2017年4月の山行 2017年1月 2月 3月 4月 
     
・リンク2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home  


15.【4月27日】小出石バス停8:58→登山口→シャクナゲ尾根→寂光院道分岐→百井分岐→12:11天ヶ岳12:35→三叉岳→戸谷峰→薬王坂→鞍馬寺→叡電鞍馬駅14:35

 
登山口 コバノミツバツツジ 天ヶ岳山頂 シャクナゲ ヒカゲツツジ イワウチワ
 
 今日は5月2日にユッキーの友人を大原シャクナゲ尾根に案内するための下見。今年のシャクナゲがどうなっているか、5月2日に案内して開花しているか、じっくりと下見をした。結論的に言えば、すでに咲き始めたのが少しあるが、全体としては、あと1週間ぐらいで咲きそろうのではないかということである。

 今日はウィークデイであり、こういう山行も退職したからこそ可能となったと言える。山の中では天ヶ岳から鞍馬に下りるときに3人のファミリー一組と会っただけであったが、近鉄、地下鉄はちょうど通勤・通学のラッシュと重なり、すし詰めの状態だった。これはちとつらい。
 
 小出石バス停で降りたのは、われわれの他に女性ハイカー1人と6、7人のウォーキングの会のグループ(60歳台から70歳台の男性ばかり)。準備は登山口に着いたところでやればよいということで、われわれは先に進む。車道のガードレールの切れ目に「天ヶ岳」と表示のあるところから川のほうに降りればすぐに登山口の標識がある。ここからが急登。あまりジグを切っていないので直登に近い。これはしんどい。しばらくはるか後方に男性グループの姿が見えたが、このあと、2度と見ることはなかった。一体どこへ行かれたのだろう。

 しばらくすると、シャクナゲが見えてくる。シャクナゲの木の中で、蕾をつけているのは三分の一くらい。そして蕾をつけている木では、さらに半分くらいの蕾の量である。行けども行けども満開のシャクナゲの年と比べると寂しいが、人間の手が入っていないから、そうそう毎年蕾をつけるものでもない。これだけでも自生して咲いているというのがありがたい。

 やがて左手に電線が見えると右手のほうの高圧鉄塔も近く、そこの伐採地も近いということになる。鞍馬、天ヶ岳経由で来る場合、いつも昼食地にしているところだ。今日は逆コースだからお昼にするには少し早い。

 本来の下見としては、寂光院道から大原に降り、バスに乗るということなのだが、われわれとしては物足りないので、天ヶ岳まで脚を伸ばそうということになった。小出石から天ヶ岳に行くことは記憶によればこれまでなかったので、景色が異なり、新鮮だ。今年1月雪の中を鞍馬、天ヶ岳、大原寂光院のコースで来ているが、もちろんそのときとも全く違う。

 天ヶ岳に到着し、昼食。今日は食料庫にあったカップラーメンをもってきた。デザートは草餅。

 お昼も済ませ、あとは鞍馬へ。天ヶ岳山頂からこのルート、コバノミツバツツジがたくさん残っていたのは意外だった。愛宕のツツジ尾根には比ぶべくもないが、それなりにあって、シャクナゲ代わりに目を楽しませてくれた。今日のコースには草花がほとんどないのも発見というか再確認したことであった。貧相なイワウチワとギンリョウソウくらい。

 鞍馬寺の山門の前を通過し、叡電鞍馬駅に着いたら、天狗さん、雪の重みで折れていた鼻も治療してもらっていて立派に鼻も復元していた。まずはめでたい。


 出町柳では「上燗屋茶房」でうちあげ。今日はコーヒーとアップルパイ。

 家に帰ってお風呂の後はビールでうちあげ。乾杯。ご苦労さん。

 

14.【4月23日】朽木西村井→朽木栃生登山口→白倉南岳→白倉中岳→白倉岳→烏帽子岳→松本地蔵→朽木西村井登山口

 
朽木栃生登山口 タムシバ 白倉南岳 白倉岳 イワカガミ ヤマエンゴグサ
オオカメノキ
 
 絶好のお天気。武奈のリヴェンジもちらっと考えたが、多分人も多いだろうし、毎年のようにタムシバ見物に行かなければとも考え、結局白倉連山に出かけることにした。昨年より1週間遅い。

 車は順調に名神、湖西道路、鯖街道と進む。途中の喫茶「観月」を通り過ぎたとき、ちらっとお庭を見て、帰りはここで打ち上げと決める。坊村でセンター駐車場をちらっと見ると、8時だというのにもう一杯の車が駐まっている。

 朽木西村井で車を駐め、南へと朽木栃生の登山口まで道を歩く。時折車は通るが、地元の人の車だけ。

 登山口にはトレイルラン「BIWA ICHI」の「白倉岳へ」という標識が立っている。ここから急登。2カ所ほど、岩場にロープがつけられている。タムシバにはいくつかのポイントがあるのだが、630mのところのタムシバは散ってしまっている。テンションが下がり、いつにもまして登りがしんどい。

 930mのピークまでまっすぐほぼ西に向かって進む。コナラのピークとわれわれが勝手に呼んでいるところで90度方向を変え、今度は北へ北へと稜線を進む。これが縦走路となっている。釣瓶、武奈ヶ岳、蓬莱山まで枝の間から見える。北に進めば今度は蛇谷ヶ峰の西峰が遠望できる。

 このあたりからにわかにタムシバがきれいになり、花付きもよい。われわれがタムシバ街道と呼んでいるところである。


 白倉南岳、白倉中岳(芦生杉の巨木で有名)、白倉岳を過ぎ、烏帽子岳の手前のピークでお昼とする。

 昼食後はまた一旦降って登り返し、烏帽子岳。ここからは降るのみ。松林が出てきたところで、支尾根コースを行くか斜面コースを行くか迷ったのだけれど(地図は斜面コースのみ)、好奇心に誘われて怖い怖い斜面コース。靴1足分くらいの細い道に落ち葉が敷き詰められている、その上、道の下の斜面には木があまりない。滑落すれば随分下まで行きかねない。ここを慎重に進む。ようやく無事通り過ぎて支尾根の端までくれば、登りの人向けに案内があり、この支尾根を登っていくように誘導している。やっぱり。今度からは、支尾根を行こうと二人で確認。白倉には春のタムシバと秋の紅葉ねらいで年2回は登ることにしている。

 ま、ともかく無事に車を駐めてあるところまで降りてきた。

 さて、打ち上げは途中の「観月」。鯖街道を順調に進む。「観月」に着いたら駐車場はほとんど一杯。店内に入っても、お客さんが8人は来られていて、ようやく席に着く。私はいつものおぜんざい(大きな白玉団子が3つ入っている)。500円。でかいぼた餅に挑戦しようと思っていたのだけれど、「本日売り切れ」とか。ユッキーは仕方なく「わらび餅」こちらは400円。敷地内のしだれ桜を見学させて頂いて、打ち上げ終了。しだれ桜は満開を少し過ぎていたけれど、まだ十分見応えがあった。

 帰りの湖西道路の渋滞も時間が少し早いためか、さほどでもなく、名神にのって、南インターで降り無事帰宅。

 家での打ち上げは山名酒造の「春霞天空晴明」。ホタルイカとタケノコご飯で。すっきりしたお酒だった。
 

13.【4月19日】イン谷口→大山口→正面谷→金糞峠→奥の深谷→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

 
青ガレ 金糞峠 ミスミソウ 奥の深谷 北比良峠 ミズバショウ
 
 リハビリ登山三回目。少しずつハードにしている。4月になってまだ武奈ヶ岳に行っていないなあということで、今日は目標は一応武奈ヶ岳。車で出かける。

 桜、コブシを見ながら出発。大山口を過ぎてまずは青ガレ。堰堤前での渡渉。雪解けで水量が多く、滑らないように工夫して渡る。このあと、金糞峠の下まではすくなくとも登山道には雪なし。ただし、ガレているところ、あちこちで、雪、雪崩と雨のせいで石が位置を変えている。

 堂満岳の方を見れば、下の方は山桜のピンク、上の方にはタムシバの白、若葉の緑、と目を楽しませてくれる。金糞峠までにはこのほかに、イワウチワ、ショウジョウバカマ、ミスミソウ、イワナシ、バイカオウレン、と春山の千両役者が出揃っていた。

 当初はヨキトウゲ谷からコヤマノ岳経由で武奈ヶ岳に行こうと思っていたのだが、初っぱなから橋が流されているのを発見。いつもだったら、橋を使わずとも石伝いに跳びながら渡れるのだが、今年の雪の多さで水量が半端でなく、武奈ヶ岳へ行くのは断念。

 奥の深谷経由で八雲ヶ原へ。こちらも何ヶ所も渡渉しなければならないところがあるので、最初は金糞峠に戻って縦走路で八雲ヶ原へ行こうかとも思ったのだが、まあなんとかなるだろうと奥の深谷経由で八雲ヶ原へ行く。すべての橋が流されているわけではないのと、流されているところもなんとか石を跳んで渡る。

 ある意味こうして八雲ヶ原に行ったので、池のミズバショウにも出会えた感じがする。もしコヤマノ岳南陵から武奈ヶ岳に行って、帰りに八雲ヶ原に来ていたら、見過ごしていたかもしれないからだ。こんなに多くのミズバショウをここで見られたのははじめてだった。

 八雲ヶ原の石テーブルで昼食。おにぎりとお茶。デザートは草餅。登りはじめは暑かったが、時間の経過とともに雲が多くなり、風も出てきた。また1まい羽織る。最近の山歩き、服装の調節に一苦労だ。

 食事をすませて北比良峠へ。そして、ダケ道。こちらへ来ると雪なし。シャクナゲの蕾の確認。全く蕾をつけてない木と、そこそこ蕾をつけている木とがあり、今年の花は昨年よりも少ないようだ。ダケ道では、タムシバがあちらこちらに。みんな高木になっているので、なかなか写真に撮ることがむつかしい。コバノミツバツツジも花開き始めた。ニシキゴロモも見つけた。

 武奈まで行かなかったので、かなり早い時間に下山できた。今日は水曜日ということでうちあげはもちろん「ほっとすていしょん比良」。おはぎと桜餅にコーヒー。ほどよい甘さでおいしい。今度の日曜日23日は地元のお祭りで臨時休業とのこと。

 渋滞もなく家に帰り、入浴のあとは、ビールで乾杯。本来リハビリ登山だし、武奈には行けなかったけれど、これだけいろいろな花が見られて、今日の山歩きは満足の一日だった。

12.【4月16日】JR向日町駅→バス→南春日町バス停→大暑山→小塩山→南春日町バス停→バス→JR向日町駅

 
花の寺の桜 コバノミツバツツジ 大暑山 タチツボスミレ カタクリ シュンラン
ニリンソウ 
エンレイソウ
ミヤマカタバミ 
 
 今日はヨネチャン主催のOFF会で西山花巡り。春、西山と来ればカタクリ。今日はよいお天気で十分堪能させてもらった。

 普段はメールでのやりとりで、時に比良の山とかで出会う仲間たち。ヨネチャンつながりの総勢9人が集まった。駅ではかおりさん、M2さん、摩耶山さん歩さん、Fさん、なべさんが集合。我々とヨネチャンとのつながりも何年になるだろう。7年以上か。
 ヨネチャンの比良山系400回記念登山には私の腰痛で参加できなかったが、今日参加が可能となってほっとしている。

 JR向日町駅でバスに乗り込み、終点南春日町まで。まずは大原野神社の駐車場のトイレへ。ここで車で来られた山休さんとヒヨコさんと合流。

 ここからヨネチャンの案内で花の寺の横を通り大暑山登り口まで。比較的急な斜面を登っていく。コバノミツバツツジもまだあまり咲いていないし、タムシバも咲いていない。このあたりのタムシバは不作の年か。ヨネチャンの配慮で、小塩山の人混みを避けて、大暑山で昼食とする。

 そこからカタクリ保護区の炭の谷、Nの谷と見回り、小塩山へ。人が丁寧に保護活動をしているところはやはりカタクリが本当にたくさん花を咲かせている。「春の女神」ギフチョウを見かけたが、写真には収められず。

 十分に堪能したところで、天皇陵道で降る。

 正法寺で桜を眺め、大原野神社の駐車場へ。そこでなんとokaokaクラブの「洛西おやじ」さんと出会う。運転中の窓から「先生、先生」との声あり。こんなところで出会うとは。

 駐車場で車組と別れ、残り8人はバス停へ。ヨネチャンの計画通りバスの時間もぴったり。JR向日町駅で解散。
 われわれは京都駅で、いつもの「京アンジュ」に寄り、いつもの「白玉抹茶クリームあんみつ」を頂く。

 そして、家に帰って打ち上げは山名酒造の「純米大吟醸 奥丹波 亀の尾」。青木杜氏による硬質な凜としたお酒。

 ヨネチャンの細やかな配慮のうえの今日のOFF会。ありがとうございました。私も迷惑をかけずに歩くことができて、山歩き復帰の自信がつきました。感謝、感謝。

 

11.【4月10日】JR比叡山坂本駅8:19→日吉大社→大宮谷林道→悲田谷(肥前谷)→10:20延暦寺会館・休憩所10:45→11:20大比叡→11:46坂本ケーブル延暦寺駅12:07→紀貫之の墓→琵琶湖病院→坂本甘味処うえだ→JR比叡山坂本駅

 
坂本の桜 本坂と林道の分岐 悲田谷(肥前谷) 大比叡 紀貫之の墓 ヤブツバキ
ショウジョウバカマ 
ミヤマカタバミ
 ダンコウバイ
 
 ようやく腰の調子,脚の調子も回復したようである.今日はリハビリ登山.リュックをできる限り軽くし,靴も軽い夏靴で行く.

 どこへ行こうかと思ったが,もしもの場合,比叡山なら帰りにケーブルも使えるし,なにかと便利.ということで,比叡山に行くことになる.同じ行くならこれまで通ったことのないルートで行こう,ということで坂本から大宮谷林道を行くことにする.

 日吉大社の鳥居をくぐり比叡山高校の横の階段を登る.途中で本坂と大宮谷林道との分岐がある.ここは右の林道へ.大宮谷林道は大宮川に沿ってついている.次の分岐はこの林道から離れて悲田谷(肥前谷ともいう)に入るところ.道標があり根本中堂まで1.5kmと記されている.林道をそのまま登れば横川中堂へ行くが,そこまで3.85km.

 悲田谷に入ってすぐのところに導水路のアーチがある.これをくぐっていくと橋があり,階段があり,道は整備されている.回峯行でよく踏まれている道だからか.550m付近で本坂に合流する.

 しばらく行くと亀塔,そして法然堂.最後に急な船坂を登ると,延暦寺会館の所に出る.この隣の休憩所で軽くおやつ.

 それから,阿弥陀堂を経て,急坂を登れば,いよいよ大比叡につながる尾根である.テレビの中継地と貯水槽を経て山頂,大比叡に達する.848.3m.

 お腹もすいてきた.坂本ケーブルの延暦寺駅でお昼にしようと道を急ぐ.ベンチで琵琶湖を見ながら,京都駅SUVACOで買ったおにぎり2つ.熱いお茶.デザートはクッキー.

 ここからは蟻ヶ滝コースにするか,裳立山・紀貫之の墓を経て無動寺道に出るか,明王堂から無動寺道で降りるか,3つの選択.結局,腰のことも考えて,裳立山経由とすることとした.久しぶり.

 琵琶湖病院を通り過ぎ,坂本の桜を愛でながら,甘味処うえだへ.昨年の暮れ以来.栗ぜんざいを頂く.ほどよい甘さで美味しい.

 そこそこ歩いたが腰の痛みは出なかった.まずはよかった.

 帰ってカミツレ湯のあとは,山名酒造の「奥丹波・春霞」.いい気持ちになりました.
 それにしても健康のありがたさ.感謝,感謝.