2017年最近の山歩き

 2017年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
     
・リンク2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home 


39.【8月21日(月)】イン谷口→大山口→正面谷→金糞峠→奥の深谷→八雲ヶ原→イブルキノコバ→武奈ヶ岳→北陵→細川越→スゲ原→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→ゲレンデ跡→ロッジ跡→縦走路→北比良峠→ダケ道→カモシカ台→大山口→イン谷口

ボタンヅル ヤマジノホトトギス 武奈ヶ岳 広谷 サギソウ コバギボウシ
ヒメヤブラン
ミヤマウズラ
ミヤマママコナ
 土曜日,日曜日と町内の地蔵盆で山行できず,本日月曜日の山行となる.土曜日に行かれたYさんの花報告もあり,ミヤマウズラやサギソウ等確認したい花がいろいろあるということで今日も武奈ヶ岳.117回目

 お盆明けの月曜日ということか,名神も湖西道路もやや渋滞.いつもより20分ほど余計に時間がかかる.

 イン谷口トイレ前には4台ほど駐車.2人ほどの人が広場の草刈りをされていた.もたもた準備をしていたら,常連Hさんが来られて早々と出発される.Hさんとは武奈から降りてこられて八雲ヶ原で再会する.

 このコース,いつも金糞峠までがつらい.特に青ガレまでがつらいところ.いつものように水場でタオルクールする.今日も蒸し暑い.


 金糞峠に着くと気分も軽くなる.今日は先に八雲ヶ原に行こうと奥の深谷へ.この観音様ロードは涼しくて緩い傾斜の登りで歩きやすい.八雲ヶ原の高層湿原で花観察の後,イブルキノコバ経由で武奈ヶ岳に.

 武奈ヶ岳山頂で昼食.10人ぐらいの登山者.今日はコンビニおにぎりとお茶.牛乳も持参.黒糖のお菓子をデザートに.湿度の高そうな薄雲で視界はよいとは言えない.風があり,この点はありがたい.汗を冷やしてくれる.

 下山は北陵から細川越,スゲ原,広谷コース.キタヤマブシの蕾の状態を観察するため.

 滑りやすい北陵の斜面.粘土質でズルズル.細川越からスゲ原へ.オオバアサガラが繁茂しすぎ.オオバアサガラが好きなユッキーですら,「過ぎたるは及ばざるがごとし」とつぶやく.これではキタヤマブシの生育を妨げるであろう.

 キタヤマブシは下の方の葉が黒くなっているのも多いが,それでも蕾はつけている.おそらく開花は2週間後ぐらい.蕾の数は減っている感じ.

 広谷で靴の底が開いて困っている人がいたので,ユッキーはスペアの靴紐を差し出す.そう言えば,かつて雪の日,坊村からの登りでユッキーのアイゼンが靴に合わず苦労していたときに靴紐を提供して下さった見ず知らずの人がおられたのを思い出した.この方とは2度とお目にかかることは今に至るまでない.お会いできれば御礼を言って靴紐をお返ししようと思っているのだけれど.


 さてさて,広谷からイブルキノコバに出て,八雲ヶ原.今日はゲレンデ跡からロッジ跡へと向かう.あとは縦走路,北比良峠,ダケ道で降りる.ミヤマママコナが咲き始めていた.

 大山口でストック,靴をきれいにし,タオルを洗って汗を拭う.いい気持ち.

 帰りの湖西道路もいつものところで渋滞していたが,往きと同じぐらいの時間で帰宅.シャワーの後は,地蔵盆のお下がりの日本酒「月桂冠」でうちあげ.

 蒸し暑くはあるが,季節は少しずつ秋に向かっている.これからは秋の花を楽しみたい.

38.【8月16日(水)】岩屋谷・滝谷出合→京都府立大学久多演習林管理舎→第1バクロ坂→第2バクロ坂→滑車のピーク(P910)→第2バクロ坂→第1バクロ坂→京都府立大学久多演習林管理舎→岩屋谷・滝谷出合

岩屋谷(イヤダニ) イワタバコ 京都府大演習林小屋 滑車のピーク(P910) ウバユリ ボタンクサギ
靴底の山ヒル
友禅菊 
 
 ナツズイセン
 小てつさんがヒルの対策実験を行うということを聞き,いつもお世話になっている小てつさんが単独で行かれて血まみれになられるのは座視するに忍びずということで本日の山行.実験の客観性から言えば対照群も必要であろうとも考える.実験の報告は小てつさんに委ねる(okaokaさんのフロントページ参照).okaoka clubのみなさま,ならびに,これをご覧のみなさまのお役に立つことを願っている.

 さて,ここでは山歩きの報告を行いたい.

 出町柳でピックアップしてもらい,鯖街道を北上.梅の木で左折し,安曇川にかかる橋を渡り,久多方面に進む.お盆で帰省の地元縁の人とか釣り客で対向車が次々現れはっとする.こういう道は私は運転したくないが,小てつさんは慣れたものですいすいと.

 いつもの岩屋谷と滝谷の出合で車をデポ.ゲイターをつけ,小てつさんが用意して下さった6,7種類の虫除けから選んで,右脚,左脚別々の薬剤をかけ,手と首筋,胸元にもジェルを塗り込み,万全の対策をとる.

 出発.林道を府大の小屋まで歩く.今日驚いたのはこれまでヒルを見たことがなかった林道でもお迎えがあったこと.これが結構大きい奴.枯れ枝の下から出てきたので即退治.

 府大小屋からいよいよヒル銀座.いるいる.この第1バクロ坂を以後ヒル坂と呼びたい.急な斜面でジグを切ってはあるが細い道.薬の効果か靴の上まで上がってくる奴はいない.いずれにしても気持ちはよくない.冷や汗が出る.ヒルの行動に関しては小てつレポートを参照されたい.

 第2バクロ坂まで来ると地面のヒルのお迎えはない.ひたすら急斜面を登る.本日は三国岳まで行かず,P910の滑車のピークまでとする.ここで昼食.本日は出町柳のおにぎり屋で買ったおにぎり2つ.小てつさんからはなめこのみそ汁を頂く.われわれからはキーウィーと豆大福の差し入れ.
 

 降りも特にヒル銀座の所は注意して慎重に.どうやら薬が効いているのか,登りの時に退治したためか,ヒルは見かけなかった.

 車のデポ地に到着し,こわごわゲイターを外したがヒルは全く見当たらなかった.帰りは久多峠にまわって能美口から花脊峠,鞍馬を経て出町柳まで.今日は五山の送り火の日.点火は8時だが,4時でも出町柳では人出が多い.

 京阪で帰る.今日は歩く距離がそれほど多くなかったので,早めに帰宅できた.

 家に帰ってシャワーの時にもう一度ヒルの確認を行ったが,全く何も見つからなかった.実験は大成功であった.ヒルの被害なく無事帰宅できたことを祝ってビールで乾杯.

 小てつさんありがとうございました.
 

37.【8月13日(日)】坊村9:00→御殿山コース→御殿山→ワサビ峠→西南稜→武奈ヶ岳→イブルキノコバ→八雲ヶ原→奥の深谷→金糞峠→正面谷→大山口→イン谷口バス停15:25

ヤマジノホトトギス ホツツジ 武奈ヶ岳 西南稜 八雲池 サギソウ オトギリソウ
ヒヨドリバナ
 
 今日は1年ぶりにマラソンランナーH氏夫妻とご一緒の山行.京都バス出町柳バス停で集合し,7時45分発朽木学校行きのバスに乗る.このバスに乗るのも久しぶり.車で出かければ琵琶湖に行く車で渋滞が予想される(特に帰り)ため,バスで行くことにした.これだと鯖街道から琵琶湖まで比良山系を横断できる.幸いにして乗客はほとんど座れた.立っている人は2人ほど.

 1時間ほどで坊村バス停に到着.9時に出発.今日は高曇りで強烈な日差しはなく,明王院からの歩き始めこそ蒸し暑かったが,上に行くにつれ風も少しあり,涼しくなった.

 われわれが勝手にモミジノコバと呼んでいる(人によっては「日本庭園」)ところで飲水休憩.ここからまた急な登りが始まるが,その最初の部分のキタヤマブシに注目している.これまでにないほどに葉っぱが茂っているからだ.しかも例年だと下の方の葉が黒く枯れているのだが,今年は黒い葉は見当たらない.


 次の休憩場所である見晴台.ここでもキタヤマブシの状況は同じだ.鎌倉山,峰床山を見ながら,御殿山へと登る.そこから西南稜.ホツツジが見られる.

 12時前に山頂に到着した.着いたと思ったらYさんが手を振っておられた.マラソンランナーH氏夫妻を紹介し,花の情報交換をしながら食事.今日はパン二つに牛乳.デザートは冷やしぜんざい.

 下山はイブルキノコバを通り,八雲池に立ち寄り,いつもの北比良峠,ダケ道をやめにして,奥の深谷,金糞峠で正面谷を降りる.

 3時25分のバスに乗りたいため,スピードをあげる.2,3分前に到着.今日は着替えを省略.駅でやればいいと思っていたら,バスがJR比良駅に着いたら3分ぐらいあとに電車が来るというので,ここでも着替え省略して電車に乗り込む.自分の汗の臭いでむせかえりながら,H氏夫妻と四方山話.

 京都駅で「京アンジュ」に立ち寄ろうかと前までいったら行列がずらり.ということで,打ち上げは省略して帰宅.
 
 家での打ち上げは,山名酒造の「純米大吟醸槽搾り・奥丹波」.まったりとしたコクのあるお酒.美味い.



36.【8月5日(土)】イン谷口→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→コヤマノ岳南尾根→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→カモシカ台→大山口→イン谷口

青ガレ 金糞峠 コヤマノ岳 コヤマノ岳近くのブナ林 武奈ヶ岳 ホツツジ 西南稜
名残のノリウツギ
 リョウブ
 Nさんと久しぶりにご一緒の山行.比良の王道を提案していたのだが,昼からのお天気がもう一つということで,今日も短縮コース.

 曇り空の中,出発.湿度が高く,ガスガスの中,汗をだらだらかきながら進む.ともかくも金糞峠までがまずつらい.これを過ぎればやや楽に.おまけに今は花がほとんどなく,余計に登りはしんどい.金糞峠ではHさんと出会う.昨日白山に行っていて,今日は武奈ヶ岳に行ってきたとのこと.明日は槍に向かって出発するとか.超人的!


 ヨキトウゲ谷から四つ辻に登り,休憩.かすかに雨が降ってきたのでザックカヴァーをつけ,ブト対策に顔面ネット.

 Nさんといろいろ話をしながら進むので南尾根の直登も比較的楽に登れる.7月に行ってこられた信州の山歩きの話をお聞きする.

 ガスの中,幻想的なコヤマノクラウンが見えてくればほっとする.コヤマノ岳からはガスガスで蓬莱山,打見山も琵琶湖も何も見えず.
ここからのブナ林もガスの中.武奈ヶ岳も何も見えず.途中で比良の伝説的なMさんと出会う.

 周りは何も見えない山頂で昼食.いつ降り出してもおかしくない空模様.よって,ゲレンデ跡のパノラマコースで急ぎ降る.八雲ヶ原から北比良峠,そしてダケ道.皮肉なことに降りるにつれ雲が晴れてくる.やれやれということで大山口.顔を洗い,後始末をして駐車地のイン谷口へ.

 われわれが今朝イン谷口に着いたときにあった10台ほどの車もそのほとんどが姿を消していた.帰りの湖西道路は心配したほどには混んでいず,比較的スムーズに帰宅.シャワーの後は打ち上げ.今日はボルドーの赤ワインで締め.

 8月まだまだ比良山系に出没致します.本日は115回目の武奈ヶ岳でした.
 

35.【8月2日(水)】伊吹山3合目(720m)→8合目→伊吹山山頂(1377m)→中央登山道→西登山道→8合目→3合目→1合目→登山口

コオニユリ シモツケソウ キオン アサギマダラと
ヒヨドリバナ
メタカラコウ キンバイソウ カワラナデシコと
ヤマホタルブクロ
ウバユリと
サラシナショウマ
イブキトラノオ
 
 シカ
 毎年恒例の伊吹山.たまたま昨年と同じ8月2日.諸般の事情で日帰りしかできないわれわれにとって,この時期の花鑑賞には絶好の山.

 朝4時30分に起きて花の水やりも行い,6時50分に家を出る.驚いたことに山歩き復活人さんと丹波橋の京阪・近鉄連絡通路で出会う.京都駅のSUVACOでおにぎりを買って,JRで近江長岡駅へ.予約しておいたタクシーで3合目まで行ってもらう.登山口で協力金一人300円.

 3合目は山野草保護地域として整備されている.ユウスゲは一杯あるが,朝のこの時間花はまだ開いていない.帰りに時間があれば立ち寄ろうということで,トイレを済ませて出発.

 昔は5合目,6合目,7合目と山頂への登山道でもいろいろと花があったが,今はほとんどない.8合目で休憩した後は一気に山頂へ.山頂近くになるとようやく花が見えだした.

 雲がかかりガスっていて頂上からの見晴らしは全くない.三角点の近くで昼食.伊吹牛乳を買って,おにぎり2個.

 頂上のお花畑はきちんと保護されていてお目当ての花が一杯.バスの時間を気にしつつ,写真を撮りながら,中央遊歩道を降りてドライブウェイ駐車場へ.そこから今度は西遊歩道を登り返す.花が一杯でなかなか先へ進めず.

 伊吹山もりびとの会の方の説明によると,このあたりのお花畑は10年前のお花畑を復活すべく,文化庁の許可を得て,土から掘り起こして移植したとのこと.もちろん坊獣柵もしっかりつけられている.

 天候の不順は咲く花の順序にも影響を与えているようで,キヌタソウは咲いていたが,シシウドはこれからだった.掲載以外にもオトギリソウ,イブキフウロ,ダイコンソウ,アカソ,クサフジ,イワアカバナ,クガイソウ,ルリトラノオ等々たくさんの花に出会えた.

 ここで全部を挙げられないほどたくさんの花の観賞を終え,西遊歩道から登山道に合流した地点からは14時30分のバスに間に合うように超特急で下山.

 時間がないので3合目のお花畑はパス.なにせこのバスを逃せば1時間半ほど待たなければならない.登山道からの寄り道もせずに,ひたすら降りていった.

 バス停到着は2時15分.着替えをしてバスを待つ.近江長岡駅でまたJRとの接続のために駅でペットボトルを買い足したりしてゆっくりと列車を待つ.あとは,到着列車に乗り,米原駅で新快速に乗り換え,京都駅まで.朝が早かったため,うとうとしながら京都駅.打ち上げを「京アンジュ」でいつものやつでやったのち,帰宅.

 今年こそ8月下旬にもう一度訪れたいと願いつつ,ビールで乾杯.ごくろうさま.