2018年1月の山歩き

 2017年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
     
・リンク2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home


6.【1月31日(水)】朽木スキー場駐車場9:10→490mさわらび草原→817m合流地点→870mお見合い広場→11:45蛇谷ヶ峰山頂(901.5m)12:23→817m合流地点→ゲレンデ→14:00スキー場駐車場

さわらび草原登山口 沢沿いの林道で 817m合流地点 850m付近 山頂へ 蛇谷ヶ峰山頂
 
 
ゲレンデ最上部 
 
 「ウィークデイに通勤・通学の満員電車に山に行くためにリュックを抱えて乗り込むのは気が進まない」とNさんがおっしゃっていたが,われわれも同感.そこで,天ヶ岳に行く予定にしていたが,今週末にすることにして,今日は車で出かけるスノシューハイクの日.蛇谷ヶ峰.天気予報通り正午までは素晴らしいお天気だった.こんなに雪があってこんなにいいお天気なのは一冬で何日あるだろう?

 心配していた鯖街道も除雪されていて道は氷っていない.普段通りのスピードで道の駅の朽木新本陣まで.ここでトイレを済ませ朽木スキー場の駐車場に.駐車料500円(土日・祝日は1000円).いきものふれあいの里跡に駐車ということも考えたが,除雪されていない場合,下に車を置いてそこから出発では時間がかかってしょうがないとの判断による.山頂で出会った人によるとやはり除雪はされていず,そこで天空温泉の駐車場に車を置いてきたということだった.

 駐車場で準備をしてスノーシューを手に持って出発.駐車場を出たところでスノーシューをはく.ここのコースのいいところは長時間スノーシューを担いでいなくてもいい点.朽木スキー場の積雪は90cm(ホームページによる).

 ふかふかの雪をスノーシューで快調に進む.昨日のだろうか薄いトレースあり.しばらく沢沿いの林道を進み,507mのところから斜面をジグを切って尾根にのるべく進む.このあたりの傾斜はきつい.

 あとは817mの合流地点までヒールリフターをあげて登って行く.まだ山頂は見えず,左手は植林.右手には別の尾根が見える.

 817mの分岐はスキー場ゲレンデ最上部からの道との合流地点である.少し広くなっている.高島トレイルの山々がきれいに見える.

 次に目指すはお見合い広場.ここは天空温泉や生き物ふれあいの里跡からの道との合流地点である.ここまでくればあと10分.

 11時45分に山頂.5人ぐらいのグループが昼食をとっておられ,さらに男性2人組がおられた.ピーク写真ののち,少し南へ降りたところで昼食.今日はコンビニおにぎり二つとみそ汁.デザートは羊羹にお茶.少し雲が多くなってきたので急いで出発.

 降りは817mまで降って,そこからスキー場ゲレンデの最上部に降りるルート.かなり傾斜は急であり,昨年はかなり滑りやすかったが,今年はふかふか雪なので快調に降りていく.ゲレンデ最上部でスキー場と天空温泉の社員(?)の人といろいろお喋りをする.20分も話したであろう.

 あとはゲレンデの端をペタペタとスノーシューで降りる.もうスノーシューを外してもいいのだが,荷物になるのでそのままにしてレストハウスのところまで.1時間半ほどで降りたことになる.お喋りしていなかったら1時間ぐらいで降りられただろう.

 帰りに朽木新本陣に寄って,よもぎ餅やら栃餅やらのお土産を買って帰路に.随分と早く帰れた.お風呂の後で今日は牡蠣の土手鍋.お土産の栃餅を最後に入れて締め.酒は山名酒造の「Nouveau ささにごり」.ぴったり合った.

5.【1月27日(土)】叡電二ノ瀬駅→二ノ瀬ユリ→大岩別れ→樋ノ水峠分岐→樋ノ水峠→貴船山三角点→樋ノ水峠→樋ノ水峠分岐→大岩別れ→夜泣き峠→叡電二ノ瀬駅

叡電二ノ瀬駅 大岩別れ 樋ノ水峠分岐 樋ノ水峠分岐 貴船山三角点 夜泣き峠
 
 
 
 今日は雪が降り続く一日だった.天気予報では午後からよくなるかということであったが,期待外れ.まあしかし,雪と戯れるという所期の目的は達せられた.

 雪が降る中で比良は敬遠し,近くで歩けるところということで去年も歩いた貴船山.昨年はしーちゃん,Nさんと一緒だった.

 二ノ瀬駅で準備.この駅のトイレは現在リフォーム中で使用不可.ゆっくり歩き始める.駅を出たところの川沿いの人が雪かき中でわれわれの姿を見て,「こんな雪やし,やめとかはったら」と声かけ.「進むのが無理だと分かったら引き返します」と答えて,さらに進む.心配してくださるほどに雪が舞っている.

 まだワカンもアイゼンもつけていない.冨士神社の横を通るときに,今日は夜泣き峠に寄らず,ユリ道で大岩別れまで行くことにする.また,貴船三山の予定だったが,三角点のある貴船山だけにしようと決定.

 大岩の別れまでは10cmぐらいの新雪.ここでワカンをつける.先行者は1人.樋ノ水峠分岐に来ると,積雪量はうんと増え,40cmほど.ふかふかの雪でワカンをつけていてもかなり沈む.樋ノ水峠では50cmほど.このあたりは倒木で大変なことになっていた.

 ここから急斜面を登って貴船山三角点.さらに少し東へ降りて,われわれの言う「白き処女地」.雪は間断なく降っているが,ここでお昼.今日はチーズパンなどパン2個.卵スープ.急いで食べて帰路につく.

 ワカンをつけて急斜面を降り,樋ノ水峠,そこから樋ノ水峠分岐まで.途中今日初めて人に会う.3人のグループがこれから三角点に向かうとのこと..降りは速い.あっという間に大岩別れ.帰りは夜泣き峠を廻って帰ろう,ということになり,さらに進む.大岩別れでワカンを外すことも考えたのだが,まだつけたままで.結局,夜泣き峠に着いてワカンを外す.夜泣き峠のお地蔵さんは無事だったが,周りは倒木でぐちゃぐちゃになっていた.

 滑りやすい雪道を気をつけながら降りていく.フィットネスクラブで体幹も鍛えているからか,滑っても尻餅はつかず.無事二ノ瀬駅に到着.

 打ち上げは出町柳の「上燗屋茶房」と考えていたが,お休み.そこで,家で打ち上げ.

 夕食は「石狩鍋」.山名酒造の「醪」で.微発泡のにごり酒.ああおいしい.

 

4.【1月21日(日)】イン谷口8:05→大山口→青ガレ→正面谷→9:55金糞峠→ヨキトウゲ谷→上林新道四つ辻→コヤマノ岳→11:50武奈ヶ岳→コヤマノ岳分岐→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→カモシカ台→15:24大山口→イン谷口

青ガレ 正面谷 金糞峠 コヤマノクラウン 武奈ヶ岳 カモシカ台
 
八雲池 
 
 金曜日から土曜日にかけては結婚した娘が来ていたので,本日日曜日の山行となった.

 車で出動.青空でいいお天気.天気予報では午後から悪くなると言うが・・・
 
 名神,湖西道路と順調に進み,イン谷口のトイレ前に駐車.8時前に来たのにすでに多くの車が駐まっている.グループで来られている方もおられるよう.ここまで雪はなく,運転に支障は全くなかった.

 この状態ではふかふか雪も望めまいと考え,車にワカンを置いてアイゼンだけ携行する.青ガレの手前でアイゼンをつける.二人とも十本爪.以後足下不安なくどんどん進む.早春の趣.

 金糞峠からヨキトウゲ谷を進み,上林新道四つ辻へ.いよいよこれからがしんどい南尾根直登コース.随分雪は減ったと見え,30cmぐらいか.残念なことにコヤマノ岳に近づくにつれ雲が出てきて青空が見えなくなる.また,コヤマノクラウンにも雪はついていない.

 コヤマノ岳からは琵琶湖は見えず,蓬莱,釈迦もぼんやりとしか見えない.ブナ林を通ってイブルキノコバ分岐近くのビューポイントから武奈を見れば,時折人の姿も見えるが次第に雲に覆われていく.まさに天気予報通り.アイゼンをきかして冬道を登って山頂に.日曜日だからかそこそこ多くの人がいるが,ほとんどは坊村から来ているようだ.

 山頂では次第にホワイトアウトになっていき,雪もぱらぱら降ってくる,風も強いということで,昼食はパノラマコースのところで取ろうと,早速下山.コヤマノ岳分岐からパノラマコースへ.ただ,二カ所ほど緊張を要するところあり.冬道で尾根を降りていくのだが,尾根が細くなり岩となっているところがあり,しっかりした木をもち慎重に降りる.ゲレンデ跡の風が比較的当たらないところで昼食.パン二個とコーヒー.デザートは草餅とお茶.


 八雲ヶ原から北比良峠へ.山頂からここまで全く人を見なかった.雪の時にこの道を取る人はいないということか.

 あとはダケ道.ずっとアイゼンをつけたままである.結局,カモシカ台を過ぎて少し行ったところでアイゼンを外した.

 車のところで後片付けをして「ほっとすていしょん比良」へ.今年初めて.4時前に着いたが,お目当てのおはぎは売り切れ.「今日はいつになくたくさんのお客さんが見えて全部売れた」とYさんの話.サツマイモのタルトとコーヒーを頂く.

 帰宅してお風呂の後は頂き物の伏見のお酒「招徳」(純米吟醸).すっきりした味わいのお酒.

3.【1月13日(土)】八瀬叡山口→松尾坂→西山峠→見晴台→頂上駐車場→大比叡→坂本ケーブル延暦寺駅→裳立山→紀貫之の墓→遠見岩→無動寺道→琵琶湖病院→坂本観光案内所→甘味処うえだ→JR比叡山坂本駅

浄刹結界跡 斧堂跡地蔵石仏 見晴台 大比叡 坂本ケーブル駅 紀貫之の墓
蓬莱山(山頂駐車場から) 
 
 
 年末に比叡山に出かけたので,年始にも比叡山に出かけることにする.北の方では吹雪との予報もあり,この選択となった.Nさんとご一緒.

 まずは年末と同じく叡山電車で八瀬まで.叡山電車の駅で準備をして,ケーブル駅の横から登る.年末にあった雪も溶けてしまっている.新年の雪の期待でアイゼン,ワカンをもってきたけれど,使うことがあろうかと心配.

 精華高校のグラウンドの横から登って行く.浄刹結界跡を過ぎ,斧堂跡地蔵石仏を過ぎ,西山峠に.ここからケーブル駅に直登する道もあるが,今日も,一旦林道へ降りて,そこから登り鎮護国家の碑を過ぎ,見晴台へ.いつもここは風が吹いていて寒い.遠くに蓬莱山を見て,写真を撮り,急いで山頂駐車場への階段道へ.

 一部氷っているところがあるので用心してそこを避けて登って行く.山頂駐車場でトイレ.元気のよい欧米系のトレイルランナーが三人ほどやってくる.他には誰もいない.

 大比叡の一等三角点に寄り,今日は阿弥陀堂の方ではなくて坂本ケーブル延暦寺駅のほうに進む.途中単独の女性ハイカーと出会う.ケーブル駅の外のベンチで昼食.小春日和のようなお日様があたってのんびりと昼食.パンとコーヒー.デザートはNさんにいただいたおぜんざい.

 降りは紀貫之のお墓に詣でて無動寺道へ.この道も久しぶりである.ケーブル駅から裳立山駅までの間,これまでも崩れてやっかいなことになりつつあったが,昨年の台風で木が倒れ歩きにくくなっている.要注意.

 裳立山駅から先は倒木こそあれ,潜ったりしながら,比較的容易に先へ進むことができる.最後の石段道(いつも嫌なところだ)を降りて琵琶湖病院の駐車場の横に.病院の駐車場の反対側には墓地がある.おもしろいロケーション.

 日吉神社に向かう道を横切り,穴太衆の石組みを見ながら里坊の間を抜けて日吉神社の前の道に出る.観光案内所で後始末をして,甘味処うえださんに出かける.「ことしもどうぞよろしく」とご挨拶.3人で栗ぜんざいを頂き,お土産にミカンゼリーとわらび餅を買い求め,JR比叡山坂本駅へ.折しもやって来た電車に階段を駆け上って乗り込む.京都駅からは近鉄で丹波橋まで.ここでNさんと別れる.


 家に帰ってカミツレ湯のあとは山名酒造の「奥丹波」.きりっとした辛口のお酒.雪がなくアイゼン,ワカンは使わなかったのが残念だったが,今日もよく歩き,無事帰宅できたことに感謝,感謝.

2.【1月7日(日)】JR八木駅8:25→バス→8:59越畑バス停9:07→芦見峠→西向き地蔵→11:14地蔵山→愛宕山三角点→農林道→14:06水尾→JR保津峡駅15:00

芦見峠 西向き地蔵 地蔵山へ  地蔵山 愛宕山三角点  水尾自治会バス
 
 
 
 1月4日のリヴェンジも考えたのだが,イン谷口到着がどうしても8時過ぎとなり,出発が遅れること,イン谷口まで車が入れないかもしれないこと,中2日のわれわれの体力等々を考慮して,5年ぶりに越畑から地蔵山,愛宕山に行くことにする.

 京都駅7時42分発の電車で8時20分八木駅着.神吉・原行きのバスが8時25分発.9時頃に越畑に到着.驚いたことに,10人ぐらいのグループが乗っていて,どこに座ろうかと思ったほどであったこと.これまではほとんど乗客はわれわれだけということが多かった.

 バス停で準備をして出発.芦見峠まではほとんど雪なし.崩れていたところもしっかりと道がつけられていた.グループはわれわれより大分後に出発したようである.ただ,芦見峠からは単独のハイカーと一緒になり,先になり後になりして進む.車で来られたとか.

 芦見峠を過ぎスキー場跡の横を進むやっと待望の雪が出てくる.10cmから20cmぐらいの積雪.地蔵山へ行く途中でワカンをつける.歩きやすい.アセビのトンネルを潜りながら地蔵山に到着.

 昼食の場所をどこにするか話しながら愛宕山三角点目指して進む.三角点では人も多かろうし,風もあるかもしれないと,結局竜ヶ岳の分岐を少し竜ヶ岳へと進んだところで昼食.今日はカップうどん.デザートは羊羹.食べてジープ道に戻り,三角点に.鉄塔が撤去されてから初めての訪問.ここでアイゼンに代える.

 神社広場では団体の新年会があちらこちらで.急いで農林道の道に向かう.こちらへ向かう人は誰もいないが,上り下りの足跡はある.

 休憩ベンチが上の第3ベンチから下まで3つある.第3ベンチのところでアイゼンをはずす.6本爪軽アイゼンも三角点からここまで役に立った.

 水尾の自治会バスの停留所に辿り着いたのが2時6分.まだ19分もあると思って時刻表を見たら2時に発車とのこと.5年前は14時25分だったのが,昨年の11月に14時に変更になっていたのだ.やれやれ.1時間30分も待っていられないので,仕方なく,川沿いの道をとぼとぼと歩く.スカルパのトリオレで1時間近く歩くのはつらい.万歩計の数字はありがたくも(?)数値を上げた.

 駅に着いたと思ったら電車がプラットフォームに入ってきた.後片付けもそこそこに乗り込んで京都駅まで.京都駅では「京アンジュ」で例のやつ.帰宅して,お風呂の後は山名酒造のしぼりたて「奥丹波・一號」.すっきりした辛口.

 本年2回目の山行.そこそこの雪でワカン,アイゼンも活用し,雪山を楽しめた.帰路に保津峡駅までバス利用の人は少ないかもしれないが,上に挙げておきます.われわれの教訓はバスの時刻表が5年前と同じなどということはほぼあり得ないから,出かける前には時刻表を確かめておくことということでした. 

1.【1月4日(木)】イン谷口→9:06大山口→青ガレ→正面谷→11:07金糞峠→奥の深谷→金糞峠→正面谷→青ガレ→14:02大山口→イン谷口

駐車場所 イン谷口 大山口 正面谷 金糞峠近く 金糞峠
 
金糞峠近く 
 
 初登り.武奈までは無理かもしれないが,せめてコヤマノ岳か八雲ヶ原までと考えて出発.

 まずは湖西道路を降りてバス道と合流するところで2台の車が駐まっている.どうしたのだろうと思ったら,二台のうち一台はノーマルタイヤで,もう一台の四駆にチェインをつけているところであった.結局このグループはノーマルタイヤの車はその場に置いて,もう一台の四駆にイン谷口まで行かせてピストンで全員を運ぶというところであった.

 われわれは先に行かせてもらう.この道がツルツルでゆっくりとハンドルをキープしながら進んだ.10cmぐらいの積雪.どこまで上に行けるか分からないので出合橋の手前で駐車.ここで準備をする.アイゼンとワカンを持参したがとりあえず何もなしで登ることにする.駐車で手間取り,時間を食ったので,この時点で武奈ヶ岳は無理だなと観念する.

 出合橋のところで一台,トイレ前でもう一台駐まっていた.雪は徐々に増えていく.空は青空.しかし,このあと雲がかかり,再び青空を見ることはなかった.

 昨晩降雪があったようで新雪のふかふか雪.先行者がいてトレイスがついている.

 とりあえず青ガレまでは来られた.アイゼンも考えたが,新雪なので,ノーアイゼンで青ガレを進む.雪で石が覆われているので登りやすいといえば登りやすい.ただ,先行者の足跡を辿るのだが,時々ズボッと沈んでしまうこともある.

 なんとか金糞峠まではやって来られた.もうこのあたりになると雪は40cmから50cmはある.トレイスは奥の深谷方向とヨキトウゲ谷方向の両方にある.これだけの雪だとコヤマノ岳まで行くには時間切れとなるだろうから,八雲ヶ原に向かおうと考えた.ここでワカン装着.

 ここでソロの女性ハイカーが戻ってこられる.聞けば,ラッセルしているハイカー二人の後をついていったのだが,ワカンもなにもないので腰まで雪に沈んで撤退してきたとのこと.「甘かったです」とのことだったが,この雪山にアイゼンもワカンもなしで来るとは!

 きれいにラッセルしてあるところをわれわれは進む.が,しかし,奥の深谷から上林新道四つ辻に向かう橋があるところまで来たところ,われわわれがここまで来られた陰の功労者である先行ハイカー2人が戻ってこられた.ラッセルに次ぐラッセルで少し先まで行ったのだが,腰が痛くなり,さらに,渡渉すべきところの先が雪の壁になっていて,先へ進むのを断念したとのこと.

 さて,どうしよう.雪は降り続いているし,われわれだけでラッセルして八雲に行くことは不可能だろうという結論に達した.ちょうど時間も11時40分ぐらいになっている.撤退.

 お腹もすいてくるが,雪の降る中,昼食場所の適当なところが見つからない.仕方がないので,金糞峠下でクッキーを囓っただけで,とりあえず,金糞峠を下って雪が止んで適当な場所が見つかったらそこで昼食としよう.金糞峠でアイゼンに付け替える.12本爪(後で考えれば6本爪でもよかった).

 途中で,朝出会った四駆のグループに会う.金糞峠まで行かずにここで昼食にして下山しますとのことだった.

 われわれは青ガレを少し上がったところで雪の止み間を利用して昼食.カップラーメン.デザートは懐中汁粉.最初は降りて車のところで昼食かと考えていたので,まあよかったか.

 ここから快調に青ガレを降り,車の所まで辿り着いた.後始末をして14時44分に出発.朝苦労した道も雪は溶け,楽に湖西道路に乗ることができた.時間的に余裕があるので昨年の台風で営業停止となっている道の駅「妹子の里」に立ち寄ってみた.仮説の店舗でほそぼそと営業しているようだが,本日は休業ということで何もなし.自販機とトイレのみ.あとは名神に乗り,京都南インターで降り,無事帰宅.

 本日は山名酒造の「奥丹波・木札」で締め.昨年の1月4日初登りは武奈ヶ岳まで行けた.今年は雪が多いので,武奈までは行けなかったのだが,奥の深谷の八雲方向の途中まで雪景色を堪能し,雪遊びを行ったという次第.今年は山行65回を目標にしており,とりあえず,本年第1回の山歩きであった.