2017年1月の山行  2月 3月 4月 5月 6月 
     
・リンク2016年後半 2016年前半【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home  


5.【1月29日】平登山口9:30→アラキ峠→権現山山頂→11:16ホッケ山山頂→13:09小女郎峠→蓬莱山山頂→14:20打見山山頂14:38→ゴンドラ→山麓駅→15:42JR志賀駅15:56

 
京都北山 権現山 遠くに見えるホッケ山 ホッケ山山頂 蓬莱山手前のピークを目指して
 今日はスノーシューハイクの日。Nさんとご一緒。

 昨年は雪の少なさにより権現から打見への縦走スノーシューハイクはできなかった。
 
 今年は12月の暖かさから一転、1月になってから雪が多く積もる。堅田からのバスは一杯。平で降りたのは10人ほどか。まずは除雪した道を少し戻る。登り口に着いてアイゼンをつけようかと思ったが、トレイスはあり、アイゼンなしで進む。

 ドン谷、アラキ峠、権現山まで、アイゼンなし。雪は堅く、昨日の登山者のトレイスあり。ところどころ沈むこともあるが、ゆっくり歩きの我々は、まずまずのペースで登っていく。

 山頂近く木が少なくなったところで、開放感を味わう。これまでの植林の部分は暗く、閉塞感がある。皆子山から花脊鉄塔、北山、比叡山等を眺めながら山頂。ここでスノーシューをつけ、サングラスをつける。いよいよハイクの始まり。稜線に出ると雪も柔らかい。トレイスのない道を行ったり、また、トレイスに戻ったりと楽しくホッケ山へ。寒くもなく暑くもなくで快適。いつもだと強風で積雪があまりないホッケ山山頂にも雪が積もっている。この光景ははじめてだ。そろそろお腹も減ってきた。ということで、小女郎峠に行くまでのところで琵琶湖を見ながら昼食。今日はパンとホットコーヒー。デザートは芋けんぴ。

 お腹も大きくなったということで、出発。今日は小女郎池パス。小女郎峠から蓬莱山に登り返し、ゲレンデの金網の内側をタッタと降る。笹平を経てさらに打見山に登り返し。ゴンドラに乗って降る。今日はスキー客、ボード客が大勢いたと見え、ゲレンデでも早めに帰れとの放送があったが、ゴンドラは毎員。駐車場内シャトルバスも駅に行くまでの江若バスも待っている人の列。ぶらぶら駅まで歩きましょう、ということになる。

 ところが、ここで今日一番の冒険が始まる。一番下の駐車場から駅への登山道に降りようとしたところ、除雪した雪の山ができており、いつもの道に降りられない。遠回りして降りたところ、積雪が半端でない。もう一度スノーシューをつければいいだけなのだが、面倒くさいということでそのままつぼ足、ズボ足で降る。キタダカ道の合流点を過ぎても相変わらず膝ぐらいまでの雪。湖西道路の高架下まで積雪は続いていた。やっと、住宅街に入ると道は除雪されており、苦労なく駅までたどり着けた。

 京都駅に着くと雨が降っている。近鉄丹波橋駅からは傘を差して帰宅。雨は夜との予報のもとに外で干してあった洗濯物はびしょびしょ。トホホ。あわてて家事室に入れて除湿機をかける。

 最後はちと大変だったが、無事、下山。たっぷりの雪でスノーシューハイクを楽しんだ。

 今日の締めは山名酒造の「Nouveau ささにごり」。添付の説明文の指示通り、まずは混ぜずに上澄みを呑む。鮮烈な味わい。次に、ゆっくりと混ぜて呑む。今度は芳醇なコクがありマイルドな味。二度楽しんだというわけ。


 今年は雪も多そうだ。この冬、しっかりと雪を楽しみたい。

4.【1月22日】叡電二ノ瀬駅→夜泣き峠→大岩分岐→樋ノ水峠→貴船山三角点(699m)→貴船山(710m)→貴船山(722m)→貴船山(710m)→大岩分岐→二ノ瀬ユリ道→道標42→叡電貴船口

 
夜泣き峠 夜泣き峠のお地蔵さん 大岩分岐 貴船山三角点 貴船山三角点 ワカン
 シーちゃん、Nさんをお誘いして今日は貴船三山巡り。ワカン大活躍の一日だった。

 叡電出町柳改札口で集合。鞍馬行きの電車に乗り、二ノ瀬駅で下車。トイレをすませ、夜泣き峠へ。惟高親王縁のお地蔵さんがあるところである。夜泣き峠までの雪はシャーベット状だった。先行者のグループがある。

 大岩分岐でワカンを装着。滝谷峠へ直進する道と樋ノ水峠を回っていく道との分岐で、先行グループにまた追いつくが、結局グループが先行。ここからが道を切っていくところで、楽しいところ。しかし、このグループ、樋ノ水峠に着く前に木がない斜面を無理矢理登って行くのが見て取れた。ショートカット?

 先行グループがどのルートを取るのかいぶかしく思いながら、こちらは樋ノ水峠へ。ここから斜面を好きなように登っていく。雪は50cmはあろうか。貴船山三角点に到着したが、先行グループは到着していない。三角点も雪に覆われて見えない。

 三角点から東の斜面をざざっと降り、我々のお気に入りの場所に。ここで昼食。パンとホットコーヒー。デザートは大福餅。
昼食後は北東に進み、地図でよく「貴船山」と書いてあるP710へ。さらに、貴船三山ということで一番高い貴船山に。どこが頂上かさっぱり分からない特徴のない頂上。ここへ登るのがややしんどい。

 帰りはもと来た道を樋ノ水峠を回らずにひたすら南下。大岩分岐まで来てワカンをはずす。そしてユリ道を降り、滝谷峠からのポール42番で貴船口へ降りた。雪があり、滑らないように慎重に。
 
 貴船口から叡電に乗り出町柳終点まで。出町柳では久しぶりに「上燗屋茶房」。半兵衛麩の入ったおぜんざいを頂く。亀山のようなおぜんざい。
 家に帰ってカミツレ湯の後はビールで乾杯。楽しい雪遊びの一日だった。

3.【1月17日】朽木スキー場登山口10:18→さわらび草原→蛇谷ヶ峰東尾根→さわらび草原→14:30朽木スキー場登山口

 
道標 スノーシュー ゲレンデ最上部 尾根にて 尾根にて

 待望の雪が週末降った。今日は休みを頂き、スノーシューハイク。
 
 あれこれ考えたが、朽木スキー場から蛇谷ヶ峰を目指そうということになった。いつもの「いきものふれあいセンター跡」からでは、そこまでのアプローチの除雪がなされているかどうか分からなかったので。スキー場だと除雪はされているはず。スキー場は昨日から開場となっている。

 問題は鯖街道の道だった。ここは除雪されていたが、橋やトンネルの入り口・出口は路面が凍結してつるつる。慎重の上にも慎重に車を走らせた。いつもの1.2倍は時間がかかり、運転手は緊張のせいか、到着したときには安堵と疲労感。駐車料500円。

  ここがいいのは車を降りてすぐスノーシューをつけられること。ゲレンデ横の斜面を登っていく。もちろんトレイスなどなし。ふかふか雪で時には腰まであるいは膝まで雪の中に。60cmはあるだろう。

 スキー場からのルートには、ゲレンデリフトにほぼ沿うかたちで進む道の他に尾根を進むルートもあり、後者で行こうと思っていたのだが、とりつきが分からず、断念。いずれにしろ、どちらとも雪で踏み跡、道は全くなく、われわれで道を開いていくしかない。

 ゲレンデの最上部に到着しここで90度右に曲がり支尾根を進む。かなりの急斜面。とうとうタイムアウトで、817mのピーク(ちなみに蛇谷ヶ峰は901.7m)や富坂からの道との合流点にも達せず、昼食とし、昼食後はピストンで道を辿って降りに。

 昨年は一度もスノーシューを使わなかったが、やっと2年ぶりのスノーシュー。道がないところを行くだけにこれまでで一番楽しめた。
 帰りは鯖街道ではなく安曇川にまわり、湖西道路沿いの道の駅に立ち寄り、天然酵母のパンをお土産に買い、レストランでうちあげ。チーズケーキとコーヒー。

 家に帰って、山名酒造の「奥丹波」で乾杯、「お疲れ様」。


2.【1月9日】坂下登山口9:26→坂谷道→11:58小女郎池12:42→小女郎峠→蓬莱山→打見山→ゴンドラ14:15→山麓駅→JR蓬莱駅

 
皆子山 小女郎池 小女郎池 蓬莱山 蓬莱山
 今日はNさんとご一緒。いつも武奈ヶ岳では芸がないので、今日は坂谷道を案内する。夏はヒルがいやだということもあり、5年ぶり。余裕があれば、キタダカ道を降りようとも考えていたが、ユッキ-の膝、雪の状態等で打見山からゴンドラで降りることも視野に入れて出発。

 JR堅田駅でバスを待つ。坂下で降りたのは我々3人だけ。橋を渡り、登山口へ。堰堤の横から登っていく。倒木が幾重にも重なり、くぐったり、乗り越えたり、巻いたりしながら進む。

 964mのピークを巻くあたりから雪がある。これまではほとんど雪なし。これまで東へ東へと進んでいたが、このあたりから南へ南へと方向を変える。やっと小女郎池が見えてきた。蓬莱山も見えていたのだが、次第にガスってくる。今日もまたホワイトアウト。アラレも降ってくる。小女郎池のあたりは幻想的な風景でNさんともども大感激。

 ここへ来るとワカンが使いたいような積雪にやっとなる。これまで雪はシャーベット状だった。

 お腹もすいたことだしということで小女郎池で昼食。これまで誰にも会わなかったのだが、池でやっと人に会う。今日の昼食は京都駅で買い求めたおにぎり3個。SUVAKOにあるお米屋のおにぎり屋さんで。ここのは結構行ける。熱いお茶で頂く。カップラーメンも考えたのだが、雪の降る中で取り出して準備するのも大変だということでおにぎり。デザートはチョコレートケーキ。

 出発する際にワカンをつける。小女郎峠まで、あるいは、ゲレンデの中では実に快適。ただし、それ以外の縦走路では雪のないところもあり、ワカンをつけたままでは歩きにくいところもあった。まあ、しかし、今期はじめてのワカン使用で雪山に来た気分を満喫。

 蓬莱山に登りボーダーたちの横をワカンを駆使してくだり、さらに打見山に登る。やはり、ゴンドラで帰りましょうということになる。

 5分で山麓駅に着き、バスの時間を見れば、待ち時間が長い。歩きましょう、ということで、JRの駅まで小雨の中をぶらぶらと歩く。やってきた列車に乗って、あれこれ話をしながら京都駅に。Nさんとは再会を期して近鉄丹波橋駅で別れる。

 食事後指先が冷たくなったりして、写真を撮る気にはなれず、ご覧のように本日も撮影枚数は極端に少なかった。

 お風呂の後の打ち上げは鍋で山名酒造の「初しぼり一號」。フレッシュでコクのあるお酒だった。陶然となる。満足の一日。

 

1.【1月4日】イン谷口→大山口→9:13青ガレ→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→コヤマノ岳南尾根→コヤマノ岳→11:50武奈ヶ岳→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:20大山口→イン谷口

 
青ガレ コヤマノクラウン コヤマノクラウン コヤマノ岳 武奈ヶ岳 武奈山頂下山
 2017年初山行はやっぱり武奈ヶ岳。雪の具合も確かめたい。

 車でイン谷口。昨年よりは今年は車の数は多い。午後から天気が悪いことは分かっていたが、登り始めると、はやくも午前中でもアラレが降ってくる。

 青ガレで休憩していたところ、Yさんとさらに顔見知りの方が追いついてきた。雪のない比良のお正月である。
 今日はワカンとアイゼンを携行。アイゼンは降りに使ったが、ワカンは使わなかった。

 コヤマノ岳南尾根を登っていると風の音はすごい音だし、アラレが顔をたたきつける。足下には雪がある。ともかくも武奈ヶ岳には辿り着きたい。

 吹き飛ばされそうなほど強い風がコヤマノ岳、西南稜、そして山頂に吹き荒れている。頬にアラレがあたり痛い。こんな中、山頂で昼食をとっている人が2、3人いたが、我々とYさんは風の当たらないところで昼食を、ということで、写真を撮ってすぐに下山。視界は30mぐらいで、遠くの山々の遠望など望むべくもない。

 パノラマコースの途中、風を避けられるところを見つけて、お昼。カップラーメンとおしるこ。ここでアイゼンをつける。

 八雲ヶ原の池は氷っているけれど、いつもの冬のようにその上に雪が覆っているということはない。そして北比良峠へ。あとはダケ道。途中でアイゼンをはずす。大山口に着けば、ここではアラレは雨となっている。


 湖西道路は行きも帰りも渋滞なし。気持ちよく家まで帰れた。

 カミツレ湯のあとは、山名酒造の「奥丹波・木札」。いつものお正月のお酒。香りよく、すっきりしていて上品。

 幸先良い山行とはならなかった初山行。ゆっくり景色を楽しんでということにはならなかったので写真の数も少なくなってしまった。掲載写真のうち4枚はYさん提供のもの(さて、どれでしょう?)。Yさん、鈍足の我々におつきあい頂きましてありがとうございました。

53.【12月28日】北白川仕伏町BS→石鳥居→水飲み対陣跡→ケーブル駅→つつじヶ丘見晴台→大比叡→阿弥陀堂→休憩所(鶴喜そば)→ケーブル→坂本うえだ→JR叡山坂本駅

 
京都一周トレイル58 石鳥居へ 石鳥居 音羽川 見晴台 大比叡
 お休みを頂いて、今日はユッキーのリハビリ登山、同時に本年の登り納め。ユッキーの膝はS整形外科のヒアルロン酸注射一発で回復。

 この頃は迷ったときの武奈になっていたが、リハビリで武奈はきつかろうと、久しぶりの比叡山ということになる。京阪の車窓から見ていると、西山、愛宕山が白くなっている。比叡山も白くなっているに違いないとうれしくなる。6本爪アイゼンは一応持ってきた(結局今日も不要だった)。

 距離は少し長くなるが緩やかに登って行ける北白川からのトレイル道。ゆっくりと登っていく。バプティスト病院の横を少し入っただけでもう深山の雰囲気。石鳥居あたりまで来ると雪は5cmから8cmはある。このあと、音羽川の源流へと降り、アップダウンを繰り返し、3本川を横切る。ここまで出会った人はトレイルランナー1人だけ。細かな雪は降り続いている。


 水飲み対陣跡で雲母坂コースと合流。ここへ来ると雪の降るウィークデイと言えども人と出会うことが多くなる。ここからケーブル駅までの道がいつもきついと感じる。千種忠顕の碑は今日はパス。左の旧道からケーブル駅に。今はお休みで駅舎も閉まっていて中には入れない。軒下の階段で軽くあんパンとホットコーヒー。トイレ、自販機あり。

 つつじヶ丘、見晴台に着いても、いつもなら見える比良から大原の山々も全く見えず。大比叡目指して急ぐ。大比叡からは延暦寺に入り、根本中堂近くの休憩所の地下にある「鶴喜そば」に立ち寄る。「叡山そば」を頂く。ここからは坂本ケーブル延暦寺駅まで歩き、今日はケーブルで降りる。

 坂本では、夏以来行ってなかった甘味処うえださんに立ち寄り、栗ぜんざいを頂く。ほどよい甘さで丹波栗が入っており、ほっこりする。

 お腹もいっぱいになり、JRの駅に着くと、間もなく新快速姫路行きが到着。うとうとしながら京都駅。そこからは近鉄で帰宅。
 
 締めは到来物の「琥珀エビス」。2016年の山行を振り返りつつ乾杯。私にとっては去年より1回多い53回の山行。来年はどうなるか。

 本年もご愛読ありがとうございました。良いお年をお迎え下さい。