2017年最近の山歩き

 2017年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
     
・リンク2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home


49.【10月11日(水)】イン谷口8:20→正面谷→金糞峠→八雲ヶ原→イブルキノコバ→武奈ヶ岳→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:25大山口

アキチョウジ 青ガレ ウメバチソウ 武奈ヶ岳 リンドウ センブリ キクバヤマボクチ
 
 
 八雲ヶ原のウメバチソウはその後どうなっているかを調査すべく本日の山行.車で出動.

 イン谷口トイレ前には2台すでに駐車.ゆっくりと準備をする.今日も10月中旬にしては暑い日.服装の調節に難儀する.

 青ガレを過ぎて金糞峠を目指す.途中この前の雨による倒木で道が塞がれたところがあったが,どなたかの配慮で木が切られて通りやすくなっていた.ありがたいことである.このほか石が動いて登山道が少しずれているところもあった.

 金糞峠で先行の女性3人グループがコヤマノ岳南尾根を行きたいのだが3つのルートのどれにするか迷っておられたので,とりあえずはじめてなら奥の深谷を八雲ヶ原方向に少し行って渡渉する道が一番楽だと提案する.われわれは八雲ヶ原へ行くので途中までご一緒する.

 話をしていたら「かおりさん」のブログの愛読者であることが判明し,今月の29日の記念登山には参加しますとのことだった.ネットを介して人の輪が思いがけなく広がっている,またしてもそのことを実感させられた.私のサイトとokaokaさんのサイトも宣伝しておいた.


 八雲ヶ原の池に着くと,ウメバチソウはまだまだ健在.数えはしなかったが100はあっただろう.それにまだ蕾もあり,ここしばらくは楽しめそう.木道の危なっかしいのはいつまでもつことやら.

 八雲ヶ原からはイブルキノコバを通って武奈ヶ岳山頂に進む.金糞峠で会った女性3人組はすでに昼食をとられていた.われわれも山頂近くでお昼をとっていたとき,琵琶湖の方に向いて食事をしている登山者がいた.ひょっとして*「洛西オヤジ」さんと違うだろうか.声をかけようかな,しかし,人違いだと恥ずかしいしとユッキーと話をして後ろ姿を見ていたのだが,食事を終えてこちらを向かれたときに,「ああ,やっぱり洛西オヤジさんや」ということになった.まさかこんなところで!原点に立ち返って今日は神璽の滝を見て,神璽谷を登ってきたとか.

 こちらもびっくり,「洛西オヤジ」さんもびっくり.

 下山はご一緒することになった.途中,山のことやらその他その他いろんな話をしながら,パノラマコースで八雲ヶ原へ.そしてゲレンデ跡を登って北比良峠に.あとはダケ道.イン谷口で別れる.下山は脚遅いですよと謙遜されていたが,なんのなんの速いこと.こちらはついて行くのに必死だった.ウィークデイなのに,いや,だからこそ,出会えたわけだ.おもしろいものである.

 そしてわれわれは「ほっとすていしょん比良」へ.リンゴジャムの入ったパンとコーヒーを頂く.

 湖西道路はさほど渋滞なく自宅まで帰れた.本日の締めは「吟にごり」.

 八雲湿原の「ウメバチソウ」の他に,センブリの草原,思いもかけないところでのリンドウ発見と楽しませてもらった.紅葉も着実に進みつつある.本日123回目の武奈ヶ岳であった.

 *「洛西オヤジ」さんについてはokaoka club さんのサイト をご覧下さい.

48.【10月8日(日)】栗原登山口8:21→権現山→ホッケ山→小女郎峠→小女郎池→小女郎峠→蓬莱山→打見山→キタダカ道→15:10JR志賀駅

ミカエリソウ テンニンソウ ツリフネソウ センブリ ツルリンドウ リンドウ 蓬莱山
ホッケ山(Y)
 
ゴマナ
 コウヤボウキ
 
 ナギナタコウジュ
 2年ぶりの栗原からの南比良縦走.リンドウ,センブリ狙いの本日の山行.
 
 ヨネチャンと一緒に歩く.JR和爾駅で落ち合い,タクシーで登山口まで.駅から登山口まで歩くのはざっと1時間以上かかるし,バスの便は悪いということでタクシー利用.2130円.

 実はこのルート,2年前に来たところ,登山道が林道でずたずたにされていたので嫌になっていたのだが,平からアラキ峠,権現山の道は面白くないので,あえてこのルートで行く.登山口から沢に沿っての林道では花も見られるだろうという期待もあり.

 今日は朝からすっきりとは言えず,電車の中からは山も琵琶湖も見えず,濃霧.縦走しているときも,2次,3次と霧の波が東から西へと流れていく.

 登山口のところでタクシーを降りる.すでに4,5台車が駐まっている.今日も霊仙はパスして,林道を進む.アサギマダラ保護地でかつフジバカマの栽培地までの林道は実に楽しい.予想以上に収穫があった.これを過ぎていよいよ植林の中に入ると楽しみはない.旧登山道をほとんど利用している林道をただ黙々と登っていくだけ.霊仙との合流地点であるズゴノバン,その先少しまで林道は続きやがて林道は終わり.ここからは堂満東稜道の山頂近くを思わせるような急登.あえぎあえぎ登り,権現山に到着.昨日の雨の影響か,湿度が高く,汗が噴き出る.

 権現山からは縦走である.リンドウ,センブリを求めてキョロキョロしながら進む.すべての登山者は花には興味がないようで次々に追い抜いていく.

 小女郎峠から小女郎池に向かい,ここで昼食.ゴンドラが再開したので結構大勢の人が来ている.バスで徳島から来たという団体もあった.

 昼食の後は体が重くなり,ゆっくりと蓬莱山へ.もちろん花を探しながら.登り返しはなかなかしんどい.蓬莱山の山頂はテラスもできて観光地と化している.ゲレンデを急いで降りて笹平でトイレ休憩.ここも遊園地と化している.長居は無用.また登り返して打見山山頂の途中でキタダカ道への道を行こうとしていたところ,ジップラインとかの係員の人が登山の人はここではなくてゴンドラ山頂駅近くのところから降りてほしいと注意を受ける.「今日はいいですが次回からは注意して下さい」と言われ,今日の所はお許しを頂く.やれやれ.

 ゴンドラ通過の下の薄い道を慎重に辿る.残雪期にここへ来て冷や汗をかきながら歩を進めたことを思い出す.

 後はキタダカ道,JR志賀駅へ.着替えをして電車に乗り込み,ヨネチャンといろんな話.山科駅で別れ,われわれは京都駅まで.

 比較的早く帰ってこられたので,「京アンジュ」でいつものやつ.帰宅して,しめは山名酒造の「吟にごり」.濃厚と感じるお酒で鰹のたたきとは相性がよかった.

 山に花を求めてという志向性で一致する三人.思いもかけない花も見られて,満足の一日.ここに掲げた花に加えて,ツルニンジン,アザミ,アキチョウジ,キタヤマブシ,ミヤマママコナ,アケボノソウ,アキノキリンソウ等を鑑賞した.花が少ないと言われる比良山系でも探せばいろいろあるということを再確認した.