2016年の山行        
・リンク 【2015年】 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home


26.【6月26日】イン谷口8:12→大山口→青ガレ→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→コヤマノ岳南尾根→コヤマノ岳→11:23武奈ヶ岳11:45→北陵→細川越→スゲ原→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→14:23大山口→イン谷口

     
青ガレ イチヤクソウ コアジサイ コヤマノ岳 武奈ヶ岳 オオバアサガラ
 
 イワキンバイ
 

 土曜日25日は雨ということで、本日なら曇り時々晴れ、夕方から雨との予報。日曜日の山行となる。少なくなりはしたが花を求めての武奈ヶ岳。

 本日は息子が夜に東京に帰るので、5時には家に帰りたい、そこでできる限り早く出発しようとなる。

 8時前にはイン谷口に着いたがすでにかなり多くの車が駐車。トイレ前にやっとスペースを見つけてこちらも駐車。昨日の雨や今日の夕方からの雨に備えてゲイターもしっかりと。なんやかやとしていると準備に時間がかかる。

 少し蒸し暑いがぼちぼち出発し、いつものように、まず青ガレ手前で休憩。緑が一段と清々しい。

 高度をあげると次第に蒸し暑さは気にならなくなる。琵琶湖のほうはガスっていてほとんど見えない。金糞峠手前の生き残っていたジキタリスも花は終わっていた。

 金糞峠で本日2回目の休憩ののち、ヨキトウゲ谷の方向に。そしてそこからコヤマノ岳南尾根。2週間前と全く同じコース。

 コヤマノ岳まで来るとあとは気持ちよくブナの林を抜け武奈ヶ岳に。ショートカットの道を歩いていたら、Yさんの姿が見える。一緒に山頂に着き、北陵の肩のところで昼食とする。われわれがそろそろ立ち上がろうとしていたところ、なんと、かおりさんが到着。

 一足お先に出発させてもらったわれわれは粘土質のずるっと滑りやすい道を慎重に進んでいくと、細川越の手前で、なんと、M2さんと会う。イン谷口から釈迦岳、ナガオ尾根、釣瓶とまわって、これから武奈から堂満にまで足を進めるとか。いつもながらの健脚。恐れ入ります。われわれだったら3日分のコース。

 さて、2週間前に目をつけていたオオバアサガラ。細川越から沢へと降りていくところのそれは、なんともう花が終わって花の房はスケルトンのようになっている。先週来ればよかったのかなあと落胆しながらスゲ原、広谷と向かう。ところが、大木になっているオオバアサガラではまだ花を残しているのを発見。よかった。

 こうして、広谷、イブルキノコバへ。ここで、山頂でお会いしたかおりさんと再会。八雲ヶ原から北比良峠へ。ここで休憩。あとは長いダケ道を降りる。途中1ヶ所で倒木が道をふさいでいるところに出会う。ここは手前の急斜面を降る。小てつさんに訓練を受けたわれわれ、このぐらいだったら平気。

 カモシカ台を経て、大山口に着いたらYさんと再会。一緒に車の所に行き、HSひらまで。3人とも口をそろえて「かき氷」。少し遅れてバスでかおりさんも来られる。

 帰りの道では湖西道路が渋滞。やきもきしたが、5時すぎになんとか家に到着。

 カミツレ湯のあとは、今日は山名酒造の梅酒(この梅酒は純米酒でつくったもの)をアペリティフに。乾杯。ササユリとオオバアサガラを見られたので満足。


25.【6月18日】JR近江高島駅→9:12音羽登山口→岳山→鳥越峰→12:28岩阿沙利山13:00→嘉嶺ヶ岳→寒風峠→オトシ→涼峠→楊梅滝(雌滝)→15:58JR北小松駅

     
賽の河原 白坂 岩阿沙利山 名残のヤマツツジ ヤマボウシ ササユリ
 
 
 楊梅滝(雌滝)
 

 Wさんのササユリ情報をYさんから聞き、久しぶりのリットル比良行き。いつもは北小松からスタートしているのだが、今日ははじめて近江高島から。どちらからのほうが楽かの確認もかねて。結論から言えば、どちらとも言いがたし。

 エネルギーを残しておこうとまずは近江高島駅から歩かずにバスに乗る。音羽で降りる。大炊神社にトイレあり。新しい道標があって、登山道は難なく分かる。岳山までは粘土質の道あるいは石の道でさらに水が流れている。さっそくスパッツをつける。この前と比べるとずいぶんと木が茂り、岳観音堂跡もずいぶんと小さくなったような印象。

 岳山から鳥越峰、そして岩阿沙利山に到着。ここでYさんに追いつく。今日はじめて会ったYaさんともども昼食。

 ここから嘉嶺ヶ岳、寒風峠と4人で歩を進める。今日は暑く、岳山に着くまでにすでに汗だく。暑さのためか、特に昼食後の寒風峠までの上り下りにはつらいものがあった。ここからオトシを経て涼峠へ。このオトシの道が前回来たときとはずいぶんと異なる印象。再考の必要あり。

 涼峠から楊梅滝(雌滝)の滝下までYさんに案内されて出かけ、涼しくなったところでJR北小松駅まで。JRは1時間に2本しかなく、ゆっくりと着替えをし、自販機(駅にはない)でお茶を買って冷たいところを一気飲み。
 
 こうして、山科駅まで列車の中で山談義。あれこれ話をしていたらあっという間。

 家に帰ってカミツレ湯のあとは山名酒造の「社」。ご苦労様でした。それにしてもリトル比良はしんどい。花がなければあまり行く気にはなれない。

 



24.【6月11日】イン谷口→8:05大山口→正面谷→9:25金糞峠→ヨキトウゲ谷→コヤマノ岳南尾根→コヤマノ岳→10:58武奈ヶ岳→北陵→細川越え→スゲ原→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道14:25大山口→イン谷口

     
ナルコユリ コアジサイ コヤマノ岳 武奈ヶ岳 コハクウンボク ヤブデマリ 
折られたジキタリス 
 
ヒツジクサ 
 

 月1回の武奈ヶ岳詣で。さるところに見つけたササユリとジキタリスがその後どうなっているかを見届けるのも本日の目的。

 8時前にイン谷口トイレ前に到着。いつもより少し早く着いたのだが、すでに車はかなり多い。お天気は曇り。夜には雨が降るとか。日が差さない分、少し涼しいか。しかし、蒸し暑いことは確か。

 エゾハルゼミ、ツツドリ、ウグイスの声を聞きながら、青ガレ、正面谷を登っていく。金糞峠近くに来たところ、なんと、楽しみにしていたジキタリスが根元から折られているのを発見。明らかに人間の仕業。なんでこんなことをするのだろうか。斜面の上の方のはかろうじて被害を免れていた。

 落胆しながら、さらにヨキトウゲ谷のほうに進み、コヤマノ岳南尾根にとりつき、登っていく。今回は比良の王道への道はとらなかった。コヤマノ岳に着いても琵琶湖方面はぼんやりとかすんでいる。ブナの林を抜けてイブルキノコバ分岐から頂上へ。時間は早いものの、もうすでに山頂に人が見える。

 今日は北陵から降りようということで、少し風もあったが、山頂から北陵へ向かうところで昼食。次の楽しみはコハクウンボクとヤブデマリ。

 今年のコハクウンボクの豊かさ。こんなにもたくさん咲いているのははじめて見た。これだけでも今日の目的は達成された。そして、さらに、ヤブデマリ街道。スゲ原、広谷へと歩を進める。

 イブルキノコバ、八雲ヶ原。ここでヨネチャンとばったり。しーちゃんも来られていて、ダケ道で下山されているとか。HSひらで再会を約束して、ヨネチャンは奥の深谷から金糞峠へ。われわれは北比良峠からダケ道へ。降りてきて車の所まで行ったもののヨネチャンは見えず。これは先に降りられてもうJR比良駅方向に向かっておられるのか。携帯に電話したところ、やっぱりそうだった。今更ながらではあるが、ヨネチャンのスピード、大変なもの。

 というわけで、急いで車を走らせてHSひらに着いたところ、しーちゃんもヨネチャンもおられた。しーちゃんとは久しぶり。今日の収穫をみんなでわいわいと話す。われわれはまず、かき氷。そしてアスリートまんじゅうも頂く。さて、帰ろうかと思っていたところ山休さんが登場。かおりさんの記念登山以来の再会。

 帰りはさほどの渋滞もなく湖西道路、名神で帰宅。本日の締めはビール。サントリー・ザ・プレミアム・モルツ。デザートはHSひらでお土産としたプリン。これがまた正直につくったプリンでおいしい。
 


23.【6月5日】古屋→三国岳→丹波越→お茶屋跡→桑原

   
熊が・・・ ヤマボウシ 三国岳 ハクウンボク ツルアジサイ
 

 さまざまな宿題ができたので、今日も三国岳。宿題の一つは前回の三国岳行きで見つけたものが、コクランかクモキリソウかということ。大論争が起こり、確認のため本日の山行。結論は花もない状態なので分からないということになった。

 小てつ、JOE、われわれの4人組。出町柳のバス停には誰もバスを待っていない。まあ、こんなときに山へ行こうとする者はよほどの物好きか変人には違いない。強い雨ではないが、雨の中、フル装備で出発。鉄砲の音がするのでどきっとする。小てつさんによれば獣よけの空砲でプロパンガスで鳴る仕掛けだそう。あまりいい気がしない。

 尾根に上がって分かったことは、この獣とは熊のことらしいということ。つい最近熊にやられたと思しき剥がれた木の皮を発見。樹液を吸うとかで剥がされた樹皮の下には牙の跡が。こわい。

 滋賀ピークからいったん下がって昇り返して三国岳頂上。なんやかやと話をしながら比較的楽に山頂までこれたのも、気温がやや低いためか。山頂でゆっくりと時間を過ごす。もちろんわれわれで独占。天気予報通り、雨も上がった。

 2週間前と同じルートで降る。一番の収穫はハクウンボクがこれほど見事に豊かに咲いていたのを見たこと。われわれにとってははじめて。何年かに一度の咲き時があり、今年それに当たったよう。これは小てつさんの話。幻想的だった。

 帰りはいつもの小てつバーで、今日一日のあれこれを話しながら帰途についた。

 今日の締めは藤岡酒造の「蒼空」。


22.【5月29日】イン谷口8:01→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→中峠→ワサビ平→ワサビ峠→西南稜→12:15武奈ヶ岳13:02→コヤマノ岳→コヤマノ岳南尾根→金糞峠→正面谷→15:26大山口→イン谷口

     
ジャケツイバラ ミヤマナルコユリ ワサビ平 ベニドウダン サラサドウダン  レンゲツツジ
 ハスノハイチゴ
 
デワノタツナミソウ
 
 

 今月は1回も武奈ヶ岳に行っていない、ということで本日の山行。頂上でNさんと会う予定。

 湖西道路を車を走らせていると比良山系は雲でぼんやりとしか見えない。それほど渋滞にもひっかからずに無事到着。

 出発にどうも時間がかかる。スパッツを着け、服の調節を行い、出発。少し蒸し暑い。曇り空の中、ゆっくりと大山口から青ガレを目指して歩を進める。フジやキリの花はすでに落ち、ウツギやタニウツギは花を開かせている。ユキノシタやシライトソウやジャケツイバラやフタリシズカの花を見ながら金糞峠を過ぎヨキトウゲ谷に入る。金糞峠のシロヤシオはすでに花を落としていた。

 今日は久しぶりに比良の王道、ワサビありで行く。温度がそれほど高くないからなのか、水の消費量も普通で、歩きやすい。

 中峠に着いて、いったんワサビ平に降り、それからワサビ谷を登る。今日はいつもほどにはしんどくない。ワサビ峠に到着。さて、ここからはサラサドウダン、ベニドウダンのトンネルを抜け、西南稜に出ると、今度はレンゲツツジ。この朱色が緑に映える。ヤマツツジもすでに咲き始めている。琵琶湖の方はもやっていて見えないが、この曇り空は写真を撮るのには好都合。

 山頂に着き、Nさんとお連れのMさんの到着が見えるようにと、すぐ近くで昼食とする。場所を決めていたところ、Nさん一行が到着。挨拶もそこそこに昼食。

 下山はNさん、Mさんとご一緒にコヤマノ岳から南尾根で金糞峠に。あとは往きと一緒。花の確認をしながらイン谷口の車の所へ。NさんとMさんを比良駅に送り、われわれはHS比良に。なんとなんと、かおりさんが店を出ようとしておられるところだった。

 かおりさんはわれわれとさらにお付き合いして下さった。この前の桟敷ヶ岳の写真を頂いた。私はアスリートまんじゅう(カレー味)とホットコーヒー。ユッキーはアスリートまんじゅうとホットゆず。

 山の話、花の話でもりあがる。そうそうわれわれの仲間ではYさんが午後早くに店に寄られていて、出られたあとにかおりさんだったそう。ほんのわずかな時間ですれ違い。


 30分ほどいたろうか、かおりさんとはまたどこかで会いましょうということで別れ、われわれは車に乗り込む。帰りも順調に湖西道路、名神と進み無事帰宅。

 息子も帰っていて一家4人で夕食。山名酒造の純米吟醸・生熟成酒「奥丹波」で乾杯。ご苦労さんでした




21.【5月22日】古屋→三国岳→丹波越→お茶屋跡→桑原

   
登山口 ギンリョウソウ 三国岳 お茶屋跡 サラサドウダン
 アカモノ
 
ヤマボウシ 
 
 

  高島トレイルで行き残していてぜひ行きたいところと言えば、三国岳。小てつさんにお願いしてご案内頂く。JOEさんもご一緒。

 出町柳でピックアップしてもらい、鯖街道梅の木から入っていく。途中、鯖街道ウルトラマラソンのランナーが若狭を出発して京都目指して走ってくるのに出会う。そう言えば、今日出かけるところもその道の一部であった。

 車を古屋近くでデポして出発。今日はお天気よし。歩いているとやっぱり暑い。長袖1枚でも汗が出てくる。水は今日は1.5リットルもってきた(最終的には1リットル飲んだだけであった)。

 三国岳は本当に深い山である。今日出会ったのは山頂近くでお一人だけ。ところどころのヴィユーポイントでは百里ヶ岳のそびえているところが見えた。

 山頂はわれわれ4人だけで独占。JOEさんからはノンアルコールビール。
小てつさんからはタムシバ茶を頂く。下りはお茶屋跡経由で。ルート全体としては特に厳しいところは一つもなかった。

 降りてきてゆっくりと花を探しながらデポ地に向かう。車のところで着替えて、またしても小てつさん差し入れのビールで喉を潤しながら、帰りは木屋町御池まで。

 早く帰宅できた。あとはゆっくりとカミツレ湯のお風呂に入り、締めは山名酒造の「生貯蔵酒」。おいしい。

 小てつさん、JOEさん、ありがとうございました。花が目的のわれわれ4人組。楽しい山行でした。それにしてもJOEさんの眼のすばらしさ、発見力。驚きました。

 季節は急速に夏に向かっています。5月、6月、さらに花の展開があります。また、よろしく。

P.S. 月曜日お風呂に入っていたところ、なにやら見えないが背中の下、腰のあたりにカサブタがあるよう。むしり取ったら血も出なかったが、なんと、マダニ。ひぇーということになる。で、本日、近くの皮膚科クリニックに出かけて見てもらう。マダニ媒介性感染症として、三つの可能性があり、一番怖いのは重症熱性血小板減少症候群:SFTSウィルス。もし1週間ぐらいして高熱が出てきたら、即刻、救急病院に行けとの先生のお言葉。まあ、発症するのは1%ぐらいとか。この病気には対症療法しかない。しかも、今日そのウィルスが体に入っているかどうかは分からないとのこと。この1週間、私は熱が出ないことをひたすら祈るしかない。ライム病に関しては可能性は低い。日本紅斑熱に関しては一番可能性が高いので、これには薬を出す。

 ということで、先週は山ヒル、今週はマダニと何かたたられたように私だけが犠牲者に。山ヒルに関してはどうしようもなかったが、今回のマダニについては、足回り、ズボンの下半身は大丈夫だったが、長袖のシャツの裾を出していたのがまずかったよう。これからは注意したい。




20.【5月15日】ミステリーツアー高島トレイル

   

 小てつさんのお誘いを受けて高島トレイルへ。花の保護のため詳しいルート等は省かせて頂きます。悪しからず。

 今日もいい天気です。小てつ、JOE、われわれの4人のパーティー。

 今日の最大の事件は、私が山ヒルにやられたことでした。これがなんとはじめての体験。下はゲイターはいてプレシャワー噴霧して万全の態勢だったのだが、左手の手袋と長袖のわずかに空いた隙間でやられた。まだ吸い始めらしく、それほど太くはなっていなかったが、あわててつまんで捨てた。あとでも先でも痛みもかゆみもなく、ただ血が止まらない。無理矢理バンドエイドを貼り付けておいた。

 問題はどうして山ヒルは我が手首に食らいついたかということ。これが解明できれば予防策も講じられる。上から落ちてきたのか、それとも服のどこかに付いて隙間探して移動したのか。分からない。他の3人には被害なし。


 帰りの車でまたいつものようにビールを頂き、家路につきました。家での締めもビール。

 小てつさん、JOEさん、ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。


19.【5月8日】岩屋橋→9:40志明院→薬師峠→岩茸山→11:50桟敷ヶ岳12:50→祖父谷林道→14:50岩屋橋15:10

   
クリンソウ ヤマツツジ 岩茸山 桟敷ヶ岳 コケイラン
 
ルイヨウボタン 
 
 

 かおりさん、おめでとうございます。

 今日はかおりさんの山行1000回達成記念の山行き。北大路のモクモク号バス停に集合。お祝いに駆けつけたのが8人。20分ぐらい前に着いたのだが、すでに8、9人が待っている。これは最初のマイクロバスには乗れないなあと思っていたところ、なんと列にJOEさんが。「お久しぶりです」ということになる。


 9人乗ったマイクロバスが定時に発車。われわれはタクシーを待つ。空のヤサカタクシ-は次々通るのだが、われわれを拾ってはくれない。あとで聞いたところによると、モクモク号の代わりのタクシーは上賀茂営業所にある特定のタクシーに限るとのことだった。

 20分以上は待っただろうか、やっとタクシーが来て出発。500円で岩屋橋まで。ここで登りの遅いへたれのわれわれは追加料金で志明院前まで行ってもらった。ワンメーター。ここから登り始める。

 薬師峠で8名全員がそろう。賑やかにみなさんとお喋りしながら登る。岩茸山に登るかどうか多少迷ったが、やはりせっかく来ているのだからということで直登コースをそのまま登る。


 こうして鉄塔広場から山頂に向かう。ここで山休さんとお連れにも出会う。昼食。みんなの寄せ書きを贈呈して、記念撮影。

 ナベクロ峠、祖父谷峠を回るルートも候補にあったのだが、岩屋橋3時10分発というバスの制約は大きく、山頂からすぐに下山ということになる。山頂からすぐに降りていくルートと送電線鉄塔のところから降りるルートの二つがあるが、鉄塔の方から降りるルートを選択。最初は傾斜がややきついが、徐々に穏やかに。道はしっかりついている。


 祖父谷林道に降り立つとあとは南へ南へと進むのみ。ここでJOEさんと再会。斜面をきょろきょろしながら歩く。JOEさんはアクセルを踏まれたので先に行ってもらう。林道でもいくつかの発見があったので、長いとは言えそれなりに楽しめた。

 最初のモクモク号、後続のタクシーに別れて出発。岩屋橋にて流れ解散となる。


 ネットでつながったみなさんと楽しい愉快な山行でした。かおりさんのお人柄でこういうご縁ができたのに違いありません。かおりさん、みなさん、またどこかで。



18.【5月5日】石庭8:54→11:43大谷山→12:25寒風12:54→粟柄越え→ブナの木平→15:02マキノさらさ温泉バス停15:13

   
オオバキスミレ カタクリ 大谷山山頂 オオイワカガミ マルバアオダモ
 
 
 
 

 この時期恒例の大谷山、寒風にYさんも誘って出かけることにした。今日はいいお天気。

 バスとの接続がそれほどいいとは言えないし、時間に余裕をもって登りたい(早い話が時間を気にせずに花の写真を撮りたい)ので、石庭の登山口まではタクシーで。

 防獣柵を開けて登り始める。オオイワカガミがお目当ての一つの今日の山行だが、登り始めて目につくオオイワカガミに花はない。これは困った。しかし、上の方に行けばたぶんあるだろうと前向きに考え登っていくと、やっぱり目に飛び込んできた。


 704mの白石平の少し前からオオイワカガミが次々に現れてくる。ここから北に向きを変え百瀬川源流へと向かう。パノラマコースというのか見晴らしコースというのかの道もあるのだが、いつもここはとらない。開花してから時間が経ったカタクリの花も見えてくる。上を仰げばブナの若葉が美しい。

 尾根を登ると視界が広がり、大谷山も近い。今日は風が強い。風速10mは優にあろうか。お天気はいいのにこの強い風。稜線ではこれに泣かされる。大谷山で写真を撮ったらYさんの三脚が倒れたほどである。

 吹き飛ばされるような強い風に姿勢を低くして寒風に急ぐ。木立のあるところに入って昼食。大谷山から寒風までの稜線ではカタクリの花をあちこち見つけるが、開花してから時間が経っているようで、花もくたびれていて、いつもの年の感激はない。すべてに言えることだが、今年は開花が早い。

 昼食後、粟柄越えまで行き、バスの時間も気になるし、ここから山頂までは花も期待できないということで、いつものように赤坂山へ行くのは省略。しかし、ブナの木平まで、花を愛でながら降りていく。

 300mあたりまで降りてくると道の分岐がある。いつもは崩れた階段道を行くのだが、左手の道を行けば歩きやすいですよとYさんに教えられて、われわれとしては初めての道をとった。確かにこちらの道の方が歩きやすい。階段も少しはあるがこちらは崩れていない。距離もさほど変わらない。ちょうどテニスコートの裏に出てすぐにさらさ温泉の裏となる。

 バス待ちの間にトイレに行って着替えをすませ、バスに乗る。マキノ駅でしばらく待つと新快速が入ってくる。

 JR山科駅まで花の話,山の話であっという間.ここでYさんとは別れ,われわれは京都駅まで.京都駅ではいつもの「京あんじゅ」でいつものやつ。家に帰ってお風呂の後はサントリー・ザ・プレミアム・モルツ。乾杯。ご苦労様。

 今日も一日花巡り。Yさん、おつきあい頂きましてありがとうございました。


17.【4月30日】ゲート前→河内谷林道→ノトマタ→三重ヶ嶽→本谷→河内谷林道→ゲート前

   
ウスギョウラク カタクリ 三重ヶ嶽山頂 ヤマエンゴグサ オオバキスミレ
 
 
 

  高島トレイルの大日尾根に行きたいなあというわれわれの希望を小てつさんにお願いしていたら、心優しくもかなえてくださって今日の山行。ただし、われわれのほうに用事が入り、夕方6時までに帰宅しなければならず、そこで、大日尾根はまたの機会にということで、三重ヶ嶽(974.1m)までとする。

 お天気はやや雲は多いものの、晴れ。出町柳でピックアップしてもらって鯖街道を北上。途中坊村でセンターの駐車場を見たらすでに一杯の車。今日も武奈ヶ岳は登山者であふれかえることだろう。

 角川林道、石田川ダムを経て河内谷林道ゲート前で駐車。河内谷林道を北に進み、ノトマタ谷から三重ヶ嶽へ。

 林道の斜面をきょろきょろしながら花を探して進む。登山口から北西方向にノトマタ谷を登っていく。最初はかなりの傾斜の植林地を登る。踏み跡、道らしきものはあるのだが、落葉した杉の葉で覆われよく見えない。適当にジグを切って登っていく。こういう道も小てつリーダーのもと、われわれもかなり慣れてきている。

 さらに狭い尾根を登っていく。シャクナゲの群生地が現れる。ここのシャクナゲは背の低いので有名なのだが、残念ながらすでに花は散り始めている。今年の開花期は本当にまちまち。

 ブナの林が出てくると山頂も近くなってくる。しかし、近づけば近づくほど先にあるような錯覚を与えるほど近さは実感できない。本谷との道の合流点までくれば、山頂は近い。ブナは芽吹き、すでに葉を広げているのあり、これからというのもあり。春だ、若葉だということで元気を与えてくれる。

 ようやく山頂に着いた。昼食は大日尾根の予習をかねて(?)、さらに北へ進み昼食。小てつさんからはタムシバ茶、われわれからは水ようかん。暑くもなく寒くもなく、この草稜で昼寝がしたいと思うほど気持ちがよい。左手に若狭の海、右手には琵琶湖。

 さて、下山である。先ほどの三重ヶ嶽山頂まで戻り、本谷コースで降りる。かなり急な傾斜でここを登りには使いたくないなあとも思う。こちらにもシャクナゲがあり、ノトマタのそれよりも花は残っている。

 林道に降りてからは、山野草を見つけながら車の駐車しているゲート前まで進む。花に関してはかなりの収穫があった。

 着替えをして車に乗れば、小てつバー。サントリー、ザ・プレミアム・モルツ。家に帰って、さらにビールで締め。

 今年の春はいつにもまして忙しい。花期を見極めるのがむつかしい。

 小てつさん、ありがとうございました。充実した1日でした。


16.【4月24日】イン谷口→サクラノコバ9:54→13:00東稜道→12:27堂満岳→金糞峠→北比良峠→ダケ道→15:52大山口→イン谷口

   
ノタノホリ イカリソウ 堂満岳 シャクナゲ イワウチワ
 
 
 

 堂満のシャクナゲはそろそろどうなっているだろうかと考えていたところ、この前ガリヴァー・武奈ヶ岳にご一緒したNさんが堂満に下見に行かれるとか。それではご一緒しましょう、ということで、車で出かける。イン谷口に車をおいてサクラノコバで待ち合わせる。Nさんとともに例会にサブリーダーで行かれるHさんもご一緒。

 別荘地に出ると、いいにおいがしてくる。ある別荘の持ち主がビーフの燻製を作っておられるところだった。Nさんは先週ここに来たときにこの主人と顔馴染みになっておられ、われわれも一切れづつ作成中の燻製を頂くことになった。なんだか元気が出そう。

 おなじみえぐれ道と倒木の東陵道。ノタノホリへ着いて一休み。コバノミツバツツジはまだ残っているのもある。イカリソウを発見。これも写真。さて、これからだ。気合いを入れて登っていく。源頭を過ぎて、ジグザグ登り、尾根まであがる。ここでまた一休み。いよいよこれからが山頂までの急斜面。シャクナゲのステージが3つある。

 うれしいことに咲いているではないですか。ここからはゆっくりと写真をとりながら登ることになる。

 山頂に着くと立錐の余地なし。やはりシャクナゲ狙いで大勢の人が。シャクナゲはもちろん2年前ほどにはないのだが、そこそこ蕾をつけたり咲いたりしている。今日が満開のシャクナゲが全体の三分の一、来週あたりが一番いいのではないかと思われるのが三分の一。2週間後がいいのではないかというのが残りの三分の一だった。

 金糞峠のほうへ少し行ったところで昼食。

 堂満岳から金糞峠そして北比良峠という稜線は「比良のシャクナゲ」(井上靖)として有名だが、この稜線にはまたイワウチワがあちこちで見られる。先週のシラクラではイワカガミを見せて貰ったので今回はぜひイワウチワをと願っていたところ、下りのダケ道も含めて十分見られた。

 今年は花の開花の見通しがむつかしく、普通イワウチワ、タムシバが済んでイワカガミ、シャクナゲというところなのだが、今年はもうこれが混在。

 さて、北比良峠に着いて、もやっている琵琶湖を眺めた後、ダケ道に。ここでまたシャクナゲ、イワウチワを観賞し、さらにはコバノミツバツツジ、名残のタムシバ、とさまざま見ていく。Nさん、Hさんと話しながら降りてくると、長いダケ道も苦痛は軽減される。大山口に到着し、車のところまで行って、HSひらにお誘いして駅までたどり着いたら本日はお祭りのためお休み。そう言えばお祭りのことを店の人が言っておられたのを思い出した。しかし、後の祭り。

 というわけで、駅前でお別れして、われわれは帰途につく。お祭りの行列で渋滞しているところを避けて、湖西道路に乗り、名神で京都南まで。無事帰宅。

 今日の打ち上げは、若竹煮とホタルイカ、酒は山名酒造の「奥丹波」。極楽ということになる。いよいよ花の季節の到来。今度はどこへ?


15.【4月16日】西村井9:15→朽木栃生登山口→白倉南岳→白倉中岳→12:01白倉岳→烏帽子岳→松本地蔵→14:38西村井登山口

   
タムシバ キケマン 白倉中岳 ヤマブキ イワカガミ
オオカメノキ 
 
 

 毎年この時期には白倉連山にタムシバを見に行くことにしている。というわけで定点観測の白倉岳に。ただ一つ心配なのはこの暖かさ。もう花は終わっているのではなかろうかと。

 白倉にはバスなどの利用は極めて難しく、そこで、車で出かける。湖西道路を走っていると黄砂の影響だろうか、比良の山々はぼーっとかすんでいる。今日は渋滞もなく西村井に到着。そこから朽木栃生の登山口まで歩く。ここからを登りに使うのは下りにここを使うとややリスキーと思うからだ。

 いきなりの急登。支尾根をほぼ一直線に登っていく。630mあたりのやや広くなっているところがタムシバの第一の観測地。たどり着いたところ花びらは地面に落ち、木には一つも残っていない。危惧したとおりだ。しかし、気を取り直し、もう少し上に行けば気温も低いから残っているのではないかと

考え、そこに淡い期待を寄せる。

 予想通り700mを越えると、痛んでいる花も多いが、清楚な咲き始めたばかりの花も増えてくる。やれやれよかったということになる。尾根に乗ってまずは南岳(941m)。さらに、芦生杉で有名な中岳。そして白倉岳(949.9m)。東側の斜面、西側の斜面ともにタムシバの花が咲いている。白倉岳と烏帽子岳の間で昼食。今日はトリプルチーズパンと大納言抹茶パンと牛乳。デザートに草餅とお茶。

 烏帽子岳から大彦峠分岐を経てあとは東へ東へ降る。このあたりからコバノミツバツツジが顔を出す。ヤマザクラも見える。また、オオカメノキがすでに花開いている。道がだいぶ荒れていて、倒木が多く、3回はリンボーダンスを踊った。今日はアカマツ林を過ぎて尾根の冬道を通らず、斜面の細道を進んだ。落ち葉が覆った片足分の幅の道を進むのはかなりの緊張を要した。滑落すればやばい。松本地蔵を過ぎるとさらにイワカガミも見られるようになる。イワカガミはまだ咲き始めたばかりで花の畑というほどにはなっていない。今日は最初から最後まで誰にも会わなかった。

 朽木岩瀬の「栃ノ実庵」も閉じてしまったので、帰途につく。ただ、途中のトンネルの手前(京都側から見て)にある「庵・観月」が昔から気になっていて、今日も西村井に行く途中目をやれば、しだれ桜が満開だったので、はじめて寄ってみることにした。おぜんざいを注文。餅のかわりに白玉が3つ入っていて、お味はあっさりとしたものだった。500円。店の中は主人が集められたお皿や壺が一杯。さながら骨董屋のよう。

 満足して車に再び乗り込む。あとは湖西道路、名神で帰宅。家での締めはビール。


14.【4月10日】南春日町バス停8:30→大原野神社→大暑山→炭の谷→Nの谷→小塩山→天皇陵道→大原野神社→南春日町バス停15:02

   
シュンラン コバノミツバツツジ 大暑山 カタクリ エンレイソウ
 シャガ
 
 

 シュンランとカタクリを見に行きましょうとのヨネチャンのお誘いでシーちゃん、摩耶山さん歩さん、Fさん、われわれがJR向日駅に集結。阪急バスに乗り、終点南春日町で下車。そこからまず大原野神社に向かい、そこでトイレ休憩。そのとき偶然にもひよこさんが車で来られ、ご一緒することに。総勢7人のパーティー。みなさん山と花が好きな方々ばかりなので、まるで十年来の知己のように、話が弾む。これがネットでつながった面々なので、インターネットさまさまである。

 大原野神社を抜けて大暑山へ。登り口まで地元の人しか通らない道をヨネチャンの案内で進む。登り口からは低い山の割りにはややきつい登り。右手に成章高校のグラウンドがときおり見えたり、練習中の野球部の声がときおり聞こえたりする。途中、木のないところでうっすらと双耳峰の比叡山が見えるところもある。大暑山の山頂の見晴らしはよくない。一応三等三角点あり。今日は9時ぐらいから曇りから晴れの天気予報だったが、いっこうに雲は取れない。気温は高い。結局薄曇りの一日だった。

 大暑山から小塩山へ向かう。最初に炭の谷。カタクリ保護区である。さすが人の手が入っているので、カタクリの花は多い。これを目当てに大勢の方が来ておられる。ゆっくりやって来たのでお腹がすいてきた。Nの谷近くで昼食。

 あとは降るのみ。少し滑りやすいところもあり、気をつけながら降り、正法寺の境内を抜けて大原野神社を目指す。ここの駐車場でトイレ。タケノコや草餅を売っている店があり、お土産に草餅を買う。そして1時間に1本のバスがある南春日町バス停までぶらぶらと歩く。

 JR向日駅で解散。京都駅行きのほうはわれわれだけ。JR京都駅では改装がすんだ「八つ橋西尾」(旧名。新名は忘れてしまった)。経営者が変わったからか、名前が変わり、しかも甘味処だったのに、甘味のメニューはうんと縮小され、麺類があらたにできてこちらのほうが主になったよう。うーん。夏のわれわれの定番だった「黒糖氷り」も消えたとのこと。

 家に帰って、早めのお風呂。締めはビール。

 ヨネチャン、案内ご苦労様でした。充実した花巡りの一日。感謝、感謝。 



13.【4月2日】JR近江高島駅→9:40ガリヴァー旅行村→大擂り鉢→11:32広谷→イブルキノコバ→12:41武奈ヶ岳→コヤマノ岳→コヤマノ岳南尾根→金糞峠→正面谷→大山口→15:55イン谷口16:00→バス→JR比良駅

   
バイカオウレン 大擂り鉢 武奈ヶ岳山頂 キンキマメザクラ イワナシ

 明日は天気が悪いとの予報で本日の山行。どこに行こうかいろいろ思案したが、1週間前武奈の北陵で出会った登山者がガリヴァーから大擂り鉢を経て登ってきたとの話だったので、2年ほど行っていない大擂り鉢に行ってみようということになった。

 このルートの難点は、近江高島駅からのバスの出発が遅いため、武奈ヶ岳到着が12時30分くらいになってしまうことだ。とはいえ、大擂り鉢から広谷への道は大好きで、この難点を補ってあまりある。ということで、京都駅8時15分発の新快速敦賀行きで近江高島まで。途中、列車から比良山系を見るとあちこちで白いタムシバが咲き誇っている。今年は当たり年のようだ。
 
 駅を降りてバス乗り場に急いだところ、誰も待っている人がいない。そこへお二人が現れ、やはり大擂り鉢経由で武奈ヶ岳へ行かれるとのこと。ご一緒しましょうということになる。バスは計4人の乗客のみ。NさんとOさんとわれわれ二人。道々話をしていると、Nさんのお勤めで私と共通点があり、世間は狭いとつくづく思う。Nさんは登山歴が長そうで、どこの山も知悉しておられる。今日はリーダーとして来るときの下見だとか。

 なんとか登山口から大擂り鉢のところに到着。ここからは以前は鎖と足がかりがあり、楽に渡れたのだが、今は足がかりはなし。ただし、鎖はかろうじて残っている。幸い水量が少ないため、注意しながら渡ることができた。よほど水量が増えていれば別だが、まあ、普通に渡ることは可能。

 ここから谷をつめていく。楽しい場所である。谷をつめたあとは渡渉して斜面をジグザグに登っていく。この登りはいつもながらしんどい。立派な芦生杉をすぎて広谷に着けばやれやれということになる。しかしここから山頂まではさらに1時間ほど登らねばならない。


 イブルキノコバからは夏道を進んだのだが、雪が残っているところもあり、冬道の方がよかったと後から思う。コヤマノ岳分岐から頂上に向かおうとしていると風の音がごーとする。頂上から降りてきた人に聞くと山頂は立っていられないほどの強風とのこと。冬に戻ったようだ。天気予報と違うなあと思いながら稜線に着いたら、風速何メートルか知らないが、今まで経験したこともないような風が東の琵琶湖側から。もちろんガスっていて何も見えない。写真だけ撮って早々に下山。イブルキノコバ、コヤマノ岳分岐近くで昼食。ここへ来ると風はない。

 帰りはコヤマノ岳南尾根を案内して、金糞峠、正面谷で降りる。われわれは4時のバスで帰りたいので、途中で再会を期してお別れする。

 今日はHS比良をパスしてJRで帰る。今日の締めは山名酒造の「春霞天空晴明」。山頂の強風には参ったけれど、まずまずの山行。なによりも新たな出会いがあり、秋の六甲のお誘いも受けました。


12.【3月30日】イン谷口8:07→大山口→青ガレ→正面谷→10:10金糞峠→東レ新道→堂満岳→東稜道→ノタノホリ→13:21イン谷口

     
イワウチワ ミスミソウ 堂満岳 タムシバ バイカオウレン ミヤマカタバミ
コバノミツバツツジ 
 

 比良山系でも花の便りを聞く季節となった。今日は夕方から曇りということなので、早く行って早く帰れるところで花見物。
 
 水曜日ということでイン谷口の事務所横に車を駐めたのだが、われわれの車だけ。トイレ前まで行ってみると3台ほど駐まっていた。

 ゆっくり登り始める。いつもどういうわけか正面谷を進むときには青ガレ前までが私の場合なかなかエンジンがかからず、しんどく感じる。しかし、青ガレ前で休憩して慎重に登り始めると、エンジンがかかり、しんどさがうんと減る。なんでだろう。

 青ガレを登り始めたら、はじめて下の方で人を見る。今日初めて。


 金糞峠に着いて休憩していたら、後から来た人も到着。武奈ヶ岳にでも行こうかとのこと。われわれは縦走路で堂満岳へ行くことを伝える。ここからは縦走路。シャクナゲ尾根。ぽつぽつと蕾を見る。昨年よりはやや多いか。

 山頂に着いて昼食。今日は、カップうどんと草餅。霞がかかっている空の下、われわれだけで山頂を占拠。琵琶湖を見下ろしての昼食。サーモスでのカップうどんも今日で最後か。

 昼食後、東稜道を下っていき、ノタノホリも見て帰ってきたのだが、すでに、タムシバは花を開き、コバノミツバツツジも花を咲かせているものもあり。


 車のところに着いたら、着替えをして「ほっとステイション比良」に。今日は「アスリート饅頭」の中がおこわになっているのを頂く。この前の土曜日に食べたカレー味と比べてもどちらもおいしい。

 早く降りられたので、車で湖西道路を走らせても渋滞はまったくなし。名神も同じく。

 驚異的な早さで家に着く。写真の整理をして、お風呂、晩ご飯。今日は山名酒造の純米吟醸「春霞天空晴明」。フルーティーですっと入る。

 今日は暖かく、ほとんどメリノウールのジップ・シャツ1枚で歩いた。いよいよ花の少ない比良山系でも花の季節。お天気もまあまあで、予想以上にいろんな花が咲いていた。シャクナゲまであと1ヶ月ちょっとか。




11.【3月26日】イン谷口8:08→8:20大山口→青ガレ→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→コヤマノ岳南尾根→コヤマノ岳→11:30武奈ヶ岳12:10→北陵→細川越え→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:27大山口→イン谷口

     
金糞峠 コヤマノクラウン 武奈ヶ岳 武奈ヶ岳山頂 マンサク ミズバショウ

 天気が悪ければ久しぶりで越畑から地蔵山、愛宕山に行こうかと思っていたら、天気がよさそうだ。ここは武奈ヶ岳に行かねばと考え3月2回目の武奈ヶ岳。昨日の雪も多少残っているのではないかとも考えた。

 また、車で出動。今日は知人によく会う日だ。まずは青ガレのところでWさん。正面谷を進んだが、金糞峠まではほとんど雪なし。しかし、そこから奥の深谷に降りると、5cmぐらいの積雪。これはうれしい。雪の少なかった今冬でもう雪は見られまい、と思っていたところの天からの贈り物。ヨキトウゲ谷の方向に進み、コヤマノ岳南尾根でコヤマノ岳へと進む。途中で今日で山行44回目というHさんと出会う。出会うと言うよりは、うしろから追いつかれて先に行ってもらうと言った方がよいか。

 コヤマノ岳山頂に近づくと、ところにより8cmとか10cmの積雪がある。雪のある割にはそれほど寒くなく快適に歩を進め、コヤマノ岳を過ぎ、イブルキノコバ分岐を過ぎ、雪が少なくなくなったので夏道で武奈ヶ岳山頂に。なんと樹氷が見られるではありませんか。幸いなことに風もあまりない。

 北陵のほうを見るとWさんが食事中。われわれよりも30分早く到着とのこと。鈴鹿の山の話などして楽しむ。このあとWさんには一足先に出発してもらう。今日のわれわれの昼食は、パン(クリームチーズノアとアーモンドなんとか)と牛乳。デザートは久しぶりに懐中汁粉。


 われわれも北陵を降り、細川越えからスゲ原を経て広谷へ。途中、この前東尾根を降りてきたところを確認する。特に細川越えから下るところ、あるいはスゲ原では、地面がドロドロ、グチュグチュ。滑ったり、ゲイターに派手に泥をつけたりしながら進む。7~8人、ガリヴァー旅行村から大すり鉢を経て登ってこられている人と出会う。大すり鉢の渡渉も問題ないようだ。

 イブルキノコバから八雲ヶ原、そして北比良峠に。ここでシーちゃんと会う。以後一緒にダケ道を下り、イン谷口の車のところまで。そしてご一緒に「ほっとすていしょん比良」へ。ここで本日から店に出た「アスリート饅頭」(嘉田びわこ成蹊スポーツ大学学長命名)とコーヒーを頂く。この饅頭(キーマカレー味)、実に美味しい。

 すっかり満足して帰途に。ひどい渋滞もなく家に。今日のうちあげは愚息にもらった藤岡酒造の「蒼空:美山錦」。




10.【3月21日】8:40西藤原小学校前駐車場8:55→聖宝寺登山口→八合目(832m)→藤原山荘(1128m)→藤原岳(1140m)→八合目→15:21神武神社→西藤原小学校前駐車場

     
 福寿草  藤原山荘から藤原岳  セツブンソウ  セリバオウレン(Y)  ミスミソウ(Y)  藤原岳山頂

 「雪なし、花あり、藤原岳」

 天候の関係で1週間延ばしていた藤原岳山行をYさんもお誘いして本日決行。今日は天気がよさそうだ。

 近鉄竹田駅西口でYさんをピックアップして京都南インターから名神を草津まで。そこから新名神に乗って亀山インターまで。
さらに東名阪に入り四日市インター、地道を走って西藤原小学校前まで。

 9時前に着いたらすでに満車に近い状態。なんとか駐車できた。300円。この時期の藤原岳の人気の高さがこの車の状態からも窺える。駐車場でトイレを済ませ、聖宝寺まで20分道路を歩き、登山口に向かう。ここからはやや厳しい登り。

 堰堤につくといったん降りて対岸に渡り斜面を登っていく。砂防ダムの堰堤のある谷の斜面を沢に沿って登っていく。途中、道が細くなっているところもあり、緊張を要する。しかし、道は泥濘状態ではなく、足をとられることも少ない。たぶん雪解けが終わって時間も経っていることから乾燥しているせいだろう。こちらとしてはありがたい。

 8合目で表登山口の大貝戸道と合流。ここからは眼を福寿草モードにして登っていく。福寿草はありました。もう時間も忘れて写真。Yさんによればこれでも去年から大幅に減っているとか。

 藤原山荘にたどり着き、ここでトイレ休憩。吹き飛ばされるような風の勢い。寒い。山頂に着く前に風当たりが比較的少ないところで昼食。今日はカップうどんとコーヒーと菓子パン。このあといよいよ山頂へ。風が強く、写真撮影終了後、すぐに下山へ。いかにも鈴鹿の山らしく木がなく、下草のあるところを駆け下りる。

 ここから8合目まで登りと同じ道なので、もう一度福寿草を見る。風が強く寒いからか、朝よりも開いているということはなかった。つまり、午前中登りの時に撮っておいたので正解ということになる。

 大貝戸道はYさんのたとえで言えば比良の「ダケ道」。整備されていて、現にそれをしていらっしゃる方を見かけた。長い長いジグザグ道。降りたところにトイレあり。また、汚れたゲイター等を洗う洗い場あり。ここの駐車場は無料のようだ。

 帰りは来た道を戻ったわけだが、カーナビの地図が古いため、新名神道路は載っていない。少し迷ったが、なんとか東名阪に乗れ、そこからは、表示通りに進む。新名神、名神では渋滞が発生していて、まあ仕方がない。

 家に帰って、お風呂。最後の締めはビール。サントリーのザ・プレミアム・モルツ。

 福寿草の他にセリバオウレン、セツブンソウ、ミスミソウなど楽しませて貰いました。Yさんの案内のおかげです。ありがとうございました。感謝、感謝。

 これからはいよいよ春の花を求めての山行となります。


9.【3月13日】出合橋バス停・森林組合9:28→滝谷峠分岐→細ヶ谷→柳谷峠→11:58魚谷山12:30→柳谷峠→東尾根→滝谷峠→ユリ道→貴船口駅分岐→15:25叡電貴船口駅15:36

 
ネコノメソウ 麗杉荘 今西錦司レリーフ 柳谷峠 魚谷山 42番 貴船口駅分岐 
 アセビ
 

 今日は鈴鹿の藤原岳に(もちろん福寿草狙いで)行こうかと考えていたのだが、天気予報によれば曇りとのことなので、行き先を変えて京都北山の魚谷山に出かけることにした。例年近場で雪を求めるときにはこことか、貴船山にしていたが、今年は雪が少なく1月、2月には来ていなかった。

 烏丸北大路のモクモク号のバス停に着くとすでに13人のグループが待っている。聞いてみれば十三石山とのこと。列に並ぶとまた後ろにグループが並んだ。後ろのグループは7人のグループでやはり十三石山とのこと。なんで十三石山にそれほど人気があるのだろう。いずれにしろ、マイクロバスでは足りないので後続のタクシーを呼んだりしていたので8時40分発のところが10分ほど遅れて出発。500円。

 魚谷山に行くのにはいくつかコースがあるが、出合橋から出発するのはバス停近くにある森林組合にトイレがあるからである。さらに細ヶ谷をぜひとも通りたい。風情がある、やさしい谷。というわけで、いつも同じコース。そうそう、モクモク号を待っているときに情報交換をしていたら、林道歩きを少なくするには松尾谷分岐から一気に南尾根に乗る道もありとのことだったので
一度試してみてもよいとは思っている。

 滝谷峠との分岐から橋を渡りいよいよ細ヶ谷をつめていく。何回か渡渉するが、水量は多くない。これも雪が少ないためか。今西錦司博士レリーフを見ていたら、このうしろに1等三角点があることに気がついた。なんでこんなところにあるのだろう。冬枯れで葉っぱを落とした明るい谷を登っていく。柳谷峠へ乗る最後が少し急だ。また、柳谷峠から魚谷山山頂までも急。お腹もすいてきているのでしんどいのだろう。2時間半ほどで山頂に着く。まだ誰にも会っていない。昼食。カップラーメンとデザートにコーヒー付きアーモンドクロカント。

 ゆっくりしたのち、早足で柳谷峠に降り、そこから登り返して東尾根を南へ。支尾根があり慎重に地図を見ながら進んで行く。以前と比べると踏み跡も割合はっきりしており、テープもある。アップダウンを繰り返しながら尾根を進む。滝谷峠に着けばあとはユリ道。ここではじめて二人のハイカーに会う。大岩の分岐を経て42番のポールから激下りで叡電貴船口駅へ。この道も以前と比べるとしっかりして歩きやすくなっている気がする。

 叡電で出町柳駅に着いたら、なんと、「上燗や茶坊」がまた開いているではないですか。スタッフの関係で営業時間を短くして再開したとか。これはうれしい。ビールを飲む誘惑を今日はおさえて「小豆白玉アイスクリーム添え」。家に帰って締めはチリのTerra Nobleという赤ワイン。ふっとシェリー酒の香りがした。満足ということになる。


8.【3月5日】イン谷口8:05→大山口→青ガレ→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→鞍部→コヤマノ岳南尾根→コヤマノ岳→11:55武奈ヶ岳12:45→武奈ヶ岳東尾根→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→15:33イン谷口

青ガレ コヤマノ岳 武奈ヶ岳 武奈ヶ岳山頂 武奈ヶ岳東尾根
武奈ヶ岳東尾根
 
 photo by Y

 先週のリハビリ登山も終えたところ、Yさんから今度こそ最後のワカン雪山で武奈ヶ岳東尾根を行きましょう、とありがたいお誘いがあり、本日の山行となる。もう1回行けるとの根拠は3月1日に雪が降ったということにある。ただ、その後気温も上がっているため、どのくらい残っているかは定かではない。行きの湖西道路で車のフロントガラスにポツポツと雨。しかし、雨らしきものはここだけで、あとはお日様が出てきて、良い天気。ただ、真っ青な空ということではなくて、もやが少しかかっている。

 Yさんの足はとても速いのでこちらの鈍足では迷惑をかけると考え、われわれだけでともかく早くイン谷口から登ろうと車で出かける。12時30分武奈ヶ岳到着が目標。

 予想通りというか、Yさんには金糞峠で追いつかれる。ここからは3人でヨキトウゲ谷からの最短コースを進む。雪はほとんどない。Yさんと一緒だと話が弾み、いつもの単調な登りと異なり知らぬ間にコヤマノ岳に着いてしまった。今日の体調のせいか、雪のすくなさのせいか、Yさんとご一緒のせいか、ともかくもコヤマノ岳には11時17分に着き、武奈ヶ岳には11時55分に到着。ゆっくりと昼食。今日はサーモスのお湯でカップラーメン。デザートは菓子パン。

 さて、いよいよワカンをつけて東尾根を降りる。山頂にいる人たちの注視の中、かなりの斜面をジグを切っての下降。雪は水を含んでやや重い。

 童心に帰るというか、楽しい下り。ワカンでざくざくと。振り返ると山頂で写真を撮って下さった娘さんが手を振って降りてこられる。ピークで彼女を待つ。最後の広谷への下りはかなりきついが、なんとか、乗り切れた。ちょうど、ロープのある健在な橋のところに降りた。

 ここからイブルキノコバ経由で八雲ヶ原。ワカンはイブルキノコバではずす。八雲ではたくさんのテント。山レコのオフ会とか。北比良峠からダケ道。最初のツルツルになっているところで私は派手に滑って尻餅。6本爪アイゼンをつけていればよかったのだが、後の祭り。まあ、しかしここのところだけ。あとは雪もなく、いつもの長い長い下り道。しかし、YさんにKさんが加わり、なにやかやと話をしながら降りていったので、いつもの単調さは免れた。

 大山口で杖を洗ったりしたのち、ぶらぶらと車の処へ。本日山友となったKさんも車で来られていたので、2台で「ほっとすていしょん比良」へ。当然のことながらこの時間、おはぎは売り切れ。私はごまパンとコーヒーを頂く。やはりこの時間、湖西道路は渋滞していたけれど、なんとか無事帰宅。

 家に帰って締めは、近江高島・上原酒造の3年古酒の山廃仕込み「不老泉」。ぬる燗で頂く。姪に貰ったものだけれど、これが奥深くてうまい。極楽。

 Yさん、ありがとうございました。われわれだけだとあんなルートは絶対とることはなかったでしょう。楽しかった。それと後半ご一緒だったKさん。おなじ伏見の住人で、わが桃山高校のはるか下の後輩。世界は狭い。これからもまたどこかでお会いしましょう。


7.【2月28日】善峯寺8:43→釈迦岳→10:20ポンポン山(678.9m)→西尾根→森の案内所→金蔵寺→13:55南春日町バス停14:03

ポンポン山 福寿草 福寿草 福寿草 アカマツ広場

  2週間近く山行ができず、悶々としていたのだが、ようやく私の風邪も治り、ユッキーの膝もよくなったということで本日山へ。今日もリハビリ登山ということになる。

 Yさんから武奈東尾根をワカンでざざざと降りましょうと声をかけて頂いていたのだが、なにせ病み上がり。残念ながら、比良には行かず、花の便りが聞こえてきたので京都西山の福寿草見物に出かける。

 ポンポン山に行くときにはいつも同じ道である。善峯寺から釈迦岳を経由してポンポン山へ。杉谷から行く方が早いのだが、こちらは善峯寺からコンクリートの道をジグザグ、えっちらおっちら登らねばならず、面白くないというのが理由。では釈迦岳経由のほうが面白いのかと言われても、それほど面白いというわけでもない。ただ、土の道を歩けるのは大いなるメリット。やっぱりねえ。

 大沢の分岐の見晴台で樟葉のほうを見てみるが、霞がかかってよく分からない。さて、ここまで来ると釈迦岳も近い。いつもそうだけれどここは通過点でさっさとポンポン山へと向かう。ポンポン山でもお天気はまずまずなのだが、見晴らしはよくない。すでに早めの昼食をとっているグループもある。中に一人煙草の煙を出しているのがいて、こうなれば、写真を撮ってはやばやと先へ進む。リョウブノ丘を過ぎて、福寿草保護区へ。

 今年は暖かいので早くも2番花とか。お天気が良いので花も開き、カメラ撮影。これだけ見せてもらえれば本日の山行の所期の目的は達成された。あとは北へと進み、ツツジの丘で昼食。本日はサーモスのお湯で「野菜うどん」。デザートはあんパン。お腹もふくれたのでさらに森の案内所を目指す。遠くで銃声がする。シカかイノシシ狩りのよう。

 途中、今まで一度も寄らなかった「アカマツの広場」へ寄る。まあ、それほど感激するほどのこともないピークだった。南と北の2ヶ所。そして、森の案内所。トイレあり。2時3分南春日町発のバスに乗りたいので(逃せば1時間待たねばならない)、ここから早足で進む。善峯寺からバスがあれば、杉谷から善峯寺も考えられたのだけれど、2月末まではバスは善峯寺まで行かない。そこで、金蔵寺を経て南春日町に。

 金蔵寺までも長いのだけれど、金蔵寺からバス停までもまた長い。やっと2時前に到着できた。


 あとはJR向日町駅までバス。京都駅では「京アンジュ」。「西尾」はまだ改装工事中のはず。かなり早く余裕で家に帰れた。そして最後の締めは山名酒造の「寒造り新酒」。今日の山行を振り返り、次はどこへ行こうかと思いを巡らせながら、「ああうまい」ということになる。

 今日は森の旅人Mさんの報告が参考になりました。ここに記して感謝申し上げます。


6.【2月16日】イン谷口8:10→8:42大山口→正面谷→金糞峠→奥の深谷→コヤマノ岳南尾根鞍部→南尾根→12:50コヤマノ岳13:15→南尾根→鞍部→奥の深谷→金糞峠→正面谷→15:40大山口→イン谷口

駐車地 青ガレ 金糞峠 コヤマノクラウン コヤマノ岳

 久しぶりに比良山系に雪が降った。どの程度か確認のために車でイン谷口に出かける。イン谷口からトイレ前までゆっくりと車を進めるが、覆い被さるように伸びている木々の枝には雪が積もり、白いトンネルとなっている。これはうれしい。いつもの駐車場所にくると、ウィークデイとはいえ、すでに神戸ナンバーの車と堺ナンバーの車が駐まっている。今日の目標は武奈ヶ岳。ただし、時間がかかりすぎればコヤマノ岳まででよしとしようという計画。

 ワカンとスノーシューを積んできたのだが、スノーシューが使える距離と重さを考えてやっぱりワカンで行こうと決めた。アイゼンは私は10分爪、ユッキーは6本爪。どういうわけか今日はいつも以上に準備に時間がかかった。


 大山口までの林道でも5cmは積もっている雪を踏みしめ、見上げれば青い空。雪の白とのコントラストがひときわ美しい。青ガレに来るまでに積雪はさらに多くなっている。20cmか30cmぐらい.青ガレの手前でアイゼン装着。新雪なのでおそらくは滑りはないであろうが、念のため。

 金糞峠の手前も雪は深く、やっとの思いで峠に立つ。休憩していると、下からHさんが上がってくる。今日で武奈ヶ岳6日連続とか。このあたりも昨日は全く雪はなかったとのこと。ということは1日でこれだけ積もったということか。奥の深谷からの武奈ヶ岳最短コースにトレイスつけておきますとのお話しで「よろしくお願いします」ということになる。なにしろこのHさんは年間150回以上の山行とかの猛者。

 金糞峠から下りたところでワカンに履き替え。あとから奥の深谷の橋についたら、確かに、橋の雪はきれいに除雪されていて、これもHさんのおかげ。鞍部からコヤマノ岳南尾根をゆっくりと登っていく。この斜面はやはり急である。

 コヤマノ岳まで少し平らなところが3つある。われわれはこれを第1ステージ、第2ステージ、第3ステージと呼んでいて、休憩するときなどの目安にしている。ブナの木が多くなり、コヤマノ岳東尾根が見えてくると、山頂が近くなってくると分かる。

 ここで武奈ヶ岳から戻ってこられたHさんと出会う。最初われわれはゲレンデ跡、パノラマコースから降りようと思っていたのだが、Hさんによれば、トレースは全くないとのこと。Hさんの忠告でわれわれもピストンで降りることにする。

 頂上で琵琶湖を見ながら昼食。今日はコンビニで買ったおにぎりと菓子パン。荷物の重さを考えて今日はバーナーは持ってこなかった。行動食を急いで食べて下山。ピストン。コヤマノ岳から鞍部まではワカンでざらざらと下りる。金糞峠から下は雪がだいぶ溶けていて地肌が見えている。陽の当たるところとそうではないところでは様相がかなり異なる。大山口に着いてストックやスパッツを洗って、車のところまで帰る。


 それほどの渋滞もなく帰宅。今日の締めは山名酒造の『にごり酒』。これがまた美味い。


5.【2月7日】北白川仕伏町バス停8:33→石鳥居→水飲み対陣跡→ケーブル駅→見晴台→12:15大比叡→延暦寺→本坂→坂本「うえだ」→15:15JR比叡山坂本駅

石鳥居 音羽川 比叡山スキー場跡 見晴台 比良山系遠望

 昨日は急な用事があったので、今日の山行。私の腰はすっかり治ったが、ユッキーの膝はまだ完治とまでは言えず。そこで今日はリハビリ登山、比叡山ということになる。

 曇り空の中出発。時折日が差すこともあるが雪もちらちら舞う中、出町柳から市バスに乗って北白川仕伏町終点で下車。教会の前で身支度を整えて出発。今日は冬用としては6本爪アイゼンだけを持ってきている。バプティスト病院の駐車場横の細い道が登山口。京都一周トレイルの道を行く。街から入ってすぐなのにもう深山幽谷の雰囲気がある。

 石鳥居までは難なく進み、ここから音羽川の源流を3本越えていく。最初の渡渉のところで昨年流されていてなかった橋が復活していたのを発見。ありがたいことである。

 あがったところが水飲み対陣跡。ここからいよいよ我慢の登りが始まる。30人ほどの団体さんが休憩しておられて「しまった。この道を来るのではなかった」と思ったが仕方がない。幸い休憩を終わられて出発されたので、少し間をおいてわれわれも跡を追う。どうでもいいことだけれど、この団体のルートがもう一つ分からない。というのも山頂の駐車場のところで休んでおられるところに再会したのだが、どの道を使ってここまで来られたのか足跡を見てもよく分からないし、さて、これからどこへ行こうとされているのかもよく分からなかったからである。歩く速度のかなり速いい方々ではあったし、しかも、装備もきちんとされているようであった。

 閑話休題。ケーブル駅(現在は八瀬ケーブルは冬期休業中)を過ぎ、蛇が池スキー場跡を通り過ぎようとしたところ、スキー場廃止後も残っていた小屋、売店がすっかりなくなり更地になっていることを発見。一体何になるのだろうか。


 いつもは風があって寒い見晴台も今日は比較的穏やか。ここであんパンを食す。実は今日はリハビリを兼ねてのグルメ登山。ここから大比叡に出かけ、そして延暦寺の境内に入って延暦寺会館の鶴喜そばで昼食。そこから本坂を降りる。アイゼンを使うほどではないのだが道が所々凍っていて、滑りそうになるので慎重に下っていく。

 ユッキーの膝の痛みもたいしたことはなく、無事下山。半年ぶりになろうか「甘味処うえだ」に寄って栗ぜんざい。この頃は困ったときの比叡山ではなくて困ったときの武奈ヶ岳になっているので本当に久しぶり。ゆっくりしてお土産にミカンゼリーとわらび餅を買ってJR坂本駅へ。帰途につく。

 本日の締めは山名酒造の「純米吟醸〇△□」。ユッキーの好きな銘柄でやさしく奥深く香りのよい酒だった。さて、次回はどこへ行こうか。


4.【1月31日】イン谷口8:27→正面谷→10:11金糞峠→ヨキトウゲ谷→コヤマノ岳南尾根→コヤマノ岳→12:30武奈ヶ岳→ゲレンデ跡パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→16:23イン谷口

金糞峠へ 金糞峠 コヤマノクラウン コヤマノ岳 武奈ヶ岳 武奈ヶ岳

 先週は1日雨が降るという日もあった。武奈ヶ岳の雪はどうなっているかしらと思って今日は武奈ヶ岳。天気予報通り本当にいいお天気。やはり暖かい。こまめな服の調節が必要。今日はワカンとセミワンタッチアイゼン10本爪を持参。

 8時10分ぐらいにイン谷口に着いたのだけれど、驚いたことに上の方では駐車スペースがほとんどなかった。仕方なくトイレ前より下のところで駐車。トイレ前に来て分かったのだが、堂満のルンゼを登ろうとする講習会が2グループあり、その方々の車が多数あったことと、テントが4張りほどあって、そのため駐車スペースがほとんど残っていないことになったようだ。

 雪は大山口あたりで5cm、青ガレで10cmほどか。青ガレを登るところでアイゼンを着用。サングラスも。ユッキーは膝が、私は腰が不調なのだけれど、まずまず快適に青ガレを進み、金糞峠へ。そこからはヨキトウゲ谷へ。ここへ来るとけっこう雪が残っている。渡渉地点で渡渉するも特に問題なし。ここから急登。登り切ったところが奥の深谷からの道との合流点。さて、いよいよコヤマノ岳南尾根を登る。中峠からの道との合流点に着くと、青空にコヤマノクラウンが見事。樹氷もバックの青空に映える。コヤマノ岳からは武奈ヶ岳へ。かなり脚は疲れているのだけれど、ここまで来たら意地でも登りたい。 

 イブルキノコバ分岐から山頂へは冬道で雪に覆われたブッシュの上を直登する。ここへ来れば雪は40cm以上はある。素晴らしいお天気、日曜日とくれば山頂の人も多い。山頂は少し風があるので、写真撮影の後は早速下山。雲は多いが雪を頂いた伊吹山もうっすら見えた。

 後はパノラマコースから帰るべく、コヤマノ岳分岐を少し過ぎたところで昼食。荷物を軽くするため今日はサーモスのお湯だけでカップラーメン、そして菓子パン。ここからはワカンをつけて八雲ヶ原へ。ゲレンデ跡に達するまでの斜面の夏道はトレイスなく、狭い尾根の冬道。2カ所ほど急な下降あり。滑落するとえらいことになるので慎重に歩を進める。
 
 八雲ヶ原に着いて、北比良峠でワカンをはずす。一瞬アイゼンに変えようかと思ったのだけれど、そのままで。これが判断ミスだった。少なくともカモシカ台まではアイゼンをつけておけばよかった。意外に雪が残っていて、それが固められてつるつる。今度からは邪魔くさいなどとおもわないようにしよう、これが今日の教訓。おかげで予想以上に時間がかかり、HSひらへ行く時間がなかった。

 帰りの湖西道路は真野、坂本のあたりで渋滞。こんな雪の武奈ヶ岳、しかも、いいお天気、ラッキーだったと振り返りつつ運転すれば渋滞も苦痛ではなかった。家に帰って、今日は愚息にもらった藤岡酒造の「蒼空(純米吟醸雄町)」でしめ。ああ美味い。



3.【1月23日】いきものふれあいの里跡8:55→11:42蛇谷ヶ峰山頂→13:36いきものふれあいの里跡

駐車地 登山口 カツラの谷との分岐 最後の登り 山頂 山頂より北西方向

 待望の雪が降った。武奈に行こうかとも思ったが、ユッキーの方では膝の調子が万全ではなく私の方では先週末のセンター試験以来の風邪気味。そこで今日はおとなしく蛇谷ヶ峰で雪を楽しむことにした。

 車で出動。名神も湖西道路も鯖街道も渋滞なく進む。途中道の駅である朽木新本陣でトイレ休憩。安曇川を渡ってスキー場分岐、グリーンパーク想い出の森分岐を通り、いよいよいきものふれあいの里のあったところまで坂を登っていく。ここのところが除雪してあるかどうか心配だったのだが、きれいに除雪されていていきものふれあいの里の建物のあったところまで問題なく進めた。ありがたいことである。車が1台だけ駐車してあった。

 冬は準備に時間がかかる。スパッツを着け出発。今日はアイゼン(10本爪)とワカンをもってきた。登りはじめから雪はあるが靴のままで。林道から尾根に登るところが登山口ということだろうか。ここからしばらく登ったところでワカンをつけた。結局ワカンだけでアイゼンは使わず。今日も雪があるのに暖かく、服の調節はこまめに行う。

 悪名高い階段道だけれども、雪が降れば快適な道になる。30~40cmの積雪。トレイスはあるが雪が降ってからそれほど時間が経っていないのでアイゼンを使わなければならないほどツルツルになっていない。ワカンで登りを楽しむ。

 カツラの谷・ヒダサンショウウオの谷分岐(展望台)を過ぎ、朽木スキー場分岐(お見合い広場)を過ぎれば、山頂まではあとわずか。風がでてきてガスがかかってきて寒い。山頂に着いたら子ども連れの家族が昼食をとっておられた。われわれは写真を撮ってすぐに下山。展望台で昼食。お湯を沸かしてカップラーメン、菓子パン。あとはざざざと下るのみ。

 帰りにまた朽木新本陣でトイレ休憩。そして栃餅ぜんざいを楽しみに「栃ノ実庵(ウチダ製菓)」に寄ったところ、無情にも閉店の張り紙が。急なことでこの1月に60年続いたウチダ製菓をやめられたとか。どういう事情であったのかは分からないが残念でならない。


 帰りもスムーズに家まで。歩行距離、時間はそれほど多くなかったけれど、雪を楽しめてよかったということになる。今日は牡蠣の土手鍋で、山名酒造のしぼりたて「奥丹波一號」。味噌は半分が自家製の合わせ味噌。

 次回も雪を楽しみたいところだが、今週はまた気温が上がるとか。やれやれ。


2.【1月10日】イン谷口8:29→サクラノコバ→ノタノホリ→東稜道→11:08堂満岳→金糞峠→13:15八雲ガ原→北比良峠→ダケ道→15:06大山口→イン谷口

ノタノホリ 堂満岳へ 堂満岳へ 堂満岳山頂 山頂から琵琶湖方面 縦走路
シャクナゲのつぼみ
北比良峠から武奈ヶ岳

 比良に雪の便りはない。そこで久しぶりに堂満に行こうかということになった。1月雪の多い堂満は無理でも今年のように雪のない堂満であればわれわれにも行けるからである。過去1月に堂満岳に登ったことはない。

 イン谷口の管理事務所のところで登山届けを出されていたYさんと会う。今年はじめてで「おめでとうございます」ということになる。Sさん親子が坊村から武奈を目指されるということでYさんも武奈山頂で会えるかもと言っておられる。われわれは帰りのイン谷口で会えるかなと考えて時間調整をしながら登ることにした。

 朝の内はいいお天気で3枚も着ていると汗が出てくる。そこで、登りはじめてしばらくして2枚しまってメリノウールの薄いシャツ1枚で登ることになる。しかし、尾根に出たところで寒くなり、1枚上に羽織ることにする。買ったばかりのメリノウールのフリース。これからが最後のきつい登り。ずり落ちないように木の根や枝や岩をつかみながら1歩1歩登っていく。

 堂満岳山頂付近はシャクナゲが多く有名だが、今年はどうだろうかと蕾を観察しながら進む。蕾のない木が多いが、蕾をつけている木もある。暖かいためかあと1ヶ月もしたら咲くのではないかと思われる蕾をつけた木もある。今年は開花が早いかもしれない。

 山頂には11時頃着いたがお昼にはまだ早いし、第一風があって寒い。そこで、金糞峠まで縦走して八雲ヶ原で昼食ということで下っていく。金糞峠から縦走路を行けば早いのだが、少しゆっくりしてイン谷口で再会しようと、奥の深谷に降りて八雲ヶ原へ向かう。尾根からはずれれば少しは風もましかなと思っていたら、金糞峠を下りたところでは風の回廊のようになっていて相変わらず風が強い。しかしそうこうするうちに風も収まり、お腹もすいたなあということで、奥の深谷からコヤマノ岳への最短コースの渡渉地点近くの河原で食事にする。ストーブで湯を沸かしてカップうどん。デザートはホットコーヒーにアーモンドクロカント。

 お腹いっぱいになったところで出発し、八雲ヶ原、北比良峠、ダケ道で下る。大山口で、靴、ゲイター、杖をブラシで洗い、ぶらぶらと車のところに戻ったのだけれども、Yさんとは再会できず。仕方なく比良駅駅前の「HSひら」まで行ったところ、つい今までYさんがお店におられて今駅のプラットフォームに立っておられるという話。タッチの差。

 おはぎが売り切れということで、コーヒーに小豆パンを頂く。ほっこりする。店を出て車に乗り込み、帰りも渋滞なしに帰宅した。家での打ち上げは山名酒造の「醪(ロウ)」。無事山を楽しめたことに乾杯。それにしても雪が待ち遠しい。10本爪のセミワンタッチのアイゼンも買ったし、ハードシェルのパンツも買ったのに・・・


1.【1月4日】イン谷口→8:32大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→コヤマノ岳→11:34武奈ヶ岳12:07→ゲレンデ跡パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:00大山口→イン谷口

     
青ガレ 金糞峠近く 金糞峠 コヤマノ岳近く コヤマノ岳 武奈ヶ岳
武奈ヶ岳
コヤマノ岳 
 

 平成28年、2016年の初登り。その後の雪はどうかとやはり武奈ヶ岳。出発時からものすごい霧。特に湖西道路ではひどく、20m先の車のテールランプが見えないくらい。まして比良の山並みも視野に入ってこず白い霧の中を慎重に進む。

 今日は月曜日。イン谷口に着いても車はほとんどなし。トイレ前に来ればやっと一台プリウスが駐まっていた。霧は少しづつあがっていく。一応6本爪の軽アイゼンをザックに入れておいた。今日も暖かい。霧が上がるとともに日が差してきた。大山口、青ガレときても全く雪はない。青ガレの途中で琵琶湖の方に目をやると湖は雲海と化している。こういうところでも今日のような日には雲海が見られるのだと納得しながら、その神秘的な雲海にカメラを向ける。

 金糞峠から琵琶湖方面を眺めてもまだ雲海は消えないままである。金糞峠を下って、さて、八雲ヶ原のほうから登ろうかヨキトウゲ谷のほうから登ろうかと考え、一番早く登れるコース、ヨキトウゲ谷から南尾根のコースを選ぶ。これは昨年の12月20日初冠雪の比良を楽しんだときと同じコース。

 見事なまでに雪は溶けてしまっている。そのため粘土質の土のところはぬるぬる滑りやすい。こんなところで尻餅をつけばどろどろになるので慎重に足を運ぶ。コヤマノ岳に来たところで雪の残りが出てきた。山頂から琵琶湖の方を見れば相変わらずの雲海。一日こういう状態が続くのだろうかとふと思った。ここからはトレイスのないところであればワカンを使ってもよいところ。

 分岐を過ぎていよいよ山頂へ。それほど多くはないけれど登山者はやって来ている。日が陰ってきて風が強い。これはお昼にするにはいい場所とは言えないので、お腹が空いてきているけれど写真を撮って早々と下山。写真と言えば高島トレイルあたりの雲海もすごい。

 八雲ヶ原へ至るゲレンデ跡のパノラマコースへ向かう途中で昼食。お湯を沸かしてカップラーメン。デザートは北比良峠までお預け。ゲレンデ跡へ至るまでの道は尾根の冬道ではなくて斜面の夏道で進む。これも雪がないため。

 八雲ヶ原ではテントは見当たらず。池には氷が張っていた。ここから北比良峠へのつらい登り。ユッキーは足がつるやら膝の不調を訴える。ペースを落としてゆっくりと登る。

 北比良峠ではデザートというかおやつというか、お汁粉を頂く。甘いもの、暖かいもので元気を回復してダケ道に進む。あとは大山口で杖、スパッツ、靴を持参のブラシで洗い、ぶらぶらと車の処へ帰る。

 湖西道路も渋滞なし、名神も上り車線は渋滞(あとで聞いたのだが事故があったよう)だったが、下りはすいすい。無事家にたどり着いた。今日の締めは山名酒造の「奥丹波・木札」。 いつもお正月に飲むお酒で旨い。