2017年2月の山行 2017年1月 
     
・リンク2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home  


8.【2月26日】朽木スキー場8:42→9:07さわらび高原登山口(483m)→P817→11:22蛇谷ヶ峰(901.5m)11:55→P817→東尾根→13:05朽木スキー場リフト終点→13:20朽木スキー場駐車場

 
さわらび草原登山口 山頂へ 高島トレイル 蛇谷ヶ峰山頂 武奈ヶ岳 スノーシュー
 
 スノーシュー・ハイクを楽しむべく蛇谷ヶ峰に。赤坂山も候補にはあったのだが、遠いので、今日は蛇谷ヶ峰。

 鯖街道は道が凍てついてもいなくて、快適に進む。朽木スキー場の駐車場に入る。駐車料は土・日は1000円。前回来たときにはウィークデイだったので500円だった。今日は日曜日でお天気も良くスキー場は大勢の人。


 今日は前回のリヴェンジで、登山口から沢沿いに南西の方向に登っていく。昨日降りにここを使ったとみられるスノーシューのトレイスがあり、ほぼそれを辿る。雪はしまっている。それにしても斜面はかなりの角度があり、ヒール・リフターをあげて一歩一歩進む。時折スノーシューやワカンを使わない足がずぼっと落ちたあとの穴が見える。60cmから70cmはある。

 先行者は1人。770mあたりの少し広くなったところで追いつく。この方はここからスキーで尾根を降るとか。

 こちらはまた先行者を見ることもなく、880mあたりのお見合い広場へ。ここはいきものふれあいの里跡からの道との合流点である。ベンチは雪に埋もれていてどこにあるかも分からず。

 あとは最後の登り。頂上に着いたら10数人の団体さんがおられた。それほど強くはないが風よけで少し南の方に降りて木の下で昼食。今日もチーズ入りのパンとゆずあんパンとホットコーヒー。

 同じ道を降るのは面白くないので、東の尾根を降る。ここはかなりの急な斜面。滑らないように足に力を入れて慎重に降る。それでも何回か尻餅をつく。この前昼食をとった所を過ぎてスキー場のリフトの終点までやってきた。今日はさらに東に降りてからスキー場の端を北へ北へと降りていった。

 午後からは雲が少し出てきたが、午前中はいいお天気で、寒くもなく、十分にスノーシューを楽しめた。打ち上げはなしで帰宅。なんと到着は3時過ぎ。夕食までゆっくりできた。山名酒造の「社」で締め。奥丹波の純米吟醸酒で、まったりした味。今日も楽しい一日だった。

 あちこちで春の訪れを感じるわけだが、一方で、雪はまだまだたっぷりあるので、来週もスノーシューハイクとなるか。

7.【2月19日】平バス停→ドン谷→権現山→ホッケ山→小女郎峠→蓬莱山→打見山→ゴンドラ→山麓駅→JR志賀駅

 
ドン谷 権現山 ホッケ山 ホッケ山山頂 蓬莱山へ 打見山から琵琶湖
 
 雪山を楽しもうということで、結局、アプローチが確実な平バス停からの南比良縦走ということになる。3週間ぶりの南比良縦走。
 堅田の駅で列の先頭でバスを待つ。次々にバス停に人が並び、ついに臨時便(平、坊村のみ停車)に乗れることになる。
 
 平で下車した人は10数人。ほとんどは権現行き。道を少し戻って林道に入り、10分ほどすると権現山登山口。いつもはここでアイゼンをつけたりするが、今日はその必要はなさそう。ザックに一応6本爪の軽アイゼンは持ってきたが。3週間前と比べるとやや雪は減っている。

 堰堤の横を越えてドン谷をつめていく。雪はしまっている。アラキ峠にのる最後の急斜面がきついところなのだが、トレイスはアラキ峠を回らずに直に尾根道にのろうとしているショートカット。もちろん傾斜は登山道よりははるかにきつい。滑らないように靴で蹴り込みながら尾根道にのる。
 
 ここから権現の山頂までもきつい。杉やヒノキの植林地で同じような風景をひたすら登る。途中でスノーシューをはく。やっと空が抜けているところが見えると山頂も近いということになり、ほっとする。

 ようやく権現山山頂に着いた。今日は雪雲が覆い見晴らしはよくない。ときおり雪も舞っている。これからは稜線を北へ北へと進む。昨日の夜から今朝にかけて雪が降りさらに10cmは積もったようだ。スノーシューをつけて子供のようにはしゃぎながら進んで行く。


 ホッケ山。前回と比べて雪は少ない。さらに小女郎峠と進み、蓬莱山との間で昼食。今日もパン二つとホットコーヒー。お湯を沸かしてラーメンという余裕はない。ますます雲はたれ込み、目的の蓬莱山が全く見えない。雪庇に気をつけながらトレイスを辿り蓬莱山へと登る。

 あとはスキー場の端を笹平まで降り、ここからまたスキー場の端を打見山まで。ようやく青空が出てきてこれまで見えなかった琵琶湖が見えてきた。あとはゴンドラで降り、山麓駅からはぶらぶらと3週間前のように歩いてJR志賀駅まで。今日はこの前のように雪は多く残っていず、スノーシューをつけねばならないということはなかった。

 JR志賀駅から京都駅。近鉄で丹波橋まで。無事帰宅。


 今日の締めはボルドーの赤ワイン。うーん、美味いということになる。今年は雪が多い。スノーシューは今日で3回目だったが、あと1、2回は楽しみたい。次回は蛇谷か、赤坂かなあ。
  

6.【2月12日】叡電鞍馬駅9:00→戸谷峰→三又岳→12:36天ヶ岳13:3→シャクナゲ尾根→焼杉山分岐→寂光院道分岐→寂光院→京都バス大原バス停

 
鞍馬駅 薬王坂 戸谷峰 三又岳近く 天ヶ岳 寂光院道
 比良の積雪情報を収集すると、今年に入ってからの積雪量は多く、我々の脚、体力では山頂まで行くのはむずかしそう。というわけで近場で雪が楽しめるところ、北山に。天ヶ岳は2年ぶり。昨年は雪がなかったので出かけていなかった。

 叡電で鞍馬駅に降りる。新聞でも報道されていたが、天狗さんの鼻が雪の重みで根元からボッキリ。写真を撮ろうと思って近づいたら「現在治療中」との札が掛かっていて、鼻の所には大きなバンドエイドらしきものが貼ってあった。叡山電鉄の広報には洒落っ気のある人がいるんだなあと思った次第。

 さて、駅から鞍馬寺の方向に進み、道なりに右へ曲がる。除雪はされているものの、ツルツル状態なので慎重に歩を進める。やがて、東海自然歩道の道標があるところで右に曲がり坂を下りていく。このあたりも滑りやすい。橋を越え神社の横から登っていく。このあたりは5cmぐらいの積雪。

 こんな所から雪があるのは何年ぶりだろう。やがて薬王坂に到着。経塚を経て尾根を北へと進む。アップダウンがけっこうある。そして、三等三角点のある戸谷峰へ。ピークとも思えないところで通り過ぎてしまいそうなピーク。ここでワカンをつける。雪は20cm~30cmはある。長靴を履いた高校生らしきのが我々を軽やかに追い越していったのを除けば誰にも会わない。昨晩から今朝方にさらに雪が降ったようで、ふかふか。かすかに昨日土曜日に登った人の踏み跡がある。

 三又岳(これもピークとは思えないところ)を過ぎて、天ヶ岳手前の三つの偽ピークに近づくあたりが一番苦しいところ。傾斜がきつい。他に倒木あり、雪の重みで垂れ下がった枝がありで、前屈みでくぐったりと大変。こういうところはスノーシューではなくてワカン。

 やっと、天ヶ岳山頂に。パンとホットコーヒーの食事。アラレ、雪が降ってくる。寂光院道から来られたグループと出会い、交代で我々はピークを後にする。頂上あたりは60m、70cmの積雪。新雪なのになぜかこのグループはアイゼンをつけておられた。

 あとは寂光院道をワカンでスタスタと下る。大原、寂光院の前を通り、雲井茶屋へ。おぜんざいを頂く。京都バス大原バス停に着いたら京都行きのバスがやってきた。こうして家路についた。

 今日の締めは山名酒造の「奥丹波米づくり日記」。蔵人が自らお米をつくってお酒にしたという入魂の酒。キレがありコクがある。ああ、美味いということになる。