2016年後半の山行  【2016年前半】      
・リンク 【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home  


53.【12月28日】北白川仕伏町BS→石鳥居→水飲み対陣跡→ケーブル駅→つつじヶ丘見晴台→大比叡→阿弥陀堂→休憩所(鶴喜そば)→ケーブル→坂本うえだ→JR叡山坂本駅

 
京都一周トレイル58 石鳥居へ 石鳥居 音羽川 見晴台 大比叡
 お休みを頂いて、今日はユッキーのリハビリ登山、同時に本年の登り納め。ユッキーの膝はS整形外科のヒアルロン酸注射一発で回復。

 この頃は迷ったときの武奈になっていたが、リハビリで武奈はきつかろうと、久しぶりの比叡山ということになる。京阪の車窓から見ていると、西山、愛宕山が白くなっている。比叡山も白くなっているに違いないとうれしくなる。6本爪アイゼンは一応持ってきた(結局今日も不要だった)。

 距離は少し長くなるが緩やかに登って行ける北白川からのトレイル道。ゆっくりと登っていく。バプティスト病院の横を少し入っただけでもう深山の雰囲気。石鳥居あたりまで来ると雪は5cmから8cmはある。このあと、音羽川の源流へと降り、アップダウンを繰り返し、3本川を横切る。ここまで出会った人はトレイルランナー1人だけ。細かな雪は降り続いている。


 水飲み対陣跡で雲母坂コースと合流。ここへ来ると雪の降るウィークデイと言えども人と出会うことが多くなる。ここからケーブル駅までの道がいつもきついと感じる。千種忠顕の碑は今日はパス。左の旧道からケーブル駅に。今はお休みで駅舎も閉まっていて中には入れない。軒下の階段で軽くあんパンとホットコーヒー。トイレ、自販機あり。

 つつじヶ丘、見晴台に着いても、いつもなら見える比良から大原の山々も全く見えず。大比叡目指して急ぐ。大比叡からは延暦寺に入り、根本中堂近くの休憩所の地下にある「鶴喜そば」に立ち寄る。「叡山そば」を頂く。ここからは坂本ケーブル延暦寺駅まで歩き、今日はケーブルで降りる。

 坂本では、夏以来行ってなかった甘味処うえださんに立ち寄り、栗ぜんざいを頂く。ほどよい甘さで丹波栗が入っており、ほっこりする。

 お腹もいっぱいになり、JRの駅に着くと、間もなく新快速姫路行きが到着。うとうとしながら京都駅。そこからは近鉄で帰宅。
 
 締めは到来物の「琥珀エビス」。2016年の山行を振り返りつつ乾杯。私にとっては去年より1回多い53回の山行。来年はどうなるか。

 本年もご愛読ありがとうございました。良いお年をお迎え下さい。 

52.【12月25日】イン谷口→大山口→ダケ道→北比良峠→イブルキノコバ→広谷→ナガオ尾根→釣瓶岳→細川越→スゲ原→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

 
北比良峠から武奈ヶ岳 イブルキノコバ 釣瓶岳山頂 釣瓶岳にて 釣瓶岳にて ナガオ尾根
 先週は私の風邪のため山行中止。今日こそと思っていたところ、ユッキーが昨晩からの膝の痛みの訴え。そこで、私とNさんと二人で出かける。

 湖西道路の渋滞もなく、8時前にイン谷口に到着。このあたりは全く雪なし。しかし、上に行けば雪があるかもとの予想(あるいは期待)のもとに、ワカンとアイゼン(6本爪)は携行する(結局最後まで使わなかったが)。

 なるべく早く釣瓶にと考え、正面谷ではなくダケ道で登る。いつもは降りで使う道なので登りで使うと景色が違ってそれはそれでおもしろい。北比良峠まで来ると雪が積もっている。せいぜい2cmぐらい。


 しかし、八雲ヶ原からイブルキノコバへの道を進むと雪が多くなり、冬山の雪景色。少しずつ雲が切れて青空が現れる。それほど寒くはない。少し汗ばむほどだ。イブルキノコバから広谷へ。大擂り鉢からの合流点から細川越え方向に20mほど行ったところからいよいよナガオ尾根にのるべく斜面を登る。ちょうど登ろうとしていたときに斜面を降りてくる若者と出会った。なんでも釣瓶まで行って武奈に行こうと思っていたところガスっていたので降りてきたが、天気が良くなってきたのでイブルキノコバから武奈に行くとのこと。元気です。

 われわれは彼の足跡をほぼ辿りながら尾根にのり、そのまま尾根芯をはずさずに北西方向に進む。10cmほどの積雪。いくつかピークがありアップダウンを繰り返しながら釣瓶に近づいていく。どこの山でもそうだけれど、山頂への最後の登りは急斜面でつらいもの。それにシャリバテもあり。

 到着したところ、しばらくして女性6人ほどに男性1人のグループが到着。こちらはこれから武奈に行って金糞峠から正面谷を下りるとのこと。こちらも元気なこと。われわれはここで昼食。私はカップラーメン。デザートに懐中汁粉。

 いよいよ降り。結構きつい斜面を細川越まで。武奈に登り返すのは諦めて、スゲ原、広谷へ。いくつか渡渉を行うが、水量は多い。適当に石を選び、ジャブジャブやりながら、進んで行く。あとは、来た道と同じ道を八雲ヶ原、帰りはゲレンデを通らずに北比良峠、そしてダケ道。大山口からイン谷口に。

 帰りは珍しく渋滞もなく湖西道路、名神で帰宅。5時ぐらいであった。今日の打ち上げはドイツの白ワインで乾杯。雪を楽しんだ一日だった。ご一緒頂いたNさん、ありがとうございました。
 

51.【12月11日】イン谷口→8:19大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→コヤマノ岳南尾根→コヤマノ岳→11:33武奈ヶ岳12:01→北陵→細川越→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:08大山口→イン谷口

 
正面谷 コヤマノクラウン コヤマノ岳 武奈ヶ岳 西南稜 広谷
 
 お天気が悪そうな予報だったが、おそらく雪が積もっているだろうとの予測の下に武奈ヶ岳へ。車も冬用タイヤに履き替えたし、準備は整っている。

 いつものように名神京都南から東まで乗り、そのあとは湖西道路。坂本を過ぎ、比良山系が見えてくると、中腹より上は雪化粧。時折差す太陽の光で美しい。思わず車の中で万歳を叫んだ。                                                
 イン谷口に着いても今日は車が少ない。トイレ前では1台あるのみ。ゆっくりと支度をする。

 大山口から青ガレまでは雪はあまり見当たらず、濡れた落ち葉があるだけである。青ガレから正面谷をつめていく。少しずつ雪は増えていく。金糞峠に着くといつものように風が強い。そしてここからは雪が増える。5cmぐらいか。今日は北陵を回って帰る予定なので、武奈までは最短コースで行く。登るにつれて雪は増えていく。

 我々の言う第3ステージを過ぎ、中峠からの合流点まで来ると、10cmぐらいの積雪。コヤマノクラウンも青空を背景にくっきりと。うれしくてならない。

 お腹もすいてきたことだし、武奈ヶ岳山頂目指してひたすら登る。今日はそれほどたくさんの人は来ていない。北西からの風が強いので東側に回り込み風をよけながら昼食。今日はパンにホットコーヒー。そろそろラーメンの季節だなあ、などと言いながら。

 さて、昼食後はいよいよ久しぶりに北陵。ここでアクシデント。降りのユッキーが調子よく北陵の急斜面を降っていったときに、ぬるっとしたところで尻餅。体はどうもなかったのだが、ストックが折れてしまった。軽さを重視して買ったカーボン製のストック。軽いのは柔い。仕方がないが、年末に物入り。

 細川越までは一人の足跡があったのだが、この人は釣瓶に登り返したようで(ご苦労さん)、細川越からは足跡なし。厳密に言えば、鹿の足跡と覚しきものはある。おもしろいことに、こいつは雪で覆われている登山道を歩いている。人間の踏み跡のない状態は広谷を過ぎてイブルキノコバまで続いた。

 八雲ヶ原に出て、いつものように北比良峠へ。今日は見晴らしが良くない。ダケ道でどのあたりで雪が途切れるだろうかと二人で予想したのだが、カモシカ台ということで二人は一致。そして、カモシカ台に来たらやっぱりそこから先は雪なし。

 大山口を経て駐車してあるところまで。後始末をするのも我々は時間がかかる。それで、いつものようにHSひらへ。おはぎもアスリート饅頭も売り切れであったので、パン(リンゴジャムとチーズが入っている)とコーヒーで仕上げ。年末は21日(水)まで営業、1月は11日(水)からとのこと。

 今日は渋滞もそれほどひどくなく、無事帰宅。仕上げは山友のお土産で乾杯。雪の比良を楽しめて大満足の一日だった。


50.【12月3日】イン谷口→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→中峠→ワサビ平→ワサビ峠→西南稜→武奈ヶ岳→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

 
青ガレ 武奈ヶ岳 武奈ヶ岳山頂 武奈ヶ岳山頂(Y) 白山(K) ブナ林(K)
 
                                           Y=ヨネチャン提供   K=かおりさん提供       
 101回目の武奈ヶ岳。

 快晴の武奈ヶ岳は人を呼ぶ。今日は本当に大勢の人との再会、出会いがあった。

 まずはイン谷口、トイレ前でヨネチャンと会い、近くでテントを張っておられるKさんとも。大山口から青ガレへと向かうところでChさん。Chさんは金糞峠からコヤマノ岳に登って中峠に降り、ワサビ峠から武奈ヶ岳へというロングコースとか。なんという健脚。

 われわれは比良の王道コースで金糞峠からヨキトウゲ谷に向かう。ヨネチャンとはここで一旦別れる。今日は本当にいいお天気。


 ヨキトウゲ谷は渡渉を何回となく繰り返すのだが、どの石に足をおくか考えながら進む。やがて沢から離れ、支尾根を登っていく。今日はなぜだかあまり疲れを感じない。中峠でChさんと再会。ご一緒にワサビ平に降り、登り返してワサビ峠。いつもはここの部分で、ああしんど、ということになるのだが、Chさんと話をしながらなのでそれほどしんどさを感じない。Chさんの健脚ぶりは遺憾なく発揮され、今日の我々のペースはあがる。我々はワサビ峠で休憩を取る。Chさんには先に行ってもらう。と、ここでしーちゃんが御殿山から降ってこられたのに出会う。お久しぶりということになる。しーちゃんにも先に行ってもらい、我々はその後を追う。

 西南稜も久しぶりだ。いいお天気で気持ちが良い。見晴らしも最高。で、山頂に着いたら、なんと、かおりさんが来られていたではありませんか。さらに、北陵からはヨネチャン。さらにまたひよこさんが上がってくる。知り合いがこうもたくさん集結するとは。驚き。さらにまた山頂近くでスヨンさんが食事をしておられたので挨拶。

 いいお天気で、伊吹山、その右横に中央アルプス、左には御嶽山に乗鞍岳、白山が雪を頂いているのが見える。かおりさんに山の同定をして頂いて、みんな大興奮。

 昼食、写真撮影後、かおりさんを先頭に冬道をコヤマノ岳分岐まで。そこからはパノラマコースで八雲ヶ原。北比良峠でM&Mさんに会う。そしてダケ道。いつものルートでイン谷口まで。我々の車に乗ってもらってJR比良駅前の「ほっとすていしょん比良」まで。おはぎとコーヒーで楽しい打ち上げ。

 我々はそこから車で帰宅の途へ。渋滞が心配されたが、坂本あたりのいつもの渋滞だけで1時間ぐらいで家に帰れた。

 
 今日の家での打ち上げはボルドーの赤ワイン。お天気に恵まれ大勢の知り合いと出会い、楽しい101回目の武奈ヶ岳山行だった。
 

49.【11月26日】善峯寺登山口8:56→釈迦岳→10:35ポンポン山→西尾根→11:52森の案内所12:21→13:15小塩山→天皇陵道→正法寺・大原野神社→14:30南春日町バス停15:03

s  
善峯寺登山口 善峯橋 善峯寺 タカノツメ(釈迦岳) ポンポン山山頂 正法寺
 
 名残の紅葉・黄葉を求めて

 今年最後になるであろう黄葉・紅葉を求めての山歩き。いつもこの時期ポンポン山に出かける。 

 近鉄で京都駅へ行き、そこからJRに乗って向日町。善峯寺行きの阪急バスに乗ろうと思って改札口を出たところ、目を疑うほどの大勢の人がバス停で待っている。ハイキングの団体で善峯寺から西山古道で柳谷観音へ向かうとのこと。同じコースで行くのではないことにほっとしたけれど、臨時が出ない限りバス1台では乗り切れないほどの人。仕方なくタクシーを利用して早めに出かけた。

 善峯寺のバス停にあるトイレを利用したのち、車道を登って登山口に。立派な橋が付け替えられてかかっている。これを渡りやや急な斜面を谷の反対側にある善峯寺の紅葉を眺めながら登る。

 樟葉方面の見晴らしがかつてはよかった地点を過ぎ、「おおさか環状自然公園」の分岐を過ぎ、見晴らしも悪い単なる通過点の釈迦岳に着く。ここのタカノツメの黄葉は定点観測の一つ。

 釈迦岳からは2本の送電線の鉄塔を過ぎて、さらに杉谷への分岐を超して、ポンポン山山頂に着く。今日はお天気も良く(少なくとも午前中は)けっこう遠くまで(霧で雲海となっているところを除けば)見晴るかすことができる。いつもより早めに着いたからか山頂では5、6人がいるだけ。

 昼食には早いので西尾根を北へと進む。この尾根はわれわれが気に入っているところで気持ちよく歩く。落ち葉で踏み跡は覆われているが、尾根芯をはずさずに北へ。結局トイレがある森の案内所に着いて昼食。

 ここからいつもは車道を歩いて金蔵寺まわりで行くのだが、この車道は面白くないし、車は通るしで、北春日町からのバスを1時間後にして、小塩山経由で帰ろうということにした。ということは250mほど登り返さないといけない。

 登り返しのしんどさとやや時間がかかることを差し引いても車道歩きよりもはるかに快適だった。今度からはこちらを通常のルートにしたいと思う。

 天皇陵道を降りて正法寺。手入れの行き届いた紅葉を楽しませてもらう。そして大原野神社の駐車場にあるトイレを借りて北春日町のバス停に向かう。大原野神社はさすが大勢の観光客。車あるいは観光バスで来られている。

 バス停ではハイカーが団体で待っていたが、われわれも30分前に着いたので、なんとか座れてJR向日町駅まで。京都駅では「京アンジュ」でいつものやつ。比較的早く帰れた。お風呂の後はビールで乾杯。おそらくは今年最後の紅葉見物。
                        
 午後からは雲が多くなったが、雨に降られもせず、また、気温も暑くなく寒くなく、晩秋を楽しめた。

48.【11月20日】イン谷口→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→コヤマノ岳南尾根→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

 
イン谷口 琵琶湖雲海 コヤマノ岳南尾根(K) 武奈ヶ岳山頂 武奈ヶ岳山頂(Y) 北比良峠から
 
HSひらにて(Y)
                                     photo (K)=かおりさん、photo(Y)=ヨネチャン、それぞれ提供。
武奈ヶ岳100回目。

 10日も前から100回目をいつにしようか天気予報をにらんでいたのだが、強い雨は降らないだろうということで本日決行。Yさんにも事前に伝える。

 JR比良駅からバスでイン谷口まで。Yさん、かおりさんとご一緒。まずは正面谷から。イン谷口から紅葉、黄葉を見ながら、曇り空の中を進む。青ガレを登り始め、途中見晴らしの良いところで琵琶湖を見れば、なんと琵琶湖に雲が覆って雲海のよう。比良でのこの光景は珍しい。

 金糞峠に着くといよいよこれからはガスの中。雨が降ってきたのでレインウェアにザックカヴァー。さらにヨキトウゲ谷から南尾根に渡ったところの四つ辻でオーヴァーズボンもはく。最短コースでコヤマノ岳へ。ブナの木にガス。幻想的な光景の中をコヤマノ岳分岐から武奈ヶ岳に。山頂は全く見えず。12時に山頂で落ち合うことになっていたM2さんもこちらの遅れで待たせてしまった。また、山休さんも参加されていて待たせたことになる。ここで急ぎの昼食。雨もあがってきた。


 100回目の登頂を達成したあとは、6人でパノラマコースから八雲ヶ原に降り、山休さんは駐車場所の関係から釈迦岳経由で降りられるとのことで別れ、「HSひら」での再会を約束。

 北比良峠からダケ道。ダケ道では黄葉・紅葉を楽しませてもらった。比良ではもうこれが最後だろう。あとは雪を待つのみ。


 15時25分のバスに間に合い、5人はJR比良駅へ。「HSひら」。すでに山休さんは到着されていた。速い。ここでうちあげ。おはぎとコーヒー。山の話やいろんな話で盛り上がる。M2さんは今日が今年100回目の山行。われわれの倍以上である。脱帽。

 お喋りは電車の中でも続く。帰宅後の本日の締めは、到来物の奈良県葛城市のお酒「梅乃宿」(純米大吟醸・備前雄町)。リンゴを思わせるようなフルーティーなお酒でしかも奥が深かった。美味いということになる。

 楽しい一日だった。雨の中にもかかわらずご一緒頂いたみなさん、ヨネチャン、かおりさん、M2さん、山休さん、本当にありがとうございました。古稀の誕生日一日前の今日、無事に武奈ヶ岳100回登頂を達成できました。これからもよろしくお願いします。


47.【11月13日】イン谷口→神璽谷→北比良峠→八雲ヶ原→イブルキノコバ→武奈ヶ岳→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→イン谷口

 
イン谷口 神璽の滝 神璽谷から 武奈ヶ岳山頂 コヤマノ岳 神璽谷で
 
 紅葉を求めて、99回目の武奈ヶ岳。Nさんとご一緒。100回目は11月20日(日)の予定だが、雨ならば23日と考えている。

 今日はNさんの励ましとガイドを得て、これまで躊躇していた神璽谷をつめていくことにした。われわれにとっては初めてのコースでわくわくもし、緊張もする。

 イン谷口に車を駐め、釈迦岳・リフト道の分岐を左、神璽谷に向かう。せっかく来たのだから滝を見てきましょうとのNさんの勧めで滝を見に登山道から降る。立派な滝で一見の価値あり。

 登山道に戻り、堰堤がいくつもある沢を見ながら谷をつめていく。少し、大山口から青ガレへ行く道のようでもある。朱塗りの鳥居を見、遭難碑を見て、ロープのある急な登りを登ったところで今日の最大の危険箇所と思われたところに到着。キレット上にかかった3mほどの橋である。新たにしっかりした橋がかけられており、無事通過できた。

 やがて三角おにぎり岩の分岐。蟻地獄を行くのが今日の本来のルートだったが、沢を登る内にルートが分からなくなり、左手を見れば道らしきものが見える。そこでこちらは尾根コースだろうなあと思いながらこちらを取った。これが第3の道で最近よく使われている道である。

 最後にダケ道と合流するところが急な斜面でざれているところで、他の二人はそれほどでもなかったようだが、私は今日の中では一番緊張した部分であった。

 さて、ここからは八雲ヶ原に降り、イブルキノコバから武奈ヶ岳に向かった。山頂はちょうどお昼時ということもあったか、大勢の人がそれぞれ食事をとっていた。われわれもその中の一員となる。今日は風もなく、暑くもなく寒くもない、いいお天気。遠くの方は薄雲がかかり山容はわかりにくいが、近くのほうはよく見えた。「わたしの花巡り山行」さんは2週間前に武奈に行かれて「コヤマノ岳の大紅葉」、まさに「錦秋の比良」と形容されていたが、この2週間で800m以上の所ではもう葉を落とし、初冬の趣。

 山頂で30分ほどゆっくりしたのち、コヤマノ岳分岐からパノラマコース、ゲレンデ跡を八雲ヶ原に。さらにゲレンデ跡を登り、北比良峠からダケ道でイン谷口に向かった。ダケ道の紅葉も十分に楽しめた。

 あとは「ほっとすていしょん比良」で打ち上げ。今日も渋滞にひっかかったが、無事帰宅できた。

 そして、お楽しみの家での打ち上げは、山名酒造の「丹波杜氏」で締め。Nさん、今日は本当にありがとうございました。お誘いがなければ神璽谷には絶対に行っていなかったでしょうから。

 さて、いよいよ次回は武奈ヶ岳100回目登頂。



46.【11月3日】西村井登山口→朽木栃生登山口→白倉南岳→白倉中岳→白倉岳→烏帽子岳→松本地蔵→西村井登山口

 
朽木栃生登山口 白倉中岳 白倉中岳 白倉岳
ナナカマド
 
 紅葉を求めて。

 白倉連山には春のタムシバ、秋の紅葉と少なくとも年2回は出かけている。Nさんをお誘いして出かける。いつものように西村井で車を駐め朽木栃生の登山口までのんびりと歩く。このあたりの紅葉はまだのようだ。これを見ればやはり今年は遅いということになる。

 登山口に着いていよいよ登りにかかる。急登である。しかも直登。我慢の登り。西へ西へと進む。標高800m以上のところでないと紅葉はまだ進んでいないようである。白倉中岳が見えるあたりにくるとあとは我々がコナラのピークと呼んでいるところは近い。そのピークに着くと90度ターンしてあとは稜線を北へ北へと進むことになる。南岳は近い。ブナの木が待ってくれている。さらに稜線をアップダウンしながら芦生杉の中岳へ。さらに北へと進み次は白倉岳(949.7m)。残念ながらここはなんの特徴もない。


 お昼をどこでしようかと思案しながら進み、結局、白倉岳と烏帽子岳の間で取ることになる。今日はサーモスのお湯でカップうどんとした。食事も終わろうかというところで雨が降り出す。冬型の気圧配置ということでこれも仕方がない。しかし、こうなると紅葉を愛でて写真をぱちぱちという余裕はなくなる。急いで降りる。しかし濡れている道は滑りやすい。そこは用心して降る。

 松林が出てくるところで道は二つに分かれる。そのまま尾根を行ってピーク490mを通るか、それとも斜面を行くか。今年の春のタムシバ見物の時には斜面の道を行ったのだが、靴片足分ぐらいの細い道になっていてしかも落ち葉等があるので、秋は危ないなあと思っていたので、迷わず尾根筋を。

 ところが、やや注意散漫になってしまい、ピーク490のところで南へ向きを変えなければいけないのにそのまま東へ行ってしまう。途中でおかしいと思って引き返した。そのまま東へ行っても行けなくはなかったのだが、昨年の秋通った通りにピークに戻り南へ向きを変え、事なきを得た。15分ほどのロス。まあ、こういうことも勉強になるし、楽しい。

 無事に駐車していた西村井登山口のところに戻れた。打ち上げをどこにしようかと思ったのだが、まあ、話の種にと風変わりな喫茶店「観月」にNさんを誘う。駐車場になんだか知らないが鳶がたくさんいる。店に入るとようやく鳶の事が分かった。店のご主人が餌付けをされていたのだった。主人が投げたパンに鳶が群がっていた。多いときには何十羽も来るとか。おぜんざいを頼んだ。ほどよい甘さで疲れを回復。

 あとは車で伏見へ。湖西道路の渋滞には閉口したけれど、無事に帰宅。打ち上げは伏見の「玉の光」純米大吟醸。


45.【10月30日】朽木栃生9:06→地蔵山分岐→笹峠分岐→イクワタ峠→11:46釣瓶岳山頂→ナガオ尾根→広谷→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:12大山口→イン谷口

 
登山口 カマツカの実 釣瓶岳山頂 釣瓶岳山頂 ナガオ尾根
 
 先週のokaokaさんの報告によれば今日が紅葉の見頃であろうということなので、Nさんを誘ってナガオ尾根へ。

 出町柳のバス停は人であふれかえっている。Nさんが来ていることを確かめて列に並ぶ。そこへ、あれあれ、かおりさんがFさんとともに。武奈の予定だったがわれわれがナガオ尾根に行くと聞いて行き先を変更してご一緒することになる。バスは臨時が出て2台。われわれはかろうじて2台目に座ることができた。それぞれ10人ちょっとが立ったままで。バスに乗り込もうとしていたら、イコモチさんが声をかけてこられる。これもびっくり。広河原行きのバスに乗られるようであった。


 平でグループが降り、皆子か権現かなどと話をしていたら、さらに別のグループが葛川学校前で降りられる。話しかけてみたら峰床山とのこと。江賀谷の厳しくなっているところがあることをご存じないようであった。「お気をつけて」と声かける。さらに坊村ではほとんどの乗客が降りる。武奈ヶ岳は大賑わいだろう。

 朽木栃生で降りるときには我々の他には数名が下車。全部が釣瓶かと思っていたら2人がシラクラはどちらの方向とお聞きになる。戻って橋を渡れば登山口ですよとお教えする。さて、このときはまだ大変なことがあることに我々は気づいていなかった。

 マウンテンマラソンの大会である。昨年の例で行くと11月に入ってからのことであったが、なんと今日「びわ湖高島トレイルランニングinくつき」があって、ロングコースはグリーンパーク想い出の森を6時30分にスタートして蛇谷ヶ峰から縦走しイクワタ峠で朽木栃生へと降り、さらに今度は白倉岳の稜線を縦走し、最終的に朽木学校へ降りるとのこと。このロングコースに300人、朽木栃生からシラクラ縦走のショートコースに300人の参加があるとか。

 登山口から登るなり、上から次々とランナーが降りてこられる。挨拶を交わし避けたりしながら登っていく。イクワタ峠の近くまでランナーは続き、大会の世話役の人が「最後尾」のゼッケンをつけてテープをはがしながら降りてこられた。

 イクワタ峠へ行くまでに広くなったところで琵琶湖から伊吹、鈴鹿、蛇谷ヶ峰、湖北の山々に高島トレイルの山と見晴るかす。白山と御嶽山も見えると、釣瓶から降りてきた人がおっしゃるが、もう一つ確信は持てない。見渡せば、木々の紅葉はあちらこちらで見られる。緑の葉と紅葉、黄葉、それに空の青、白い雲。いいお天気で気温もちょうど良いぐらいで気持ちが良い。

 釣瓶に登り、写真の後は早速ナガオ尾根にとりつき、P1050mのところで昼食。風もなく武奈ヶ岳を眺めながら30分ほどゆっくりする。

 ナガオ尾根は気持ちの良い尾根で秋の山を楽しみながら、P991mの手前の鞍部で枯れ谷を降り広谷へ。あとはイブルキノコバ、八雲ヶ原。北比良峠へ登るところで脚がつりそうになり、ゆっくりと脚を伸ばしながら駅舎跡へ。そしてダケ道。スズメバチの出たところの横は静かに通り過ぎる。まだ蜂は見かけたが、活動性は低い。

 バスの時間には十分あるのでゆっくりと大山口、イン谷口と進む。JR比良駅に着いたら、恒例の「ほっとすていしょん比良」で打ち上げ。Yさんがすでに30分ほど前に来られていて我々を待って下さっていた。コーヒーとアスリート饅頭を頂く。楽しいお喋りは電車に乗ってからも続いた.

 Nさんとは近鉄丹波橋までご一緒。3日にまた、ということで別れて帰宅。今日の仕上げはビールで。
  

44.【10月23日】大森中町デポ地→茶呑峠→二石仏・パラグライダー場→天童山→飯森山→城丹国境尾根→ナベクロ峠→桟敷ヶ岳→長谷林道→大森中町デポ地

 
茶吞峠のお地蔵さん 二石仏 天童山 紅葉 見晴台 アケボノソウ
オタカラコウ
 
山シャクヤクの実
 行きたいと思っていても、アクセスが難しく、なかなか行けていない山域がいくつかある。城丹国境尾根もその一つだった。そこで、救いの神小てつさんにお願いして、本日の山行が可能になった。

 お天気がもう一つだが、雨さえ降らなければいいとの覚悟で出町柳を出発。周山街道を進みデポ地に向かった。

 今日はロングコースである。ペース配分を考えつつ、ゆっくりと進む。最初は茶呑峠。ここから二石仏、パラグライダー場をまわって天童山。尾根歩きであるからにはアップ・ダウンはつきものである。そして飯森山。いわゆる城丹国境尾根の稜線を尾根歩きを楽しみながら進んでいく。時折のヴューポイントでは、愛宕山、竜ヶ岳、地蔵山の山並みが見えたり、はたまた、遠く武奈、蓬莱、あるいはシラクラ連山が見える。

 飯森山以降、ポツポツ紅葉、黄葉が見えてくる。今年は気温が不安定で、一斉に全山これ秋、と言った風にはいかない。また、今日の天気は全般には曇りだが時折陽も差すと言ったところ。尾根を歩いていると風の強いのなんの。お昼を食べるところがなかなか定まらない。

 尾根筋で風裏のところでやっとお昼。今日も暖かいポタージュスープを小てつさんからは頂き、われわれはフルーツとして柿、デザートのスイーツとしてはユッキー手作りのカラメルソースアップルケーキを提供。

 食事を済ませて桟敷ヶ岳へ。5月の連休時にかおりさんのお祝いでここに駆けつけたことを思い出す。

 ここからは長谷林道で降る。この林道、特に最初の方は何年か前の豪雨で洗われ、ごろごろ道で歩きにくい。しかし、デポ地まで降りるには安全で一番速く降りられる。途中思いもかけず花が見つかる。快適な尾根歩きとまた思いもかけない花。

 デポ地まで来てまた、小てつさんにはビールを頂いて、いろいろな話をしながら帰途についた。今日は山道で1人も出会わなかった。


 今日の締めは山名酒造の「秋季冷やおろし」。  これまで踏破できなかったところを次々に踏破。小てつさんのおかげです。

43.【10月16日】木地山バス停→北谷→木地山峠→百里ヶ岳→シチクレ峠→南谷→木地山バス停

 
アキノキリンソウ  登山口  木地山峠  百里ヶ岳山頂  百里ヶ岳  南谷
ノコンギク 
 
クロバナヒキオコシ
 小てつさんが紀行文100話目ということで百里ヶ岳に奥様と出かけられるということを聞いていたときに、そうだ、われわれも百里ヶ岳に、しかし木地山峠から百里ヶ岳の稜線とシチクレ峠から南谷をぜひ歩いてみたいものだと考え、小てつさんにお願いしていたところ、本日の山行が可能になった。また、高島トレイルあたりの紅葉を探るという目的もある。

 このコースを思いついたそもそもの発端は、okaokaさんの2011年10月8日の百里ヶ岳周回コースであった。

 さて、小てつさんの車で出町柳から鯖街道経由で木地山バス停に到着。ここで、トイレ、身支度で準備。木地山峠を目指して歩いて行くことになる。山道に入るとナガバヤブマオをかき分け、何回も徒渉し、沢を遡行していくことになる。谷の分岐、支流がいくつもあるので途中2回ほど道を間違い、修正をしながら登っていく。小てつさんは5年ぶり。5年前とはずいぶんと様相が違っているようだ。まあしかし、ああだこうだと言いながらのルート探しはそれなりに面白い。鹿が食べないオオバアサガラが道をおおい、かき分けて進む。

 空が見えるようになり、あそこが峠だろうと思っても、そこへなかなかたどり着けない。登れば登るほど後退していくような気がする。

 やっと木地山峠に到着。ここからが楽しい尾根歩き。最初は百里ヶ岳も遠くにそびえ立っているように見えるが、歩を進むにつれ、目の高さ近くになってくる。ただ今日は風が強い。ウィンドブレーカーを羽織る。

 ここまで本当に花がない。期待もしていなかったのだけれど、こうまで見事にないとは。鹿のせいか。


 ブナの木を見るとようやく山頂に近づいた事が分かる。風が強いのでピーク写真を撮ってすぐ降りに向かう。この斜面の傾斜はかなりのもの。

 お昼の場所としてokaokaさんのいつもの場所(小てつさんも10月10日に使われた)へ行ってみたところ、見晴らしの良い場所ではあるが、それはすなわち風当たりが強い場所ということで、そこはパス。もう少し百里新道分岐の方向に進み、風よけができるところで昼食。小てつさんに茸入りポタージュスープを頂き、我々は伏見の酒まんじゅうを提供し、楽しいお昼。

 さてこれからは百里新道分岐に行き、百里新道を下った鞍部、シチクレ峠で左に曲がり、いよいよお楽しみの激降りの始まり。降りのユッキーは本領発揮、私はへっぴり腰で。なんとか下の林道までたどり着いた。しかし、この林道が3年前かの豪雨で道の体をなしていない。かなりの部分、下の沢の岩、石伝いに降っていく。下流になると林道は崩落していない、これはどういうことか。


 ようやく無事木地山バス停のところに戻ってきた。10人以上の人が車を待っておられたのにびっくり。駒ヶ岳に行っておられたとのこと。ここから百里に行くのは我々のような酔狂なものだけであろう。帰りはいつものようにビールを頂いてあれこれ話をしながら出町柳まで。

 紅葉はまだまだ先のよう。今月終わりから11月はじめあたりか。

 帰宅してカミツレ湯のあとは山名酒造の純米吟醸「亀の尾」で締める。いかにも青木杜氏らしいキレのあるお酒。

 小てつさん、さまざまなトレイニングありがとうございました。


42.【10月10日】阪急芦屋川駅→高座ノ滝→ロックガーデン→風吹岩→横池→雨ヶ峠→七曲がり→一軒茶屋→六甲山最高峰→石宝殿→蛇谷北山(芦屋市最高峰)→土樋割峠→東お多福山登山口→バス→阪急芦屋川駅

 アキノキリンソウ  アキチョウジ  高座の滝  蛇谷北山 フジウツギ
ヤクシソウ 
 

 Nさんのお誘いを受けて我々の六甲山デビュー。阪急芦屋川駅で待ち合わせということで、降りたところ、なんとYさんが。東お多福山でリンドウが見られるということで娘さんと来られた由。本当に驚き。

 六甲山系はじめてということで、標準的なコースで山頂まで。六甲にはイノシシが多いということを聞いていたが滝の茶屋へ行くまでに道の斜面にい30cmぐらいのイノシシ2頭発見。高座の滝を経て、ロックガーデンへ。結構筋力が必要で汗をかく。人気のある山ゆえか、大勢のハイカーが来ている。列の渋滞が時々起きる。登って風吹岩で一休み。まだまだ頂上は遠い。途中横池に寄り、ヒツジ草を見て、芦屋カンツリー倶楽部のゴルフ場を横切り雨ヶ峠。ここで昼食をとっているハイカーも多いが、われわれは水休憩のみとしてさらに歩を進める。


 七曲りを経てやっと一軒茶屋に。ここでドライブウェイと出合い、トイレ休憩。六甲山最高峰(931.3m)まであと少し。山頂はずいぶん多くの人で賑わっている。

 ピーク写真のあとは少し下がったところの東屋で大阪の町並みや海を見ながら遅い昼食。汗冷えもあり少し寒いので服を重ねる。

 あとは降るだけ。石宝殿から蛇谷北山、土樋割峠と下り、ドライブウェイの東お多福山登山口バス停まで。この下りの道で出会った人はわずかだった。道の両側に笹がずっと茂っているのが、比良山系などとは違っていた。ユッキーによれば昔は比良でもこれくらいの笹は普通だったとか。

 タイミング良くバスがやって来て、しかも幸いなことに座ることができた。有馬からのバスなので結構一杯であることもあるとか。

 阪急芦屋川駅でバスを降りて駅の北のところにあるオシャレなカフェでうちあげ。私はコーヒーフロート。


 Nさんとは阪急十三で別れる。また幸いなことに十三から河原町まで座席を確保することができて今日一日を振り返りあれこれ話をしていたら、あっという間に河原町。大勢の人のいる四条大橋を経て京阪で丹波橋、帰宅。

 「花がなくてすみません」とのNさんの話だったが、アキノキリンソウをはじめとして、ナギナタコウジュ、アキチョウジ、オトコエシ、コウヤボウキ等いろいろあって、この点でも楽しめた六甲だった。高島トレイル、比良でわずかしか見られなかったアキチョウジがここではてんこ盛り、満載で、これだけでも満足。

 カミツレのお風呂の後は、山名酒造の「吟にごり」で乾杯。ああ、おいしい。いつもより量を過ごしてしまい早々に床についた。Nさん、ご案内ありがとうございました。


41.【10月2日】坊村→8:15明王院→見晴台→御殿山→ワサビ峠→西南稜→11:12武奈ヶ岳12:00→西南稜→ワサビ峠→御殿山→見晴台→明王院→14:23坊村

明王院 登山口 武奈ヶ岳山頂 センブリ リンドウ 名残のトリカブト
アキノキリンソウ 
 
アキチョウジ 

 久しぶりに坊村から武奈ヶ岳に登ろうということで、本日の山行。ダケ道の蜂騒動のその後が分からないためということもあるのでこのルート。車で出かける。昨年は10月3日に同じコースで出かけた。

 葛川青少年センターに車を置き、トイレを済ませた後、ゲイター、ヒルよけのプレシャワーをたっぷり噴霧した後、明王院の登山口から登っていく。最初のジグザグの道はいつ来てもしんどい。我々の言うモミジノコバで休憩。ここは一服平と呼ばれたり、石のコケから日本庭園と呼ばれたりするところである。

 御殿山コースは本当に久しぶり。相変わらすの急登。

 見晴台から御殿山。ここから降ってワサビ峠、西南稜。いよいよ花の観察の地帯。山頂に近づくほどにガスってくる。天気予報によれば昼からは悪くなるとのことなので、雨、雷などでなければよいがと思ってしまう。

 今年のリンドウは色が薄い。リンドウの咲く時期はほぼ同じなので、今年の秋の気温が高いために薄いのではないか、これがユッキーの仮説。家にある四季咲きの赤いバラの色も薄いのがエヴィデンスとか。どうだろうか。

 山頂の適当なところでお昼とする。食べ始めた頃、西南稜を見ると、えっ、ひょっとしてという人がにこにこしながら上がってくる。なんと、小てつさんではありませんか。今日はわれわれが絶対武奈ヶ岳に行っていると思って、「驚かしてやろう」ということで来られたとか。それも比良の王道、ワサビありで。雪の時にしか武奈には来ない小てつさんが。先週に引き続き楽しく話をしながらの昼食。

 小てつさん、帰りはコヤマノ岳経由で帰りたそうだったけれど、われわれのピストンにおつきあい頂いてワサビ峠までご一緒に。帰りの西南稜では登ってくるヒヨコさんにもお目にかかる。今日は珍しい人に会う日である。

 あとは御殿山に登り返して、そこからはだらだらと降りていく。途中「蜂に注意。左に迂回」という札が倒れた木に置いてあったけれど、どういう意味だったのか。2ヶ月ほど前か御殿山コースでも蜂が出ているとの情報があったが、それがこのことか。蜂も見当たらなかったし、どうもよく分からない。

 無事下山して、車で帰宅途中にHSひらに寄ろうかとも思ったのだが、帰りの渋滞を恐れていつもより早い時間帯にどこにも寄らずに帰宅。

 98回目の武奈ヶ岳登頂を振り返りながらビールで乾杯。


40.【9月25日】久多滝谷分岐→登山口・演習林小屋→滝谷北尾根→天狗峠→滝谷北尾根→登山口・演習林小屋→久多滝谷分岐

アケボノソウ 府大小屋 滑車のピーク 天狗峠(天狗岳) アキギリ 山頂近く
 アキチョウジ
 
 オトコエシ

 京都の奥深いところで秋はどのように進んでいるか、その調査のために、小てつさんと天狗峠(=天狗岳)に行ってきた。

 一瞬日が差すこともあるが全体としては曇り空で、しかし、高曇りなのか、尾根に立てば、遠く伊吹山、近くは比良山系に桑谷山、峰床山と見ることができて、今日来れた幸運に感謝した。


 今日は雨の後でもあるし、ヒルは確実にいるという予想で、車を降りて身支度をしてゲイターをつけたあとにはキンチョウのプレシャワー噴霧。

 林道を歩き府大小屋まで来ると、いよいよ急登が始まり、ヒルが迎えてくれる。1匹、1匹確認しながら斜面をジグザク登っていく。ここが第1のバクロ坂。と、突然、私の手にへばりついた奴がいた。慌ててひっつかんで捨てる。噛み口はあまり大きくなく、血もわずかににじむ程度。やれやれ。バンドエイドを貼り付ける。

 そうこうするうちにやっと尾根に上がった。滑車のピークである。そうそうここへ来るまでに藪の下にマムシがいたことも報告しておこう。この滑車のピークに上がる直前の急な斜面は誰が名付けたか知らないが「第2のバクロ坂」。

 滑車のピークで大きく左に曲がる。滑車があったり、登山道にワイヤーロープが残っていたりするのは、かつてここで伐採が行われたことを示すものである。

 遠くに目指す天狗峠と尾根が見える。山頂までの行程の半分ほどに来ている。アップダウンを繰り返しながら山頂に近づく。お昼は山頂を少し過ぎたところで。蜂がやってくるが、慌てず騒がず無視して昼食を終える。後片付けをしていたら、私のシャツのお腹のあたりに血がにじんでいる。やられた。あわててシャツをめくっても奴は見えない。たっぷり血を吸って満足してぽろりと落ちたようである。こちらの噛み口は大きく血が止まらない。バンドエイドを貼り付ける。やれやれ。あとで考えたのだが、このお腹にかみついた奴は先に私の手にへばりついたのと同一ではないかと。振り払ったときに私の体の方向に振り払ったので、下に落ちずに私の体のシャツに着地し、それからシャツの下に潜り込んだのではないか。

 あとは降るのみ。見落とした花はないかときょろきょろしながら。ここでまたしても災難が。ヒルのいる第1バクロ坂で私は滑って尻餅をついてしまった。ヒェーである。よりにもよってこんなところで。ユッキーにも手伝ってもらって入念にチェック。幸いヒルは付いていなかった。

 府大小屋の川べりで後始末をして車に戻り、いよいよ小てつバーの始まり。何事もなく出町柳に到着した。
帰宅して今日の締めは、高島の上原酒造の「寿扇」。純米原酒でコクがありずしりと重い。

 今日の紀行文は花紀行ではなくてヒル紀行となってしまった。教訓:振り落としたヒルは最後まで見届けよ。

 小てつさん、本日もありがとうございました。


39.【9月17日】マキノ林道→黒河峠→明王の禿→黒河峠→マキノ林道

イワショウブ センブリ ツルリンドウ 明王の禿 エゾリンドウ アキチョウジ
 
 
アキノキリンソウ

 「イワショウブを見に行きませんか」との小てつさんからのお誘いで、「ぜひぜひ」と二つ返事。いつものように出町柳でピックアップしてもらう。バス停の方を見ると朽木行きのバスを待つ人が少ないことに驚く。明日より今日が山にはいいと思うのだが。

 曇り空で湖西道路から比良山系を見ていると、ガスっている。雨さえ降らなけりゃいいと考える。結局1、2粒来たこともあったが、それ以外全く雨なし。曇り空の中、花を求めて寄り道しながらゆっくりと登っていく。

 黒河峠で水とトイレ休憩。それからはより山らしくなって、イルカ岩(高島トレイルの地図には「アザラシ岩」と記載)を過ぎ、小湿原を通り、三国山には行かずに明王の禿に。ここで昼食。

 赤坂山に行こうかとも考えたのだが、花は期待できないということで赤坂山までは行かず。あとはそのまま、ピストンで黒河峠を目指し、マキノ林道を駐車地点まで。今日出会った人は1人だけ。

 目的のイワショウブは見られたし、比良でお目にかからなかったアキチョウジも見られたし、蕾あるいは咲きかけのエゾリンドウも見られたし、言うことなしの一日。お喋りしながら三人六つの瞳で花を探す本日の山行に大満足。

 帰りに、道の駅の「妹子の郷」に寄り、日本酒「萩乃露」をお土産とした。帰宅してシャワーのあとは山名酒造の「奥丹波・白露 秋季ひやおろし」。

 小てつさん、いろいろと細やかなお心遣いありがとうございました。







38.【9月10日】イン谷口→8:25大山口→青ガレ→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→中峠→コヤマノ岳→11:44武奈ヶ岳12:18→北陵→→細川越→スゲ原→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:20大山口→イン谷口

ヨシノアザミ フクオウソウ コヤマノ岳 武奈ヶ岳 キタヤマブシ ウメバチソウ
 

 あれからキタヤマブシはどうなったか、その確認のためにまた武奈ヶ岳に。山頂の天気もこれほどよいのは久しぶりなので、それも武奈ヶ岳へ向かう大きな理由の一つ。もう一つの理由はアキチョウジを見たいため。これまで見られたところに目をつけて見回っているのだけれど、どこもだめ。

 こんなにいいお天気に武奈ヶ岳に行くのも久しぶりである。トイレ前のところは車が一杯ということで、少し下がったところに駐車。

 用意をしているところにYさんが現れる。ではご一緒にということで、金糞峠まで花の話をしながら登る。話題豊富なYさんのことゆえ知らぬ間に金糞峠に到着。ここからYさんは奥の深谷、八雲ヶ原経由で武奈ヶ岳とのことで、頂上で再会を期していったんは別れる。

 われわれは比良の王道さび抜きで、ヨキトウゲ谷を遡行。いつもはそれほど人を見かけないこのコースだけれど、なぜだか今日はこのルートも人が多い。中峠へ登るえぐれ道のあたりから小バエ、ブトがうるさくなってきたので、虫除け噴霧に加えてネットをかぶる。

 頂上に着いたら、Yさんは10分前に着いたとのこと。昼食の後、Yさんとまた一緒に北陵、細川越、スゲ原、広谷、八雲ヶ原。ここでまた別れて、Yさんは北比良峠、神璽の谷、イン谷口。われわれは湿原を見て北比良峠、ダケ道、大山口、イン谷口。

 Yさんとは結局「ほっとステイション比良」で再会。本日の収穫を話し合う。今朝方涼しかったので今日はカキ氷の気分になるかと危ぶんだのだけれど、登っているとやはり汗が噴き出るので、やっぱりカキ氷。明日からおはぎが出るとのこと。

 湖西道路、途中少し渋滞したけれど、まずまずのところで帰宅。

 今日の仕上げは山名酒造の「純米原酒冷やおろし」。深い、キレのあるお酒。

 アキチョウジは結局見つからなかった。武奈ヶ岳は今日で97回目の登頂。100回記念は11月の予定。


37.【9月6日】イン谷口→大山口→青ガレ→正面谷→金糞峠→奥の深谷→八雲ヶ原→広谷→スゲ原→細川越→北陵→武奈ヶ岳→コヤマノ分岐→ゲレンデ跡パノラマコース→八雲ヶ原→ゲレンデ跡→ロッジ跡→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

キタヤマブシ 青ガレから琵琶湖 武奈ヶ岳山頂 広谷・スゲ原 西南稜 ママコナ
 

 先週も土・日がつぶれたので週日の山歩きとなる。湖西道路から眺めていると比良山系ではガスっていて少しづつ雲があがっているという状況。強い雨さえ降らなければ、また、雷さえ鳴らなければ決行の予定。

 いつもの駐車場所では1台あるのみ。いつものようにゆっくりと準備をして出発。今日もキタヤマブシ、トリカブト探索が目的。

 日が差さない分だけ温度は少し低いかもしれないが、湿度の高さで汗は噴き出る。今朝方、つい先ほどまで雨が降っていた模様。

 金糞峠までで出会った人は二人。ここから八雲ヶ原まで奥の深谷をゆっくりと歩いて行く。ここはいつ来ても落ち着く場所だ。八雲ヶ原から広谷にまわる。今日の蒸し暑さによるしんどさで、北陵、武奈ヶ岳はしんどいかなあと考えていて、スゲ原で最終細川越に行くか、戻るかと考えていたのだが、いざ、スゲ原まで来たら、少し陽もさしているので、頑張って武奈まで行こうと決める。どうも、最初からそのつもりでいたような気がする。

 細川越から北陵を進む。先ほどの陽の光もまたなくなり、ガスがあがってきている。目標の武奈ヶ岳はなかなか見えない。いまさら引き返すわけにも行かないし、雷が鳴ろうとなんであろうと山頂へと我慢して登りを続ける。12時を過ぎてまだ昼食をとっていないし、シャリバテ気味。(金糞峠でアミノ・ヴァイタルは摂ったのだが、エネルギーもここまでか。)

 山頂に立ったらガスでまわりは何にも見えない。ともかくここで昼食。羽アリがものすごい数。持参のハッカオイルの噴霧で近寄ってこなくなった。やれやれ。金糞峠で別れた2人組はコヤマノ岳南尾根の最短コースで来られていたので、すでに着かれて昼食をとっておられた。しばらくすると西南稜から二人組、あるいは単独の人が上がってきた。武奈ヶ岳はやはり人気のある山である。

 さて、あとは降るのみ。パノラマコースから八雲ヶ原へ。そして、今日はなにか見つかるかもしれないとゲレンデ跡からロッジ跡、北比良峠のルート。結局何も見つからず。

 延々と続くダケ道を我慢の下り。大山口でスパッツを洗ったり後始末。そしてイン谷口の車をおいてきたところ。すでに我々が今朝方出発時に見た車はなかった。

 帰りの道もいつも通り。湖西道路では道ばたの草刈りで片側通行になっているところがあって、車が連なるところもあったが、坂本の渋滞もなく、すいすいと帰宅。

 さてさて、今日は愚息からもらった藤岡酒造の「蒼空」で締め。「特別純米雄町」と銘打ってある。コクあり、キレあり、これまた美味いということになる。帰宅してしばらくしたら雨が降ってきた。山では雨に降られなかったし、なんというタイミング。


36.【8月27日】北白川仕伏町バス停8:23→石鳥居→音羽川→水飲み対陣跡→千種忠顕碑→比叡山スキー場跡→11:42見晴台12:13→頂上駐車場→大比叡→延暦寺会館→本坂→14:09日吉大社・坂本

石鳥居 ゲンノショウコ 見晴台 ササゲ ミカエリソウ クサアジサイ
 
ノリウツギ
 
 

 今日は天気が悪い。昼からは晴れと言うが、どうか。

 本来は、坊村、牛コバを経て、奥の深谷、南比良峠というルートを考えていたのだが、雨では、ということで、次に坊村、武奈ヶ岳ピストン、帰りにワサビ平まわりで帰るということも考えたのだが、これも雨ではなあということで却下。

 結局困ったときの比叡山。久しぶり。帰りに坂本の「甘味処うえだ」にも寄れる。


 どこからとりつくかと考えたが、暗いところは気が滅入るし、ブトもかなわんなどとブツブツ言って、いつも通りの北白川仕伏町から京都一周トレイルの道。今日は、防虫スプレー2種類と蚊取り線香で武装している。顔ネットもザックに入れている。

 いつもよりは涼しく、秋の虫も鳴く中、ミンミンゼミとツクツクボウシも鳴いている。石鳥居まででずいぶんとトレイル・ランナーに追い抜かれる。降りてくるランナーとも出会う。近々大会でもあるのか。

 石鳥居から音羽川の源流の三つの谷を越えて、水飲み対陣跡。いよいよこれからの登りがきつい。アミノ・ヴァイタルで元気をつけて、進む。千種忠顕碑の分岐で、どちらに行こうかと考え、今日は八瀬ケーブル駅を通るルートではなくて、スキー場ゲレンデ跡の真ん中に直接行くルート。

 スキー場跡ではバラックの小屋も撤去されてきれいになっている。見晴台に着いて今日はここで昼食。見晴らしよく、また、涼しく、快適に昼食をすませ、山頂駐車場。ここでトイレ。それから大比叡に向かい、延暦寺境内の中に入って、延暦寺会館横から本坂へ。一度大宮林道へ降りることもしたいなあと言いながら、今日はいつも通りの本坂。

 比叡山高校の横に出てきて、日吉大社、坂本観光案内所。ここでトイレ、着替え。

 「甘味処うえだ」へ。半年ぶり。カキ氷のメニューも増えていたが、いつもの宇治金時とする。

 さっぱりしたところで店を出てJR坂本駅へ。あとは京都駅、そして近鉄丹波橋駅まで。

 シャワーのあとは今日はビールで締め。この時期、この場所、花は少ないものの、それなりにいろいろ見つけていろいろ楽しんだ一日だった。ブト、アブの被害にはあわず。




35.【8月23日】イン谷口→大山口→9:06青ガレ→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→コヤマノ岳南陵→コヤマノ岳→11:45武奈ヶ岳12:10→北陵→細川越→スゲ原→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:27大山口→イン谷口

青ガレ  金糞峠から   コヤマノ岳 キタヤマブシ   ギボウシ ヤマジノホトトギス 
 
ママコナ
 
ミヤマウズラ 

 先週の土・日はつぶれたので、今日の山行。台風がいくつも来ていて天気予報も不安定だが、武奈ヶ岳に行こうと決める。今日が95回目。スゲ原、広谷のキタヤマブシ探索が目的。

 午後からの天気も心配なので、早く行って早く帰ろうとの原則で、車で。さすがウィークデイ、イン谷口に駐めてある車は我々のを含めて4台。ブト、アブ避けの防虫液を噴霧してネットも持参で準備。

 ミンミンゼミ、ツクツクボウシの声に見送られて出発。時折陽も差すが、全体に曇り空。台風の影響か、風があり、汗はかくが涼しい。

 青ガレ下で水休憩。青ガレとりつきの堰堤下の水量もこの頃の好天続きで少ない。青ガレ途中で琵琶湖の方に目をやると、今日はよく見える。金糞峠までに追い抜かれた人は二人。

 さて、どのルートで武奈に行こうかと金糞峠で協議。最初はヨキトウゲ谷、中峠、コヤマノ岳のルートを考えていたのだが、やっぱりしんどいなあと意見の一致を見て、ヨキトウゲ谷からコヤマノ岳直登コースにする。このルートも斜面の角度が結構あり、我慢の登りとなる。ブトがうるさいのでネットをかぶる。今日はアブは少ないようだ。これも風のおかげか。

 中峠からの道と合流するところ近くになると、登りもやや平坦となり、ほっとする。コヤマのクラウンが眼に入れば、頂上も近いということになる。コヤマノ岳からコヤマノ分岐までブナの林の中をなだらかな下り。いつもうれしい道だ。

 コヤマノ分岐から武奈ヶ岳頂上が見える。二人ほど登山者が。

 最後の登り。頂上ではお一人が出発されるところ。この方は正面谷を登っていたときに追い抜いて行かれた方。とうとう頂上は我々二人で独占することになった。雲は相変わらず多いが、比良山系、北は蛇谷ヶ峰まで、東は琵琶湖までよく見える。北陵のコブで昼食。今日はおにぎり。デザートは冷やしぜんざい。

 さて、いよいよトリカブト、キタヤマブシ探索のはじまり。我々が北陵を降りているときに上がってくる登山者一人と出会う。今日出会った3人目の人で、これがすべて。

 北陵、スゲ原、広谷で早くも開花したキタヤマブシを観察。まだ蕾も多く、あちこちで咲いているという状態になるのは1、2週間後になるだろうか。ただ、蕾が全部咲いても過去の華やかさは実現しないだろう。

 八雲ヶ原でサギソウの名残4輪を確認した後、北比良峠、ダケ道で降りる。駐車場所に着いたところ、残っている車は2台だった。今日はHSひらもお休みだし、そのまま湖西道路にのって家路に。渋滞は全くなく、帰宅。

 山野草観察ではそれなりの成果を得たし、比較的涼しい中での山行で、満足の一日だった。締めは山名酒造の「純米生酒 ささ澄み」。


34.【8月16日】岩屋谷・滝谷出合→京都府立大学久多演習林管理舎→岩屋谷→支尾根末端→大杉→三国岳(959m)→稜線→P936→滑車のピーク(天狗岳分岐)→京都府立大学久多演習林管理舎→岩屋谷・滝谷出合

 
演習林管理舎 一ノ岩屋 ツルリンドウ 三国岳山頂 ヒヨドリバナ 滑車のピーク
 ミヤマウズラ

 小てつさんのお誘いで今日は高島トレイルの三国岳。小てつさんには出町柳でピックアップしてもらう。今日は午後から夕立、雨との予報だから、早く降りましょうと申し合わせる。

 大津市梅ノ木町で安曇川を渡り久多川沿いに久多下の町へ向かう。集落にはお盆で帰省中の車か釣りの人の車が散見。通い慣れた(?)岩屋谷・滝谷出合で駐車。身支度をしてスパッツの上からヒルよけのプレシャワーをたっぷり噴霧。車止めの鎖をまたぎ、林道を進む。早くもアブがうるさい。

 管理舎からは山道で沢を遡行。一ノ岩屋から三ノ岩屋まで不動明王が祀ってある洞窟が三つある。予想されたことだが、道にはヒルがお出迎え。昨日夕立がこちらでもあったのか、道は湿っている。小てつさんは夢で等身大の山ヒルを見たことがあるそうだが、いずれにしても気味が悪い。

 一ノ岩屋は道から近いのだが、二ノ岩屋、三ノ岩屋は道をはずれて行かねばならない。ヒルの餌食になるのはかなわないので、これはパス。途中遠くに鹿を見る。支尾根の末端に達するといよいよこれからは急斜面の登り。

 曇り空で、時折日が差すが、蒸し暑い。ここまで来るとヒルの心配はないが、アブのみならず小バエ、ブトまでつきまとい、こちらはかなわない。まずは大杉を目指し、さらに稜線を目指し、我慢の登り。時折風が吹くのが慰め。尾根に着いて三国岳へ。山頂写真の後、南西の方向に尾根を進む。P936を経て滑車のあるピークに。ここで昼食。

 お互い食べ物を交換しつつ、楽しい昼食。昼食後はいよいよ下山。ここも激降り。誰が呼んだか知らないが、「暴露坂」との名前がある。管理舎の屋根が見えてきてほっとする。
 
 管理舎近くの沢で顔を洗い、車を駐めてあるところまでぶらぶらと歩く。車に乗って途中トイレのあるところで着替えをする。スパッツを外していたところ、小てつさんの靴と私のスパッツにヒルが一匹ずつ。プレシャワーで弱っていたのか、中に潜り込んで血を吸うというところまではいっていなかった。やれやれ。さらにユッキーの目の横にブトが刺して、お岩さん状態になっていることを発見。おでこもブトにやられた。こんなに虫が多いと次回なんらかの対策を講じなければならない。

 まあそれはそれ。帰りの車中は小てつバー。楽しい話で盛り上がった。帰りのルートは久多峠、花脊峠を通って出町柳に。今日は大文字ということで、出町柳には大勢が。京阪で帰る途中、雨が降ってきた。京阪桃山で降りて、アーケードを出てからは傘を差して帰宅。心配していた洗濯物は娘が出かけるときに中に入れてくれていて助かった。

 今日も山名酒造の「夏にごり」で乾杯。誰にも会わなかった今日の山行。三国岳は奥深い。さまざまなお心遣い、小てつさん、ありがとうございました。


33.【8月13日】イン谷口8:35→サクラノコバ→ノタノホリ→11:16堂満岳(1057m)→金糞峠→奥の深谷→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→15:20イン谷口

 
 ノタノホリ 堂満岳  ツルリンドウ  堂満ルンゼ  サギソウ   堂満岳

 久しぶりにマラソンランナーH氏夫妻と一緒の山行。1年数ヶ月ぶり。

 坊村・牛コバ・奥の深谷・南比良峠・八雲ヶ原かイン谷口・サクラノコバ・堂満岳・八雲ヶ原か、どちらのコースにしましょうか
とH氏に尋ねたら、後者のコースということで、今日は堂満岳へ。

 8時20分JR比良駅発のバスでイン谷口まで。バスはほぼ全員が座れる程度の混みよう。イン谷口からはサクラノコバまでだらだらと降り、そこからは登り。別荘地を過ぎていよいよ山道。アブがすでに出てくる。私も背中の肩甲骨あたりのところをやられる。自分の手が届きにくいところなのでかゆみ止めがピンポイントでつけにくい。曇り空で陽はたまにしか差さないが、汗はだらだら出る。最初は植林の中なので風も通りにくい。雑木林のつづら折りを経て尾根に。いよいよこれから100mほどの登り。

 しんどいなあと言いつつ、からからに乾いたザレ道を落石に注意して登る。頂上では昼食に少し時間が早いので、金糞峠へと向かう。金糞峠からは奥の深谷で八雲ヶ原へ。途中の河原で昼食。一息つく。元気も回復。

 奥の深谷をさらに進んで八雲ヶ原。今日お目当てのサギソウ。30輪ほどあったか。このあと、熊と遭遇した場所を説明しながら北比良峠に。ここからはダケ道。我慢の降りが続く。大山口で顔を洗い、イン谷口のバス停に急ぐ。

 今日はほっとすていしょん比良はお盆休み。駅前の自販機でソフトドリンクを買ってうちあげ乾杯。今日も無事に帰ってこれました。家では鰹のたたきに山名酒造の「夏にごり」で乾杯。


32.【8月6日】 ガリヴァー旅行村9:42→大擂鉢→広谷→イブルキノコバ→12:43武奈ヶ岳13:00→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:15大山口→イン谷口16:00

 
ヤマジノホトトギス ホツツジ 武奈ヶ岳山頂 パノラマコースへ リョウブ ノリウツギ

 われわれの好きなコース、大擂鉢から武奈ヶ岳に行ってみようと計画。大擂鉢を渡るところが唯一難儀なところではあるが、このところ雨もあまりなかったから多分大丈夫だろうと考えて、8時15分京都駅で新快速に乗り込む。

 今日は本当に暑く、ばてばての山行だった。

 そう、その前に報告しておかなければなりません。ユッキーの落としてきたサングラスがイン谷口の管理事務所のところに置いてありました。どなたか存じませんが、届けて下さった方、本当にありがとうございました。

 さて、大擂鉢の渡渉。予想通り、水量は多くなかった。崩壊前の鎖が岩の上に残してあるが、これは使いにくい。これを使わずに岩を回り込む形で対岸に進んだ。水量が多いときにはこの方法も取りにくいかもしれないが。


 ここからは谷をつめていく。涼しくてわれわれのお気に入りのところ。最後に右岸に渡って斜面を登る。急なところだが、以前に比べると道らしくなってきている。

 ここから広谷まで水を離れてひたすら登っていく。いつも以上に汗が出て、しんどい。それにブトとアブがうるさくつきまとう。水音が聞こえてきて広谷も近いとなると、励みになる。しんどいさなかは、今日は武奈をやめて八雲帰りとしようかとも思ったほどだった。

 ここで給水、栄養補給。アミノ・ヴァイタル。3種類のアミノ・ヴァイタルを飲みくらべているところだが、ユッキーは俄然元気を取り戻す。私はそれほどでもない。ここからは1時間ぐらいで山頂だ。今日はそれ以上に時間がかかりそうだ。ゆっくりと歩を進める。

 やっと山頂に立てた。山頂とてあまり涼しくない。今日はイン谷口4時のバスに乗ると決めていたので、13時には山頂を発つことにしている。昼食は今日も京都駅SUVACOのおにぎり屋のおにぎり。今日は2個にしておいた。ここのおにぎりは気に入っている。夏はパンよりもおにぎり。牛乳と野菜ジュースを飲み、私も元気を取り戻した。

 あとはゲレンデ跡のパノラマコースを経て、八雲ヶ原。この前熊に会った道を熊鈴高らかに通り、北比良峠。そしてダケ道。またWatさんと会い、挨拶を交わす。十分余裕を持って大山口に出た。ここで後始末、着替え。管理事務所に来たところ、届け出のあったサングラスが3個。なんと、ユッキーのが真ん中に。奇跡が起こった。天は我らを見捨て給わず。

 16時のバスに乗ったところ、冷房が効いていて極楽、極楽、。駅で降りて、ほっとすていしょん比良に。いつものように、カキ氷とアスリート饅頭。

 うつらうつらしながら京都駅まで帰り、そこから近鉄で丹波橋まで。家に帰って、シャワーの後はビール。94回目の武奈ヶ岳。


31.【8月2日】 3合目8:45→10:20伊吹山山頂12:02→西遊歩道→3合目→1合目→14:07登山口→バス停14:30

 
3合目から9合目を望む カワラナデシコ 伊吹山三角点 頂上お花畑 コオニユリ ウバユリ
 ヒオウギ
 

 8月はじめのわれわれの山行は伊吹山と決めている。今年も okaoka さんのレポ(7月23日)を見て出かけることにした。

 ルートもいつも決めていて、上野登山口から山頂へのピストン。往きはタクシーで3合目まで、というのも毎年のこと。前日に予約で近江タクシーに電話したらJR近江長岡駅に到着の8時台は予約ですでに一杯で、9時台以降なら予約ができますとのこと。どうやらゲートを通る際の鍵の数が時間あたりの通過タクシーの数を限定しているようである。いずれにしろ、9時台では登りはじめがおそいので、都タクシーに電話してみた。すると都タクシーは予約制ではなく、駅で待っているのがあればそれに乗ってもらい、駅で待っている車がなければ電話してもらいたいとのこと。

 仕方がないので、駅に着いたら一番でタクシー乗り場に向かった。幸い、駅待ちの都タクシーに乗れた。登山口で入山料一人300円を払い、3合目まで。途中このタクシーの運転手さんと話をしていたら、昨年も気がついていた捕獲用の檻、あれは熊用ではなくて鹿用だそう。このあたり熊の情報はほとんどない、鹿は米ぬかをえさにしておびき寄せているのだが、時々しかひっかかからないとのこと。

 3合目でトイレ。すると14、5人の中学生も休憩をとっていて、話を聞いたら、伏見の神川中学の陸上競技部で、1合目の民宿で合宿していて今日は伊吹山山頂まで出かけるとのこと。みんなすがすがしい中学生たちで好感が持てた。この中学生たちと登りも下りも抜きつ抜かれつという状態になったが、さすが若い、陸上競技部の部員、元気だった。

 伊吹は木もないし、暑くてかなわんという声もあるが、なぜかわれわれが行くときは、いつもガスっていて、時折日が差すが、全体として涼しい。頂上でも下りの時でもガスっていた。汗は出るが、暑くてかなわんということはなかった。

 5合目を過ぎ、8合目まで行くときに、いつもならそこそこ花を楽しむこともできるのだが、今年は目を楽しませてもらえなかった。今後ずっとこういうことになるのだろうか。

 9合目になると、しかし、いつものように花見物で足を止めることが多くなる。そして頂上へ。まず、伊吹牛乳を買い求め、三角点の近くで昼食。ガスが出て見晴らしは全くない。今日は京都駅で買ったおにぎり3個。結構お腹がいっぱいになった。涼しい。去年は寒いぐらいでジャケットを着たことを思い出した。昼食後、頂上付近のあちこちで写真。ネットで保護しているからか、昨年よりは花が多いように思われる。

 茶店で伊吹牛乳のソフトクリームを買い求める。おいしい。昨年は寒くてコーヒーにしたことを思い出す。トイレを済ませて、西遊歩道で花見物。道にゲートができて鹿よけ。これのおかげか、柵の中の花は増えている感じ。

 あとは降りるのみ。神川中学の陸上競技のクラブのみんなと抜きつ抜かれつ。結構早く登山口まで降りられた。ここでまた伊吹牛乳を購入。2時30分のバスに乗り、近江長岡駅へ。ここでペットボトルの冷たいお茶を買い求め、電車に乗って、米原駅で新快速に乗り換え、京都駅へ。

 遠くへ出かけた割には意外に早く帰宅できた。今日の打ち上げは伏見の玉の光の「みぞれ酒」。氷らせているので結構辛口。刺身によく合った。


30.【7月23日】 イン谷口→8:28大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→中峠→ワサビ平→ワサビ峠→12:22武奈ヶ岳12:53→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:25大山口→イン谷口

 
青ガレ トリアシショウマ ヨキトウゲ谷 武奈ヶ岳 ウツボグサ ヤマジノホトトギス
 

 今日はまたしても武奈ヶ岳であるが、これには深い理由あり。

 実は前回ユッキーがまたサングラスを落としてきてしまったので、その捜索を兼ねての山行とあいなった次第。このサングラスは今年の母の日の子どもからのプレゼントだったのでぜひとも見つけたい。落とした可能性のあるのは帽子を脱いだときなので、可能性としては3地点。残念ながら結果としては見つからなかった。

 さて、今日の天気はやはり曇り空。汗はかくけれども、それほど蒸し暑くはなく、そこそこ快適に歩みを進める。朝方ぱらついたのか葉っぱは濡れ、道も少しは濡れている。青ガレから金糞峠。今日は土曜日なので日曜日よりは人が少ない感じがする。

 ヨキトウゲ谷から中峠へ。ここからワサビ平に今日は降りてみる。ワサビ平のトリカブトの多くはは下の方の葉っぱが黒くなって枯れている。これはよくない。ワサビ谷を登る前にアミノ・ヴァイタルで元気づけ。水分補給と栄養補給でこれはなかなかよい。これも小てつさんに教わった。

 ばてずにワサビ峠へ。さらにここから西南稜。風が吹き抜けて涼しい。武奈ヶ岳まで4つのピークがあるが、3つ目のピークに登るのがいつもしんどい。

 武奈ヶ岳に着いて昼食。この前の月曜日ほどには人は来ていない。しかし、多いことには変わりはない。遅くなると湖西道路の渋滞に巻き込まれるかとも考え、今日は北陵を通らずにイブルキノコバへ。そして、八雲ヶ原へ。テン泊する人がちらほら。そして、池を経て北比良峠へ少し上がったところで、ユッキーが熊を発見。10mぐらい先。熊鈴をつけ話をしていたので熊にもそれが伝わったか、道を横切り谷の方へ。カメラを取り出す暇もなかった。13時50分。

 目撃したのは1頭だけだったが、他にいるかもしれないし、このまま進むのは危険と考え、八雲ヶ原へ引き返し、ゲレンデ跡を登って北比良峠へ行くことにした。こんなところに熊がいるのはテン泊している人の残飯かなにかに味をしめたからなのだろうか。ともかくも要注意

 北比良峠からはダケ道で、大山口まで。ここで顔を洗い、靴の泥を落とし、車の所へ。着替えを済ませ「ほっとステイションひら」へ。カキ氷とアスリート饅頭。なんやかやで遅くなったけれど、恐れていた渋滞もなく、無事我が家まで。

 シャワーの後は山名酒造の純米大吟醸「奥丹波」。青木杜氏の作で、シャープでありながら奥行きの深い酒。言うことなし。

 今日はサングラスは見つからなかったけれど熊を見つけたというお話。お後がよろしいようで。


29.【7月18日】 イン谷口8:08→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→中峠→コヤマノ岳→11:50武奈ヶ岳12:10→北陵→細川越え→スゲ原→イブルキノコバ→八雲ヶ原→イブルキノコバ→北比良峠→ダケ道→15:06大山口→イン谷口

 
 青ガレ 山アジサイ  コヤマノ岳   武奈ヶ岳  ナツツバキ  ノリウツギ
ノギラン 

 今日のテーマは名残のナツツバキを求めて。この花は一斉に咲くということがあまりなく、また、高木で花を間近に見るのがむつかしいということもあってか、山仲間では比較的人気が薄いように思われる。夏になると特に比良では花が少なくなるので、われわれにとっては楽しみの花の一つ。

 涼しいところを行こうかということで、正面谷から金糞峠、そしてヨキトウゲ谷。ここで毎日のように比良に来られているHさんに出会う。「ここは涼しくていいですね」と話を交わす。時折日が差すが、基本曇り空。汗は出るが比較的涼しい。いつもそうだが、中峠に到着すると風が吹き抜け、涼しく、快適。

 コヤマノ岳から武奈ヶ岳へ。山頂記念写真のあとは昼食。けっこう人が多い。小学生、中学生を含むグループも見られる。また、これから信州の山に出かける予行演習で来ている人もいる。

 アキアカネの乱舞。今年は特に多いように感じられる。今日は家でつくってきたおにぎりとお茶でお昼。食べたあとは北陵を降り(ここの粘土質の斜面はいつも滑らないように注意が必要)、細川越え、そしてスゲ原へ。オオバアサガラももう花は終わった。

 ここのコースもスゲ原のどろどろ道はいやだけれども、全体としては沢沿いで涼しい。広谷からさらに沢沿いにイブルキノコバへ。ここから八雲ヶ原。細川越えから八雲ヶ原までは誰にも会わず。

 池を通って北比良峠に。休憩。あとはダケ道をひたすら下る。登りはずいぶん抜いていってもらうが、下りは何組かの先行グループに先に行かせてもらう。ユッキーの本領発揮。

 車が多かったのでトイレ前より下の所に駐めてあった車で着替え。今日はHSひらお休みのはずなので、そのまま湖西道路で帰路に。さすが「海の日」。いつもより早く渋滞の列に。まあ仕方がない。名神はそれほどの渋滞もなかった。

 シャワーの後は今日はアクア・パッツァに合わせて白ワイン。うーん、美味いということになる。



28.【7月10日】イン谷口→正面谷→金糞峠→八雲ヶ原→イブルキノコバ→武奈ヶ岳→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→イン谷口

     
青ガレ イブキジャコウソウ 武奈ヶ岳 ナツツバキ トリアシショウマ タマガワホトトギス
オニノヤガラ 
カキラン
 

 またしても武奈ヶ岳である。昨日土曜日の雨。そして雨上がりの今日。すっきりとは晴れない。曇り空で、車を湖西道路を走らせているときに見える比叡山も比良山系も雲の中。日が差さないから少しは涼しいかとも思ってみるが、車をイン谷口に駐めて、実際に歩き始めると蒸し暑い。

 ゆっくり歩を進め、まずはアオガレ前で休憩。渡渉するところではやはり増水しており、堰堤から流れ出す水も多く、大きな音を立てている。濡れた岩に足をかけるときには滑らないように慎重に進む。

 2回目の休憩は金糞峠で。そうしたらYさんが登ってこられる。ここからは3人で花巡り。今日は久しぶりに奥の深谷から八雲ヶ原に。この道は気分をゆったりとさせるいい道。八雲ヶ原からはイブルキノコバへ。そして谷筋を一路武奈ヶ岳目指して。途中でWさんに会う。武奈山頂は見晴らしがよくなさそうだからとコヤマノ岳まで行って今下山途中とか。ずいぶんと潔いこと。ピークハンターではないのだけれど、私だったらやっぱり一応山頂まで出かけるところ。

 昨日雨であったことも関係するのか、今日はずいぶんと大勢の人が山頂に。 ガスっていて見晴らしはよくないが、これはこれで神秘的。特に東の方はガスの中で、琵琶湖は見えない。適当な場所を見つけて3人で昼食。

 帰りに投票する予定なので、今日は早く帰れるようにと、北陵を回る計画をやめて、八雲ヶ原までは往きの道を選ぶ。

 八雲ヶ原から北比良峠へあがる道はいつもしんどい。「下りの登り」である。やっとこさで北比良峠。ここからダケ道に。ここで登山道をとらずに神璽の谷へ降りようとしているグループ発見。装備とか山慣れしているかどうか見てみると、どうもあまりそうは見えない。ダケ道の方が安全・安心ですよと一応アドヴァイス。「ご忠告ありがとうございます」と言いながら、神璽の谷を降りていく決意に変わりはなさそう。こちらとしてはあきれながらも「気をつけてね」と言うのみ。何事もなければ良いが。

 ダケ道の途中で補修中のWatさんにまた会う。感謝・感謝。

 大山口で靴や杖を洗い、車の所へ。着替えをして、車に乗り込み、ホットステイション比良へ。

 3人声をそろえて「武奈ヶ岳スペシャル」のかき氷。アスリート饅頭も頂く。Yさんと別れてわれわれは車。湖西道路は渋滞。夏になるといつものことだが、やはり、水遊びに琵琶湖ということなんだろう。


 参議院選挙の投票をすませて帰宅。シャワーのあとはビールで締め。乾杯。91回目の武奈ヶ岳。今年中に100回達成できるか。


27.【7月3日】イン谷口8:06→大山口→青ガレ→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→コヤマノ岳南尾根→コヤマノ岳→11:18武奈ヶ岳11:57→イブルキノコバ分岐→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→14:41大山口→イン谷口

     
青ガレ 山アジサイ コヤマノ岳 武奈ヶ岳 コアジサイ ツルアリドウシ
 
 

 赤坂山へキンコウカを見に行こうかとも考えたが、湖北は雨ということだし、肝心のキンコウカももう終わりだろうということで、またまた武奈ヶ岳。今日は武奈ヶ岳90回目。

 午前中は曇りだが夕方ぐらいから雨という予報だが、湖西道路を進んでいると、比叡山も比良山系も雲の中で稜線は全く見えず。仕方がない。いやむしろ日差しが強くなくて登りやすいかとポジティヴに考える。8時前にイン谷口に着いたのだが、車の多いこと。結局トイレより下の所に駐める。

 どうやら車の多いのは昨日からのテン泊の登山者か、朝早くグループで車を連ねて来た登山者のものと勝手に推定。

 登りはじめは蒸し暑い。汗を多量にかきながら歩を進める。青ガレの前で休憩。なぜだか分からないが、いつも青ガレを登る頃からエンジンがかかるような感じ。コアジサイはもう終わりだが、山アジサイはきれい。金糞峠に近づくにつれて風が出てきて涼しくなる。金糞峠に着いてまた休憩。

 さて、どの道を行こうかと思案。汗のせいか、しんどいなあということで、やはり、最短ルートで登ろうと、先週と同じという芸のなさ。仕方がない。雨がぱらっと来たが、ザックカヴァーをつけるほどのこともなし。汗冷えもあるのでレインウェアを着る。

 ヨキトウゲ谷から斜面をジグザグ登ってコルに。ここからはひたすらコヤマノ岳を目指して登る。ブナの木が多くなってくると山頂も近いということになる。この間ずーっとガスの中。これもまた絵になる景色。positive thinking !

 イブルキノコバ分岐あたりから武奈ヶ岳山頂を見てもガスの中。山頂には11時18分に到着。強い風を避けられるところで昼食。

 昼食後は久しぶりに分岐からイブルキノコバへ。谷筋を歩く。あとは八雲ヶ原、湿原を通って北比良峠、ダケ道。先週倒木で通れなくなっていたところも、倒木をきれいに片付けて再び通れるようになっていた。これもWatさんのおかげか。

 車の所に降りてきて、着替えをして、一路「ほっとステイション比良」へ。やはりカキ氷でしょう。それとアスリート饅頭。

 たいした雨にも降られず、日差しもなく、涼しい山歩きだった。湖西道路から名神で帰宅。シャワーのあとで今日はビールで締め。

P.S.マダニのウィルスにやられて高島の病院から京都市内の病院に緊急搬送された人のニュースがありました。高島の猟師さんだそうです。「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」。1、2週間の潜伏期間あり。今のところ治療方法がない。これも最近インフルエンザの薬が効くかもというニュースがありました。私がやられたときも、咬まれてから1、2週間の期間は恐怖の日々でした。