2017年6月の山行 2017年1月 2月 3月 4月 5月 7月 8月
     
・リンク2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home  


27.【6月18日】ガリバー青少年旅行村→大擂鉢→広谷→イブルキノコバ→武奈ヶ岳→ワサビ峠→御殿山→坊村

   
ヤマボウシ タンナサワフタギ コアジサイ 武奈ヶ岳 ササユリ ベニドウダン
 フタリシズカ
 
 
 
 6月1日に見つけた花の確認に出かけた.ルートは久しぶりにガリバー青少年旅行村から.

 2本見つけていたササユリの蕾.一つは水不足で蕾のまま枯れそうな状態.もう一つは,影も形もなく消滅していた.花も葉っぱもなく,誰かが折って持ち帰ったのか? それとも盗掘? しかし,全く予想もしていなかったところでササユリが一輪きれいに咲いているのを発見した.これはうれしかった.近くには蕾もあった.

 昨日ほどにいいお天気ではないが,雲があってそれなりに涼しく,順調に歩を進める.近江高島駅から畑行きのバスは満員.何人か立っておられた.

 バスを降りていきなり急な車道を進む.ガリバーのトイレをお借りして準備.大擂鉢の渡渉が難儀なところだが,鎖をもって大石を二つ越えて対岸へ.やれやれ.ここで休憩.これから沢に沿って登っていく.いつ来ても楽しいところである.つめていって滝の手前で左岸から右岸に渡る.何年か前に道が崩れてつけ直された斜面の道.今では道も太くなり,登りやすくなっている.

 あとは有名な芦生杉の巨木を過ぎて,広谷へ.初めてこの芦生杉を見たときには感激して来るたびごとに写真を撮っていたことを思い出す.広谷へ出るまでの登りが一番苦しい.しかし,大擂鉢から広谷まではコアジサイ街道で,いい香りとともに満開のコアジサイに励まされる.コアジサイも広谷を過ぎると花はまだこれから先.標高と関係しているようだ.

 広谷からはイブルキノコバを経由して武奈ヶ岳に.このコースは久しぶり.コヤマノ岳分岐からは武奈ヶ岳山頂を眺めることができて,今日も大勢の人がすでに来られているのが見える.12時30分,予定通りに山頂到着.

 昼食後,西南稜,ワサビ峠,御殿山.バスの時間を気にしながら降る.30分以上の余裕をもって坊村に無事下山.バスの時間まで「茶坊」で私はコーヒーフロート,ユッキーはコーラフロート.注文していたら臨時バスが到着し待っている.聞けば,定時バスが来れば発車するとのこと.急いで飲み物を飲んで,バスに.臨時バスは観光バス仕様で快適.乗客は坊村でわれわれを入れて6人.次の停留所の平で1人.計7人の乗客で堅田駅まで直行.いつもは急いで駆け上がって乗る新快速もゆっくり待って乗車.

 帰宅して,今日の打ち上げは山名酒造の山田錦・特別純米「奥丹波」.口当たりよくしかも奥行きのあるお酒.中二日での本日の山歩きも無事達成できて,お疲れさん,乾杯.

26.【6月15日】イン谷口→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→コヤマノ岳南尾根→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→北陵→細川越→スゲ原→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

   
デワノタツナミソウ  ナルコユリ ヤブデマリ コヤマノ岳 サラサドウダン コハクウンボク
 
 
 梅雨入りしたのに好天続きである.木曜日であるが時間が取れたので,イン谷口から武奈ヶ岳に行く.今日のお目当てはコハクウンボクとオオバアサガラ.

 木曜日だけれども,8時過ぎに到着したところ,イン谷口にはすでに数台車が駐まっている.スパッツを着ける必要もないのでさっさと準備をして出発.

 今日はいいお天気で,気温もそれほど高くなく,さわやか.

 それほど汗をかくこともなく,エゾハルゼミの声を聞きながら金糞峠へ,峠すぐ下のジキタリスは今年も咲いていた.どういうわけだか1本は折られていた.人? 鹿? 

 さらにヨキトウゲ谷,コヤマノ岳南尾根と進む.コヤマノ岳南尾根は確かにイン谷口から武奈に行くのにショートカットでいいのだが,本当に花がない尾根である.わずかにあるのがコアジサイだけれど,今年は遅れていて,まだ緑色で小さい.見頃まであと2週間はかかるだろう.


 コヤマノクラウンが見えればあとはもうすぐ.コヤマノ岳山頂.山頂の周りをタニウツギが華やかなピンクで彩っている.ここからはブナ林を通って武奈ヶ岳山頂に.昼食は山頂で.今日はコンビニおにぎりとお茶.デザートは豆大福.

 久しぶりに北陵から降りる.三国岳のハクウンボクは今年は不作だったが,こちらのコハクウンボクはどうか.予想通り,不作.ようやく一つだけ花を見つけた.細川越からスゲ原に.ここのオオバアサガラはやはり遅れていてこれから.スゲ原から広谷はヤブデマリ街道


 あとは,イブルキノコバ経由で八雲ヶ原.八雲池でヒツジグサ発見.今年はなぜだかモリアオガエルの卵塊は少なく2つのみ降りの登りでしんどい北比良峠までの道をゆっくり登る.北比良峠にあった松はなぜだか枯れてしまっている.あとはダケ道からイン谷口へ.

 それほどの渋滞もなく湖西道路,名神で帰宅.

 今日のうちあげはビールで.サントリー・ザ・プレミアム・モルツ.次は日曜日に出動.行き先は検討中.

25.【6月10日】古屋→三国岳→丹波越え→お茶屋跡→桑原

 
ナルコユリ 謎の花(昨年撮影) ハクウンボク タツナミソウ タンナサワフタギ
 昨年から気になる花があるというので,小てつリーダーとわれわれの3人で三国岳に向かう.お天気はまずまず.ただ,午後からが少し心配.

 今日の最大の痛恨事は,ユッキーが充電済みのカメラを忘れ,私がもってきたカメラは電池切れであったこと.なんということだ.花の写真は「謎の花」以外は小てつさん提供のもの.私のピーク写真は携帯によるもので心霊写真のようになっている.

 今日も出町柳京都バス乗り場では大勢の人が朽木学校行きのバスを待っておられる.われわれは順調に鯖街道を進み,梅の木から久多方向へ.釣りをする人が早くから来ているようだ.

 桑原で山休さん曰くの「儀式」を行い,桑原と古屋の間ぐらいに車をデポし,川に沿って古屋へ.近づく車に注意しながらも,花はないかときょろきょろしながら進む.われわれは古屋から名もなき尾根を登って高島トレイル縦走路まで行く.ヒルやマダニの恐怖と戦いながら藪漕ぎをし,我慢の急登.

 縦走路に到着するとほっとする.今日は山頂に行く前に昼食.山頂に寄り,戻ってあとは降るのみ.心配していたけれどヤマボウシはしっかり咲いていた.やはり時期が遅いのだろう.これに対してハクウンボクは昨年は実に見事だったのに,今年は数えるほどしか花をつけていない.今年花を咲かすにはエネルギー不足だったのか.

 お茶屋跡を降るときにびっくりしたのは,まさにそのお茶屋跡の上に林道が走っているのを目にしたこと.小てつさんによれば,経ヶ岳へと伸びているとか.伐採のためなんだろうが,道のために緑が削られ地肌が見えているのはなんとも切ない.

 がっかりしながら植林の中を桑原まで降りてきた.あとは車道をデポ地まで.家に帰って,今日はボルドーの赤ワインで打ち上げとした.

 さて,昨年見つけて,これは新種を発見したのではないかと,仮に「ユッキーナ・ジャポニカ」と名付けていた「謎の花」が今回の山歩きの確認で分かりました.お答え分かりましたらメールください.正解に賞品はでませんが,悪しからず.

24.【6月4日】JR新神戸駅→布引の滝→市ヶ原→地蔵谷出合→地蔵谷→摩耶山・掬星台→山寺尾根→杣谷入口→阪急六甲駅

 
布引雄滝 テイカカズラ スイカズラ 掬星台 生駒山,大阪市内 ヒトツバタゴ
ナルコユリ
ネジキ 
 
コアジサイ 
 久しぶりにNさんのご案内で六甲山系に出かける.摩耶山.好天.気温もそれほど高くなく,風もあり,虫もなく,快適.

 花は少ないとのことで,なんとか見つけてやろうと目的を定める.

 JR新神戸駅集合.われわれは近鉄・JR・地下鉄で新神戸駅へ.この冬大手術を受けられたNさん,お元気なご様子でほっとする.


 まずは布引の滝,雌滝,雄滝を見学し,布引貯水池を経て,市ヶ原.そして,地蔵谷出合から地蔵谷に入る.地蔵谷に入ると途端に出会う人の数は減り,静かになる.これまでのところではウツギがあちらこちらに.山頂までではテイカカズラ,スイカズラ,コアジサイ,ナルコユリ等々を見る.

 掬星台に着くと大勢の人びとがあちらこちらで休んでおられる.ちょうど昼食時.われわれもNさんが下見で(なんと前日土曜日に出かけられている)見当をつけられていたベンチで昼食.海が見え,木の下で日陰にもなっている絶好の所.生駒山,大阪,大阪湾から神戸の空港までよく見える.広場のトイレ前にあった大きな木に白い花が咲いている.これまで見たことがなかったが,「摩耶山さん歩」さんのHPで「ヒトツバタゴ」と知る.

 最初の計画では杣谷峠から杣谷を降りる予定であったが,愚息が東京から帰ってきているということもあり,計画を変更し,山寺尾根で降りて時間短縮をすることにした.ここではコアジサイ,ネジキの花,ヤマツツジを見ることができた.

 あとは杣谷入口から住宅地を通り,阪急六甲駅まで.Nさんとは阪急梅田で別れる.

 帰宅してお風呂の後は,愚息の差し入れの「若松・東京港醸造」の純米吟醸・原酒「江戸開城」.微発泡でコクがありおいしい.

 Nさんご案内ありがとうございました.われわれだけだとなかなか重い腰を上げて出かけられない六甲山系.比良とはまた違う面白さがありました.細かなご配慮にも感謝申し上げます.
 

23.【6月1日】坊村→御殿山→ワサビ峠→武奈ヶ岳→ワサビ峠→御殿山→坊村

 
ツルアジサイ ベニドウダン 御殿山から武奈ヶ岳 武奈ヶ岳 レンゲツツジ ヤマボウシ
アカモノ
 フタリシズカ
 
タニウツギ 
 西南稜のベニドウダンとレンゲツツジを見たいということで,本日の山行.月1の武奈詣でも兼ねる.車で出かける.

 計画としては余裕があれば,降りはコヤマノ岳,中峠からワサビ平に降りてワサビ峠に登り返すとしていたが,こういうときはいつもそうであるように,余裕なしで結局ピストンということになる.

 葛川センターのところには1台だけ車あり.8時20分.さすが週日だけのことはある.

 準備をして出発.坊村から武奈ヶ岳は久しぶり.明王院の前を通り,登山口.急な登りで我慢して登る.やがて苔むした岩のある,われわれのいわゆる「モミジノコバ」に到着.ここで水休憩.

 ここからまた急な斜面が始まるのだが,このあたりにあるキタヤマブシがいつになくたくさんあり広がっているのには驚いた.ここのキタヤマブシは水不足かいつもは黒くなって花の数は少ないのだが,なんとか今年は多くの花を咲かせてもらいたいものだ.全部に花が咲けば群生地となること間違いなし.

 ここからは次には夏道・冬道分岐を目指して進む.エゾハルゼミの声を聞く.この前三国岳に行ったときにも耳にした.

 分岐にはきれいな標識があった.夏道を進む.やがて枯れ谷.上り詰めて右の斜面へと折れる.次の休憩地は見晴台.ここまでくるとあとはもう少し.

 御殿山に到着.写真を撮りながら,ゆっくりとワサビ峠,西南稜に.雲が多いがいいお天気.気持ちよく山頂に.ただ,雨上がりのせいか虫が多く,その点は不愉快.3カ所ほどブトにやられてしまった.

 山頂で昼食.今日はおにぎり.雲が多く,琵琶湖のあたりはよく見えない.夕方から雨という予報もあるし,空には黒い雲もあるし,なんとなくしんどいということもあるし,ということでピストンで下山.

 あまり花がないと思っていた御殿山コースだったが,ササユリの蕾のあるのを2株,イチヤクソウの蕾のあるのを1株発見したし,上記の写真以外に,木の白い花ではアズキナシにタンナサワフタギ,カマツカ,ミヤマガマズミ,草花では,シロバナスミレやヒメハギ,早咲きのコアジサイも見られた.

 坊村に降りて久しぶりに「茶坊」に寄る.おかみさんもご主人も覚えていてくださっていて恐縮.コーヒーフロートで喉を潤す.

 渋滞もなく,順調に進んで無事帰宅.今日はビールで乾杯.