2017年3月の山行 2017年1月 2月
     
・リンク2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home  


10.【3月12日】イン谷口→8:36大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→コヤマノ岳南尾根→11:58コヤマノ岳→12:37武奈ヶ岳13:06→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:53大山口→イン谷口

 
正面谷 金糞峠 コヤマノクラウン コヤマノ岳 武奈ヶ岳を望む 武奈ヶ岳直下
 
西南稜
 こんなにいいお天気で蛇谷ヶ峰に行くのはもったいない、先週も行ったけれど今週も武奈ヶ岳だ、ということで今日も武奈に。

 今日のトピックとしては私のカメラが電池切れで使えなかったこと、そして、ユッキーが10本爪アイゼンデビューしたこと。私の今日の装備はワカンと12本爪セミワンタッチアイゼン。ズボンは冬用の分厚いのから3シーズン用のに変えた。

 車は先週よりも上に行けるかと思って進んだが、先週駐めたところはすでに満杯、その上は行けず、仕方なく出合橋近くまで戻って駐車。このときChさんに出会う。お久しぶりということになる。

 出発が少し遅れた。雪は少しだけ減ったようだが、昨晩あらたに降って金糞峠より先では5cm~10cmの新雪。これがまたうれしい。

 先週懲りたので今日は大山口を少し過ぎてアイゼン着用。重くてかなわんとブーブー文句を言っていたユッキーも青ガレから金糞峠までの正面谷を登っているときには効果を実感。

 金糞からはヨキトウゲ谷へ、橋を渡るときは踏み抜きや滑らないようにと慎重に進む。急な斜面をジグザグ登って四つ辻に。ここからはコヤマノ岳南尾根。けっこう急な斜面だけれど、ゆっくりと進む。中峠との分岐に来ても道標は雪に埋もれてしまっている。コヤマノ岳。今日はお天気がいいので本当に遠くまで見える。ここでアイゼンからワカンにはきかえる。

 ブナ林を過ぎてパノラマコース分岐、イブルキノコバ分岐を過ぎ、いよいよ、武奈ヶ岳冬道直登。

 人気のある山、武奈ヶ岳。たくさんの人が来られている。山頂近くで昼食。今日もパン2個とホットコーヒー。

 降りは来た道をワカンでシャバシャバとイブルキノコバ分岐まで。このワカンの降りが楽しかった。さらに、パノラマコース、ゲレンデ跡をワカンでシャバシャバ。ここの降りも楽しい。登りに比べて降りの速いこと。

 八雲ヶ原を経て北比良峠に。ここでYさんと会う。武奈ヶ岳山頂でChさんと一緒にずいぶんと待って頂いたようで、申し訳なかった。アイゼンにはきかえ、いよいよダケ道に。無事大山口、イン谷口に戻った。

 車でYさんとHS比良まで。われわれは今年はじめて。リンゴパンにコーヒーを頂く。両方とも実においしい。4月からは土、日、水の3日営業が日、水の2日営業となるとか。先週、山休さんが立ち寄られたようで、我々帰りの時間に気が取られ立ち寄らなかったので、期待を裏切ってしまったみたい。この場を借りてお詫び申し上げます。

 あとは湖西道路から名神で帰宅。カミツレ湯のあとはビールで乾杯。お疲れ様。

9.【3月5日】イン谷口→8:23大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→コヤマノ岳南尾根→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:52大山口→イン谷口

 
青ガレ 金糞峠近く 金糞峠 コヤマノクラウン コヤマノ岳 武奈ヶ岳
 
 ゲレンデ跡
 
 スノーシューハイクで赤坂山とも考えていたのだが、やはり朝早く出て行かなければならないし、また、マキノスキー場も雪が減りつつあるということであるし、武奈ヶ岳に行ってみようかということになった。月一の武奈ヶ岳詣でも1月は済ませたが2月は達成できなかった。さまざまな情報を仕入れたら、湖西道路の高架下よりはイン谷口に近づいたところで駐車できるようであった。

 恐る恐るイン谷口出合橋まで近づいたら、もう少し上まで行けそうだ。可能な限り上に行こうと考えたが、結局、トイレ前までは行けなかった。まずは駐車。身支度して、トイレを済ませ、大山口に近づく。アイゼンをつけようかと思ったが、つけないで行けるところまで行ってみようとさらに青ガレに近づく。これが失敗だった。いつもは青ガレの下でつけるのだが、今年の雪の多さは青ガレ下のところまでびっしりと雪が積もり、平らなところを確保するのがむつかしい。時間がかかってしまった。今日はセミワンタッチアイゼン12本爪。

 雪が多いと正面谷もいつもの登山道ではなくてけっこうショートカットでトレイスがついている。敢えて逆らわなくてもいいということでトレイスを辿る。正面谷でHさんが抜かして行かれる。金糞峠に近づくとなんだかJOEさんらしき人が跡を追ってくる。いつもよりはペースが遅そうで、われわれのちんたら歩きでも、なかなか追いついてこられない。金糞峠で休んでいるとやっと上がってこられて、情報交換。武奈か堂満かということで結局堂満を選択された。そこへ、Hさんが早々と戻ってこられて情報を頂く。昨日もヨキトウゲ谷からコヤマノ岳経由で武奈に行ってこられたそう。そこで、今日は奥の深谷の方からコヤマノ岳を目指そうとされたのだが、渡渉の橋が雪で覆われ、そこを進むのが非常にむつかしい。かと言って、橋以外のところで渡渉しようとすれば、雪の壁を崩さねばならず、ピッケルも持ってきてなかったので、コヤマノ岳に進まずに戻ってこられたとか。

 これで、われわれはヨキトウゲ谷からコヤマノ岳南尾根を進もうと決めた。渡渉で雪で覆われた橋を渡るのはひあひあものだった。まあしかし、クリア。急斜面を登って四つ辻。そこから南尾根をアイゼンで進む。コヤマノクラウンにも雪は全くなく、ちと面白くない。

 コヤマノ岳、ブナ林を過ぎて、いよいよ武奈ヶ岳に冬道で直登する。山頂に辿り着いたら、写真を撮って、昼食のために少し北陵を進む。岩のコブのところで昼食。そうしたらなんと山休さんがわれわれの隣に来られて昼食。お久しぶりということで話がはずむ。

 昼食後われわれはコヤマノ岳分岐からパノラマコース。途中冬道で急斜面が2ヶ所ほどある。ゲレンデについてワカンにする。あとは八雲ヶ原、北比良峠までワカン。ここで山休さんと再会。
 再びアイゼンにして降る。ダケ道でこんなに雪があるのははじめて。トイレ前まで雪は続いていたが、大山口ではずして洗う。車のところまで来て後始末。休憩入れて8時間の歩行。下りはともかく、雪道の登りには時間がかかった。今日は琵琶湖毎日マラソンの日なので、渋滞を恐れてHS比良には寄らずに帰りを急ぐ。案の定、堅田に近づくと渋滞していたが、まあ、許容範囲。

 
今日のお楽しみ、打ち上げは山名酒造の「寒造り新酒」。疲れも吹き飛ぶ。