2017年11月

 2017年1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
     
・リンク2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋山の休日

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home


56.【11月25日(土)】坊村9:00→9:54牛コバ→擂鉢山分岐→11:38擂鉢山→12:09烏谷山12:50→荒川峠→林道出合→15:34JR志賀駅

明王院 擂鉢山 烏谷山近く 烏谷山 荒川峠からの下り道で 荒川峠からの下り道で
 
 
 
 今日は久しぶりにNさんとご一緒の山行.6年ぶりに擂鉢山・烏谷山に出かける.お天気はまずまず.何よりよかったのは風があまりなかったこと.

 出町柳京都バスバス停で落ちあい,朽木学校行きのバスに乗る.4,5人が立っている程度の混み具合.坊村に着くまでに,大原,途中,平,新道足尾谷橋,下坂下,葛川学校前と乗客は少しずつ降りていく.みなさん山慣れているという感じの人たちだった.

 坊村下車後,準備をし,登山届も提出して登り始める.牛コバの方に向かうのはわれわれだけであった.

 牛コバからはジグザグの登り.いつもながらしんどいところ.台風の爪痕も少しあるが,大幅な迂回等は全く必要ない.白滝山を見ながら登っていく.秋も終わりに近づき,木々は葉を落としているので遠くまでよく見える.

 いよいよ支尾根を登る分岐点のところでは,谷側の大木が倒れていた.登山道を塞いではいないので特に問題はない.

 ここからも我慢の登り.近づけども近づけども擂鉢山は見えてこない.広い尾根だけに尾根芯を外さずに登ることだ.登りはあまり問題ないが,ここを降りに使った場合には十分注意が必要だ.

 分岐から50分ほどで擂鉢山山頂到着.雪を発見.ここで初めて人と会う.道を間違えて堂満に行くはずがこちらへ来てしまったとか.そう言えば,以前もこういう道迷いの登山者に会ったことがあるのを思い出した.鞍部に降りて烏谷山に登り返してくださいとアドヴァイス.

 われわれも後を追って烏谷山に向かう.山頂近くのシャクナゲジャングルで蕾を確認.南側の陽のよく当たるところに蕾が多いことに気づく.烏谷山に到着してここで昼食.パンとホットコーヒー.


 三角点のところで食事をしていたのだが,比良岳方面から来られた登山者が2人とも縦走路を行くはずのところが危うく擂鉢山の方に向かおうとされていた.縦走路は右に方向を取り,降りるんですよと案内する

 さて,お腹も大きくなったので,山頂出発.縦走路で荒川峠.

 ここからの道は比良山系の中でも一番歩きやすい道である.特に降りはじめの所はそう.登山口に近づくと多少ゴロゴロ石が出てくる.途中2,3カ所倒木を潜るところが出てきたが,特に問題はなかった.テニスコートの横を通り,湖西道路を潜り,小学校の横を通り,木戸交番の横を通って湖西線の線路の下沿いに南に進み,JR志賀駅に到着.測ったように電車が来て,京都駅まで.ここでNさんと別れる.

 家ではカミツレ湯の後に今日もビールで乾杯.残り紅葉の見物ということであったが,特に荒川峠からの降りの道では楽しめた.これは予想外であった.12月に入れば雪はどのぐらい降って積もるだろうか.車のタイヤはすでにスタッドレスに交換済みで準備は整っている.


55.【11月23日(木・祭)】JR比叡山坂本駅→日吉大社→大宮林道→悲田谷(肥前谷)→本坂合流→叡山会館→阿弥陀堂→大比叡→見晴台→坂本ケーブル延暦寺駅

衣掛岩 悲田谷 悲田谷 大比叡 見晴台から京都市内 延暦寺駅から琵琶湖
 
 
 
 11月20日に下見に出かけた比叡山の今日は本番である.ユッキーの高校時代のお友達2人を案内して出かける.

 お天気は20日よりはよかったが,晴れたり曇ったりぱらっと来たりとヴァラエティーに富む一日だった.京都駅で集合して湖西線で比叡山坂本駅まで.そこから日吉大社までまっすぐの道を進む.途中観光案内所と日吉大社の鳥居前の所にトイレあり.

 比叡山高校の横の階段を登る.この階段はさすが坂本穴太衆の町だけのことはあり,挙げる脚を右,左と数歩で交代できるようにしつらえてある.紅葉を見ながら,進み,本坂との分岐では右の大宮林道に進む.車止めの横から入る.

 あとは,衣掛岩のところまで進み,左の悲田谷(肥前谷)に入る.導水路を潜り,小橋を渡り,ゆっくりと緩やかな傾斜の道を登っていく.途中にお墓やお地蔵さんがたくさん見られる.

 最後に少し急な斜面を登ったところが本坂との合流地点.「コールポイント比叡19」の標識がある.ここからは本坂のゴロゴロ道.そして,叡山会館へのきつい坂のコンクリート道.かつて冬に下山のときにこの道を使ったことがあり,凍てついた道で滑りやすくヒヤッとしたことを思い出す.

 大講堂の前に来ればさすが今日は祭日.大勢の観光客が紅葉見物に来ておられる.迷わず休憩所に入り,お昼とする.

 食事後,阿弥陀堂,そして,大比叡に.写真を撮った後は見晴台に降りる.

  ここからは下見の時とは違って,坂本ケーブルの延暦寺駅まで進む.途中再び延暦寺の境内に入り,阿弥陀堂のところに戻り,そして,ケーブル駅に.少し雨がぱらっとして上がったので,琵琶湖にはきれいな虹が出ていた.今日の歩きはここまで.

 ケーブルで降りて,坂本の里を歩き,そして,甘味処「うえだ」に.栗ぜんざいを頂き,お土産に夏みかんゼリーと本わらび餅を買い求め,店を出る.

 まだまだ紅葉・黄葉は見られたし,お天気も日の差す時もあり,楽しい一日だった.

 今日はビールで締め.次は中一日で比良山系に.

54.【11月20日(月)】JR比叡山坂本駅→日吉大社→大宮林道→悲田谷(肥前谷)→本坂合流→叡山会館→阿弥陀堂→大比叡→見晴台→ケーブル駅→雲母坂→蔓殊院→鷺森神社→叡山電鉄修学院駅

坂本 日吉大社 悲田谷入り口の導水路 阿弥陀堂 大比叡 山頂駐車場から見晴台へ
 
 
 
 日曜日は天気の関係とか,愚息が東京から戻ってきていたとかの関係で,山行は本日に延期.本日は23日の山行の下見を兼ねて比叡山に.いつもの逆のコースで坂本側から登る.まずは日吉大社までの坂本の紅葉を楽しむ.坂本では今月末まで紅葉祭りとか.

 日吉大社から比叡山高校の横の階段を登り本坂との分岐で右側の大宮林道を選択.歩きやすい林道で大宮川に沿って登っていく.

 左岸に衣掛岩を見るあたりで林道を離れ左の悲田谷に入る.古代ローマの水道を思わせるような導水路がある.下をくぐり抜け,小橋を渡り南へ進み,それから西へ西へ.

 いくつものお墓やお地蔵さんを見ながら西へと進むと,やがて本坂と合流する.いよいよこれからの登りが急である.登ったところにある延暦寺会館の横の大講堂休憩所で休憩を取る.ここまで来ると観光客が非常に多い.草餅を食べてコーヒーを飲みこれからの急登に備える.

 次に,阿弥陀堂から大比叡を目指して登る.雪の名残が木の幹に少し残っている.昨夜比良は初冠雪だった.

 三等三角点のある大比叡から山頂駐車場に降り,そこから見晴台へ.この途中の倒木がすさまじかった.台風のせいであろう.ただ登山道への影響はほとんどない.いつも風の強い見晴台を通過して叡山ケーブルカーの駅に着く.駅舎をお借りして昼食.残念ながらストーブはまだつけられていない.おにぎりと熱いお茶.

 ここからは雲母坂コース.登りの時にはいつもしんどいのだが,今日は降り.すいすいと降りていく.登山口に近いところではえぐれ道を避けて尾根コース.秋の雲母坂.紅葉,黄葉という点では,なかなか見過ごしがたいものがある.すっかり秋を堪能して修学院の登り口に降りる.

 蔓殊院,鷺森神社を経て,紅葉を堪能した後,叡電修学院の駅に出る.出町柳「上燗屋茶房」でうちあげと思っていたら,月曜,火曜はお休み.そこで,京阪丹波橋で降りて少し遠回りして地元の丹波橋通りの「cafe K's]でうちあげ.有機豆のコーヒーとケーキを美味しく頂く.

 帰って家ではカミツレ湯のあとに藤岡酒造の「蒼空(山田錦・おりがらみ)」のにごり酒で締め.

 天気がもっとよければ青空に紅葉が映えたであろうが,ともかくもあちこちの紅葉・黄葉が見られたことでよしとしなければなるまい.
 

53.【11月13日(月)】イン谷口→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→中峠→ワサビ平→ワサビ峠→西南稜→武奈ヶ岳→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

駐車地 青ガレ ワサビ平
西南稜
武奈ヶ岳山頂 ブナ林の向こうに武奈ヶ岳
 
 
 
 昨日は野村萬斎の狂言を見に行ったので山行はできなかった.それで本日の山歩き.いいお天気で絶好の山日和.久しぶりに中峠からワサビ峠,西南稜を歩こうと計画.

 例によって車でイン谷口へ.さあ出発しようと思っていたら,「ほっとすていしょん比良」のYさんが来られて呼んでおられる.話を聞いてみると,昨日動物保護センターから逃げ出した犬をたった今比良レスキューの人が見つけ出して確保されたとのこと.近づくと,レスキューの人,センターの人,Yさん,みんな「さくら」という柴犬の発見で大喜びだった.青ガレ近くの対岸にうずくまっているところを発見された由.老齢で耳も聞こえない犬とか.「奇跡ですよ」とレスキューの人が言っておられた.

 よくも見つけられたもの.ボランティアで構成されている比良レスキュー隊のこの献身的な活動には頭が下がる思い.

 Yさんに行ってきますと声をかけてあらためて出発.

 ここから青ガレまでのところでは紅葉,黄葉で目を楽しませる.正面谷も金糞峠まではまだあまり落葉していず,そこそこ楽しめる.しかし,金糞峠からは落葉していてはや初冬,冬枯れの趣.何回も渡渉を繰り返しながらヨキトウゲ谷を遡行して,中峠へとあがる.ここからはワサビ平に降りていく.もう木々は葉を落としてしまっているので明るい.ワサビ平から今度は登り返す.元から荒れている谷だが,台風でひどくなったということはない.ワサビ峠からはいよいよ本日のメイン,西南稜.風が強い.右手を見ればコヤマノ岳も葉を落としてしまっていて雪待ち.

 山頂は月曜日とはいえ多くの登山者.ちょうどお昼時である.われわれも食事.今日はカップうどんとコンビニのおにぎり.デザートはおぜんざい.

 降りは今日の前半は比良の王道をとったので,早く帰れるコースということでパノラマコース.八雲ヶ原からは北比良峠そしてダケ道.今日のコースでも台風の爪痕が一番きついのはこのダケ道.随分葉を落としてはいるが,まだ黄葉,紅葉は楽しめた.

 金糞峠は877mなので,紅葉が楽しめるのはこれより下.紅葉・黄葉が楽しめるのもあと半月か.そして,いよいよ冬で白いものが待ち遠しいということになる.今年の冬の積雪はどうなるだろうか.

 帰路は往路と同じ.今日は渋滞もそれほどなく,無事帰宅.カミツレ湯のあとは山名酒造の山田錦特別純米「奥丹波」.すっきりとしたお酒.美味い.
 

52.【11月5日(日)】イン谷口→大山口→正面谷→金糞峠→奥の深谷→四つ辻→コヤマノ岳南尾根→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→北陵→細川越→スゲ原→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

奥の深谷 コヤマノクラウン コヤマノ岳
 
 
 
 ヨネちゃん,かおりさん,おめでとうございます.

 本日は武奈ヶ岳ヨネチャン200回目,かおりさん100回目の記念登山の日である.
 
 
われわれは車で出かけることにした.1時間ぐらいで到着.さて,トイレ前で駐車と思ったら,車が一杯.仕方なく少し下がったところで駐車した.準備中に山休さん,Chさんと会う.今日の記念登山参加者のお二人である.支度して登り始めてトイレ前に来たときに分かったのだが,森林組合の関係者が集結して管理林の台風後の片付けに来られていたのだ.半端でない数の軽トラックが駐車していたのは壮観だった.

 さて,いつもの通り儀式を済ませて登り始める.水曜日に足慣らし山行をしたとは言え,実質的には18日ぶりの山行ということになる.やや体が重い.歩き始めたら堂満の主Mさんと会う.今日もお元気.さらに,青ガレ近くに来たときに後ろから声がして本日の主役の1人ヨネチャンと摩耶山さん歩さん,M2さん,KENさんが来られた.ここからはご一緒することに.金糞峠まで危惧していたほどの台風の爪痕もなく,登ることができた.

 金糞峠からどのルートを取ろうかということになって,紅葉,黄葉を見物のためには奥の深谷から四つ辻に向かうのがいいのではないかということになり,奥の深谷を進む.

 紅葉を眺めながら写真に撮りつつ,ゆっくりと進む.この谷は本当に心が落ち着く.

 四つ辻からはコヤマノ岳南尾根,上林新道の急登である.途中でヒヨコさんにも会う.みんなで話をしながら進むと,いつもよりは疲労感も少なく,コヤマノクラウンを見ることになる.天気予報によれば今日は快晴のはずであったが,コヤマノ岳では見晴らしはよくなく,琵琶湖も霞んでおり,伊吹山は見えなかった.

 しかし,武奈ヶ岳に近づくと徐々にお天気もよくなってきた.冬道で登る.山頂ではすでにかおりさんやTさん,しーちゃん他大勢の人が着いておられた.もちろん他の登山者も多く,山頂付近のみならず,東側の斜面に陣取って食事中であった.記念撮影をして食事.20数名がお二人のお祝いのために駆けつけた.これほどまで大勢の方が参加されたのはやはりお二人の人柄によるところ大であろう.

 食事後,パノラマコースで八雲ヶ原に行くグループと北陵,広谷周りで八雲ヶ原に行くグループに分かれ,われわれは北陵周りで下山.北比良峠で再会しダケ道を降った.台風の爪痕の点ではここのところが一番すごかった.ありきたりの言葉だけれども自然の猛威というものだろう.

 イン谷口から車に分乗して比良駅前の「ほっとステイション比良」に.ここでうちあげ.賑やかに山の話で盛り上がり,話は尽きなかった.5時過ぎにおひらきとなり,帰途につく.湖西道路は渋滞していて,帰宅にいつもの倍の時間がかかった.

 帰宅してカミツレ湯.締めは山名酒造の「純米原酒 丹波杜氏」.奥行きのある味わいだった.

 この前から考えているのだけれど,こんな風に紅葉見物に興じるのは日本人だけなんだろうか.今から30数年前に留学で2年間弱過ごしたアメリカではこういう楽しみ方はなかったように思う.ミシガン大学のあるアン・アーバーで,秋になると紅葉・黄葉は見事だったけれど,誰もこの季節の変化をadmireしてはいないようだった.下宿していた家の前も並木が美しかったけれど,驚いたことに,ある日,市の清掃関係のトラックが来て,落葉の始末が困るというのだろうか,トラックから太い幹を抱えるような腕が出て,幹を揺さぶって葉を落としていたのだ.これがアメリカ流なのかとびっくりしてしまった.今でも深く記憶に刻まれている秋の光景の一つである.

51.【11月1日(水)】戸寺12:36→寒谷峠→14:00瓢箪崩山14:32→15:20トトギ池登山口→叡山電鉄岩倉駅

戸寺登山口 林道工事中 寒谷峠 瓢箪崩山 山頂から比叡山を望む トトギ池
 
 久しぶりのよいお天気で,5日のヨネチャン・かおりさんの記念登山の下見を兼ねて台風後の様子を探るべく比良に行こうと思っていたのだが,我が家の猫チャチャの急病のため,最初の計画を断念せざるをえなくなった.

 まずは動物病院に連れて行き,帰ってきて,今から行ける近くの所ということで,久しぶりに瓢箪崩山に行くことにした.2週間ぶりの山行である.

 京阪で三条まで行き,そこで大原行きの京都バスに乗り,戸寺で下車.すでにお腹がすいているので,バス停前の「志野」で「椎茸海苔巻き」を買い求め,2人で分け合ってお腹を落ち着かせる.

 何年ぶりだろうか懐かしい.西へ向かい,高野川にかかっている元井手橋を渡り,左へと進む.大原の有名人さんの家の前を通り,寒谷峠への谷の林道に入る.これまでの光景は昔と同じだなあと思いながらやってきたのだが,防獣柵のところまで来てびっくりしてしまった.かつては薄暗かったところが妙に明るくなり,重機が入っていて,道はどろどろになっている.林道付け替えのための工事であるとの標識が立っている.

 林道が終わるといよいよ谷をつめていくことになる.今までは枯れ谷のイメージがあったのだが,今日は結構水流がある.週末2回にわたってやってきた台風の爪痕はあちこちであり,杉が倒れて道を塞いでいる.乗り越えたり,下を潜ったり,横に回り込んだりしながら寒谷峠へと向かう.

 寒谷峠に着いたら,いつも目印にしていた木が根元から崩れて倒れているのを目にする.またしてもびっくり.ここからちょっとした岩場を乗り越えるのだが,ここにも倒木があり,足掛かりを探る.かつてはここを乗り越えたらあとは尾根道で難なく行けたのだが,今日は,倒木のバリアを乗り越えつつ進むことになる.瓢箪のくびれ部分のコルに降りて,そこから登れば山頂(532.4m)である.

 これまで誰にも会わなかったが,山頂で同志社高校生3人と出会う.彼らはすぐに下山.ここで我々は昼食.比叡山を見ながら,カップラーメン.デザートは牛乳とぜんざい.遅い昼食である.

 あとはひたすら降るのみ.1時間足らずでトトギ池登山口まで.ここから住宅街を進み,叡電の岩倉駅まで.それまでの商店街もあまり変わっていなかった.

 帰宅後はカミツレ湯にゆっくりとつかり,そして,ビール.今日の足慣らしのための山行.無事に帰れて感謝.5日の記念登山日には参加の予定.