2017年5月の山行 2017年1月 2月 3月 4月 6月 7月 8月 9月
     
・リンク2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home  


22.【5月28日】古屋→滋賀ピーク→三国岳→丹波越え→お茶屋跡→桑原

 
 タニウツギ ギンリョウソウ   三国岳 ナナカマド サラサドウダン   フジ
 2回目の花探検隊.小てつリーダーの下,JOEさんとわれわれの4人組.今日は三国岳に出撃.

 快晴との天気予報の下で出町柳からわれわれは乗り組み,大原から鯖街道へと向かったのだが,なんと,途中から弱い雨が降ってきた.天気予報と違うなあとぶつぶつ言いながら,鯖街道,梅の木から入っていったのだが,デポ地に着いたときには雨は止んでいた.

 ゲイターをつけ,ヒル避けのために虫除けを噴霧して出発.雲も多いが,時折日も差してきて,比較的涼しい中で登っていく.

 滋賀ピークに到着し,一旦降って登り返す.三国岳に到着.これまで出会った人は3人のグループ.桑原から登ってきて三国岳を経由して生杉まで行くとのこと.公共のバスで来られていたので「時間との闘い」と言われていた.ご苦労様.

 山頂では,お二人お昼をとっておられた.われわれもここでお昼.JOEさんには豚汁の差し入れをいただく.われわれの方からはデザート,フィナンシェとキウイフルーツ.

 お腹もいっぱいになったところで下山.お茶屋跡を通って桑原に降りる.お昼からはいいお天気で,これは天気予報通り.

 ヤマボウシの花は少なく,小さい.ハクウンボクに至っては花が見当たらない.雪等のせいで遅れているのか,それとも,今年は裏年なのか.ホオの花は蕾が多く,ドンピシャで咲いているのにはお目にかからなかった.

 ああでもない,こうでもないと花談義をしながらの山行.楽しい一日.

 帰りは小てつさんからビール・エビスを頂いて(小てつさんは運転があるからノンアルコールビール),無事帰宅.家に帰って,お風呂の後は,藤岡酒造の「蒼空」.今日はおりがらみ.微発泡でシャンペンのよう.ああおいしい.

 小てつさん,JOEさん,ありがとうございました.充実した一日でした.
 

21.【5月21日】ミステリーツアー山行

 
 小てつさんのお誘いを受けて恒例のミステリーツアー.花の保護のため詳しいルート等は省略.悪しからず.

 今日もいいお天気.小てつ、JOE、われわれと計4人の花探検隊は勇んで出発.

 尾根にのるために登山道ではない急斜面をわれわれはリーダー小てつさんのロープに助けられながら登る(ヴェテランJOEさんはロープの補助もなくすいすいと上がって行かれる).われわれはいつもは使っていない筋肉をこれでもか,これでもかと使うため,冷や汗,大汗をかきながら登る.

 尾根にのったところでランチタイム.JOEさんのワンタンスープを頂きながら楽しくお昼.

 あとはまたきょろきょろしながら車のデポ地まで.本日も十分所期の目的は達成された.帰りはまた小てつバーでビール.

 家に帰ってお風呂の後は山名酒造の「生貯蔵酒」.すっきりさわやか.ホタルイカによく合った.

 小てつさん,JOEさんありがとうございました.
 

20.【5月18日】岩屋橋→志明院→薬師峠→桟敷ヶ岳→鉄塔→祖父谷林道→岩屋橋

 
クリンソウ 薬師峠 シャガ 桟敷ヶ岳山頂 タニギキョウ ヤマツツジ
ラショウモンカズラ
 昨年はかおりさんの山行1000回達成記念のお祝いで桟敷ヶ岳に5月8日に出かけたが,今年は今日に(あとで知ったのだが,かおりさんは昨日水曜日に出かけられた).

 「サンデー毎日」とは言っても,いろいろと用事があり,ユッキーのスケジュールとも合わせないといけないので,山に出かけるのもそれほど簡単ではない.

 今日は絶好のお天気.車で行くか悩んだが,結局,バスで行くことにした.モクモク号.最大の難点は帰りの岩屋橋からのバスが14時20分発であること.ともかく,烏丸北大路8時40分発のバスに乗り,岩屋橋に9時10分ぐらいに到着し,5時間10分後には戻ってこなければならないという制約.まあなんとかなるだろう,運転で疲れるよりはよかろうということで,バス利用.

 出発時にはわれわれを含めて7人乗車.そのうちハイカーは6人.われわれ以外の4人組は半国高山へとのこと.途中で2人乗ってこられ,満員となり,溢れた1人は後続のタクシーとあいなる.

 予定より8分ほど遅れてバスは到着.ここからまずは志明院まで車道を歩く.志明院からいよいよ山道に.薬師峠を経て,バスの時間を考慮して岩茸山はパスして山頂へ.山頂まで誰にも会わなかった.山頂で昼食.

 発とうとしていたら,お一人大森のキャンプ場に車を駐めて登ってきたハイカーと会う.今日会ったのはこの人だけ.

 降りは昨年もそうであったように鉄塔広場から激降りで祖父谷林道へ降り立つ.あとはきょろきょろ花を探しながら岩屋橋へ向かう.余裕をもってバス停に.

 帰りのバスは地元の人1人とわれわれだけの乗客.上御霊神社の神輿の行列と出会ったがまずは無事北大路のバス停に.地下鉄・近鉄で帰る.打ち上げは地元の丹波橋通りにある「CAFE K’s」で.アイスコーヒーとレアチーズケーキ.

 家に帰って締めはビール,サントリー・ザ・プレミアム・モルツ。

 好天の中,さまざまな花を見られて満足,満足.

 

 

19.【5月14日】河内谷落合→長尾→本谷・ノトマタ分岐→三重ヶ嶽(974.1m)→本谷・ノトマタ分岐→ノトマタ→河内谷林道→落合

 
休憩舎 フデリンドウ ユキザサ 三重ヶ嶽 カタクリ イワカガミ
チゴユリ
ニリンソウ
 
 低木のシャクナゲ,その他,春の花を見に行きませんかとの小てつさんのお誘いで,われわれだけではなかなか行きにくい,いや不可能に近い高島トレイルの三重ヶ嶽に出かける.車を落合にデポして長尾で登り,ノトマタで降るというプランなのだが,いろいろ問い合わせをしたところ,石田川ダムから角川林道を落合までは崩落のため通行不可ということなので,ビラデスト今津から河内谷林道へ入る.

 休憩舎のある落合に車を駐め,準備をして少し先のところから登り始める.これがなかなかの急登で我慢の登り.長い長い支尾根の「長尾」に乗ったところで,あとは距離はあるけれども,緩やかな登りで花を探し,新緑のブナの木を愛でながらゆっくりと登っていく.

 ユッキーがフデリンドウを発見.小てつさんもこんなところにあることをご存知なかった.ユッキーの功績大.イワウチワはほぼ終わり,イワカガミは咲き始め.タムシバがかなり痛んできているがまだ残っている.シャクナゲも満開を過ぎたところでそろそろといったところ.チゴユリはあちらこちらにあり,また,ユキザサも見つかる.

 これまで誰にも会わなかったのだが,山頂に近づいたところ,お一人,食事中のところに出会う.大御影から来られたとのこと.さて,われわれも木陰で食事と思っていたら,長尾から5人のグループが来られた.これも驚き.石田川ダムから林道を歩き長尾で登ってこられた.長い林道歩きご苦労さん.

 さて,小てつさんにクロモジ茶をいただき,食事をすませ元気も出てきたところで,出発.山頂近くではカタクリの花が見られ,パチリ.本谷との分岐からノトマタの急な斜面で降りる.あまり利用されない道なのでブッシュで覆われ,藪漕ぎしながら降りる.帰ってから分かったことだが,このあたりでか小てつさんはダニに取り付かれる.「ダニーボーイ」などと言っていたのが本当になってしまった.

 河内谷林道に降り立ったところで,あとは,ゆっくりと林道を車のデポ地まで.ここにもイチリンソウやニリンソウの群生が見られ,長い林道歩きの退屈を紛らしてくれる.

 車のデポ地に無事到着.今日一番汗をかいたのは道なきノトマタの急斜面だろうか.

 帰りはいつもの小てつバー.サントリー,ザプレミアム・モルツ。いろいろな話題が途切れることはなかった.出町柳で降ろしてもらい,帰宅.お風呂の後は今日はビール,エビス.山に登る前の日はノーアルコールデイで休肝日.今日のビールは余計においしい.

 小てつさん,道案内と長時間の運転ありがとうございました.これからもよろしくお願いします.

18.【5月10日】イン谷口→大山口→青ガレ→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→四つ辻→コヤマノ岳南尾根→コヤマノ岳→イブルキノコバ分岐→武奈ヶ岳→イブルキノコバ分岐→コヤマノ岳分岐→パノラマコース(ゲレンデ跡)→八雲ヶ原→ゲレンデ跡→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

 
ニシキゴロモ アケビ コヤマノ岳 ウワミズザクラ チゴユリ イワナシ
 3月以来武奈はご無沙汰となっている.今日はお天気が悪いがなんとしてでも武奈ヶ岳まで行きたい.というわけで明日木曜日の方がお天気がよいことはわかっているのだけれど,明日は用事があるということで今日の山行.弱雨の中で出撃.

 さすがウィークデイでしかも悪天候.イン谷口トイレ前まで車を進めると,1台だけ車が駐まっていた.今日は,登りも下りも誰にも会わなかった.

 終始霧の中,時折,弱雨.車を離れるときから重装備でスパッツ,レインウェア上下,レインハット.しかし,正面谷に入ったとき,暑くてたまらず,レインウェアのズボンは脱ぐ.おそらく強い雨にはならないだろうという見込みの下に.この予想は当たった.

 花を探しながら,見ながら,ゆっくりと登る.誰にも会わないから道を譲ったり譲られたりする必要がない.

 金糞峠に到着.なんだかしんどいし,小山の帰りになるかもしれないなどと考えながら,ヨキトウゲ谷に降りる.橋は修復されており,渡渉に頭を悩ませる必要もない.雨で滑りやすいのを気をつければいいだけだ.いつもながら,どなたの手になるのか,橋の修復がなされており,この無償の作業には頭が下がる.感謝.

 ヨキトウゲ谷を離れて四つ辻にあがる.霧が立ちこめ,すべてが幻想的な光景である.

 ここから3つほど平らなところがあり,我々はこれを第1ステージ,第2ステージ,第3ステージと呼んでいる.休憩等の目安になる.いつもだったら見える,シャクシコバの頭から,中峠の稜線も全く見えず.初めての道だったら緊張するだろうなあと思いながら,こちらにとっては通い慣れた道.ゆっくりと歩を進める.中峠との分岐に辿り着いても,先のコヤマノクラウンは全く見えない.

 やっと霧の中,コヤマノ岳に辿り着く.写真を撮ってすぐに出発.イブルキノコバ分岐に来ても武奈ヶ岳は全く見えない.夏道を登る.ここで驚いたのは,この道がショウジョウバカマ街道になっていること.そう言えば,この時期,武奈に行くことが少ないので,ここのショウジョウバカマもこれまで見ていなかったわけだ.西南稜に辿り着き,最後の第4ピークと頂上へ.これも全く見えない.風が少しあるので,頂上写真のあとはすぐに下山.

 昼食はイブルキノコバ分岐付近.今日はおにぎりとお茶.

 帰りはイブルキノコバ経由も考えたのだけれど,パノラマコースのほうが早く降りられるだろうということで,ゲレンデ跡を降る.いつもだったら途中から八雲ヶ原が見えるのだけど,今日は全く見えず.八雲ヶ原からはいつもだったら池を通って行くのだが,霧で見通しが悪く,人が誰もいず,また,昨年の熊のことも考えて,今日はゲレンデあとから縦走路を経て北比良峠へ.

 ここからも琵琶湖もなにも全く見えず.ダケ道を通って下山.ただ,この前の日曜日のシャクナゲとイワカガミは再確認したいので,そこの部分はゆっくりと下山.シャクナゲはほぼ咲きそろっていた.また,イワカガミも同様.これらの花のおかげで長い道も気が紛れた.

 大山口で靴,スパッツ,ストックを洗い,車の所へ.そして,「ほっとすていしょん比良」に寄る.今日もおはぎとコーヒー.

 湖西道路,名神とすいすいと進み,帰宅.帰ってお風呂のあとのうちあげはビールで.霧の中,静かな山の花を十分に楽しみました.特に4月,5月,6月は花を求めての山歩き.次はどこに行こうか.


17.【5月7日】イン谷口→出合橋→サクラノコバ→ノタノホリ→東稜道→堂満岳→東レ新道→金糞峠→比良シャクナゲ尾根→北比良峠→ダケ道→カモシカ台→大山口→イン谷口

 
 マルバアオダモ  フデリンドウ  イカリソウ  堂満岳  北比良峠  シャクナゲ
 今日はフデリンドウとシャクナゲを見るために比良に出撃.

 お天気はよいのだが,黄砂が飛んできていて湖西道路を車を走らせていると比良山系はかすんでいる.朝はこれに霧が発生したよう.

 フデリンドウは朝にはまだしぼんでおり,昼に開花すると,夕方にはまたしぼむということで,開花時間を気にしながら進む.車はイン谷口に.

 サクラノコバから別荘地を通り抜け登っていくと,下の方のコバノミツバツツジやイワウチワはもう花が終わっている.ノタノホリに到着.標高450mぐらい.ここしばらく雨がまとまってないためらしく,水量は減っている.今日はやっぱりシャクナゲ狙いなのであろう,東稜道でも結構登山者がいる.花を探しながら写真を撮って進むわれわれの登山スピードは加齢もあり,ゆっくりめ.先に行ってもらう.

 植林地を過ぎ,沢の源頭から雑木林のつづら折りの道.このあたりがいつもしんどい.そして,山頂直下の800mあたりからがさらにしんどい.しかし,やがてシャクナゲが見えてくると,疲れもふっとぶ.蕾,花をつけている木は少ないが(全体の5分の1ぐらいか),それでも,健気に咲いているシャクナゲは本当に可愛らしい.

 次から次へと写真タイム.ゆっくりと山頂に.われわれを抜いていった若者グループがいた.山頂の西側にもシャクナゲが咲いている.お昼には少し早いので,縦走路を金糞峠に向かって進む.尾根を行くものだから風が強い.シャクナゲや,イワウチワ,イワカガミ.このあたりのシャクナゲは1週間から10日後に見頃を迎えるのではなかろうか.イワカガミもまだ蕾のものもある.

 金糞峠を過ぎ,シャクナゲ尾根をさらに進む.北比良峠へ行くまでのところで昼食とする.

 北比良峠からダケ道で降りる.ここのシャクナゲは見頃だった.また,イワカガミがこれも見頃.こうして,退屈なダケ道もそれなりにお花を楽しみながら降りると,退屈さも紛れる.

 大山口のところでヨネチャンと会い,さらに駐車地近くでかおりさんと会う.かおりさんのザック回収はやはりむつかしく,諦めざるを得ないとのこと.

 片付けをして二人を乗せて「ほっとすていしょん比良」へ向かう.ここでうちあげ.コーヒーとおはぎ.そうこうするうちに山休さんも来られて,花談義のうちあげ.帰りの湖西道路の渋滞を恐れて,我々は少し先に失礼する.

 いつもより少し早い帰りなので,渋滞もさほど目立つほどではなく,湖西道路,名神と車を走らせ帰宅.帰宅後は,お風呂に入り,「鰹のたたき」とビール,サントリー・ザ・プレミアム・モルツで乾杯.花巡りの楽しい一日でした.
 

16.【5月2日】小出石バス停→登山口→シャクナゲ尾根→鉄塔伐採地→寂光院道分岐→寂光院道→寂光院→雲居茶屋→大原バス停

 
キランソウ
 ユッキーの高校時代のお友達3人をシャクナゲ尾根にご案内。

 実は私は土、日と風邪で伏せっており、その間、ユッキーは30日(日)快晴の日にマラソンランナーH氏夫妻を引き連れ、神璽谷・釈迦岳でイワウチワをたっぷりと鑑賞するという、私にとって実に残念な出来事があった。C'est la vie.

 さて、本日。京都国際会議場のバス停で集合。バスは乗客で一杯。われわれ5人はかろうじて全員座れた。格好からして、まさか全員小出石まで行くのではあるまいと思っていたら、やっぱり大原、さらに阿弥陀寺で降りる人がほとんど。しかし、小出石で我々含めて10人ほどが下車。みなさんシャクナゲ狙いであろうと思われる。

 みなさん準備されているのを尻目にわれわれは先行する。下見通り、ガードレールの切れ目で下に降り、登山口に到着。ここで服の調節を行い、杖を取り出す。

 ユッキーが先頭に私が最後尾でゆっくりと斜面を上がっていく。ここがややしんどいところだが、尾根にのればあとはシャクナゲが迎えてくれるし、しんどさはない。もうわあわあきゃあきゃあ言いながら、あっちでぱちり、こっちでぱちり。おそらく今日が満開の日。

 予定通り12時頃に鉄塔伐採地に着く。ここの木陰のところで昼食。今日はおにぎり。

 あとは降り。といっても、分岐までは少しゆるやかに登る。今日は寂光院道で降る。

 寂光院の前まで来ると観光客で一杯。帰りに雲居茶屋に寄り、白味噌アイスクリームを頂く。あんこが横にあり、きなこがアイスクリームにかかっている。

 大原バス停からバスに乗る。待っている人の列が長く、座れるかなあと思っていたが、運良く座れる。あとはうつらうつらしながら出町柳まで。京阪に乗って帰途につく。

 家での打ち上げは、山名酒造の「蔵人のみやげ酒」。しっかりとした、そして、まったりとしたお酒。お天気もよく、お花見物には最高の一日だった。連休中にもう1回は山に行きたい。今度は比良。