2018年最近の山歩き

2018年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
     
・リンク2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home


56.【10月31日(水)イン谷口→大山口→ダケ道→北比良峠→八雲ヶ原→イブルキノコバ→広谷→スゲ原→細川越→釣瓶岳→ナガオ尾根→広谷→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

ダケ道 神璽谷 ナガオ尾根 釣瓶岳 釣瓶岳山頂 シロモジ
 
 
季節外れのタツナミソウ
 
 この前の日曜日に続いて比良の紅葉巡り.今回は釣瓶からナガオ尾根を歩く.

 トイレ前に駐車.水曜日だというのに4,5台車がすでに駐まっている.いつも支度に20分ほどかかる.この時期,服装に悩むことが多い.冬の服装では暑いし,夏の服装では寒い.長袖,半袖のシャツに比較的薄いフリースを1枚羽織る.

 釣瓶へ行くのが目的なので,ダケ道を使う.この前は超特急の降りでじっくり観察できなかったので今日はゆっくりと登る.早くも降ってくる人に2人出会う.雲の多い日で風が強く吹くと少し寒い.ダケ道の下の方の紅葉はこれからだが,カモシカ台より上に行くと紅葉が目を楽しませてくれる.

 北比良峠からロッジ跡を経てゲレンデを八雲ヶ原まで降りる.日が差さないためリンドウの花は閉じている.

 八雲ヶ原からイブルキノコバまでは絵に描いたような紅葉・黄葉が展開する.ダケ道に劣らずここも今日が一番いいときではなかったか.

 広谷,スゲ原を経て細川越.広谷の渡渉は何回もあるが,今日は水量が少なく容易に渡渉できる.細川越からはいよいよ釣瓶への斜面の登り.風が強くて寒い.山頂に着いて写真もそこそこにナガオ尾根に向かう.風の当たらないところでお昼にしようとどんどん進む.結局P1050の武奈ヶ岳を正面に見るところでお昼にする.ピークの東側で風よけ.今日はカップうどん.

 お昼を終わろうとしていたら雨がパラパラ降り始めた.急いで片付けをして雨具をつけザックカヴァーもつける.こうなれば急ぎ足で尾根を南東方向に進む.P990が見えたらその手前で右の谷に降りる.やがて広谷が見えてくる.雨はそれほど強くなく,降ったりやんだり.イブルキノコバ,八雲ヶ原,そして往きはゲレンデ跡だったので帰りは湿原からの道を登って北比良峠に到着.往きもダケ道を使ったので帰りはとっとと降る.

 雨も上がって大きな虹が北比良の里にかかっている.大山口,イン谷口の駐車地と降りてくると,朝見た車はみんななくなっていた.イン谷口からの釣瓶はやはりロングコースであることを再認識した.

 片付けをして今日も「ほっとすていしょん比良」へ.コーヒーとアリコ・ヴェール.お土産にプリン.

 さほど渋滞もなく無事帰宅.家の打ち上げはビールで.今日はいいお天気ではなかったけれど,紅葉・黄葉は十分に楽しめた.900m以上の所ではもう紅葉は終わりかけ.見所は次第に降りてきている.ナガオ尾根も紅葉はもう終わりだが,両側の谷はきれいだった.

 

55.【10月28日(日)坊村9:00→御殿山コース→御殿山→西南稜→11:45武奈ヶ岳12:20→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→大山口→14:45イン谷口

武奈ヶ岳山頂
 
 この前は南比良峠,大橋,奥の深谷の紅葉・黄葉鑑賞だったが,本日はかおりさんの呼びかけで紅葉・黄葉鑑賞に武奈ヶ岳に出かける.かおりさんの人徳のおかげ,絶好のお天気で錦秋の比良を堪能できた.

 車を下取りに出したので,今日は久しぶりに出町柳からのバスで出かける.列の前の方でM2さんを見かける.並んでいたらまたも列の横入り.大きな声で注意したが無視されてしまった.さらに別のグループでもまた起こり,また注意したものの知らんぷり.出かけから気分を害する.これだからバスで行くのは気が進まないのだ.バスは2台で出発.われわれは2台目のバスに乗車したが,立っている人は10人ぐらいか.

 9時15分前ぐらいに坊村に着いたところ,センターの駐車場は満車状態だった.さて,出発前の儀式を行おうとしたところ,また,列ができていて,それは仕方ないのだが,またしても目の前で横入り.注意しても「並んでますよ」と嘘八百.40台ぐらいの男だったが,どうして公徳心がないのだろうか.本当に嫌になってしまった.

 気を取り直して出発.明王院の赤橋を渡り,粛々ときつい斜面を登る.登山者が多いので列が伸びている.Fさんにも会う.抜いたり抜かれたりしながら登って行く.台風の倒木は大部分が歩きやすいように枝を払われ幹は切られていた.ありがたいことである.

 モミジノコバで一息入れる.われわれはいつも御殿山まではここと見晴台で短い休憩をとっている.ここからはまた急登.夏道・冬道の分岐に到着し,夏道を選択.ここから枯れ谷のところの紅葉・黄葉を期待していたのだが,期待通りの美しさだった.これまでのしんどさも吹っ飛ぶ.

 見晴台で水休憩.あとは御殿山山頂まで.ワサビ峠からいよいよ西南稜.ベニドウダンとホツツジの赤,赤,オレンジ,黄色のコヤマノ岳,まさに秋の山である.見事というほかない.杉の緑がアクセントになっている.

 西南稜で今日の主役かおりさんに会う.こうして三々五々武奈ヶ岳山頂に向かう.山頂で,Tさん,山休さん,ヨネチャン,しーちゃん,権兵衛さん,ナベさんと会う.


 昼食後はパノラマコース,八雲ヶ原,北比良峠と進む.われわれは明日の朝用事があるので,北比良峠からギアチェンジしてスピードを上げてダケ道を降る.ダケ道の紅葉・黄葉も見事なのだが,また,水曜日に来ようということで,たったと降りる.3時20分のバスに間に合うようにと10人以上抜きながらひたすら下山.トイレ前に14時45分に着いて,バスには十分間に合うなあと思っていたところ,見慣れた車が駐まっている.アイちゃんの車.「せっかくだから乗っていき」と言われ,お言葉に甘えて乗せてもらう.思いもかけず早くH.S.比良に到着し,皆さんの到着を待った.アイチャンありがとうございました.

 楽しいお喋りの打ち上げ.16時21分のJRでわれわれとしーちゃん,ヨネチャン,M2さん,権兵衛さんは帰宅の途に.

 帰宅して,お風呂の後はワインで乾杯.実は本日われわれの結婚記念日で結婚して40年ということであった.息を吞む美しさの比良の錦秋とともに想い出に残る結婚記念日とあいなった.めでたしめでたし.

54.【10月24日(水)イン谷口→ノタノホリ→堂満岳→南比良峠→奥の深谷・大橋→金糞峠→正面谷→大山口→イン谷口

チカラシバ ノタノホリ 古崎川源頭 堂満岳 南比良峠 奥の深谷へ 毘沙門岩
 
 比良の中で紅葉・黄葉で訪れるべき所はいろいろあるだろうが,われわれにとっては,南比良峠から奥の深谷の大橋,そしてその大橋から金糞峠までの間ということになる.今日も車でイン谷口にスムーズに到着.3台ほど車が駐まっている.その中の1台がアイチャンのもの.実は今日のコース,アイチャンの下見済み.倒木等全く問題なしとのことだった.アイチャンありがとうございました.

 とりあえず堂満岳に登って高さを稼ぎ,尾根から谷筋に降る.

 まずは堂満まで先週と同じくオーソドックスなコース.標高730mで西へ90度方向を変える.いつも休憩はノタノホリの次はここでとる.風が強くなってきたのでウィンドブレーカーをはおる.今日は天気予報通り午前中は曇り.正面に堂満岳がそびえ立ち,われわれを威圧する.この山頂までの標高差300mがつらい.中でも最後の100mは頑張りどころ.紅葉・黄葉は,850mより上のところが今日はきれい.900m以上の所は1週間経てば終わりとなるかも知れない.

 堂満頂上で写真を撮った後,急いで縦走路へと向かう.縦走路の分岐につけば,南へ.南比良峠を目指す.南比良峠で昼食.コンビニおにぎりと卵スープ.もう暖かいものがいい季節になった.仕上げは豆大福と熱いお茶.

 食事も終えようかという頃に,声がしてくる.南比良峠に直接登ってきた様子.30歳代の5人ぐらいのグループ.みなさんがっちりした体格で,はっきりした受け答え,きっと警察官か消防隊員か自衛隊隊員ではなかろうかとユッキーと2人で推察する.

 さて,南比良峠から大橋へと下っていく.シダが繁茂して道はよく分からない.北西方向にどんどん降りていく.奥の深谷の三叉路に到着.これから谷の流れに沿って遡行する.途中毘沙門岩の下を潜る.この谷は大きな岩が一杯.細い斜面の道を慎重に進み,何回か渡渉する.八雲ヶ原の分岐にまでくれば金糞峠まではあと少し.

 金糞峠からは正面谷を慎重に降る.大山口に辿り着けばアイチャンの後ろ姿が目に入る.下見の御礼を述べ,お喋りしながらトイレ前まで来る.

 後始末をしたら今日も「ほっとすていしょん比良」へ.おはぎ,プリンは完売だったので,私はナッツとレーズンのパンとコーヒー.ユッキーはリンゴパンとコーヒー.お土産にお味噌を買って車に乗り,湖西道路,名神で無事帰宅.途中渋滞等は全くなかった.

 家での打ち上げはビール.曇りがちだったのは残念だったけれど,紅葉・黄葉を楽しめて,満足の山行だった.
 

53.【10月21日(日)佐々里峠→品谷山・ダンノ峠分岐→品谷山→品谷峠→トラゴシ峠→廃村八丁→四郎五郎峠→ダンノ峠→分岐→佐々里峠

佐々里峠のお地蔵さん 風化木 品谷山 廃村八丁の小屋 同大自然環境研究室前 ダンノ峠 佐々里峠駐車地
 
 小てつさんにお誘い頂き10年ぶりの品谷山山行となった.4時のバスがなくなって以来のことだ.いいお天気で気持ちのよい山行ができた.

 佐々里峠までの間で21号台風の爪痕を車の中から確認していった.花脊峠から先が特にひどいと思ったが,道路にかかった部分は片付けられ走行に支障はなかった.しかし杉の倒木は予想以上に多く,風向き,地形等によるのだろうが,倒れているところは斜面全体を倒木が覆い尽くしているかと思えば,全く問題ないところもある.気まぐれとしか言い様がない.

 これまでわれわれは品谷山に行くにはバスを利用していたので,佐々里峠からの出発ははじめて.いきなりの急登.「ここが一番しんどいとこです」と小てつさんに言われて,そうなんだと思いつつ,頑張って登る.ところが「ここが一番」というところがこのあと3,4回は出てきて,いったいどこが一番なんやと思ってしまう.

 ダンノ峠分岐からは向きを南西,西へと進む.アップダウンはあるが気持ちのよい尾根筋を品谷山に.途中,P866の名物「風化木」も通って行く.「風化木」は強い.すっくと立っている.倒木はあるが,これは昨年の台風によるものが多く,それほど迂回も必要なく,潜ったりまたいだり横にそれたりして進む.全体としては特に問題ない.

 品谷山からは品谷峠を経てスモモ谷を降りるのが通常のルートだが,今日は「峠巡り」としゃれ込み,さらに西に進んでから南へ曲がる.品谷山から品谷峠までの間の倒木がひどい.小てつさん持参ののこぎりで枝を切ってもらう.トラゴシ峠で東へ折れ,廃村八丁へと降る.ここで昼食.パンと牛乳.小てつさんからは懐中汁粉を頂き,われわれからはおぜんざいを提供.

 廃村八丁からは四郎五郎谷を遡行して四郎五郎峠へ.ここからダンノ峠へ.途中,同志社大学の自然環境研究室の前を通る.ここからダンノ峠までのところは大好きなところだが,昨年,今年の豪雨で水の勢いが強くあちこちでえぐられ,石ころがごろごろ.ここも大変だったんだと思う.紅葉はようやく始まったばかり.

 ダンノ峠からは急坂を登り,分岐まで.ここまでくれば佐々里峠まで30~40分.佐々里峠で着替えをし整理をする.そして,庄兵衛さんのところに寄る.10年ぶり.女将さんは10年経っても全く変わっていない.コーヒー.帰りにサクラタデを頂く.(家に帰って翌日植えたが,果たしてついてくれるか.湿地,水辺を好む花なので).
 
 そして,小てつさんの車に乗り,ビールを頂き出町柳まで.家に帰って最後のうちあげは愚息にもらった「蒼空」(キヌヒカリおりがらみ).きりっとした濁り酒.
 
 佐々里峠ー品谷峠ートラゴシ峠ー四郎五郎峠ーダンノ峠ー佐々里峠の峠巡り.小てつさんのガイドがなければわれわれだけでは行けないルートでした.さまざまなお心遣いありがとうございました.

 

52.【10月17日(水)イン谷口8:30→ノタノホリ→東稜道→11:15堂満岳11:49→縦走路→金糞峠→シャクナゲ尾根→北比良峠→ダケ道→14:11大山口→イン谷口

ノタノホリ 古崎川源頭 ホオノキ三兄弟 堂満岳山頂 季節外れのシャクナゲ アキノキリンソウ ブナの黄葉
 
 
 久しぶりに堂満岳に行こうかということになった.狙いは3つ.一つは紅葉・黄葉がどの程度進んでいるかを観察すること,二つ目はシャクナゲのつぼみのつき具合を見ること,そして三つ目は台風の爪痕を確認すること.

 なぜだか知らないが湖西道路がいつもと違うところで渋滞していて8時過ぎに到着.3,4台ぐらい車が駐まっている.準備をしていたところ,中の一台がIちゃん(アイちゃん)のものだと分かる.レイチャンも一緒で言葉を交わす.

 今日は堂満岳をオーソドックスなコースで登ることにする.サクラノコバからノタノホリ,古崎川源頭を経て堂満岳へ.1人だけハイカーに会い,抜いていってもらう.山頂に着いたと思ったらほんのわずかな雨が降ってきた.お腹もすいたことだし,少し早いが山頂で昼食.コンビニおにぎりとみそ汁.デザートは豆大福と牛乳.

 ここまでのところ台風の爪痕はほとんどない.山頂直下のところのブナの木が黄葉していた.その他の木の紅葉も始まっていてあと1週間ほどで見頃となるかといったところ.シャクナゲは今年が当たり年だったためか,蕾の数は少ない.来年は少し休んでもらうことにしよう.

 山頂からは縦走路で金糞峠に.峠からはシャクナゲ尾根の縦走路で北比良峠へ.シャクナゲ尾根のシャクナゲも蕾の数は少ない.

 北比良峠の前山に近づいたとき,今日初めてこの前の台風の爪痕を見る
歩くのにはさほど困らないが,倒木のすさまじさに息を吞む

 北比良峠に到着し,次郎坊山や釈迦岳を見ると,紅葉が進んでいることが分かる.あと1週間か10日で見頃となるだろう.

 下山は通い慣れたダケ道.すいすいと降りてカモシカ台,大山口,イン谷口出会った人は1人だけ.

 後片付けをして今日もHSひらへ.コーヒーとおはぎ.プリンをお土産にして車に乗り込む.今日は早かったため渋滞にも遭わず,早く帰れた.打ち上げはビールで.

 秋の花ももう終わり.シャクナゲ尾根でリンドウを見たけれど,今日はあまり日が差さなかったため,開いてはいなかった.アキノキリンソウはまだ少し残っている.蕾が少なかったシャクナゲだけれど,季節外れで咲きかけているのがあった.なんだか可愛そう.

51.【10月14日(日)イン谷口→大山口→正面谷→金糞峠→奥の深谷→八雲ヶ原→イブルキノコバ→武奈ヶ岳→パノラマコース→八雲ヶ原→ロッジ跡→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

アキチョウジ ゴマナ アキノキリンソウ 武奈ヶ岳山頂 エゾリンドウ オオバキスミレ リンドウ
アケボノソウ
 
 
 土曜日は顔見世の予約の日なので山には行けず,山行は本日となる.雲が多い一日だったが,午後からは日が差す時間もあった.

 湖西道路で北へ行く車が多数あったが,これは後で知ったのだが,マキノでハーフマラソンの大会があったため.イン谷口に登って行くと,こちらも多くの車が駐車.早朝に来たか,テン泊したためであろう.

 今日は秋の花の見納めとして,正面谷から金糞峠.そして,八雲ヶ原に.台風21号の後,大きな倒木が道を塞いでいたが,きれいに片付けられ,また,渡渉の橋という橋がすべて修復されていた.どなたか知らないが,感謝感謝.

 八雲の湿原ではまだウメバチソウが咲いている.きれいに写真に撮るのはなかなかむつかしい.

 八雲ヶ原を過ぎてイブルキノコバへ.ここの倒木もきれいに片付けられていて難なく通過.イブルキノコバで元気づけのため糀甘酒.イブルキノコバから沢沿いの夏道を登っていく.オオカニコウモリももう終わってしまった.そして最後は冬道を使って山頂に.12時前に到着.今日も大勢の登山者が来ておられる.


 コヤマノ岳方面を見ると少しずつ紅葉が進んでいる様子が見て取れる.パンと牛乳,羊羹で昼食.長袖1枚では寒いので半袖とレインウェアを重ねる.

 食事の後は下山.パノラマコースから八雲ヶ原,ゲレンデ跡を登ってロッジ跡,そして北比良峠.

 リンドウはまだ至る所で可愛い花をつけている.センブリはもう終わり.ダケ道,大山口,イン谷口.遅くなればなるほど渋滞がひどいので,急いで片付け,着替えをしてH.S.比良へ.おはぎとコーヒーで打ち上げ,元気をつける.山休さんが来られていたことを聞く.渋滞を避けるために早めに帰られたとか.残念.すれ違い.

 渋滞は少しはあったが,この前の連休最終日の月曜日ほどではなく,それなりに早く帰れた.

 今日のうちあげは山名酒造の「秋季冷やおろし寒露」.すっきりとしたお酒.

 これで,ガリバー青少年旅行村から広谷までのルートを除けば,武奈ヶ岳へのルートはほぼ全部見て回った.次は武奈以外の山を予定している.

50.【10月8日(月・体育の日)イン谷口→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→中峠→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→北陵→細川越→スゲ原→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

キクバヤマボクチ アキチョウジ ヨキトウゲ谷(Y) 中峠からコヤマノ岳へ 武奈ヶ岳山頂 ダイモンジソウ アケボノソウ
 
名残の秋の花を求めて・・・・   写真(Y)=ヨネチャン提供のもの.

 台風も過ぎていいお天気の今日,紅葉の前の秋の花を観賞するためにまたまた武奈ヶ岳へ.渋滞もなくスムーズにイン谷口に着いたものの,8時前だというのに駐車スペースには一杯の車.この前もそうだったが,早朝に来た車のほかに,テン泊で昨日から来ている車もありそうだ.とりあえずトイレ前よりも下のところで駐車.豪雨の後の道路の穴ぼこ(複数)がきれいに補修されていた.ありがたい.

 出発しようとしていたところ,ヨネチャンが通りかかられる.声かけして,今日は一部を除いてほぼ全行程でご一緒する.10ヶ月以上の間をおいての再会である.積もる話がいろいろあり,楽しくお喋りしながら正面谷,金糞峠,ヨキトウゲ谷と進んで行く.歩き始めると暑い.汗が出る.

 中峠の手前のところでは山休さんと出会う.こちらも久しぶり.中峠までは4人で進む.ここからはヨネチャンと山休さんとは比良の王道でワサビ平,ワサビ峠へと.われわれは「さび抜き」でコヤマノ岳に.木々の葉は少しずつ色づいている.

 コヤマノ岳からはブナ街道を経て武奈ヶ岳山頂に.そうしたら,かおりさんとokaokaさんが来ておられた.全員が「花と山」が大好き.そろい踏みは珍しい.楽しくお喋りしながら食事.いつもよりは長居する.

 okaokaさんはイブルキノコバ経由で下山される.かおりさんはお知り合いを待っておられる.というわけで,中峠4人組で北陵を降る.急な斜面で粘土質の地面.滑らないように気をつけながら細川越まで.そこからはスゲ原,広谷.倒木の問題はない.イブルキノコバ,八雲ヶ原.ここでパノラマコースを降りてきたかおりさんと再会.5人で北比良峠,ダケ道で降りる.いつもは退屈な道も話の花を咲かせながらの下山で,さほど苦にならない.

 イン谷口に着いて着替え,後始末.山休さんは車で一足先に帰られる.われわれはヨネチャン,かおりさんをJR比良駅まで送ってから湖西道路に乗る.予想通り連休最終日,遊びから帰る多くの車で渋滞.帰宅にいつもの倍の時間がかかった.

 家に帰って,打ち上げは山名酒造の「渡船(わたりぶね)」.昔の酒米を復活させてつくったもの.なにやら懐かしい味.

 ネットで輪が広がった山友のみなさん.これからもよろしくお願いします.

 いよいよ山の季節は花から紅葉に移る.そしてその後は雪.
 

49.【10月3日(水)】イン谷口→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→中峠→ワサビ平→ワサビ谷→ワサビ峠→西南稜→武奈ヶ岳→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

アキチョウジ アキノキリンソウ ワサビ谷 武奈ヶ岳山頂 リンドウ センブリ ウメバチソウ
エゾリンドウ
 
ヒツジグサ
 リンドウ,センブリ,ウメバチソウを求めて .
 
 この前の土・日は台風にたたられ山行できず.本日水曜日,晴天.花を求めて武奈ヶ岳に.

 8時前にトイレ前に着いたのだが,なんと車で一杯.かろうじてスペースを見つけて駐車.大山口,青ガレ,金糞峠と登って行く.少し汗をかくが順調に金糞峠に.誰にも会わない.正面谷で狂い咲きのニシキゴロモ発見.

 今日は久しぶりにワサビ谷に行きたいということから,ヨキトウゲ谷を遡行する.倒木で少しだけ迂回したのは2ヶ所ほど.ほとんど問題ない.ただ,水量が多いので,渡渉には工夫がいる.渡渉ヶ所は数え切れないほど多い.

 中峠に到着.それほど暑くないためか疲労度は小.ブドウのこんにゃくゼリーで元気をつける.ここではじめて追いついてきた夫婦に会う.出発からここまで全く人を見かけなかった.ワサビ平に降りる.ここからユッキーが好きなワサビ谷.いつもなら枯れ谷に近いのだが,今日は結構水が流れている.モミジガサを発見.写真はうまく撮れなかった.

 ワサビ峠から西南稜となるとポツポツ人と会う.リタイア組と覚しき人ばかり.リンドウ,センブリ,アキノキリンソウなど撮りながら山頂を目指す.

 山頂でお昼にする.コンビニおにぎりと牛乳,おぜんざい.降りはパノラマコース.ゲレンデ跡にはススキが一杯でいかにも秋という感じ.八雲ヶ原では池と湿原探索.今日はゲレンデ跡,ロッジ跡を経て北比良峠に向かい,そこからはダケ道で.

 大山口で後始末.顔を洗ってさっぱりする.駐車地に着いて着替え等行い,HSひらに向かう.今日はコーヒーとアリコ・ヴェールで疲れを癒やし,家路につく.渋滞もなく無事帰宅.今日もビールで乾杯.武奈までは比良の王道でロングコースだったが十分楽しめたので満足,満足.お天気もよかったのでありがたかった.