2017年7月の山歩き

 2017年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
     
・リンク2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home  


34.【7月29日】イン谷口→大山口→正面谷→金糞峠→奥の深谷→四つ辻→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

   
ダイコンソウ オオカメノキの実 コヤマノクラウン コヤマノ岳 武奈ヶ岳 ホツツジ
ヒヨドリバナ
 
 リョウブ
 今日こそ比良の王道でワサビ平に行きたかったのだが,天気予報では昼過ぎから山沿いでは雷雨とのことなので,今日も予定変更して,先週とはなるべく違った道で武奈ヶ岳に行くことにする.7月6回の山行のうち5回武奈ヶ岳とは!

 行楽客も少ないようで,湖西道路も渋滞なく,イン谷口に到着.8時過ぎで4,5台の車.早朝雨が降ったようで,蒸し暑い.支度をして出発.大山口を過ぎ,水場のところで休憩.タオルを濡らす.冷たくていい気持ち.これまでの所ではマツカゼソウが花を開き始めたぐらいで,見るべきものは何もない.

 水場に続いて青ガレの登り口のところで2回目の休憩.イン谷口へのバスの到着より前だからか,結局,金糞峠までは誰にも会わず.金糞峠で3回目の休憩.

 金糞峠からはいつものヨキトウゲ谷から四つ辻に登るのではなくて,久しぶりに奥の深谷を進んで渡渉して四つ辻に.ここでパック入りの甘酒(米麹からつくったもの)でエネルギー投入.この前アミノヴァイタルを飲んだところお腹の調子がおかしくなったので,それに代わるものとして.

 湿度が高く,温度も高いため汗はだらだら.それでもコヤマノクラウンが見える所へ来ると風が吹き渡り,涼しくなる.コヤマノ岳からの見晴らしはきかない.ガス,雲に覆われていて昼からの雷雨を思わせるものがある.ブトとアブがつきまとうので顔面ネットを装着.今日はアブのしつこさに参った.

 山頂には10人ぐらいの人.ここで昼食.パンとミルク.デザートは冷やしぜんざい.

 空模様もあやしいので,急いで降りることにする.先週はパノラマコースだったので,今日はイブルキノコバ経由で八雲ヶ原に.タマガワホトトギスはもう終わっていた.ヤマジノホトトギスはどうかなとキョロキョロしながら降っていったが,葉っぱはあるものの蕾すら確認できなかった.

 八雲ヶ原からは先週はゲレンデ跡を登ったので,今日は湿原からの道.北比良峠,ダケ道,カモシカ台で大山口.ここで後始末をしてイン谷口の車の所に.3時過ぎに降りてこられた.先週のような渋滞に引っかかりたくなかったので,早めの下山.思惑通り,渋滞なしで無事帰宅.

 今日の締めはビール.7月6回の山行ができた.今年は55回の山行を目指しているけれども60回ぐらいは達成できるかもしれない.

33.【7月23日】イン谷口→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→中峠→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→パノラマコース(ゲレンデ跡)→八雲ヶ原→北比良峠→神璽の谷→イン谷口

   
ダイコンソウ ヤマアジサイ クサアジサイ 武奈ヶ岳 イワガラミ ギボウシ
神璽の谷(Y)
 
 
 比良の王道で武奈ヶ岳に行ってみようと計画.中2日での山行.

 曇り空で蒸し暑い.湖西道路は琵琶湖に出かけるのか車が多い.渋滞というほどのこともなく8時すぎにイン谷口に到着.日曜日で山に出かける人も多かろうと考えて,トイレ前よりも下のところで駐車.

 準備をしてトイレ前まで来ると,一番下の駐車地には1台も駐まっていず.しかし上に目をやると満杯.謎である.

 ともかく,ゆっくりと登り始める.青ガレに到着するまでに汗びっしょり.これまでのところノリウツギ以外には花もなく,黙々とただ登るしかない.青ガレから正面谷を金糞峠まで.ここには少しだけ花はある.日曜日にしては出会う人は少ない.


 金糞峠からヨキトウゲ谷に入る.この時点で計画の比良の王道はさび抜きで行こうと変更.汗だくでしんどいのと,昼から天気は悪くなり雷もという予報で西南稜で雷はかなわないというのが変更の理由.

 ヨキトウゲ谷は沢沿いの道で涼しくてよいのだが,花は全くない.中峠にあがると,ここはいつも風が通り,気持ちがよい.ここまで来ればコヤマノ岳まで20分,さらにコヤマノ岳から武奈ヶ岳まで20分ほど.


 山頂ではYさんが食事中だった.お久しぶりということになる.


 降りどうしましょうということになり,Yさんから神璽谷を降るお誘いを受ける.これぞ渡りに船,「お願いします」と返事.われわれ二人とも降った経験はない.

 山頂から,パノラマコースで八雲ヶ原,そこからまた木曜日と同じようにゲレンデ跡を登る.ナツツバキを再確認.

 北比良峠からいよいよ神璽の谷へ.お花見物のため尾根コースではなくて沢コース.水が流れる中,滑らないように石,岩を慎重に降りる.確かにこれだけ水の多いところ,季節季節でさまざまな花があることは容易に想像できる.

 トリアシショウマやギボウシ,ナツツバキを見ながら急な斜面を降っていく.Yさんの先導で足の置き場を確認しながらゆっくりと.われわれにしては冒険コース.「かにの横ばい」の所の写真はYさん提供.昨日から今朝までの雨上がり,湿度も高く,ブトにやられたのだけは残念.次回は顔面ネットをはじめから装着すべしというのが教訓.

 釈迦岳との分岐に来てようやく緊張から解放される.

 イン谷口まで降りて,今日は日曜日だからHSひらは営業中.急いで服の着替え等を行って立ち寄る.注文はもちろん「カキ氷」.甘さほどほどの紫蘇ジュースのシロップがかかっていて
涼しくなる.

 夏の日曜日の夕方ということで湖西道路の渋滞はひどかったけれど,楽しかった今日の神璽谷の話をしながら帰宅.

 帰ってシャワーの後は山名酒造の「ささ澄み・生原酒」.飲み口さわやかでこくがあり,一日の疲れも吹き飛ぶ.

 Yさんご案内ありがとうございました.われわれだけで行くのは二の足を踏んでいたところ.感謝,感謝です.

32.【7月20日】イン谷口→大山口→正面谷→金糞峠→奥ノ深谷→八雲ヶ原→イブルキノコバ→武奈ヶ岳→細川越→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

   
タマガワホトトギス ナツツバキ 武奈ヶ岳 ノリウツギ オトギリソウ カキラン
イワガラミ
 
 
コバノトンボソウ
 昨日山行の予定であったけれど猫の急病により,1日延期.時折日は差すが,全体は曇り.風が強く,汗を吹き飛ばしてくれて涼しく, 5日前よりは楽であった.今日は町中では猛暑日の予想だったのでペットボトルは4本持参.

 ウィークデイということもあろうか,湖西道路はそれほど渋滞なく,スムーズにイン谷口に.3台ほどすでに車あり.

 準備をして出発.出会う人も非常に少ない.青ガレを経て金糞峠までがいつもながらにしんどい.

 金糞峠からは今日は奥の深谷へ.暑いことであるから沢のあるところをルートとして選ぶ.ヒグラシの声を聞きながら八雲ヶ原へ.そこからは,イブルキノコバへ.沢沿いに登っていき,コヤマノ岳分岐を経て武奈ヶ岳に.

 山頂はわれわれで独占して昼食.風が強く帽子がとばされそう.やがて西南稜からお一人来られて山頂を過ぎ北陵方向で昼食とされる.

 20分から30分ほど山頂にいて出発.虫も少なく快適にお昼ができた.今日は北陵に.ここでも誰にも会わずに細川越,スゲ原,広谷,イブルキノコバ,八雲ヶ原に.広谷のナツツバキはもう終わりで花の後は実になっている.

 いつもはゲレンデ跡を通らずに北比良峠にあがるのだが,今日はゲレンデ跡を登る.こちらは木の陰もないし,暑い.しかし,われわれの気まぐれに神様はナツツバキを贈ってくださった.こんなところにナツツバキがあるとは知らなかったのだが,目を白モードにして登っていたら,ノリウツギでもなく,名残のヤマボウシでもなく,れっきとしたナツツバキがしかもナツツバキにしては幹が太いのが見つかった.花も一杯,実もついており,蕾もまだあるというナツツバキの木だった.しかも,見下ろすところにあるので写真を撮るのが容易.

 しんどいけれどよかった,よかったということになる.大満足の内に北比良峠に向かう.あとはダケ道,カモシカ台,大山口.今日はロングコースだった.休みも入れて7時間30分.

 駐車地に来れば,われわれの車の他には1台も残っていなかった.坂本近くの渋滞もそれほどひどくなく,湖西道路,名神で帰宅.

 家に帰って,シャワーの後は山名酒造の「由良川水系奥丹波」.まろやかなお酒.お花もいろいろ見られて,大満足の一日でした.感謝,感謝.

31.【7月15日】イン谷口→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→コヤマノ岳南尾根→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

   
山アジサイ ノリウツギ コヤマノ岳 武奈ヶ岳 ナツツバキ イブキジャコウソウ
トリアシショウマ
 
 今日は111回目の武奈.いくつか花のスポットを確認する必要がある..

 花の水やりを済ませた後,車に乗り込みスタート.名神が渋滞していて若干時間をロス.ヨキトウゲ谷から中峠という線も考えたのだけれど,夕方からの雨も心配して早く帰れるコース.イン谷口に到着するとすでにかなりの車が駐車.みなさん暑くなる前に登って行かれたよう.


 今日は曇り空.湿度が高い.青ガレに来るまでに汗だく.汗を多量にかくと疲れも増す.今日はアミノヴァイタル,牛乳を含めて全部で2000ml飲料水を持参した.帰宅時にはきれいになくなっていた.
 
 金糞峠まででほぼ毎日比良に来ているというHさんと会う.「暑いですね」とこぼすと,「夏の暑さを楽しまなくちゃ」と言って軽やかに追い抜かれていく.それはそうなんだがと思いつつ,必死の思いで金糞峠に到着.ここからはしばらく快適に歩を進める.

 今日もコヤマノ岳南尾根.ヨキトウゲ谷で渡渉して急な斜面を登り四つ辻に.ここでアミノヴァイタル.

 ここからは我慢の直登コース.アミノヴァイタル効果が出たのか比較的スムーズに中峠分岐に.途中でMさんと会う.この方も80歳を超してほぼ毎日比良を散歩しておられる方.われわれにとって本当に励みとなる.

 コヤマノクラウンが見える.ここへ辿り着くとほっとする.コヤマノ岳からはガスっていて琵琶湖が見えない.ここまで来ると武奈ヶ岳まではもう少し.心を落ち着かせるブナ林を通り抜け,スキー場跡分岐,イブルキノコバ分岐を経れば,最後の一踏ん張りの登り.

 12時前だからか山頂の人は比較的少ない.昼食後,イブルキノコバへ.山頂から冬道を降りているとスヨンさんと会う.「今日は栗原から歩いてきました」と涼しげにおっしゃる.まさに超人技.

 山頂からイブルキノコバのルートを歩くのは久しぶりの感じがする.コアジサイもすっかり終わっている.イブルキノコバからは八雲ヶ原へ.あとは北比良峠,ダケ道といつものコース.ダケ道ではいつも整備をして下さっているWさんと会う.御礼を述べて大山口に.顔を洗い,ゲイター,ストックをきれいにしてイン谷口の車の所まで.降りは比較的快調に歩を進めた.遅くなると161号線湖西道路が混む可能性が高いのでややペースを上げたわけ.

 そのおかげか,坂本からの渋滞も比較的ましで,予定通りに帰宅.今日の打ち上げは山名酒造の「夏にごり」.豚肉のややこってりした味に合わせる.楽しかった山歩きを振り返りながら乾杯.ああ美味い.

 花の中で今日一番ショックだったのはタマガワホトトギスの蕾がほとんどなくなっていたこと.虫にやられた公算大.自然のことだから仕方ない.イブキジャコウソウは終わりかけ.オニノヤガラは影も形もなし.今年はお休み.ナツツバキは終わりかけ.望遠でかろうじて写真に収める.イワキンバイも終わりかけ.


30.【7月8日】一丈野駐車場8:12→北谷林道→落ヶ滝線→落ヶ滝→鶏冠山分岐→天狗岩→耳岩→白石峰→竜王山→白石峰→狛坂線→狛坂磨崖仏→南谷林道出合→オランダ堰堤→13:25一丈野駐車場

   
キンコウカ カキラン 竜王山 コバノトンボソウ モウセンゴケ ノギラン
 
 
 今日は夕方から町内の役員会があるので,遠出は避けたい.また夕方からは雨との天気予報.そこで,カキラン,コバノトンボソウ目当てで金勝アルプスに出かける.ここへはすでにokaokaさん(6月17日),ヨネチャン(7月2日),山の休日さん(7月6日)が出かけられている.

 一昨年は小てつさんのお誘いで6月28日にここへ来ているので2年ぶりということになる.

 8時過ぎに到着.すでに10台ぐらい車が来ている.駐車料500円.平日は無料とか.駐車場にはきれいなトイレあり.

 まずは北谷林道から,落ヶ滝線で登っていく.登山道は何回か浅い流れを渡渉する.途中落ヶ滝へ寄る.結構立派な滝.戻って登山道を進む.ちょうど滝の上の方に出てくる.いくつかロープ場あり.

 こうして鶏冠山分岐まで辿り着く.今日は陽はあまり差さないが蒸し暑く汗はだらだら.何回も水休憩.鶏冠山へ行くのはパスして天狗岩の方に.汗を多量にかいたからかバテバテ.天狗岩も上までは行かず,白石峰目指して進む.

 一昨年もそうだったが,ここで昼食.ベンチには誰もいない.このあたりから極端に人と会うことが少なくなり,竜王山に行って白石峰に戻って狛坂線を降る頃になると,全く誰とも出会うことはなくなった.不思議な感じ.

 オランダ堰堤では家族連れで水遊び,バーベキューに興じる人が一杯.駐車場に戻って驚いたことに車で満杯.川で遊ぶ人たちもみな車はこの駐車場に駐めることになっているらしい.

 本当に早く帰れることになった.帰って,写真の整理をしてシャワーを浴びて役員会に出かける.8月の地蔵盆の打合せ.

 会議終了後急いで帰宅.お腹もすいたし喉も渇いている.今日のうちあげは山名酒造の「円山川水系奥丹波」.ずっしりとした純米吟醸のお酒.1日の疲れも吹っ飛ぶ.

 今日は,ちょうど一番いいときのカキランも見られたし,コバノトンボソウも見られたし,満足の一日だった.キンコウカは低山だからであろう,終わりかけ.ノギランも.モウセンゴケはちょうどいい時だった.

29.【7月2日】イン谷口→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→北陵→細川越→スゲ原→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

   
ササユリ タンナサワフタギ イワキンバイ コヤマノ岳 オオバアサガラ ハンショウヅル
 
 クモキリソウ
 
 今日の目的の花はイワキンバイとオオバアサガラ.15時ぐらいから雨だというので車で出かける.
 湖西道路は琵琶湖に出かける人が多いからかやや混んでいる.渋滞というほどではないが,これは帰りのとき困るだろうなと予想する.

 トイレ前の駐車スペースにはすでにかなりの車が駐められている.午後の雨を見越して早めに来られたものであろう.

 いつものように身支度して大山口,青ガレと進む.湿度も高く,もう汗が噴き出る.しかし,金糞峠に近づくにつれ次第に暑さも和らいでくる気がする.風が通るからか.

 金糞峠からはヨキトウゲ谷へ.そこから渡渉して四つ辻へ.快調にコヤマノ岳南尾根を進む.コヤマノ岳山頂からは打見,蓬莱あたりが見えていたのだが,武奈ヶ岳に近づくと黒い雲が近づき,いつ降ってきてもよいような状態に.北陵のコブで昼食.

 滑りやすい北陵の斜面の道を慎重に降りていく.細川越からスゲ原へ.オオバアサガラは終わりかけで散った花が地面に落ちている.まあしかし,残っている花もあり,梅雨の時期のオオバアサガラを楽しむ.スゲ原,広谷への道のヤブデマリはもう終わり.

 広谷の分岐へ歩を進めていると,おばさんグループ2組に次々に出会う.両方ともナツツバキは咲いていましたかと声をそろえてお尋ねになる.われわれの経験からすると,毎年7月ももう少し進まないとナツツバキは見られない.ナツツバキは木の高いところに花をつけるので,おばさんの1人は双眼鏡までもってこられていた.これには驚いた.

 分岐からはイブルキノコバ,八雲ヶ原へ.最初はポツポツの雨であったが,途中で雷が鳴り出し,先を急ごうということになる.雷は怖い.北比良峠へ登るところでザックカヴァーをつけ,レインウェアを身につける.蒸し暑い上にこれだから,以後は汗だか雨だか分からない状態になる.

 頭上では雷が鳴り,雨は本降りとなり,ダケ道を急いで降る.いつもより早く大山口に到着.雨も小降りになり,雷も遠のいた.

 トイレ前に駐めていた車で着替え等を行った後,久しぶりに「ほっとすていしょん比良」へ.雨に濡れ体も冷えていたのでホットコーヒーに米粉ドーナッツを頂く.プリンをお土産に帰途につく.予想通り湖西道路は渋滞していて,いつもの倍の時間がかかった.

 本日の締めは山名酒造の「純米吟醸・五百万石」.しっかりしたお酒でああ美味い.

 今日は思わぬところでササユリを発見し,それもちょうど見頃ということもあり,ラッキーだった.