出合→琵琶湖病院→坂本観光案内所→甘味処うえだ→JR叡山坂本駅

瓜生山山頂 音羽川 大比叡 阿弥陀堂へ 無動寺道へ 箸塚
蓬莱山(山頂駐車場から) 
 天気予報によれば曇りで午後から雨ということなので,比良には行かず比叡山に.しかしながら,天気予報は外れ,比叡山から雪の蓬莱山を眺めてため息をつくことになった.やれやれ.

 久しぶりに北白川のバプティスト病院横から京都一周トレイル道で出発.瓜生山にも寄っていこうと沢沿いの道ではなく尾根道を進む.こちらの方が沢沿いの道よりも時間短縮になるかと思ったが,それほどでもなかった.

 石鳥居からアップダウンで音羽川の源流3本を越えて水飲対陣跡へ.水量は少ない.ここからいよいよ我慢の登り.北白川から山頂への道はロングコース.なぜだかしんどい.千種忠顕の碑をパスして,ケーブル駅に寄らない新道で山頂駐車場へ.千種忠顕の碑の分岐から階段道は雪が氷って滑りやすくなっているので買ったばかりのチェインアイゼンをつける.快適.

 大比叡から阿弥陀堂を経て根本中堂前へ.今日はグルメ登山で会館の「鶴喜そば」で昼食.ずいぶんとゆっくりする.

 昼食後,坂本ケーブル延暦寺駅へと降り,さらに,そこから無動寺参道へ入る.明王院へ.弁天堂と一本杉の間の道は崩落しているところがあり迂回路もないので通行止めという紙が貼ってあった.われわれは玉照院を経て坂本へと降りるので,問題ない.

 玉照院の横の坊獣柵を通り,箸塚へ.ユッキーが大好きな場所.ここも久しぶりだ.

 裳立山からの道と合流する遠見岩まで登りが2カ所ある.これもつらいところ.降りの登りというわけで.

 遠見岩まで来ればあとはだらだらと降っていく.石段が崩れてその残骸の石がごろごろして歩きにくいが,まあ仕方がない.林道に降りればあとは坂本の里坊まで歩きやすい.途中で石畳の道となる.

 観光案内所でゲイターを片付け,ストックを仕舞い,甘味処うえだへ.栗ぜんざい.お土産にミカンゼリーとわらび餅を買い求める.

 JR叡山坂本駅から京都駅.さらに近鉄で帰宅.

 お風呂の後はウィスキー,シングルモルトの「余市」(愚息の土産)をストレートとハイボールで.乾杯.

 雪の比良には行けなかったが,少しご無沙汰していたルートでの大比叡.これはこれで楽しめた.

 
 

8.【2月14日(水)】 坊村8:39→見晴台→御殿山→ワサビ峠→12:10武奈ヶ岳12:55→ワサビ峠→御殿山→見晴台→15:28坊村

明王院の赤橋 見晴台への冬道 見晴台 御殿山から ワサビ峠 第1ピークへ
 
山頂へ 
 
西南稜(下山時) 
 娘の結婚式のため山行はストップしていたが,一段落して,本日の山行.記憶にある限り2月に武奈ヶ岳に行ったことはないが,雪は雨等で減っているであろうし,坊村からのピストンであれば時間的にも問題なかろうし,さらにこの好天,行かない理由があるだろうか,ということで出発.

 道路も問題なく,予定通りに到着.センターには3台ぐらい車がすでに置かれていた.靴を履き替え準備する.冬は出発に時間がかかる.

 赤橋を過ぎて明王院の前を通り,登山口.ここでアイゼンを装着.雪は氷ってガシガシの状態.10本爪アイゼンが気持ちよく刺さる.私のはブラックダイアモンドのセミワンタッチアイゼン(ステンレス製),ユッキーのはブラックダイアモンドの10本爪アイゼン(アルミ製).軽さを重視して小てつさんのアドヴァイスにより,新たに購入したもの.今日がデビュー.

 トレイスは至る所にあり,アナーキーな状態.歩きやすいところを選んで登って行く.夏道・冬道の分岐ではもちろん冬道を選択.見晴台のあたりから7,8cmの新雪があるがワカンをつけるほどのこともない.アイゼンで進む.坊主頭になっている御殿山に到着.積雪は1mぐらいか.

 御殿山からワサビ峠に降り,そこから登り返す.西南稜.武奈ヶ岳山頂まで4つのピークがあるが,第1のピークと第3のピークへの登りがきつい.やがて山頂が見えてくると疲れも吹っ飛ぶ.予定よりも45分も早く山頂に到着.

 今日は本当にいいお天気.すばらしい光景が眼前に広がる.ターコイズブルーからコバルトブルーの空.雪の白さ.伊吹山をはじめとして遠くの山々もくっきりと見える.

 こんなにいいお天気だからいつもよりも昼食の時間を多めに取った.コンビニおにぎりと卵スープ.デザートは羊羹とお茶.同じ時間に山頂で昼食をとっていたのは10人に満たない数だった.

 さて,名残惜しいが下山.アイゼンはずっとつけたままで,降る.帰りには雪も少し溶けかけ緩んでいる.滑らないように慎重に降る.

 無事下山して赤橋の横で後片付けをし,今日はそのまま帰宅.お風呂で疲れを癒やし,山名酒造の「OTB7」で乾杯.鮮烈なお酒.ああうまいということになる.

 バレンタインデーの本日,130回目の武奈ヶ岳であった.


7.【2月3日(土)】 叡電鞍馬駅→薬王坂→戸谷峰→三又岳→天ヶ岳→三又岳→戸谷峰→薬王坂→叡電鞍馬駅

鞍馬街道から右の脇道へ 八幡宮 薬王坂 戸谷峰 三又岳 天ヶ岳
 
 経塚
 
 
 比良山系が厳しくなっているこの時期,北山に出かけるのが恒例になっている.そこで,その一つ天ヶ岳に出かける.鞍馬から登って寂光院に出るのが毎年のコース.そのつもりで出かけたのだが・・・

 鞍馬駅で準備.駅舎を出て鞍馬寺の山門前を通ると薬王坂への案内板がある.右に曲がって降りていき,橋を渡ると正面には八幡宮,左手には地蔵寺.間を通っていよいよ山道の始まり.以前大岩が崩れて迂回路ができていたところも今はなんとか通れる.ただ,斜面に残っている岩はいつ落ちてきてもおかしくないほどの不安定さ.

 やがて薬王坂に到着.ここからさらに急な斜面を登ることになる.基本尾根道をまっすぐ登っていくことになり,経塚が二つほど途中にある.

 新しく標柱が立てられており,「A-20」というような形で記されている.100mごとに数字が上がり,ポールは200mごとに立てられている.この標柱が実は「事件」に役立つことになる.

 その「事件」とは.ユッキーが大事なマムートの毛糸の帽子を落としてしまったのだ.どの辺りで落としたかの目安にこのポールが役に立った.というのも,暑くなって帽子を脱ぎ腰のベルトに差し込んだ時のポールと帽子をなくしたことに気づいた時のポール,それぞれの数字を覚えていたからだ.引き返すのも億劫だということで,本来,山を越えて大原に出る予定のルートを変更して山頂ピストンにすることになってしまった.

 戸谷峰あたりで雪が出てくるが,一旦溶けて氷ったようなザラメの雪.何もつけずに進む.三又岳に来ると,雪は深くなる.20cmぐらいか.6本爪軽アイゼンとワカンをもってきたがまだつけるに至らず.天ヶ岳近くになってワカンをつける.新たに降った雪がふわふわ.

 今日は日の光が差すかと思えば曇ったり,雪が舞ったり,強風が吹き付けたりところころ変わる天候.これまで誰にも会わなかった.山頂で昼食.パン2個と卵スープ.デザートは草餅とお茶.降りは軽アイゼンをつけて出発.

 快調に飛ばして下山.落としたことに気づいた地点からはしっかりと地面を見ながら進む.ありました!これでピストンをしなければならなくなった苦労も報われた.よかった,よかったということで,鞍馬寺の山門前の茶店でうちあげ.多聞堂.牛若餅を頂き,栃ぜんざい.

 帰宅してお風呂の後はビールで締め.白ごま坦々鍋.体も温まりおいしかった.