2017年最近の山歩き

 2017年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
     
・リンク2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home


45.【9月20日(水)】イン谷口→大山口→青ガレ→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→コヤマノ岳南尾根→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→北陵→細川越→スゲ原→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→カモシカ台→大山口→イン谷口

イワギボウシ ツルニンジン コヤマノ岳 武奈ヶ岳 アキノキリンソウ アキチョウジ ウメバチソウ
ミミカキグサ
 
 
 
 台風が過ぎて正面谷とかがどうなっているのだろうか,その確認が本日の山行の目的.もう一つはスゲ原のキタヤマブシの開花状況の調査.台風の影響に関しては,Yさんが今週月曜日に出かけられているので大体の情報は得ている.

 車で出動.イン谷口に着いたら1台のみ駐車していた.沢の増水も予想されるのでゲイターをつけて準備.今日は一日曇り空という予報は当たっていて,ときおり薄日が差すときもあるのだが,基本は曇り.湿度が高いのでやはりかなりの汗をかく.今日の持参の水は1.5リットル.

 青ガレ取り付きのところの堰堤を見ても,水量の多さが分かる.結構靴を濡らしながら渡渉.青ガレを登ったところまでは台風の影響とかは見られない.しかし,正面谷を金糞峠目指して登るところで,大きな倒木が道を塞いでいる.Yさんに聞いていたとおりだ.しかし,大きく迂回することもなく倒木を越えて進むことができた.あともう1カ所,石が大きく移動していていつもの道が分からなくなっていて,石を確かめながら進むところもあった.金糞峠までは大体そのような様子.

 金糞峠からどの道を行くか思案したが,出発がやや遅れたこと,さらに渡渉のことも考えて,コヤマノ岳南尾根の最短コースを取ろうということになった.ヨキトウゲ谷の橋は最後の四つ辻へ上がるところの橋を除いてすべて落ちていた.ただ,ロープで結わえてあるので落ちてはいるもののばらばらになって下流にということにはなっていなかった.

 四つ辻へ着いたところでアミノヴァイタル代わりの甘酒(米麹だけでつくったもの)を飲む.元気を得てしんどい直登コースを上っていく.ここも花がなくつらいところだが,ブナの木が見えてきて,心が落ち着く.最後にコヤマノクラウンを見て,コヤマノ岳近し.コヤマノ岳からの展望はほとんどない.ガスっていて辛うじて蓬莱山とかがぼんやりと見える程度.


 コヤマノ岳に着けばあとは30分足らずで武奈ヶ岳.ウィークデイだけれども6,7人が山頂に.風が強く寒くなってきたので半袖を上に羽織る.昼食.おにぎり2個と牛乳,冷やしぜんざい.

 20分ほどの昼食の後,北陵を降る.土は粘土質で台風の雨の後なので滑りやすい.ここは私が尻餅をついたり,ユッキーがストックを折ったりした,いわく付きの場所.コハクウンボクとオオバアサガラの間を縫うようにして細川越,そしてスゲ原へ.ここも台風の時の雨でヌルヌル.川はかなりの増水があったようで,岸辺の上の草がなぎ倒されている.キタヤマブシはだいぶ咲きそろってきた.蕾もあるのであと1週間は楽しめそう.ただ,花は昨年の3分の2ぐらい.


 広谷からイブルキノコバ,八雲ヶ原へ.池のウメバチソウを観察.この前の時の1輪だけということはなかったが,まだまだ蕾が多くある.こちらは昨年よりは増えているようだ.

 北比良峠,ダケ道を経て大山口に.ここで顔を洗い,汗を拭い,ゲイター,ストックを洗って車の所に.われわれの出発以後に来た車はまだ残っている.

 さて,今日もHSひらでうちあげ.ユッキーはかき氷とおはぎ,私はホットコーヒーとおはぎ.渋滞もなくすいすいと帰宅.家での打ち上げは山名酒造の秋季ひやおろし「奥丹波・白露」.すっきりしたお酒.

 山は涼しくなってきて,秋の気配を深めている.さて,次はどこへ行こうか?





44.【9月18日(月)】粟田口→将軍塚→東山山頂公園→清水山(東山29峰)→清閑寺山(東山30峰)→清水寺

ヌスビトハギ メナモミ 清水山 清閑寺山 ヒヨドリバナ ガンクビソウ
ヤブミョウガ 
 昨日の台風も東北,北海道へと進んだので,今日の山行なのだが,ただし,水曜日に比良山系へ出かけようと思っているので近場の軽いところで,足慣らし.そのようなわけで東山トレイルを歩いてみようということになった.

 京阪三条から三条通をぶらぶらと粟田口まで.粟田神社,粟田山荘,尊勝院から東山山頂公園を目指して進む.

 東山山頂公園でおにぎりを一つ食べる.ベンチがあって公園ということで,東山ドライブウェイの駐車場になっている.観光バスも2台ほど駐車していた.トイレあり.ただしここのトイレ,ひどいものだった.京都市が管理しているのだろうか分からないが,観光地のトイレとは思われない.

 さてさて,ここから滑りやすい道を辿って清水山へ.三角点あり.トレランの人と結構出会う.そう言えば,東山トレイルランの大会もあったことを思い出す.

 東山トレイルは国道1号線の歩道トンネルをくぐって南へと続くのだが,われわれは清水寺に降りようということで,トレイルを外れる.お腹もすいてきたので五条通のどこかで食べようと計画する.

 よく聞いていたけれど,清水寺の境内は外国人観光客で一杯.7割は外国人ではなかろうか.日本人では修学旅行生が多い.門前町の店はさながら縁日の屋台のようであった.

 五条通りで京阪の駅に向かって進むのだけれど,店の数はそれほど多くなく,しかも,店は客で一杯.とうとう五条駅のすぐ近くの店に入る.家に帰って今日はビールで締め.

 今日のコースはお散歩コース.標識が整備されていて歩きやすい.山に登ったという感じはしないけれど,足慣らしにはこれでよかったと思われる.水曜日には台風後の比良を確かめてくる予定.
 

43.【9月13日(水)】イン谷口→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→中峠→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→北陵→細川越→スゲ原→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→カモシカ台→大山口→イン谷口

ウメバチソウ カニコウモリ 金糞峠 武奈ヶ岳 アキチョウジ ギボウシ サギソウ
隠れ滝
キタヤマブシ
ヤマハッカ
 
 土,日に山に入れなかったので本日水曜日の山行.天気予報は快晴を伝えるも,雲の多い一日だった.比良の山の中だけのことかもしれない.

 8時過ぎにイン谷口に到着.数台車がすでに駐まっている.雨の後ということもあるので,ゲイターをつけて歩き始める.

 ミンミンゼミのか細い声が聞こえるけれども,そこはかとなく秋の気配が漂っている.いつものように隠れ滝をパスして進もうと思っていたところ,ダケ道を補修して下さっているWさんが滝から戻って来られて,「今日の滝は上まで見えて見頃ですよ.ここから2分で行けるから」と勧められて,見に行く.


 滝見物の後は,青ガレ,金糞峠と登っていく.やはり水曜日だけのことはある.ほとんど人に会わない.ヨキトウゲ谷を遡行.昨夜の雨もあり,水量はやや多い.ヨキトウゲ谷には花はほとんどない.キタヤマブシが1株だけ.これ以外のわずかなキタヤマブシはみな黒くなって蕾なし.

 渡渉を繰り返し,斜面を登り中峠に.いつものように風が吹き抜け涼しい.コヤマノ岳に着けばあとは武奈ヶ岳山頂までもう少し.


 山頂で昼食とする.山頂にいるのは全部カップルで5組.われわれを入れると6カップルになる.面白い偶然に笑みがこぼれる.

 山頂近くのトリカブトを観察した後,北陵を細川越.スゲ原,広谷でキタヤマブシの観察.半分ほどの株は黒くなっていて立ち枯れ.残りは,花をつけたり蕾であったり.咲きそろうのは1,2週間後か.

 広谷からイブルキノコバ,そして八雲ヶ原.湿原ではウメバチソウの観察.花が咲いているのは1輪だけ.しかし,蕾の数は非常に多い.これも,あと1週間から2週間.楽しみである.湿原ではサギソウがまだ咲いていた.

 山頂以外では誰にも会わずにダケ道,大山口に.あと少しでイン谷口のトイレというところでNHKのインタヴューを受ける.警察の訓練があった模様でその取材に来ていたが登山者のインタヴューも行っているとのこと.登山には計画と準備をまずしっかりとしないとといった話をしておく.大津支局の人らしいが,果たして放映されたものか.
 
 思いもかけないことがあったが,無事,車の所に到着し,着替え,後片付けののちHS比良に車を走らせる.どうしようかと思ったがやはり下界は暑いので,「ゆずかき氷」.今年の新メニュー.

 帰りは湖西道路,名神.平日だからか渋滞もなく帰宅できた.仕上げは山名酒造の「〇△□純米吟醸」.上品なお酒でコクがある.
 
 


 

42.【9月2日(土)】坊村→明王院→見晴台→御殿山→西南稜→武奈ヶ岳→北陵→細川越→スゲ原→広谷→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→カモシカ台→大山口→イン谷口→バス→JR比良駅

明王院の橋 見晴台で 御殿山 西南稜を望む 武奈ヶ岳 ホツツジ
北陵で
スゲ原で
ヤマジノホトトギス
 
 朝晩涼しくなってきて秋の気配を感じるようになった.比良で秋と言えばキタヤマブシ(トリカブト).そこで本日はキタヤマブシの開花状況調査に坊村から武奈ヶ岳に登りイン谷口に降りることにした.

 出町柳7時45分発の朽木学校行きのバスに乗る.予想に反して登山客はそれほど多くなく,ほぼ座席全部に全員座って出発.平で三分の一くらいの乗客が降りる.行き先は皆子か権現なのだろう.坊村で降りたのは10人ほどか.センターの駐車場には結構な数の車が駐まっていた.身支度を調えて出発.

 登山口からいつもの急登.汗はかくが,湿度は低くからっとしていて快適に進む.

 最初の休憩場所はわれわれがモミジノコバと呼び,ある人は日本庭園と呼んでいる平になっているところ.ここの右手の斜面にはキタヤマブシの群生地がある.今年われわれが発見したところ.つぼみ堅しというところか.花咲くには2週間以上かかるだろう.花は一株も見られず.

 確認の後,またきつい斜面を登る.次は枯れ谷のキタヤマブシを目指して.

 枯れ谷のキタヤマブシも蕾堅し,あるいは蕾やや膨らむといったところ.ここからまた斜面を登り,次は見晴台へ.ここでやっと一株の花を見る.見晴台は日当たりがいいからだろうか,あと1週間ぐらいで咲くかという株もあった.

 涼しくなってきたからか,2時間半ぐらいで山頂に着く.さて昼ご飯と思っていたら,なんと,かおりさんが登ってこられた.お久しぶりということになる.食事ののち,かおりさんと一緒に北陵から下山することにする.山頂直下のキタヤマブシ(茎が直立しているのでキタヤマブシではなくて〇〇トリカブトか)は見事に開花している.風が非常に強く,揺れる花をなんとかカメラに収める.ここが今日のコースの第4地点.

 細川越からスゲ原へ.ここから広谷までは第5地点.一番期待しているところである.株数で言えば開花しているのが最も多かった.しかし,ここも咲きそろう状態になるにはあと2週間はかかるのではないだろうか.咲いている花をパチリパチリ.かおりさんは夜に町内の役員会があるとのことで,先に行ってもらう.

 われわれはイブルキノコバ,八雲ヶ原,北比良峠と進む.結局ダケ道でかおりさんに追いつき一緒に降る.3時25分発のバスには余裕で間に合う.HS比良は土曜日はお休みなので,そのままJRに乗り込み,かおりさんと話をしながら山科駅まで.かおりさんの次郎坊山の冒険談とか,ナイトハイキングのこととか話題に出る.

 かおりさんからナイトハイクを勧められたけれど,われわれにはチャレンジする気力がないとお答えする.山科駅でかおりさんは乗り換えられ,われわれは京都駅まで.「京アンジュ」で打ち上げをしようと階段を降りようと思ったら,すごい人だかりで機動隊が出てストップさせられる.何だと思ったら皇太子と雅子さんがちょうど近鉄特急に乗って奈良へ向かわれるところだった.

 しばらく待って,停止ロープが解除されたあと,「京アンジュ」に行き,いつものようにいつものやつ.家に帰ってシャワーの後は今日もビールで打ち上げ.台風の影響か,風が強かったが,涼しくて歩きやすい本日の山行だった.
 
 以上が本日のキタヤマブシ観察記.ご参考までに.