2017年最近の山歩き

 2017年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
     
・リンク2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home


63.【12月26日(火))】八瀬比叡山口→松尾坂→西山峠→雲母越→見晴台→山頂駐車場→阿弥陀堂→会館→悲田谷→大宮川林道→比叡山高校→甘味処「うえだ」→JR比叡山坂本駅

八瀬駅 斧堂跡地蔵石仏 西山峠 比良山系 大比叡 悲田谷
 
 
 
 本年最後の山行.例年通り(?)比叡山に出かける.午後から天気が崩れるとの予報があるので,雨あるいは雪を覚悟して出かける.

 叡山電車八瀬駅で儀式を済ませ,ケーブル八瀬駅の前を通り高野川左岸を下に見て進む.久しぶりの松尾坂コースである.2年ぶりか? 

 精華高校のグラウンドのフェンス沿いに登って行く.なんだか少し道が広くなっている気がする.道路沿いの木を整理したためか.320mあたりにある「浄刹結界跡」の地点から北東へと方向を転じ,斧堂跡に達する.道の真ん中に地蔵石仏がある.

 ギザを切りながら徐々に高度を上げていく.斜面を登り切ったところが西山峠.以前ここを示す札があったのだが,今はない.これまでもテープはなかった.ここから急な斜面を登ればケーブル駅にも行けるのだが,あえてその道をとらず,ここから東側に降る.もったいないほどの降りなのだが,仕方がない.降ったところで林道に降り立つ.八丁谷左岸につけられた林道だ.

 昔はこのあたり大規模な伐採が行われていて,その後植林されたのだが,植林された木も随分と大きくなり,斜面は全く見えない.

 奥比叡ドライブウェイの西塔駐車場の横を通り,道なりに進む.このあたりに来ると霧氷というのか,落葉した木の枝には氷が付いていて美しい.やがて「鎮護国家」の碑を超して,見晴台へ.風があり寒い.

 急いで木の階段を昇り,山頂駐車場へ.数台車が駐車しているが,すべて観光客のものではなく,ガーデンミュージアム比叡で木の手入れや作業をしている人の車である.八瀬のケーブルも運休中だし,ウィークデイの今日,観光客が来ないのは当たり前か.

 昼食を根本中堂の前の会館でする予定なので,急いで大比叡に行き,そこから阿弥陀堂のほうに降りて会館へ.横には立派な暖房の入ったトイレあり.会館は無料休憩所で暖房がしてあり,ほっとする.本日の昼食は,出町柳で買ったおにぎり2個とカップみそ汁.食事中外を見ると雪が舞っているのが見えた.

 よし,急いで下山だ.今日は悲田谷から大宮川林道のコースを取る.本坂は荒れていて歩きにくいのだが,今日のコースは実に歩きやすい.

 比叡山高校のところで本坂と合流し,日吉大社の横を進み,観光案内所で後始末をする.そのあとは,甘味処「うえだ」へ.1ヶ月ぶり.栗ぜんざいを頂く.お土産は夏みかんゼリー.前の道路の拡幅工事がぼちぼち始まっており,「うえだ」も後退して家の建て直しを行うのだとか.

 さて,甘いもので疲れも癒やされ,JR比叡山坂本駅へ.到着した電車に乗り込み,京都駅で近鉄に乗り換え丹波橋まで.伏見へ着くと,雪ではなくて雨が降っていた.

 今日もビールで乾杯.本年最後の山行であった.別に回数を競っているわけではないが,63回の山行が達成できた.感謝,感謝.

62.【12月23日(土)】イン谷口8:05→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→上林新道→コヤマノ岳→11:55武奈ヶ岳12:40→武奈ヶ岳東尾根→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→15:21カモシカ台→大山口→イン谷口

 
青ガレ 金糞峠へ コヤマノ岳南尾根 コヤマノ岳 武奈ヶ岳山頂  武奈ヶ岳山頂(Y)
 
 
 
                            (武奈ヶ岳山頂(Y)と武奈ヶ岳からの軌跡の写真はヨネチャン提供)
 今日はいいお天気,しかも,武奈ヶ岳の雪情報あり.ぜひとも武奈に行かねばなるまい.というわけで,本日128回目の武奈ヶ岳.Nさんとご一緒.山頂からはパノラマコースで降りる予定であったが・・・.

 いつものように車で出動.イン谷口では下の方でも車が駐車してあり,これではトイレ前はおそらく一杯なのだろうと考えてトイレより下のところで車を駐める.
 準備をして進んだところ,トイレ前でヨネチャンとM&Mさんと出会う.お二人には先に進んでいただく.われわれ3人はゆっくりと登って行く.青ガレ手前で念のために軽アイゼン(6本爪)をつける.長靴姿のイン谷口の住人Kさんと会う.

 青ガレまで来るとやっと雪が本格的にあるが,それほど深くはない.青ガレはノーアイゼンでも行けそうである.金糞峠からはヨキトウゲ谷の方に進む.ここへ来ると雪山という感じ.上林新道四つ辻にあがって,いよいよ斜面を登る.今日はいいお天気で3枚着ていると汗が出てくる.面倒だけれども体温調節.

 我慢の登りで中峠からの分岐.コヤマノクラウンには雪が着いていない.コヤマノ岳からはあと30分で武奈ヶ岳山頂である.美しいブナ林を通って,最後は冬道で山頂に.さすがに人は多い.山頂写真の後,北陵方向に進んだ肩のところにヨネチャンが昼食を終えようとされていた.それになんとナベさんも.ヨネチャンが東尾根を降りましょうとお誘い.そこで急いで昼食.驚いたことにこの東尾根を登ってくる人がいた.

 ヨネチャンとM&Mさんとには先に降っていただく.アイゼンからワカンに代えて行こうかと思ったら,Chさんが到着.ちょっと話をしてわれわれは山頂を離れ,東尾根を降る.すでにヨネチャン以外に2グループのトレイスあり.


 特にユッキーは大喜びでワカンでシャバシャバと降りていく.

 ありがたいことに,ヨネチャンはわれわれの来るのを待ってくださった.きっと複数のトレイスがあり,われわれが迷うんではないかと思われたか.その後は5人で広谷へと進む.広谷からイブルキノコバへ.ここで休憩していたら,なんと,Chさんが追いついてこられた.速い!以後はこの6人で八雲,北比良峠,ダケ道,イン谷口と山の話題をを中心にいろんな話で盛り上がりながら下山.

 今日はまだ降り始めとは言え雪の武奈ヶ岳を存分に楽しむことができた.Yさんありがとうございました.

 帰りの湖西道路は迂回しようかとは思わない程度の混み具合で,車中Nさんとお喋りを楽しみながら帰宅.帰って,カミツレ湯の後はビールで乾杯.今年はもう1回どこか近隣の山に行く予定.

61.【12月16日(日)】富坂口バス停→神社→堰堤→蛇谷ヶ峰南東尾根→P475→標高625m→P475→堰堤→神社→富坂口バス停

蛇谷ヶ峰(バス停から) 南東尾根 南東尾根 南東尾根 南東尾根
 本日は富坂口から南東尾根を経て蛇谷ヶ峰に登り,降りは横谷峠から畑に下りる計画であった.Nさんとご一緒.

 このルートは2010年12月23日に出かけていて,実に7年ぶり.地図,磁石,GPSを片手に登っていったのだが,谷を間違い,途中で修正して本来のルートの谷に戻ったのだが,40分から60分はロスしたであろう.そのためタイムアウトで山頂までは行かずに引き返した.

 京都駅8時15分発の新快速で近江高島へ.そこから9時4分発の畑行きバスに乗る.乗客はわれわれ3人だけ.バス停で準備をして出発.バス停から富坂橋を渡り道を進む.分岐があり,直進すれば滝谷の方に行くのだが,我々は蛇谷の方に行くので右に曲がり神社の横を道なりに進んでいく.途中左手に墓場を見ながら北西の方向に進む.この前の台風の影響か,コンクリートの道が50メートルほど川になっているところもある.堰堤に来たところでせき止められた砂のところで流れを渡る.流れはそれほどない.向こう岸についていよいよ山道に入る.

 北東の方向に谷を進むと谷の分岐がある.ここで左の谷を進めばよかったのだが,右の谷を進んでしまい,谷がつまったところで左の方へ斜面を登って行く.急な斜面で木につかまりながらよじ登るという感じ.ルートでもなんでもないところを腕力登山.我慢して進み,ようやく本来の谷筋の所に辿り着く.

 これでエネルギーと時間を使いすぎてしまい,後の予定が大きく変わることになる.

 蛇谷ヶ峰の南東支尾根に達すると,7年前の時の記憶も蘇り,ひたすら北西方向に進む.はっきりと分かる支尾根ではあるが,倒木が非常に多く,これを乗り越えたり潜ったり巻いたりして進むものだからどんどん時間が過ぎていく.雪も10cmほどはある.

 P475を過ぎ,やや平らなところを行き,530mの地点に到着.いよいよここからが正念場の急登.625mに到着したときには12時になっていた.蛇谷ヶ峰の山頂(901.5m)まであと1時間はかかるだろう.7年前は途中で昼食を済ませて12時20分に山頂に着いていた.

 我々の冬の山行の鉄則は,どこまで登っていようと12時から12時30分あたりで下山を開始するというもので.625mの地点に達したところで昼食とし,12時38分に下山を開始.

 雪を蹴立てての降りは速い.本来の谷をそのまま降って下山.13時59分のバスに間に合うかと思ったが10分ほど遅れて間に合わず.次のバスまで2時間待たねばならないので,タクシーを呼ぶ.駅に着けば,必死に階段を昇った我々にラッキーなことに,新快速が車両のトラブルで少し遅れていたので,乗ることができた.車中では山の話やいろいろと情報交換.あっという間に京都駅に.

 京都駅に着いて恒例の「京アンジュ」にNさんを誘って立ち寄る.Nさんとは近鉄丹波橋駅で別れる.Nさん,お付き合いありがとうございました.
 
 帰宅して今日はビールで締め.結局の所,山頂には到達できなかったが,地図を片手にルートファインディング,また,熊や小動物の足跡だけがある雪道を登るのも愉快な一日だった.無事に帰れて感謝,感謝.
 

60.【12月13日(水)】イン谷口→造林公社林道→古崎川→堂満岳→東レ新道→金糞峠→正面谷→青ガレ→大山口→イン谷口

古崎川源頭 ジグザグ道で 山頂直下 堂満岳山頂 シャクナゲの蕾 山頂直下
 
  
 
 本日が60回目の山行.3月には半月ほど腰痛で山に行けなかったが,4月以降日を重ねて今日に至った.

 イン谷口に車を駐めて準備をして出発.雪がチラチラし始めた.今日はノタノホリを通らずに古崎川を遡行して堂満に行くルートの探索である.我々にとっては久しぶりの「冒険」.


 イン谷口から斜面を登って造林公社林道に出る.このような道がずっと続いていればよいのだが,そうはいかない.すぐに分岐となり山休さんに教えられていたように倒木のある右手に道を取る.次第に道は細くなり,道らしきものはあるが,落ち葉で隠され,もちろん,テープなどは全くない.古崎川の位置と自分たちのいるところを地図,磁石,GPSで確認しつつ,西あるいは北西の方向に進む.作業道のようなところを辿り,それも見えない場合は,方向だけをたよりに進んで行く.

 問題は,どの地点で古崎川に降りていくかということなのだが,試行錯誤しつつ,最後は古崎川の支流になっているような谷を草をかきわけ,小さな流れとともに降りて,古崎川に辿り着いた.どうも,これはよく使われているルートではなさそうだ.宿題だが,今日のところは無事に古崎川に辿り着いたことでよしとしよう.

 ノタノホリ経由の登山道と合流.ここでだいたい550m.源頭に向かい,それから,ジグザグ道を進む.堂満からの東尾根で720mの少し平らになっているところで休憩.ここから西に方向を変えて最後の337mを登ることになる.斜面は急で苦しいところである.春にはシャクナゲが目を楽しませてくれるのだが,今日はどんよりとした曇り空で風とともにアラレが顔を吹き付ける.

 山頂で今日初めて他の登山者に会った.4人組でお昼を終わろうとされていた.ここでの昼食は寒いので,われわれは写真を撮ってすぐに彼らの後を追う.山頂近くのシャクナゲはたくさん蕾をつけていた.途中のシャクナゲは1本に一つ二つしか蕾をつけていないものが多く,がっかりしていたのだが,山頂のシャクナゲは来春楽しめそうだ.

 東レ新道を急ぐ.風と雪がある程度避けられるところというので,金糞峠へと進む.ようやくここならいいかというところを金糞峠の手前で見つけて昼食.今日はコンビニおにぎり二つと熱いお茶.デザートは温かいおしるこ.

 ようやく暖まって下山.北比良峠までは行かずに金糞峠で正面谷を降りる.滑らないように細心の注意を払いながら青ガレ,大山口を無事通過してイン谷口に到着.

 帰りはHSひらに立ち寄り,おはぎとコーヒーで打ち上げ.渋滞なく湖西道路161号線を進み,無事帰宅.家では昨日から煮込んであったおでんと純米吟醸「玉の光」で打ち上げ.

 

59.【12月10日(日)】坊村→御殿山コース→見晴台→御殿山→西南稜→武奈ヶ岳→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口→JR比良駅

夏道・冬道分岐 見晴台から峰床山 御殿山山頂 コヤマノ岳 西南稜 武奈ヶ岳山頂
 
 八雲池 
 
 本日が京都バスの出町柳から朽木学校行きが最後なのでバスにて坊村へ.乗客は我々を入れて16人.午後から天気は悪くなるが午前中はよいとの天気予報であったが,珍しく予報は当たった.雪を楽しみに軽アイゼンを持参したが,結局使うには至らなかった.

 坊村から明王院を経て植林の中の急登を進む.雪は全くない.モミジノコバを経てジグザグをさらに続ける.夏道・冬道分岐では雪もないことだし夏道を選び,見晴台へ.見晴台に着いてまた休憩.よく晴れていて気持ちがよい.ここからさらに御殿山へ.

 御殿山からワサビ峠への急な降りで登山者のために雪が踏み固められ滑りやすい状態になっていた.今日アイゼンを使おうかと思った唯一の場所だったが,面倒くさいので,慎重に降りるにとどめた.西南稜は霜柱や雪が溶けて道はぐじゅぐじゅ.ゲイターをつけていて本当によかった.

 御殿山から武奈ヶ岳の間でピークが4つあるが,その第3ピークの手前でナベさんに久しぶりに出会う.「寒いからもう下山する」とのことだった.「ヨネチャン待ってるよ」とのことで先を急ぐ.

 北陵へ少し進んだ肩のところで,すでに食事を初めておられたヨネチャンと会う.ここで我々も食事.今日はきのこのポタージュとパン.

 食事後はヨネチャンと一緒に下山.今日は時間が比較的かからないパノラマコースで.

 八雲ヶ原ではほとんど全面的に氷が張っていた.湿原の木道の確認を行ったが,傷みが随分進んでいて,いつまでもつかという状態だった.

 北比良峠からダケ道.ヨネチャンと一緒だと,話が弾み知らない間に大山口に着いた.ゲイター,ポール,靴を洗ってイン谷口に.もう比良駅までのバスはないので,ヨネチャンに近道を教えてもらって,歩いてHSひらに.ついでに古崎川沿いに堂満へ行く道も教えてもらった.いつか試してみたい.

 HSひらで,うちあげ.おはぎとコーヒー.

 渋滞もなく湖西道路を進み,帰ってビールで乾杯.今日で私が59回目,ユッキーは60回目.平均月5回は山に入っているということになる.今年はあと何回行けるか.
 

58.【12月7日(木)】イン谷口8:28→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→上林新道四つ辻→上林新道・コヤマノ岳南尾根→コヤマノ岳→11:35武奈ヶ岳12:20→北陵→細川越→スゲ原→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:19大山口→イン谷口

青ガレ 金糞峠 コヤマノ岳南陵 コヤマノクラウン 武奈ヶ岳 武奈ヶ岳山頂
 
ナガオ尾根 
 
 八雲池
 昨日は用事があり山には入れなかったが,今日は用事なし.好天.こんな日に家に引っ込んでいるわけにはいかない.

 ということで,車で出動.


 イン谷口トイレ前ではすでに数台の車が駐車.ゲイターをつけ,ストックを出し準備する.軽アイゼンは車の中に置いておく.

 初冬のイン谷口,大山口.ゆっくりと登っていく.青ガレ手前でいつもの休憩.服は3枚なのだが,汗をかかないように調節する.たいがい1枚か2枚で事足りる.人には会わない.正面谷も一歩一歩.途中で後ろから登ってくる人に道を譲る.

 金糞峠からはヨキトウゲ谷に入り,四つ辻分岐で渡渉する.後は尾根芯を外さずにそのまま登っていくだけである.武奈ヶ岳最短コースのこの尾根を歩くのも久しぶりだ.

 コヤマノクラウンが見えてきたらコヤマノ岳山頂まであと少し.ひょっとして雪がという淡い期待のもとに登ってきたが,雪はまだまだ.山頂からブナ林を経て武奈ヶ岳に.冬道を使う.山頂の周辺だけ少し雪が残っている.

 風が西の方から吹いてくるので東側のお地蔵さんの下あたりで昼食.今日はカップうどん,おにぎり一つ.デザートは汁粉.
 
 昼食後は北陵から降りる.霜柱が溶けていないので道はぐじゅぐじゅになっていず,滑りやすさは軽減されていた.細川越からスゲ原へ.こちらは相変わらずのぐじゅぐじゅ.ナガオ尾根のどのあたりかを推測しながら広谷へ.何ヶ所か渡渉しなければならないが,今日は水量少なめであった.

 広谷,イブルキノコバ,八雲ヶ原.池は氷っていて少し雪がその上に.そして北比良峠にあがり,あとはダケ道.

 今日は早く降りられた.立ち寄るところもないので,そのまま湖西道路,名神.渋滞もなく快適に帰宅できた.

 家での仕上げは山名酒造の「奥丹波」まったりとしてふくよか.いいお天気の中で武奈ヶ岳に行けたのはラッキーだった.
 

57.【12月3日(日)】朽木栃生バス停9:06→コメカイ道→イクワタ峠→11:38釣瓶岳(1098m)→ナガオ尾根→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→15:14イン谷口15:25

コメカイ道 蛇谷ヶ峰 釣瓶岳 釣瓶岳山頂 釣瓶岳山頂近く ナガオ尾根
 
アオハダの実 
 
 今日でイン谷口から比良駅までのバスは今年最終.そこで今日は出町柳からのバスで出かけ,釣瓶,ナガオ尾根でイン谷に降りようと計画.日曜日にはHSひらも開いていることだし.

 出町柳の朽木学校行きのバス停.12月に入ると日曜日と言えどもそれほど多くの登山者がいるわけではない.1台で3人ほどが立っていて,あとは全員席を得た.広河原行きのほうも少しだけれど並んでいる人がいた.

 平,坊村で大半の人が降りた.朽木栃生まで出かける人間は我々含めて5人.少し戻ったところに登山口がある.トイレはないので出町柳で済ませておくこと.

 我々はゲイターをつけたり,ストックの準備をしたりして出発に時間がかかる.5人のうちの1人は早々と登山口の方向に行かれる.残りの2人はバスの進行方向に歩いて行かれる.さて,どこに行かれるのであろう(あとで分かったのだが,登山口が分からずうろうろされていたようで,あとで我々に追いついてこられた).

 コメカイ道の古道である.実に歩きやすい.杉やヒノキの植林地をジグザグ,つづら折りの道を進む.しばらくするとアカマツ林となる.地蔵峠の分岐では,登山口迷いの2人が地蔵峠から畑へ降りるとのこと.ヒジキ滝あたりは崩落していて進みにくく,通行禁止となっているのと違うかなあと申し上げると,まあ,行ってみて無理だったら戻ってきますとの返事.お気をつけてと言って我々はイクワタ峠目指して進む.

 展望のよいイクワタ峠からいよいよ最後の登り.わずかに残った雪を見ながら,霜柱を踏みながら頂上に.ここでスヨンさんと会う.ピーク写真を撮って,すぐにナガオ尾根に入る.なにせまだ昼食をとっていない.風が強いのを恐れていたのだが,それほど強くなく,暑くもなく寒くもない状態で,快適に進む.P1050mのところで昼食.武奈ヶ岳を正面に見ながら.今日はカップうどん,菓子パン1個,暑いお茶とコーヒー.デザートはおぜんざい.

 昼食後,さらに南東方向に進む.ちょうど境界線上に北比良森林組合の標識がつけられてあり,尾根の真ん中を注意しつつ歩く.基本は正面あるいは右手に武奈ヶ岳,コヤマノ岳を見ながら進むことになる.最後,小ピークがある手前の谷を広谷へと降りる.谷のえぐれ道は随分荒れているので,適当に左手の小ピークの斜面に登り,広谷に降りる.あとはイブルキノコバ,八雲ヶ原,北比良峠,ダケ道といつものコースである.

 3時25分イン谷発のバスに乗りたいと思ったので少し急いで降りる.発車10分ぐらい前に到着.今日が今年最後の運行であるが,われわれを含めて4人の乗客.JR比良駅に着いて,うちあげはもちろん「ほっとすていしょん比良」で.コーヒーとパンを頂く.日曜日,水曜日のみ営業の「ほっとすていしょん比良」,12月は20日(水)まで,来年1月は10日(水)から営業とのこと.

 JR,近鉄と乗り継いで帰宅.京都駅で近鉄に乗ったと思ったら,なんとNさんに出会った.なんたる偶然.坂谷道の下見に行っておられたとのこと.丹波橋まで楽しいおしゃべり.

 帰宅してカミツレ湯のあとは,頂いた「菊正宗」でうちあげ.好天に恵まれ楽しい山行だった.感謝,感謝.