2018年11月

2018年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
     
・リンク2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home


61.【11月25日(日)富坂口バス停→神社→堰堤→蛇谷ヶ峰南東尾根→スキー場道合流→さわらび高原ルートの分岐→お見合い広場→蛇谷ヶ峰→P752→P702→須川峠(ボボフダ峠)→林道出合→林道→黒谷

   
富坂口・獣柵 倒木 倒木 堰堤渡渉ヶ所 カガミ尾根 オオイワカガミ 蛇谷ヶ峰
 三重ヶ嶽
 
 
 
 
 
 武奈ヶ岳150回目は12月9日(日)の予定.

 本日は昨年のリヴェンジということでNさんのご提案により,富坂口から南東尾根を経て蛇谷ヶ峰に登り,降りは横谷峠からではなくてボボフダ峠から下りようと計画.

 京都駅でNさんと落ちあう.京都駅8時15分発の新快速で近江高島へ.畑行きのバスは9時4分発.富坂口のバス停にはトイレがないので駅で儀式を済ませておく.バスはわれわれを入れて9人ほど.4人はリトル比良行きであろう,音羽で下車,5人中われわれ3人が富坂口で降りたときには残りは2人となっていた.

 バスの中でゲイターの準備をユッキー以外はすませ,帰り畑発13時54分のバスに間に合わせようと考える.バス停から富坂橋を渡り,分岐を右に曲がる.直進すれば滝谷の方,われわれの行く蛇谷の方は右.神社を過ぎ,墓場を見ながら北西の方向に進む.倒木の整理が終わったためか,昨年は薄暗かった墓場も明るくなっていた.

 ところが墓場を過ぎたところで倒木がひどいことになっている.枝は切り払われているが,幹はそのままなので潜ったり,跨いだり,迂回したりする.今日のコースではここの倒木が一番多かった.次に堰堤の渡渉ヶ所に来る.堰堤で止められた砂の堆積の上を歩いて右岸から左岸に.水量は非常に少ない.いよいよ山道に入る.谷が合流しているところで昨年は右に取り間違ったので,左に向かう.蛇谷ヶ峰の南東尾根であり,ひたすら北西方向に進む.P475を過ぎ,やや平らなところを進み,530mの地点に到着.いよいよこれからが正念場の急登.

 朽木スキー場との分岐までが急な直登.ただここはオオイワカガミの群生地.かつて同僚だったMさんが「カガミ尾根」と命名したところ.春に来ればいいだろうなあと思いながら,葉を踏まないように気をつけて登る.

 スキー場道の分岐に辿り着けばあとは左に山頂へ,山頂へ.ここの道はジグを切ってあり,息切れせずに登れる.まずはさわらび草原との分岐,次はお見合い広場.そして最後の急坂.ここへ来てはじめて人に会う.トレランの人でスキー場さわらび草原ピストンだそう.抜いていってもらったら,われわれが山頂に着くまでにもう降りてこられた.

 山頂に着くとやはり10人ほどの登山者.山頂から少し西に行き,高島トレイルを見ながら昼食.三重ヶ嶽が雪を頂いている.今日のわれわれの昼食はパンとポタージュスープ.草餅でしめ.

 この時点で13時54分の畑発のバスには乗れないだろうということが分かった.倒木で手間取ったためである.選択肢は二つ.畑でタクシーを呼んで早めのJRで帰るか,それとも,黒谷まで言って「かものしらべ」でコーヒーでも飲んで畑発15時22分,黒谷15時23分のバスで駅まで行き,16時20分近江高島駅新快速で帰るか.当然(?)後者を選び,下山しようと決議する.

 この降りはokaokaさんの10月27日のレポートを参考にさせてもらった.

 山頂から南の尾根を降り,P850mから直角に東へ降り,さらに再び南への緩やかな尾根を降る.P752まで緩やかな降りの尾根を気持ちよく降っていく.P702に来ると植林に変わり,須川峠(ボボフダ峠)に着く.ここに立派な標識がある.山頂からここまでで2人会う.いずれも武奈から縦走してきている登山者.ご苦労様です.

 峠からしばらくはいい道だが,谷分岐に来たところで慎重を期さねばならない.斜面の道が崩れていたり細かったりするからだ.一番緊張を要するのは最初の渡渉ヶ所.あとの2ヶ所はそれほどむつかしくない.渡渉ヶ所よりもむしろ沢を下に見ての斜面の道が確実に歩を進めて行かねばならないところ.

 林道が見えてくるとほっとする.ここから林道を進むのだが,そのまま行くと黒谷まで行くことになるが,今日は黒谷の「かものしらべ」まで行くのでそのままでもいいのだが,畑に降りた方が速く行けると考えて,畑の集落に入るゲートを探すのだが,これが空振り.結局,黒谷まで降りてしまった.「かものしらべ」は6~7年ぶり.ピッツァを頼もうかと考えたが,時間があまりないので,結局,コーヒーとチーズケーキにした.お土産に天然酵母のパンを買い,バスを待つ.

 Nさんとは近鉄京都駅で別れる.家に帰って本日の打ち上げはビール.昨日から仕込んだおでんが美味い.Nさんおつきあいありがとうございました.

 残りの紅葉を登りのはじめと終わりで楽しませてもらった.山頂以外人と出会うことはほとんどなく,静かな山行だった.比良山系で初雪があったし,いよいよ降雪が待ち遠しい.タイヤもスタッドレスにはきかえて準備は整っている.
 

60.【11月18日(日)イン谷口8:10→8:18登山口→神璽谷・釈迦岳分岐→神璽谷→尾根コース→北比良峠→縦走路→カラ岳→11:36釈迦岳12:05→リフト道分岐→リフト道→13:28登山口→イン谷口

   
神璽谷・釈迦岳分岐 ムラサキシキブの実 小橋 おにぎり岩(三角岩) ニードル 北比良峠近く  釈迦岳
 
 
 
 
 残り紅葉を求めて神璽谷,釈迦岳に出かけようということになった.

 名神も日曜日で比較的空いている.161号線もすいすいと進み,リフト駅がかつてあった近くに車を駐める.このあたりには1台だけ車が駐まっている.

 準備をして出発.1台駐まっていた夫婦らしい先行者が先に見える.神璽谷・釈迦岳の分岐を過ぎ,灯籠の下を通る.神璽谷コースは斜面の細い道が多くあり,ロープ場もいくつもあり,緊張を強いられるコースだ.

 小橋を慎重に渡れば,やがておにぎり岩(三角岩)に着く.ここは非常に間違いやすい分岐で,左の谷に進む.それから先の分岐は,沢・蟻地獄コースか,尾根コースか.われわれは今日は尾根コースを選択.痩せ尾根を登って行く.やがて右手にニードル岩を見る.ここまで来れば北比良峠も近いということになる.北比良峠で休憩.バナナを一本.

 北比良峠からは縦走路でカラ岳を過ぎ,釈迦岳まで行く.基本登りで,シャリバテ気味でえっちらおっちら進む.縦走路ではトレラン風の人とか,2,3人と出会う.この道を行くのは久しぶりだ.

 やっと釈迦岳に到着.ここで昼食.今日はパンとコーヒー.そして大福餅でしめ.30分ほどのんびりとしていたが,誰にも会わず.静かな山頂だった.

 帰りはリフト道.カラ岳方向に戻り,そこから降る.これが実に歩きやすいいい道.

 神璽谷との分岐にもう出るか,もう出るかと思いつつ,これがなかなか出てこない.沢の音が聞こえてきてもまだまだ.分岐の標識が見えたときにはほっとした.実際の時間はそれほどかからなかったが(縦走路から神璽谷分岐まで30分ほど),なぜだか分からないが長く感じた.

 あとはもうとんとんと降りていくだけ.リフト駅跡,発電小屋を過ぎれば駐車地まですぐ.

 片付けをしてHSひらに寄る.今日はお客さんがたくさんおられて,しかも中国系の人やイタリアの人が混じっていた.ここへ来てこの店も国際的になったわけだ.われわれは例によっておはぎとコーヒー.おいしかった.中国系の人はカレーライスを食べておられたが,これもおいしそうで,今度は山の昼を簡単に済ませて降りてきてカレーを食べたいねと話したことだった.

 今日は早く降りてこられたので湖西道路もそれほど混んではいなかった.

 家に帰って,写真をパソコンにおとし,ビールで締め.

 名残の紅葉はイン谷口や,神璽谷・釈迦岳分岐あたりまで.それから上は落葉し,登山路を覆っていた.

 来週はいろいろと用事があり,山行は週末になりそう.

59.【11月15日(木)イン谷口8:20→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→コヤマノ岳→11:40武奈ヶ岳12:10→北陵→細川越え→スゲ原→広谷→イブルキノコバ→北比良峠→ダケ道→大山口→15:10イン谷口

 
駐車地 青ガレ メドゥーサのブナ コヤマノクラウン 武奈ヶ岳山頂 コヤマノ岳
 
 149回目の武奈ヶ岳.150回目は12月9日(日)に,もし雨の場合は12月16日(日)の予定.

 昨日の方がお天気が悪そうだったので本日の山行.ようやく朝も寒くなり,晩秋に入った.いつものように車で名神,湖西道路を進み,イン谷口トイレ前に駐車.

 大山口,青ガレと進む.紅葉・黄葉はここまで.ここからは葉を落としている.青ガレからはガレ場を通り,石ゴロゴロの中を金糞峠まで.金糞峠からは今日はヨキトウゲ谷,四つ辻に上がる.ここで一息ついてバナナを一本.最短コースのこのルートは久しぶりだ.ブナ林が見え,上に空が見えてくると,コヤマノ岳ということになる.ブナも葉をすっかり落としているので明るくなり,遠くまでよく見渡すことができる.いつ来てもここのブナ林を歩くのは気持ちがよい.もう冬枯れ.

 最後の一踏ん張りで武奈ヶ岳山頂.夏道で途中まで,そして冬道で一気にあがる.そのとき冬道を「道が分からなくて」と言って「歩きスマホ」で降りてくる若い女性に会う.「歩きスマホ」は町の中でもだめだし,山でもやってはいけないのに.やれやれ.

 山頂到着.好天のせいか10人以上が山頂でお昼をとっている.われわれも昼食.今日はおにぎりと卵スープ.食後に羊羹.昼食の後は,これも久しぶりに北陵を降りる.細川越え,スゲ原,広谷のコース.イブルキノコバに近づいたとき,われわれの後ろで昼食をとっていた3人組が見えたが,3人組は休むこともなく八雲ヶ原のほうに進んで行って見えなくなった.われわれはイブルキノコバで飲水休憩.

 そののち八雲ヶ原に降りていくとき,八雲ヶ原でこの3人組(3人とも70歳前後)が道に迷っているようで,そのあと,イブルキノコバのほうに戻ってきた.なにか落とし物でもしたのかしらと思って声をかけたら,「八雲ヶ原を通って奥谷に行くんです」とリーダー的な男の弁.「ここが八雲ヶ原ですよ.『奥谷』ではなくて『奥の深谷』はこの先です」とわれわれが言うと,手にしたスマホを見ながら「地図の通りに行くんだ」と,なおもイブルキノコバ方向に戻ろうとする.「こちらはイブルキノコバですよ」と言うと,「そんなこと分かっている」との返事.

 自分がいるところをスマホのGPSで読み取れず,われわれの指摘に全く聞く耳をもたない.唖然としてしまった.連れの1人がわれわれの言うことも聞いたらととりなして,やっとこの自信過剰で失礼で傲慢な男はわれわれの案内についていくことにした.金糞からイン谷口に向かうのかと思ったら,車を坊村に置いているので奥の深谷から大橋,牛コバで坊村に戻ると言う.道も荒れているし,坊村に着くまでに日が暮れてしまうと言っても,このルートを取ると決めたのだからこれで行くの一点張り.

 こちらの言うことを信用しないし,丁寧に指摘しても聞く耳をもたない,失礼な男.頭にきたけれども,ともかく八雲ヶ原湿原まで案内し,金糞峠の方向を指示しておいた.リーダー的な男は礼も言わなかった.無事に坊村まで辿り着けただろうか.

 われわれはいつものように北比良峠にあがり,ダケ道で大山口,イン谷口と降りていった.こちらの紅葉も大山口から上はもう終わり.

 今日は「HSひら」もないので,打ち上げなしで4時半に帰宅.家での締めは山名酒造の「丹波杜氏」.すっきりした辛口のお酒.

 

58.【11月11日(日)木地山バス停→焼尾東谷→駒ヶ岳南尾根→駒ヶ池→駒ヶ岳南尾根→駒ヶ越→駒ヶ岳→駒ヶ岳西尾根→与助谷山→南尾根→木地山バス停

 
木地山バス停 焼尾東谷 駒ヶ池 駒ヶ池 駒ヶ岳 駒ヶ岳西尾根 与助谷山 
 
 
 百里ヶ岳
 小てつさんにお願いしてわれわれだけではなかなか行きにくい(若狭)駒ヶ岳に出かける.

 出町柳を7時25分ぐらいに通り過ぎるとバス停にはすでに長い列ができていた.いいお天気だからさぞ武奈ヶ岳は一杯の人だったろう.葛川センターの駐車場もちらっと見てみたら満車状態.

 われわれは鯖街道を北上して木地山バス停を目指す.集会所のトイレ前には「駐車ご遠慮下さい」とのコーンポストあり.麻生川の方に駐める.これまでは下のろくろ橋を渡って戻るということをしていたが,今日はバス停前の橋を渡って畑を通らせてもらう.これだと近道.ゲートは開けてしっかりと閉めておく.

 すぐに木橋があり,小てつさんはすいすいと渡られたが,われわれは自信がないので,下を渡渉する.ユッキーは滑るとか言いながらも無事渡渉.ところが,私は濡れた石がやっぱり滑りドボン.膝下まで一瞬水につかる.やれやれ.しかし,これが露払い,厄払い.以後,何回も渡渉したが全員ドボンはなし.

 麻生川の支流に沿って渡渉を繰り返しながら北東の方向に進む.418mの地点で沢から離れて右,東の方向に進む.500mの地点で南に取り,600mあたりで東に向かう.こうして高島トレイル道と出会う.

 まずは駒ヶ池にと駒ヶ岳南尾根を進む.駒ヶ池の水量,今年は少なめ.池をぐるっと一周する.紅葉は落ちている.風の影響か.680mぐらいのところにある.静かな池である.先行者は1人.

 池を離れてトレイル道を北へと進む.目指すは駒ヶ岳.素晴らしい尾根である.気持ちよく進んで行く.途中ブナの木が折れて倒れたり,根返しているのにも出くわす.300年は経っていそうな木が倒れているのを見るのは心が痛む.ブナ原生林の尾根である.ブナの葉はもう落ちている.

 駒ヶ岳到着.780.1m.ここで昼食.先行者3人のグループは山頂のすぐ近くのところでお昼にしている.東の方のアクセント.そう言えば,駐車地のところにあった車も,金沢や岐阜のナンバーだった.パンと卵スープ.小てつさんからはおいしいコーヒーを頂く.こちらからは酒まんじゅうと柿.

 駒ヶ岳西尾根を進む.右手には小浜湾が見える.帰りはどのルートを取ろうか相談の結果,与助谷山まで行き,そこから南尾根を降ろうということになる.木地山峠まで行ってそこから降るには桜谷山に登って降りなければならず,時間もかかってしんどいからだ.中央分水嶺高島トレイル詳細マップによれば,点線になっているルートである.われわれも1回辿ったことのあるルート.このルートだと木地山バス停までほぼまっすぐ南に進めばいい.ところが,途中支尾根がたくさんあり,踏み跡は落ち葉で見えない.結局この前の尾根より途中から1本西の尾根で降りてきてしまった.

 駐車地で後始末.いいお天気で汗もあまりかかず静かでのんびりとした快適な尾根歩きだった.帰りの車中はいつものようにビールを頂き,人生のいろいろを語りながら出町柳まで.途中大原の渋滞には遭わなかった.これも小てつさんの入念な時間設定のおかげ.

 意外に早く帰宅できてゆっくりできた.今日の締めはチゲ鍋にビール.

 登りも下りも分岐が多く,小てつさんのガイドよろしく無事下山.尾根筋は風で葉を落としているけれど,700m以下の斜面の紅葉・黄葉はたっぷり堪能できた.紅葉前線は里に下りてきている.

 小てつさん,ありがとうございました.感謝感謝.

57.【11月7日(水)イン谷口→大山口→正面谷→金糞峠→奥の深谷→八雲ヶ原→イブルキノコバ→12:00武奈ヶ岳12:30→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→14:50大山口→イン谷口

大山口 正面谷 正面谷 奥の深谷 武奈ヶ岳山頂 ダケ道
 
 
 先週の土曜日は野村萬斎の狂言を見に行っていたので山行できず.それで,今日水曜日絶好の山日和ということで武奈ヶ岳に出かける(148回目).

 イン谷口トイレ前には4台ほど車あり.いつもの場所に駐車.

 大山口,青ガレあたりまでは半分ぐらいが紅葉している.そして,今日紅葉が見頃だったのは,青ガレから金糞峠までであった.金糞峠からは奥の深谷を八雲ヶ原に.このあたりは葉も大分落ちているが,まだ紅葉は楽しめた.倒木等はすっかり片付けられ問題はない.奥の深谷を歩きながらユッキーからカエデ類のレクチャーを受ける.同定はなかなかむつかしい.

 八雲ヶ原からイブルキノコバ経由で武奈ヶ岳を目指す.このあたりに来ると紅葉は散り始めといったところであまり楽しめない.コアジサイの葉が黄葉していて,これはこれで美しい.

 コヤマノ岳分岐に到着すればあとは武奈ヶ岳まではほんの少し.分岐までのブナ林はもう葉を落とし冬枯れの様相を呈している.冬道を登り始めたら,山頂に近づくにつれ鹿の糞があちこちに.10日前にここを歩いたときには全く見られなかったので,この10日間に鹿がやってきた模様.踏み潰さないように慎重に進む.

 さすがに土,日の賑わいはないが,天気がよいせいか,そこそこの人が昼食を楽しんでいる.われわれの今日の食事は,コンビニおにぎり,卵わかめスープ.30分ほどいて下山.帰りはパノラマコースで.紅葉は散り始め,このあたりでは楽しめない.八雲ヶ原から湿原を経て北比良峠でダケ道に.ダケ道ではカモシカ台から下が楽しめた.

 本日は紅葉・黄葉見物の山行.好天に恵まれ,空の青,杉の緑に赤,オレンジ,レモンイエロー,黄色,まさに錦織なす山の一日だった.休憩・食事時間も含めて7時間の山歩き.

 後始末をして今日もほっとステイション比良へ.おはぎとコーヒーで打ち上げ.

 渋滞もなく,5時前には帰宅できた.家での仕上げは山名酒造の「吟にごり」.鍋によく合った.