2015年の山行        
・リンク 【2014年】 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home


52.【12月27日】イン谷口8:10→大山口→ダケ道→北比良峠→八雲ヶ原→広谷→ナガオ尾根→11:58釣瓶岳→細川越→広谷→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:38大山口→イン谷口

 今日は2015年最後の山行。どこに行こうかということで、比良の雪はなくなったけれども 比良のどこかにと考えて、思いついたのがナガオ尾根を広谷から登ろうということになった。これは初めての試み。

 広谷に行くのにはダケ道を登るのが近道。1週間前の雪は残念ながら消えてしまっている。今日も歩き始めると暖かくなり、汗が出る。面倒ながら服の調節をしながら登る。6本爪の軽アイゼンを今日はザックに入れてきた。ザックが重くなった分、余計に汗が出るのか。そして結局アイゼンの出番はなかった。


 イブルキノコバから広谷へ出る橋を渡り細川越方向にほんの少し行ったところに登り口がある。okaokaさんのテープあり。この谷をつめていくとナガオ尾根にたどり着く。
 
 あとは尾根芯を外さずに北へ北へと進むだけである。左手にはコヤマノ岳、武奈ヶ岳を見て、右手はるかむこうにはガリヴァーや畑の集落を見てのんびりと進む。気持ちのいい尾根である。ピークを3つ越えねばならない。アップダウンがある所以。

 山頂に着いてから今度は南西に急斜面を降りる。細川越に着いたところで武奈に登り返そうか、それともおとなしく広谷に進もうかの選択。結局楽な方の選択とあいなった次第。細川越から広谷に降りたすぐのところ河原でお昼。今日もお湯を沸かしてカップラーメン。デザートは懐中汁粉。

 体も温まり元気になる。スゲ原を経て広谷、イブルキノコバ、八雲ヶ原。テントが5つほど八雲ヶ原に。ここから北比良峠、ダケ道、大山口、イン谷口

 ナガオ尾根の歩きを楽しむ一日でした。ナガオ尾根、広谷では誰にも会わず。イン谷口の車も少なくなりました。帰りも渋滞なしに湖西道路、名神で帰宅。今日の締めくくりは日本酒で、伏見の「玉の光」。純米吟醸しぼりたて。うーん美味いとなる。


51.【12月20日】イン谷口→8:30大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→コヤマノ岳南尾根→コヤマノ岳→11:59武奈ヶ岳12:42→スキー場跡パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:23大山口→イン谷口

 比良に待望の雪が降った。これはぜひとも行かねばなるまい。ということで本日の武奈ヶ岳への山行。
 どの程度の雪か分からないのでとりあえずアイゼンだけは車に積んでいった。

 今日はよいお天気で空は抜けるように青い。寒さはそれほど感じられない。イン谷口にはけっこう多くの車が駐まっている。雪はこのあたりにはない。
アイゼンは車に残して出発。トレイスがないところを行くのであればワカンも必要になったかもしれないが、トレイスはあったし、また、一部で軽アイゼンがあればと思ったところもなくはなかったが、全体として特に必要だと思われるところはなかった。今回の雪に関してはこれで対応できるけれども、今後はまた状況が異なるであろうことは言うまでもない。

 2日前の雪は溶けかかり、大山口あたりではほとんど雪なし。青ガレあたりから残っているかという感じ。それよりも思った以上に暖かく、今日も服装の調節に気を遣う。


 金糞峠に上がる最後のところで雪山に来たなと思う。奥の深谷から南尾根とするか、ヨキトウゲ谷から南尾根とするかの選択では、後者を取る。前者にはトレイスがなく、後者にはあるというのが判断根拠。雪が積もっていて嬉しくなる。渡渉の橋にも雪が積もり、横木の間も下が見えないので、慎重に歩を進める。

 尾根に乗るまでは傾斜が急だけれど、乗ってしまえばあとはゆっくりと。コヤマノ岳のクラウンが見えてくるともうすぐ頂上ということになる。ここでナベさんと出会う。お久しぶりということになる。武奈の頂上は寒いのでコヤマノ岳まで降りてきてここで昼食とか。
 

 ブナの林を抜けて分岐を二つ超して、いよいよ最後の登り。少し時間がかかったが頂上。昼食はお湯を沸かしてカップラーメン。デザートは三色団子。

 下りはゲレンデ跡のパノラマコースで八雲ヶ原へ。北比良峠にあがって休憩。ホットコーヒーとクッキー。後はダケ道。イン谷口の車に戻って今日が本年最終日の「ほっとすていしょん比良」へと急ぐ。おはぎとコーヒー。1月は9日(土)から営業とか。今日は湖西道路堅田坂本あたりの渋滞もひどくなく順調に帰宅。


 最後の締めはビール。お天気に恵まれて快適な雪山山行、感謝感謝。雪は場所により4,5cmから30,40cm。


50.【12月13日】バス停朽木栃生9:01→分岐→分岐→11:30釣瓶岳→細川越→12:25武奈ヶ岳13:11→西南稜→ワサビ峠→御殿山→15:08明王院→バス停坊村

 今日で山歩き50回、今年の目標の達成ということになる。ただ、今月もう2回か3回出かける予定。釣瓶から武奈に縦走しましょうということで、しーちゃんをお誘いしての山行。また、武奈に登れば通算80回目の登頂という区切りの山行ともなる。

 出町柳発朽木学校行きの京都バスも今日で今年は最後。12月になるとこれで山へ行こうという人は少なくなるが、今日も立っている人はいなくて全員が座れる状況で出発。さらに、比叡山のほうに行くであろうグループが野村別れで下車。平で権現山、皆子に行く人、新道足尾谷橋で皆子に行く人、葛川学校前で峰床山へ行く人、と次々におりていく。坊村でも何人かが降りる。われわれを含めてまだ5、6人が残っている。

 朽木栃生で降りたのはわれわれ3人だけであった。バス停の小屋でゲイターを着けたり準備をする。道を少し戻ったところが登山口である。

 今日は冬とも思えない暖かさ。歩き出すと冬の服装では暑くなり、汗が噴き出してくる。とうとう、メリノウールのシャツ1枚となる。前回ここを登ったときには霜柱を踏んで登ったのに、なんという違い。いくら暖冬とはいえ、これは異常だ。

 植林を抜け松林となると尾根が近いということになる。この松林はけっこう長い。地蔵峠分岐、笹峠分岐を経て見晴らしが良くなりイクワタ峠にたどり着く。釣瓶岳山頂はもう少しだ。しかし、このもう少しが長い。

 やっと山頂にたどりついた。水休憩、写真を撮ってすぐに出発。ここから武奈ヶ岳までは約1時間の予定だ。細川越まで下って登り返し。これまでの疲労がたまり、シャリバテもあり、フウフウ言いながら武奈ヶ岳を目指す。噂をしていたらやっぱりヨネチャンがお出迎え。われわれの武奈ヶ岳80回のお祝いでずいぶんと待って頂くことになった。ありがとうございました。

 昼食。カップうどん、デザートは懐中汁粉。皮肉なことに今日はコンロを持ってきている。この暖かさだとサーモスのお湯だけで十分なんだけれど、せっかく持ってきたのでつけてみたら、すぐに沸騰する。やれやれ。

 食事の後ここからはワサビ峠から御殿山への登り返しだけがつらいところ。御殿山からは植林の薄暗い中をひたすら下る。雲が多くなっているため日暮れでもないのに薄暗く、気が滅入る。自然われわれの口数も少なくなり黙々と降りていく。

 バスの時間に余力を残して無事明王院に到着。水路のところで杖やゲイターや靴の泥を落としてからゆっくりとバスを待つ。定刻に来たバスは渋滞もなくJR堅田駅に到着し、JR新快速との接続もスムーズ。ゆっくり座れて山のこと、靴のこと、情報交換しながら帰途についた

 家で今日の締めは山名酒造の「奥丹波」。山で出会う人はみな雪を待ち望んでいるのだけれど、今年はいつになるのか。


49.【12月5日】坊村8:50→明王院登山口→御殿山→11:30武奈ヶ岳12:13→コヤマノ岳→南尾根→奥の深谷→金糞峠→正面谷→14:18大山口→イン谷口

 出町柳からの京都バスを利用して武奈ヶ岳に行こうということで本日の山行。バス停で待っていたらイコモチさんが来られる。お久しぶりでということになる。今日は御殿山から縦走して小女郎谷を降りるご予定とか。ユッキーと話の花が咲く。

 平で団体客が降り、みんな座って半分ほどになる。出町柳では12月にしては多いなあと思っていたのだが、これでいつもの12月ということになる。

 坊村でトイレ。いよいよ登りとなるものの、バスの乗客で4、5名ほどは白滝山のほうに行ったようで、御殿山へと登っていくのはわれわれを入れて10人ちょっとぐらいか。午前中は比較的陽もあたり、服を調節しても汗が出てくる。
 
 落葉樹は葉を落とし、白滝山も蓬莱方面もよく見える。御殿山から4つのピークを越えて武奈ヶ岳山頂。79回目の武奈ヶ岳。

 西南稜からはやはり風があり、強くはないものの寒さを感じる。山頂では風を避けて東側斜面で昼食とする。カップうどんにデザートは三色団子とコーヒー。ヨネチャンの噂をしていたら鈴の音がありヨネチャン登場。以前撮って頂いた写真を頂く。感謝。

 一足お先にわれわれはコヤマノ岳経由の最短コースで下山することに。日が陰ると指先が冷たくなり、薄い手袋から厚い手袋に変える。

 金糞峠からの正面谷ごろごろ道は緊張する。滑りはしないか、石を落としはしないかと。無事青ガレも通過して大山口に着いて靴やスパッツの泥を落としていたら、涼しい顔をしてヨネチャンがダケ道から降りてこられる。いつもながら速い。奥の深谷で橋の修理など整備をしてくださっているWadさんとも出会う。おまけにWadさんには車で比良駅まで乗せてもらう。感謝。

 「ほっとすていしょん比良」でヨネチャンと打ち上げ。早く降りてこれたからか「おはぎ」があり、コーヒーと。JRの中でも四方山話。そうしていたら蓬莱の駅でイコモチさんが乗ってこられる。なんという偶然。さらに四方山話は続く。

 本日自宅での締めは山名酒造の「純米原酒 丹波杜氏」ですき焼き。楽しい一日ということになる。比良が雪山になるのはいつのことか。


48.【11月28日】朽木栃生バス停9:00→イクワタ峠→11:28釣瓶岳山頂→ナガオ尾根→広谷→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→15:07イン谷口バス停15:25

 釣瓶からナガオ尾根を楽しみたいということで、久しぶりに出町柳バス停から朽木学校前行き京都バスで出かけました。このバスも12月半ばで終わりとなります。1台で10人ほどが立って出発。
 
 朽木栃生から釣瓶のルートは6年前に行ったきり。懐かしいと同時に前回ほどには今回あまりしんどくないので体力がついたものだと喜びながら登っていきました。バス停から少し戻ったところで左に曲がり林道を辿ります。結構急な登りです。山道に入り、杉やヒノキの植林、アカマツの林と通っていきます。


 コメカイ道で道ははっきりしています。地蔵峠との分岐では右にとり、ササ峠の分岐でも右にとり、雑木林の尾根道を進みます。イクワタ峠に着きますと視界が開けます。
 
 ここからは南へ南へと岩がむき出しの急な登りとなります。今日は霜柱が溶けて粘土質の道は滑りやすく慎重に歩を進めます。こうして釣瓶岳山頂(1098m)に到着。山頂近くでは霜柱が溶けず堅いままです。見晴らしがよくないので山頂では昼食とせず、ナガオ尾根へと進みます。標高1050mの岩のピークのところで昼食としました。


 午前中は晴れたり曇ったりのお天気でしたが、午後になると曇り空となりました。紅葉もすっかり葉を落とし、冬の準備です。980mの下降点でいよいよ枯れ谷を降りていきます。葉っぱが覆っていて下の石を隠しているので歩きにくいことこの上ないのですが、ゆっくりと慎重に下りました。広谷では渡渉点のすぐ近くです。登りはじめからここまで誰にも会わなかったのですが、ようやくここで一組のカップルと会いました。

 ここからはイブルキノコバ、八雲ヶ原、北比良峠、ダケ道。ダケ道では補修作業中のWatさんと会い挨拶。大山口からイン谷口の間で「ふうてん」さんと会いました。

 11月29日で今期終了のバスに乗って比良駅へ。「ホットステイション比良」でうちあげ。人気のおはぎは売り切れで、コーヒーとプリンを頼みました。芋けんぴをお土産にJRで京都まで。そこからは近鉄。

 歩くと少し汗ばむ程度の気温で快適に山歩きを楽しみました。本日の締めは山名酒造の「奥丹波冷やおろし」。うーん旨いということになる。


47.【11月22日】イン谷口→8:17大山口→正面谷→金糞峠→奥の深谷→コヤマノ岳南尾根→コヤマノ岳→11:04武奈ヶ岳11:40→北陵→細川越え→スゲ原→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→14:43大山口→イン谷口

 先週は悪天、用事、猫の急病等あり山に入ることはできなかったが、今週は日曜日に出かけることができた。夕方から雨とのことであったが、曇りで時折日も差す時間帯もあった。

 かなり早めにイン谷口に到着したが、すでに多くの車が駐まっていた。ようやくスペースを見つけてトイレ前に車を駐める。
 
 11月になっての山行で困るのは服装。歩き出したときは長袖に半袖を重ね着してさらに薄いフリースを羽織っていたが、大山口に着いてたちまち暑いので長袖1枚となった。風がない限り今日もこれで十分。


 黄葉、紅葉は青ガレまでで、落葉樹はほとんど葉を落とし、あとは雪を待つのみ。金糞峠から奥の深谷、そしてコヤマノ岳南尾根に進むともう出会う人もなくなりわれわれのペースで登っていく。ブナの木が見え出すと頂上まであと一息だという励みになる。

 コヤマノ岳に到着してやっと分岐の方からやってくる人に出会う。われわれの出発が少し早かったからかもしれない。

 ブナ林を進み、分岐から武奈ヶ岳へと向かう。すでに山頂には大勢の人がいることが遠くからでも見える。

 山頂で写真を撮ってから北陵に進み、こぶのところで昼食とする。珍しく風もなく日が差して、のんびりとお昼。クリームチーズノアとアップルデーニッシュと牛乳。デザートは草餅と熱いお茶。

 北陵から細川越え、そしてスゲ原へ。葉が落ちたのでスゲ原にある阪大の暮雪山荘がよく見える。何回か渡渉を繰り返して広谷へ。ここからさらにイブルキノコバ、八雲ヶ原へ。連休のためか五つ六つテントあり。湿原の木道(だいぶ傷んできている)を通り、北比良峠へ。ここからのダケ道で名残の紅葉、黄葉を楽しむ。
 

 下山して車で着替えをすませて久しぶりにH.S.ひらへ。おはぎとコーヒー。

 湖西道路、名神で帰宅。あとはカミツレ湯。そして、本当は昨日の私の誕生日パーティー。息子からのプレゼントの一部の赤ワイン(NAMO RICO ポルトガルのワイン)で乾杯。

 行きたいところはいろいろあるのですが、次回は釣瓶、ナガオ尾根にしようかと検討中。


46.【11月7日】朽木途中登山口9:00→コナラのピーク→白倉南岳→白倉中岳→白倉岳→烏帽子岳→松本地蔵→14:00西村井登山口14:18(バス)

 いつもより早いが白倉の紅葉を見てこようと考え、日曜日は用事があるしということで本日。夜から雨という予報に反して、すでに161号線でぱらっときました。うんと降れば蛇谷ヶ峰でもと考えていたのですが、ぱらっとだけであとは降ってこなかったので白倉の変更はしませんでした。

 今日はいつもとは2つ違いをつけました。
1.車のデポ地を朽木途中橋の近くにしてすぐに登れるようにしたこと。このため西村井登山口に降りて途中登山口までコミュニティーバスを利用したこと。
2.松本地蔵近くの斜面の道が薄いので、尾根の冬道をとったこと。


 ここは熊が出そうなところですし、途中登山口には「熊出没注意」の新しい看板が立っています。大きめのカウベルをつけて出発です。結果として、今日は最初から最後まで誰にも会いませんでした。もちろん熊にも。

 お目当ての黄葉、紅葉は南岳以降、特に烏帽子岳から松本地蔵までがすばらしかったです。まだ葉はあまり落ちていません。しかし、日曜日と月曜日の雨で今はだいぶ落ちているかもしれません。


 途中登山口からの登りはいつもながらきつい。われわれがコナラのピークと呼んでいるところで右に直角に曲がります。ここからは尾根のアップダウンで東、北東へと進みます。昨年われわれが登った1週間後にトレイルマラソンがあったためか、昔来たときと比べて道がはっきりついています。

 後から聞いたのですが、今年も11月15日(日)のトレイルマラソンがこのコースです。600人が参加ということですから、当日はこちらに来ないほうがいいかと思います。なんでこの静かな尾根をトレイルマラソンのコースにしたのでしょうね。やれやれ。二つコースがあって、ロングコースの方はこちらと蛇谷ヶ峰からの縦走路を使うとのことですのであちらも近づかない方がいいでしょう。

 山の秋を十分楽しんで西村井に。西村井から朽木途中まではコミュニティーバスのお世話になりました。220円。先のトレイルマラソンの話はこの車に乗っておられた高島の大会関係者の方からお聞きしました。

 さて、こちらへ来れば久しぶりに「栃ノ実庵」へ。栃餅の入ったおぜんざい。絶品です。小豆も形が崩れずしかも柔らかい。小豆を煮るのに4日間をかけた逸品。

 今日は行きも帰りも渋滞にはあいませんでした。家に帰ってお風呂の後は、高島の地酒「杣の天狗」。帰る途中でお土産に買ったのですが、これがまた美味かった。ふくよかな、奥行きのあるお酒。充実した一日でした。


45.【11月1日】石田川ダム8:54→登山口→武奈ヶ嶽・三重ヶ嶽分岐→三重ヶ嶽→南尾根→河内谷林道→15:05石田川ダム

 高島トレイルの三重ヶ嶽紅葉観賞を小てつさんにお願いしてご案内頂きました。例によって出町柳でピックアップしてもらいます。バス停の方をちらっと見れば、朽木学校前行きのほうはあまり列が伸びていず、広谷行きのほうがいつもより多い感じ。

 朽木から西へと進み、角川から石田川ダムのほうに進みます。さて、ダムの横にあるトイレのところに来ると、ここから先の林道は全面通行禁止とのこと(詳しくはokaokaさんのフロントページを)。河内谷林道のゲートからノトマタを登ろうという当初の計画を変更して、ダムを少し行ったところにある「武奈ヶ嶽・三重ヶ嶽登山口」から登ることにしました。ワサ谷道です。ここは武奈ヶ嶽に登るために、過去2回、分岐まで使った道です。この尾根の分岐までは以前の記憶もあり、それほど疲れを覚えず登れました。

 ここからが大変です。なにせ150m降って300m登り返しをしなければならないからです。苦労をしますが、しかし、ここの紅葉、黄葉はすばらしい。ブナの林もすばらしい。
まだ誰にも会いません。山頂に近づきつつあったときに、やっと、お一人高島トレイルを国境スキー場から縦走してきた方にお会いしました。抜土で1泊とのこと。

 さて、少しお話をして別れて、我々は山頂への道。これが行けども行けどもたどり着けない。頂上近くになると木が少なくなり草稜という感じ。左手には小浜湾、右手には琵琶湖と雄大な景色です。偽ピークが二重、三重にあるから「三重ヶ嶽」と命名されたのと違うかなあなどと珍説、新説をうそぶきながらようやく山頂に。お昼をまわりました。

 ここで食事。小てつさんの差し入れを頂き、こちらからも心ばかりの差し入れ。こういうときのおしゃべりも楽しいものです。そうそう、伊吹山はもちろんのこと白山が見えたこともご報告。冠雪の白山でした。


 さて下りです。南尾根をどんどん進むわけですが、なかなか高度が下がりません。歩きやすいといえば歩きやすい。しかし、高度が下がらなければ河内谷林道に降り立つことができないじゃないですか。小てつさんがおられるから心配はないのですが、もし我々二人だけでここに来ていたら、不安で胸がつぶされそうになっていたにちがいありません。次第に雲は多くなっていますし、日の傾きも早い。最後の急な斜面をおりてようやく林道に降り立つことができました。

 ここから車のデポ地も長いですが、残っている花や実を見ながら、おしゃべりしながら歩きましたので、かなり気が紛れました。
 
 車のデポ地からあとは小てつバーでこちらはゆっくりしながら、元来た道を帰りました。日は暮れて車もライトをつけています。家に帰って昨日から煮込んであったおでんでビール。

 念願の三重ヶ嶽。小てつさん、我々のよたよた歩きにおつきあい下さいましてありがとうございました。(*)=photo by Kotetsu


44.【10月27日】イン谷口8:18→大山口→正面谷→金糞峠→奥の深谷→コヤマノ岳南尾根→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→コヤマノ岳分岐→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→カモシカ台→14:54大山口→イン谷口

 山歩きの春、夏、初秋は花狙い、しかし、ここへくると狙いは花ではなくて黄葉・紅葉となる。

 ということで、本日は77回目の武奈ヶ岳に。

 名神も湖西道路もすいすいと進み、イン谷口トイレ前で駐車。1台が駐まっているのみ。さすがウィークデイのことはある。


 早速用意して登り開始。このあたりまだ紅葉が進んでいるというところまではいっていない。もう少し寒いかと思っていたのだが、うっすら汗をかく。青ガレから正面谷を登っていく。このところ雨が降っていないので、土のところはカラカラで砂埃がたつほど。

 600mから上になると紅葉・黄葉が進んでいます。しかしたとえば金糞峠のような風の強いところはすでに葉っぱが落ちてしまっています。

 金糞峠からは奥の深谷に進み、ところどころの黄葉・紅葉を楽しみながら、今日は最短コースでコヤマノ岳南尾根を進みます。ブナの木が見え始めると山頂も近くなります。柿色に近い色となるブナの葉はもう落ちてしまっています。一気に寒くなるということもないので絵に描いたような完璧な紅葉を楽しむことはできません。

 コヤマノ岳に着くと、南東の風が強いのなんの。1枚羽織って帽子の紐をしっかり締めます。ゴーッという風音。西南稜にあがると飛ばされそうな勢いの風で、とうてい山頂での昼食というわけにはいきません。空を占める多くの雲がものすごい速さで動いています。写真をとって早々に下山。今日はイブルキノコバ経由で帰ろうということで、コヤマノ岳の分岐の風があまり吹かないところで昼食。手作りおにぎりとデザートは草餅。熱いお茶で頂く。

 イブルキノコバを経て八雲ヶ原に。ゲレンデ跡はススキが一杯。ゲレンデ跡を埋め尽くしています。そのあとは湿原を見て北比良峠、ダケ道です。またまたWatさんの手が入っています。ありがたいことです。

 紅葉・黄葉を楽しみながらゆっくりと降りました車のデポ地で着替え後始末を行います。驚いたことに、朝は我々の車を含めて2台しかなかったのが、5台増えて7台になっていました。人気のほどがうかがわれます。

 錦繍の秋、全山紅葉・黄葉とはいきませんでしたが、それなりに秋の山を堪能しました。もともと天気予報では今日は雨だったのですが、夜に降り始めるということで今日の山歩きが可能となりました。感謝、感謝です。

 家に帰って今日は山名酒造の「奥丹波」で締めました。次回は11月で、引き続き秋の山鑑賞ということになります。例年出かけているところはいろいろありますが、次はどこにしましょうか。計画を話し合うのも楽しいことです。


43.【10月18日】木地山BS8:50→焼尾東谷→駒ヶ岳南尾根→駒ヶ池→駒ヶ岳南尾根→駒ヶ越→11:36駒ヶ岳12:28→駒ヶ岳西尾根→与助谷山→南尾根→14:24木地山BS

 (*=photo by kotetsu) 
 高島トレイルの黄葉・紅葉が見たいものだと思っていたところ、救いの神小てつさんから駒ヶ岳へ行きましょうとのお誘いがあり、渡りに船、本日の山行となりました。今日はすばらしいお天気。

 出町柳でピックアップしてもらい、いざ出発。出町柳バス停では朽木学校行きのバスを待つ乗客が7時30分の時点で長い列。途中通り過ぎる坊村のセンターのところも車で一杯です。さぞかし武奈ヶ岳は登山者で一杯だったことでしょう。

 車は朽木市場から麻生川沿いに西北の方向に進みます。ろくろ橋を過ぎ木地山バス停のトイレ前で駐車。

 さっそく渡れるところから麻生川を渡渉。焼尾東谷をつめていきます。沢の源頭のあたり418mのところで向きを北東から東に変え、駒ヶ岳南尾根を目指して登っていくことになります。尾根に着いて北の方に進めば、今日のお目当ての駒ヶ岳ですが、「南に行けばすばらしい池があります」とのことで寄り道をすることに。ブナの立ち並ぶ原生林を気持ちよく進むと、なんと神秘的な池がありました。単に「池」と地図に記されているこの池は、近くによると、「駒ヶ池」と表示されていました。ここで今日最初で最後の登山者と出会う。

 池を一周して黄葉も楽しみながら来た道を戻り駒ヶ岳を目指します。近づいても近づいてもなかなか山頂に辿り着けないという感じでしたが(たぶんシャリバテも関係しているか)やっとのことで頂上に到着。ここで昼食。お互い持ってきたものを提供して小宴。

 今日はいいお天気で伊吹山も見えるし、小浜湾も見えるしということで、景色を楽しみながら、始まった黄葉・紅葉を愛でながら駒ヶ岳山頂から西へ西へと進みます。木々の間からは蛇谷ヶ峰から蓬莱山までも見えました。百里ヶ岳も見えます。

 与助谷山に着きましたらあとは南へひたすら下るのみ。思ったより早く車のデポ地に到着。ここからは小てつバーでサントリー・ザ・プレミアム・モルツをいただいて、楽しくおしゃべりしながら帰りました。大原のあたりで混むかなと思っていたのですが、まだ紅葉の観光シーズンには早いのか渋滞もなく出町柳まで送ってもらいました。

 家に帰りいつものコース。豚しゃぶの鍋で息子の差し入れの藤岡酒造「蒼空」。「ちょっと辛め」と銘打ったものでしたが、これもなかなか旨い!

 高島トレイル、駒ヶ岳を満喫しました。小てつさん、いつもながらの細やかなお心遣い、ありがとうございました。 


42.【10月10日】栗原登山口8:54→ズコノバン→権現山→ホッケ山→小女郎峠→11:44小女郎池12:09→小女郎峠→蓬莱山→クロトノハゲ→キタダカ道→盤所橋→15:10JR志賀駅15:24

 今年も同時期に南比良縦走です。昨年と同様、平からではなく栗原から権現に行くことにしました。JR和爾駅からは遠いし、バスの便は悪いし、ということで今年もタクシー利用。二人では高いですが、4人乗れば1人500円ちょっとということになります。

 登山口のところでは車が2台駐車していました。ここから林道を沢に沿って登ることになります。この林道は時折山野草が見られるので楽しみです。昨年までの林道の終わりのアサギマダラのためにフジバカマを植えられているところまで来ました。ここで大岩がありいよいよ急な登りの開始です。と思ったところ、「諸車通行止め」の看板があり、大岩、大石が取り除けられ、林道が続いているではありませんか。なんだこれは、と思いつつ登りを続けますと、これまでの登山道が拡幅されたり、平行に林道が作られたり、全くあたらしく林道をつけたりと、これまでの登山道が寸断されずたずたになっています。このあたりはずっと植林で花には期待できないところですが、車一台が楽に通れる道がずーっと続いています。これはいやだな、どこか途中で終わっているだろうなと思いつつ、ひょっとしてズコノバンまで続いているのではないかと危惧したりして、汗をかきながら(なんだか今日は蒸し暑い)登っていきますと、やっぱりズコノバンまで続いていました。

 ズコノバンで休んでいると、駅から歩いてきたという若者が追いつき、彼らも「いくらなんでもこれはやり過ぎですよね」と話をして先へ進んで行きました。私たちも来年からはこのルートは取るまいと思いました。

 権現山へは最後の登りが急でどこか堂満岳の最後の登りを思い起こさせます。やっと、頂上へ。登山口から約2時間。ここからはアップダウンを繰り返しながらホッケ山、小女郎峠。小女郎峠から池に進み、ここでお昼。

 お昼の後で小女郎峠に戻り、蓬莱山に登っていくのはつらいものがあります。しかし、仕方がない。蓬莱山からはゲレンデを下ります。そして打見へ行く途中でクロトノハゲに行くルートをとり、あとはキタダカ道を延々と下ります。

 JR志賀駅には15時10分に着きました。急いで着替えをして15時24分の京都行き普通に乗って帰途につきました。京都駅では久しぶりに「八つ橋西尾」へ。店のスタッフは大幅に変わり、顔なじみの人は1人だけでした。今日はおぜんざい。家に帰って仕上げは山名酒造の「吟にごり」。

 山では紅葉が始まっています。ここ1ヶ月は紅葉、黄葉を求めての山歩きとなります。


41.【10月3日】坊村→8:15明王院→御殿山→ワサビ峠→11:03武奈ヶ岳11:50→ワサビ峠→御殿山→明王院→14:10坊村

                                            (*)写真提供ヨネチャン 

 今日は夕方から用事があるので早く帰れるコースということで、坊村からの武奈ヶ岳ピストンとすることにしました。10日ぶりの山行です。

 名神も湖西道路も鯖街道も渋滞はなく、すいすいと坊村に到着。用意をして登山口のほうに向かっていると、行方不明の登山者のご家族の方がビラを配っておられました。okaokaさんも情報を拡散されておられましたが、1日も早い発見を願うばかりです。

 久しぶりの坊村からの登りです。今日の私の体調は極めてよく、あまり疲れもせず、御殿山に着きました。いったんワサビ峠に降り、そこからの登りです。


 比較的早い出発のため、かなり早く山頂に早く着きました。お昼を食べ終わった頃に、シーチャン、さらに少し後にヨネチャンが登ってこられ、話の花が咲きました。しかし、われわれ夕方のことを考えて出発です。

 ところが西南稜ではからずも今度はokaokaさんに会いました。花情報の交換です。もっといろいろ話をしたいところではあったのですが、残念ながら、われわれは下りを再開しました。

 下りでは花の観察も上りほどではなく、ほぼ予定通りに登山口に着きました。いつもなら朽木岩瀬の「栃ノ実庵」に行くところですが、今日はそのまま帰途につきました。帰って一風呂浴びて、O家でのチーズとワインのパーティーへ。ボルドーの赤、ブルゴーニュの白シャブリ、それに日本酒は佐賀の「鍋島」。これが本日の打ち上げ。いい気持ちで家に帰りました。


 お天気にも恵まれ、山仲間にも出会い、花の観察もできて、言うことなしの一日でした。


40.【9月23日】久多滝谷分岐→登山口・演習林小屋→滝谷北尾根→天狗峠→滝谷北尾根→登山口・演習林小屋→久多滝谷分岐

 今度は天狗峠(=天狗岳)頂上まで行ってみませんか、との小てつさんのお誘いで天狗峠へ。出町柳でピックアップしてもらう。バス停を見やると今日は朽木方面へ出かける人は少ないよう。

 鯖街道を順調に進み、梅の木から久多方向に西へ入っていきます。狭い道です。小てつさんは慣れたもの。車がところどころで駐まっていますが釣りの人の車のようです。
 
 いつもの処に駐車と思っていましたら、すでに車が3台あり。少し戻ったところで駐車。鎖をまたいで林道を進みます。ここは京都府立大学の演習林でその管轄下にあります。小てつさんは正式にここへ入る許可を得られています。

 
 府立大学の小屋のところからいよいよ登りです。これが急な登り。しかも前回来たときにはヒルがうようよ。しかし、今日は足下それほど湿っていないし、朝晩気温も下がったことだし、ヒルは全く発見できませんでした。もちろんプレシャワーで安全対策をとっていますが。急な坂だとやはり汗が出てきます。尾根に近づくにつれて風があり、湿度はあまり高くないようです。

 尾根の滑車のあるところから左に曲がります。気持ちよく進みます。広い尾根をアップダウンしながら。

 オブジェの木で左に曲がり、天狗峠分岐に着きます。前回はここで昼食でした。特徴のある木の下で。今回はここから山頂に向かいます。もうかなりお腹が空いてきています。山頂の手前に一つピークがあり、それを越えると山頂です。

 山頂から少しはずれたところで昼食。木の間から遠くの山が見えます。今日は小てつさんラーメンではなくおにぎり。われわれもパンではなくおにぎり。にぎやかにおしゃべりしながらあっという間のランチタイム。

 終わればあとは降るのみです。登りの急登の道は今度は滑りやすい下りの道となります。何事もなく無事、府大の小屋に着きました。駐車場所に戻ってみれば1台残るのみ。山ではなくて釣りの方のよう。

 あとはいつもの小てつバー。楽しい山歩きを振り返りながら帰途につきました。

 帰って、シャワーのあとは、山名酒造の「秋季ひやおろし 奥丹波寒露」。

 小てつさん、今日もいろいろとありがとうございました。道中の抱腹絶倒の話の数々、細やかなお心遣い、感謝、感謝です。


39.【9月19日】イン谷口8:01→8:15大山口→青ガレ→正面谷→金糞峠→奥の深谷→南尾根→コヤマノ岳→武奈ヶ岳→北陵→細川越え→スゲ原→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:03大山口→イン谷口

 1週間後に花はどう変化しているか、確認のためにまたしても武奈ヶ岳。

 またしても車で出動。朝のさまざまな作業が早く終わらないためです。今日は連休初日で名神、湖西道路、混まないかと思っていましたが、これが案外すいすい。名神が少しだけ混んでいたかという感じですが、特にスピードを落とすこともなく京都南から京都東まで。湖西道路も全く混まず。イン谷口に着いてトイレ前より少し下のところに駐車。トイレ前には1台も車はありませんでした。上のところに5、6台。先週よりは早く着いたためとも思いましたが、どうも今日出かけてきた人が少なかったためのようでした。

 花は1週間あるとやはり変化しています。もう終わったのやら、花を増やしたのやらいろいろと。

 青ガレから金糞峠。そして、今日は奥の深谷からコヤマノ岳南尾根。いわゆる最短コース。ヨキトウゲ谷からの最短コースと比べると、こちらのほうが距離はありますが、なだらかな登りです。ヨキトウゲ谷からのコースと合流したところからいよいよ登りはきつくなりますが、ブナの木が増えてくるとコヤマノ岳も近いということになります。

 今日は高曇りの日で、峠や山頂に出ますと風がかなり強い。思わず長袖の上に半袖のシャツをはおったり、武奈ヶ岳山頂の昼食時にはさらにレインウェアを重ねました。
 
 食事も終わって出かけようかというときに西南稜からYさんが上がってこられました。聞けば比良の王道を時計回りで来られたとか。
 

 我々は一足先に北陵を経て、細川越え、スゲ原、広谷のコースです。ここではもっぱらキタヤマブシの観察。広谷からはイブルキノコバ、八雲ヶ原。湿原でヒツジ草をLUMIX光学30倍ズームで撮影。先週と比べると開花した花が増えています。さらにウメバチソウも。こちらはまだまだ蕾も多く、1週間か2週間後が楽しみです。

 北比良峠に上がって草餅を食べて休んでいたら、なんとYさんが上がってこられました。速い!ダケ道はYさんと一緒に下りました。いろんな話をしながら下りましたので、大山口まであっという間。

 あとはホットステイション比良まで車で一緒。けっこう暑かったのでシーズン最後となるか、かき氷で打ち上げ。名物おはぎはすでに売り切れていました。

 家に帰ってカミツレ湯のあとは、久しぶりに一家4人がそろったので、焼き肉でビール。ああ、うまいということになる。


38.【9月12日】イン谷口8:20→大山口→青ガレ→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→中峠→11:32コヤマノ岳→武奈ヶ岳→北陵→細川越え→スゲ原→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→14:30北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

 今日はYさんの武奈ヶ岳150回登頂記念の日。

 それぞれ思い思いのコースで12時~13時に武奈ヶ岳ということで、我々は正面谷、金糞峠からヨキトウゲ谷、中峠、コヤマノ岳ルートをとることにした。やや大回り。しかし、「比良の王道」からは口の深谷、ワサビ峠、西南稜を抜いています。これが「ワサビ抜き=サビ抜き」という私のしょうもない洒落。

 当日集まった仲間では、Wさん、Sさんグループはこのルートをとられました。我々が最後の登りで稜線にたどり着こうというときに、今日の主役のYさんとシーちゃんが下の方で見えました。さらには坊村からサラちゃんとかおりさんが。WさんとSさん、M2さん、Tさん、Fさんはすでに山頂に。
 
 山頂から少し北陵の方向に進んだ岩のところでわいわいがやがや旧交を温め山談義。

 1時頃に出発してまたみんな思い思いのコースで下山。

 我々は北陵、細川越え、スゲ原、広谷、イブルキノコバ、八雲ヶ原、北比良峠へ。

 八雲ヶ原の湿原ではヒツジ草、ウメバチソウ、残り一輪のサギソウ。ウメバチソウは2輪ほどすでに咲き始めていましたが、いよいよこれから。

 北比良峠でまたみんなと合流。あとはダケ道をてくてく。

 イン谷口で2台の車に別れて比良駅前の「HSひら」へ。ここでうちあげ。参加者6名。紫蘇かき氷やコーヒーやおはぎでにぎやかに。

 家に帰って、今日のしめは山名酒造の「奥丹波 白露」。

 Yさんのお人柄で集まった今日の山行。お天気もよく楽しい一日でした。(集合写真はかおりさん提供)。


37.【9月5日】イン谷口7:54→大山口→青ガレ→正面谷→金糞峠→奥の深谷→10:18八雲ヶ原→ゲレンデ跡→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口13:07

 今日は大学で学会があり、開催校として懇親会で歓迎の挨拶をしなければならないので、早く帰れるところとして八雲ヶ原を選ぶ。明日の山行ということも選択肢としてはあったのだが、天気予報によれば明日はよくないので今日のショートコースとする。

 車で出動。いつもより早く家を出たが、8時前であるにもかかわらず車は一杯。 仕方なくいつもより下のところで駐める。

 少し涼しくなったというものの歩き出すとやはり汗が出てくる。青ガレの手前のところでサラを抱えたかおりさんと出会う。さらに青ガレの下のところで休憩をとっているとYさんに出会う。


 青ガレからは金糞峠、奥の深谷、八雲ヶ原までYさんとご一緒。花談義をしていると金糞峠までの登りもあっという間。奥の深谷はいつ来てもいいところです。ここでのお目当てはキタヤマブシ。今日は広谷に行けないので、ここで鑑賞。ところがです。いつもかなりの数があるところにあるべきものがない。Yさんによれば、JR小屋の裏にあった小屋の撤去作業で重機が入ったためとか。工事関係者は花のことまで考えないでしょうね。


 とりあえず残ったキタヤマブシを鑑賞し、カメラにおさめました。このあとは八雲ヶ原の湿原(2輪だけサギソウが残っていました)を経由してゲレンデ跡を登り、昼食。そのあと崩落箇所を確認して北比良峠。

 ダケ道ではWatさんが補修作業を行っておられました。お礼を言って少し話をして、ダケ道を急ぎました。予定通りに大山口に降り、イン谷口の車のところに戻りました。

 この時間帯だと湖西道路は全く問題なし。余裕で家に到着。シャワーを浴びて着替えをして大学へ。

 学会の懇親会が私的には打ち上げとなりました。ビール。

 次回は今週土曜日。Yさんの武奈150回目の記念登頂となります。


36.【8月29日】久多滝谷分岐8:50→登山口・演習林小屋→滝谷北尾根→天狗岳分岐→北谷→滝谷→14:58久多滝谷分岐

 小てつさんから天狗に行きましょうとのお誘いを受けて今日は小てつワールドに。出町柳でピックアップしてもらって、鯖街道、梅ノ木から久多のほうに。

 車を駐めて岩屋谷沿いの林道を進み、久良谷分岐を過ぎ、京都府立大学久多演習林管理舎に到着。いよいよ登りです。このあたりで503m。天狗岳は928m。

 やっぱりいますヒルさんが。さいわいキンチョープレシャワーのおかげで靴に登ってくることはありません。雨の後蒸し暑い中を我慢して登ります。急斜面です。ジグザグジグザグ登って高度をかせぎます。支尾根に乗ってさらに西へ西へ。
やがてP936のある稜線に出会うと見晴らしがよくなります。尾根をひたすら進みます。分岐が多くあり、迷いやすい尾根です。

 やっと天狗岳分岐にたどり着きました。ここで昼食。

 今日は天狗岳に行かずにP921方向に南下。そしていよいよ北谷を下ります。小てつワールドの始まりです。北谷を下り、滝谷を下ります。きれいな滝がありました。なるほど「馬のしっぽ」。沢の両側の岩を慎重に下ります。濡れていてずいぶんと滑りやすい岩です。何回も渡渉します。やがて林道が現れ、ほっとして、車を駐めてあるところまで戻りました。

 今日はミヤマウズラ鑑賞でした。葉がウズラの羽に似ているところからの命名のよう。奥深いところで北に迷えば芦生という秘境。誰にも会いませんでした。

 帰りの車はバー・小てつ。サントリー、ザ・プレミアム・モルツ。出町柳で降ろしてもらいました。京阪で丹波橋に着いたら雨が激しく降ってきました。山の中でなかったのは幸いでした。

 服を洗濯機に放り込み、シャワー。そして締めは山名酒造の「純米吟醸 奥丹波 生詰」。楽しい1日でした。
 小てつさん、ありがとうございました。今後ともよろしく。(上掲の写真のうち2葉は撮影者=小てつ)


35.【8月16日】イン谷口7:54→8:07大山口→正面谷→9:32金糞峠→ヨキトウゲ谷→中峠→コヤマノ岳→11:30武奈ヶ岳12:00→北陵→細川越え→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→13:47北比良峠→ダケ道→15:11大山口→イン谷口

 昨日はユッキーの実家にお坊さんが来られるので山行は今日となりました。結果的に今日の方が曇りで強烈な日差しを避けることができたようです。

 しかしです。思いがけないことはいろいろと起こります。帰省の関係で名神や湖西道路は混むのではないかと考え、バスで京都駅、そしてJRと考えていたのですが、タッチの差で京都駅行きのバスに乗れず、しかたなく、家に戻り渋滞覚悟で車で出かけました。
 

 しかしです。京都南から名神にのったところ、上り線はすいすい、予想外です。さらに湖西道路もいつもの坂本あたりの渋滞もなく、こちらもすいすい。結局、渋滞は杞憂に終わりイン谷口に着くことができました。


 今日の山行はサギソウを見るのが目的の一つです。なるべく涼しいところを行こうということで、正面谷(青ガレまでは沢の横です)、ヨキトウゲ谷、広谷のルートを取りました。

 ここしばらくまとまった雨がなかったせいか、水量は少なめです。汗はやっぱりたくさんかきます。今日も水は2リットル。

 金糞峠からコヤマノ岳までは誰にも会いませんでした。武奈ヶ岳山頂でもいつもよりは登山者は少なめでした。ここで昼食。いつものように北陵を少し行ったところの岩の上で。

 昼食後、北陵を細川越えまで。ここからスゲ原・広谷方向に降りるのですが、オオバアサガラが一杯で道をふさぐほどです。鹿に嫌われるとこれほどまでになるのか。ここでのお楽しみはキタヤマブシ。しかし、かなりの葉が黒く変色していました。水不足が原因かとも思ったのですが、もう一つ原因はよく分かりません。そのような中でもつぼみをつけているのもあり、なんとすでに開花しているのもありました。キタヤマブシに関してもどうも今年は成果はよくなさそうです。あと2,3週間後か。

 八雲ヶ原に着いていよいよサギソウ見学と思ったところ、Yさんと出会いました。サギソウに関してはちょうどいいタイミングで今日来たみたい。Yさんによれば80輪ほどあるとか。堪能して北比良峠へ、そしてダケ道を下りました。話題豊富なYさんとご一緒でいつもは退屈なダケ道の下りもあっという間。イン谷口で着替え等を行い、YさんをJR比良駅まで送り、われわれは自販機でお茶を調達して帰途につきました。HSひらはお盆休み。

 帰りの湖西道路、坂本あたりの渋滞はいつも通り。名神は全く問題なし。上りは渋滞していました。今日はうちあげなしで家に帰り、シャワーの後は山名酒造の「純米吟醸 奥丹波生詰」。サギソウを見られただけで今日の山行は満足、満足。


34.【8月11日】3合目8:43→10:47山頂(1377m)11:40→12:06:9合目→13:06:3合目→14:11登山口14:30(バス)→JR近江長岡駅

 8月はじめ恒例の伊吹山。いつもより少し遅くなりましたが出かけてきました。「花が少なくなった」との情報はいろいろ届いていますが、怖いもの見たさというか自分の目で確かめようと本日決行。

 JRで米原を経て近江長岡で下車。前日近江タクシーで予約していたので、すぐに乗車。都タクシーは前日電話したところ予約は受け付けていないとのことでした。また、今年は近江タクシーも3合目まで行ってくれました。これまで2合目までというのは社長の方針だったようですが、それが変更したとか。登山口では協力金を一人300円払いました。

 午前中は雲が多く日差しが強くなくずいぶんと助かりました。3合目ですでに720mですので、汗は出ますが時折吹く風は心地よく順調に登っていけます。
 

 3合目のユウスゲの群落地は保護区とされて、中は金網越しにしか見ることができません。まあ、仕方がない。5合目の茶店、8合目のベンチとテーブルが休みを取る一つの目安となります。8合目からはいよいよ気合いを入れて山頂を目指します。

 やっぱり花は減っています。これが鹿のせいだと言われていますが、われわれはそれよりも天候の不順が主たる原因ではないかと思いました。花の伸びる時期に雨があまり降らなかったり、時折の豪雨が土を削ったりというのが大きいのではないかと。もちろん鹿の食害も否定はしませんが。

 というようなことを考えながら山頂に着きました。伊吹牛乳を買って、京都駅で買ったパンを三角点の近くで食べました。山頂では風もあり少し寒いぐらい。慌てて半袖のシャツを上に着ました。昨年はソフトクリームを食べたのですが、今年はそんな気になれず、茶店に寄ってホットコーヒーを頼み草餅と一緒に頂く。

 このあと西の遊歩道へと歩を進めましたが、見るべきものはなにもなし。あとは下るのみ。2時30分のバスには余裕で間に合いそうなので2合目から1合目までは登山道をはずれて林道を行きました。こちらの方が木があって涼しかったです。ただ、この間に3つも熊の仕掛けがあり、驚きました。しかも米原市の軽トラックの作業の人が罠にかかっていないかどうか調べて回っていました。このあたり熊が住んでいるんですね。

 余裕でバス停に着き、水を買い足し、トイレ、着替えをしてバスを待ちました。乗客は6人ぐらい。あとは近江長岡駅から米原へ。そして新快速で京都まで。京都駅の西尾に久しぶりで行こうと思ったら待っている人の長い列。そこで京アンジュということになりました。黒蜜きなこのかき氷。わらび餅がついています。カキ氷り評論家としては少し甘いと感じました。それから氷の質があまりよくないかと。

 家に帰ってシャワーのあとは今日も山名酒造の「純米吟醸 奥丹波 生詰」。暑い割にはばてばてにならず、いい山行でした。


33.【8月1日】北白川仕伏町バス停8:20→石鳥居→水飲み対陣跡→11:14八瀬ケーブル駅11:45→12:34大比叡→比叡山会館→本坂→14:10日吉大社→坂本観光案内所→甘味処「うえだ」→JR比叡山坂本駅

 長いこと比叡山に行っていません。本来雨などで困ったときには比叡山に出かけていたのですが、この頃は雨でも武奈に出かけたりしますので、間が開いたわけでした。

 暑さが予想されますので、まずは沢沿いの北白川バプティスト病院の横から。きらら坂は避けました。石鳥居にたどり着くと、これからいよいよしんどいところです。

 まず音羽川の源流の渡渉です。3つありますが、一番最初の流れが幅広い。ここにいつかけられたのか橋がかかっていました。ありがたいことです。登っては下り、登っては下りを繰り返し水飲み対陣跡。少し上がったところに見晴台的なところがあるのですが、京都市内は霞の中です。

 ここから千種忠顕の碑に至るまで、さらにケーブル駅までいつもこたえます。今日は暑くて汗をたくさんかき、全体として体力が消耗していっているようです。まあ、ともかく旧道からケーブル駅にあがり、ここで昼食。ペットボトルも買い足します。このところずっと最終的には2リットル飲んでいます。

 昼食後は蛇が池スキー場跡から見晴台、山頂駐車場、大比叡です。

 さて、どこから下ろうかと思案しましたが、結局、延暦寺の境内、延暦寺会館の横から本坂を下りました。この道はつまらない道でかなり荒れたごろごろ道です。

 やっと比叡山高校の校舎横の階段に出てきました。そうそう、比叡山高校は久しぶりに甲子園出場ですね。グラウンドの方からは今日も練習の声がしていました。

 坂本観光案内所に来て、トイレ、着替えです。そして甘味処「うえだ」。久しぶりです。この前は3月だったか。
 夏はわれわれの定番「宇治金時かき氷」。ゆっくりさせてもらいました。夏みかんゼリーをお土産に帰途につきました。

 家に帰ってシャワーの後は山名酒造の「生詰 奥丹波」。青木杜氏の辛口。


 無事帰ってこれましたが、しかし、暑い一日でした。


32.【7月25日】8:10イン谷口→大山口→正面谷→金糞峠→東レ新道→10:54堂満岳11:04→ノタノホリ→サクラノコバ→13:17イン谷

 本日も庭の水やりをしていると京都駅からのJRに間に合わないので車で出動。水泳客で湖西道路は渋滞するので比較的早く帰れるところということで堂満岳。

 イン谷口のバス停近くで車を駐めて大山口、正面谷のコース。途中トイレをすませ、青ガレ近くの水場でタオルクール。

 蒸し暑い中ゆっくりと登っていきます。青ガレを過ぎると、どういうことか、ガスがかかってきました。これは天気予報と違うなあと思いつつ、金糞峠目指して登っていきますが、ガスで日差しが遮られて少し涼しい。これはありがたい。

 金糞峠からは東レ新道です。尾根道でここが暑いかと思っていましたがガスがかかって比較的涼しい。なんなく堂満岳に着きました。ここでお昼にするには木があまりないし、虫も多い。ということでここからノタノホリ経由で下山です。しばらく来ないうちに山頂から琵琶湖側の木が大きくなりました。見晴らしが悪いということになる。

 最初の激下りから平になっているところに来て昼食。レーズンクリームチーズノアというのと、レーズンデーニッシュパン、牛乳。デザートに大福餅。


 あとは下るだけです。えぐれ道は相変わらずのえぐれ道。ノタノホリは藻が繁茂していました。これにもびっくり。

 別荘地を過ぎ、ノタノホリへ向かう渡渉地点の橋は朽ちて傾いていました。いつ頃からこうなっているのか。

 サクラノコバを過ぎて駐車場所まで戻ってきました。今日は約5時間の歩きでした。

 今日もうちあげは「HSひら」。かき氷かと思っていたところ、おはぎがあったので、これとアイスコーヒー。美味しくいただきました。


 こうして湖西道路、名神高速道路で帰りました。特に湖西道路は全く渋滞なしで、3時には家に着くことができました。

 シャワーの後は山名酒造の「奥丹波・杜」。ああ旨いということになる。


31.【7月20日】イン谷口8:19→大山口→正面谷→金糞峠→奥の深谷→コヤマノ岳南尾根→コヤマノ岳→11:35武奈ヶ岳12:10→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→カモシカ台→15:00大山口→イン谷口

 本日もまた武奈ヶ岳です。8時過ぎに車でイン谷口に到着しましたが、すでに多くの車が駐まっています。いいお天気です。

 久しぶりにいいお天気の武奈ヶ岳。例によって正面谷を金糞峠まで。そこから奥の深谷方向に進み、武奈最短コースで南尾根。台風、雨のせいで水量も多く、イン谷口から大山口への林道の一部に水が流れています。

 暑いことは暑いのですが、風があるので助かります。風のせいか山頂のトンボを除けば虫はほとんどいません。 

 あと少しで金糞峠というところで、下の方からYさんが登ってくるのが見えました。JR比良駅からバス利用ですからなんと速い。Yさんは金糞峠、奥の深谷、八雲ヶ原のルート、われわれは奥の深谷、コヤマノ岳南尾根。途中までご一緒しました。

 コヤマノ岳山頂では伊吹をはじめとして山々が見えます。琵琶湖も見えます。久しぶりの好天。

 いつも心が癒やされるブナの林を通り、イブルキノコバ分岐を通って、いよいよ武奈ヶ岳山頂に。着いたと思ったらYさんはすでに山頂に着かれていました。トンボが乱舞しています。その中で昼食。今日は珍しくコンビニおにぎり2ヶ。

 山頂からはイブルキノコバ経由で八雲ヶ原、北比良峠、ダケ道で下山しました。降りたら消防車やらが駐まっています。あとで聞けば、道迷いがあったとのこと。人騒がせなことです。そういえばダケ道を降りているときに、もう3時近くになっているのに登っている人がいました。非常識この上ないです。「今から武奈はだめですよ」と注意はしましたが。


 今日は「HSひら」はお休み(営業日は土・日・水)であることを知っていましたので、うちあげなしで帰途につきました。

 いい山行でした。比良では珍しいタマガワホトトギスもYさんの案内で見ることができましたし。7月に入って毎回武奈です。本日で73回。

 シャワーのあとは山名酒造の「生貯蔵酒」。うまいということになる。


30.【7月11日】イン谷口8:04→大山口→正面谷→9:35金糞峠→ヨキトウゲ谷→コヤマノ岳南尾根→コヤマノ岳→11:12武奈ヶ岳11:44→北陵→細川越え→スゲ原→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→13:26北比良峠→ダケ道→カモシカ台→14:45大山口→イン谷口

 ナツツバキを写真に撮ろうと、今日も武奈ヶ岳に。ただしルートはイン谷口から。今日も車です。湖西道路を走っているときには比良山系はガスで全く見えません。天気予報では昼からよくなるといいうことでしたのでそれをあてにして。確かに山頂に近づくにつれすこしずつよくなってきました。

 イン谷口で準備をして歩き始めたと思ったら後ろから声がかかりM2さんです。「駅から歩いてきて50分かかりました。汗だくです」といつもながら元気なご様子。「今日は比良の王道で」との話。われわれは武奈の最短コースで行こうとしていますのでえらい違いです。(そして帰りの大山口で追いついてこられて釣瓶まで行ったとのこと。もう言葉がありません。)

 いつものように正面谷を青ガレからゆっくり登っていきます。そうしたら、Yoさんに会うは、スヨンさんを見かけるは、今日はなんだか知っている人に多く会う一日でした。

 蒸し暑く、汗をたくさんかくのでずいぶん疲れたと感じます。ようやく金糞峠に着きました。ここからコヤマノ岳南尾根にのるには3通りのルートがあるのですが、今日はヨキトウゲ谷をかなり登ったところから。


 コヤマノ岳への最後の登りがいつもしんどい。立派なブナの木を見ながら山頂に。琵琶湖方面はやはりかなりの部分でガスっています。


 ここまで来れば後はしめたもの。気持ちのよいブナ林を少しくだってあとは最後の登り。アカモノの実を見て山頂です。北陵を行く予定なので山頂写真のあとは北陵に少しだけ行った岩のところで昼食。出発しようと思っていたらヨネチャンが山頂から降りてこられました。ここで情報交換。うちあげを約束してここは別れました。

 北陵の下りもぬるっとしたところがあるので要注意です。慎重に下ります。細川越えからスゲ原、広谷です。この間でいくつかナツツバキを見ました。特徴のある木肌と落ちた花が目印です。観察したところ、花が落ちている木でも上を見ればまだ咲いている花があったり、蕾まであったりして、今年の特徴なのか、いつもそうなのかは分かりませんが、一斉に開花して落下するということにはなっていません。

 八雲ヶ原に着いて池を進もうとしていたら、声がかかり、これが奥の深谷などで橋の修理をしていただいているWDさんということが分かりました。お名前は聞いていたのですが、面と向かってお話ししたのは今日がはじめてでした。

 あとは北比良峠、ダケ道です。こちらはもう一人のWTさんの手で歩きやすいように工夫がなされています。感謝、感謝です。

 大山口ではヨネチャン、M2さんと再会しました。あとは、ヨネチャンを乗せて「ほっとすていしょん比良」へ。三人声をそろえて「カキ氷り」の注文。今は紫蘇ジュースのトッピングだけですが、来年は南高梅のジュース、ジャムのトッピングもメニューに載るかもしれません。変な混ぜ物のない、あとくちのさっぱりしたカキ氷でした。汗もすーっとひきました。

 帰りの湖西道路、今日はそれほど渋滞はありませんでした。帰ってしめはビール。気持ちのよい汗をかきました。さて、次回は?


29.【7月7日】坊村8:20→10:38御殿山→ワサビ峠→西南稜→11:23武奈ヶ岳11:43→西南稜→ワサビ峠→御殿山→13:30坊村

 先週の土曜日、日曜日には予定があり、本日火曜日の山行。天気予報は雨。われわれの原則として、仮に雨が降るとしても家を出るときに降っていなければ決行するというのがあり、その原則に則って出発。

 行き先も、蛇谷ヶ峰か武奈ヶ岳か比叡山と北から南へと3ヶ所の候補地。北の方が昼から雨ということだったので比叡山はまず候補地から外す。蛇谷か武奈かの選択で結局月1回の武奈詣でということにしました。車で出動。


 天気予報はたいがい当たらないものです。湖西道路、鯖街道とすいすいと進んでいますと、フロントガラスになにやらパラパラと。やっぱり。比良三大急登の一つを登っているときにザックカヴァーをつけレインウェアを着込みました。まだ誰にも会いません。

 夏道、冬道の分岐では今日は夏道を選択。見晴台へ行くまでのところで上からお二人下山されてきました。葛川青少年センターの駐車場でわれわれの横に駐めていた車から先に出発された若者でした。「雨がきつくなってきたので御殿山まで行って戻ってきました」との話。雨の備えがなかったような感じでした。

 見晴台でも御殿山でも何も見えないままワサビ峠へ降り、そこから西南稜、武奈ヶ岳に進んでいたときに、今日2回目の人との遭遇。これがまた、ユッキーの元同僚のグループ、4人。なんという偶然でしょう。車で来られて武奈ヶ岳まで行って今急いで坊村へ戻るところというお話し。


 雨の中、イワガラミを見たり、紅色のヤマボウシを見たりとカメラのレンズに雨が当たらないようにしながら登っていきます。アカモノは小さな実をつけていました。ナツツバキの花が落ちたのを見つけ、まだ残っているのがないかと確かめましたが、残っていても木の高いところにあるので撮影はできませんでした。残念。

 汗なのか雨なのかぐしょぐしょになりながら山頂。ここで少し弱まった雨の中で昼食。これが正解でした。というのも食べ終わって下山し始めたら雨脚が強まってきましたので。

 
 早速下山です。滑りやすそうなところは慎重に降ります。こんなところでこけたりすれば泥まみれです。登山道は雨の流れ道となり、なるほど、雨の流れ道が登山道になったのか、登山道だから雨の流れ道となっているのか。途中単独の若者が登ってこられました。これが今日出会った3回目。

 ずいぶん早く降りてこられました。明王院の橋のたもとで杖を洗い、スパッツを洗い、登山靴の泥を落としました。坊村の「茶坊」は火曜日でお休み。ちょっと足を伸ばして、またまた朽木岩瀬の「栃ノ実庵」へ。体が冷えましたので、ここは栃餅ぜんざいでうちあげ。お土産を買って帰途につきました。

 あとは定番。カミツレ湯、そしてビールで締め。雨の山行もなかなかいいものです。本日の武奈ヶ岳で70回目の武奈ヶ岳となりました。


28.【6月28日】登山口駐車場→落ヶ滝線→分岐→鶏冠山→分岐→天狗岩→耳岩→白石峰→茶沸観音→竜王山→茶沸観音→白石峰→重岩→国見岩→狛坂磨崖仏→出合→南谷林道→逆さ観音→オランダ堰堤→登山口駐車場

  またも小てつさんのお誘いで湖南アルプスに花見物。最初は高島トレイルあたりも候補地であったのですが、お天気の関係で滋賀県南部に。これは正解でした。ほんのわずかぱらっとくる時間帯もありましたが、大半は曇りで時々日が差すというお天気でした。

 先週okaokaさんが歩かれたコースと全く同じで、1週間後に花がどうなっているかの確認です。

 小てつさんには川端丸太町でピックアップして頂き、山科でJOEさんも乗ってこられ、目的地に向かって出発。

 駐車場では8時半ということでもあるのか、それほど車が多いといいうわけではありませんでした。しかし、帰ってきたときには駐車場は満杯でした。この駐車場にはバイオマストイレあり。駐車料500円。

 北谷林道から落ヶ滝線を進みます。途中落ヶ滝にも寄ります。今日のルートは寄り道が結構多い。まず分岐に着くと鶏冠山へのピストン。しんどい割には見晴らしもなく花もなくで、次回ここへ来るときには立ち寄るかどうか。

 戻ってきて稜線を南へ進みます。人気の山なのかけっこう人が多く、どんどん抜かされます。こちらはお花見物できょろきょろうろうろ。他の登山者は花には全く興味がない様子。まあ、山へ登る理由は人さまざま。


 花がないとなるとわれわれの歩行はスピードアップ。三河ナンバーのマイクロバスで来た団体さんにも抜かせていただく。人がたくさんいるので天狗岩をよじ登るのもパス。白石峰で昼食としました。おあつらえのベンチがあります。ここでシェフJOEさんに野菜たっぷり肉団子スープを頂戴する。そうそうノンアルコールビールも。

 お腹もいっぱいになって竜王山へ。ここも白石峰からのピストンです。あとは狛坂線を下り、出合へ。そこからは南谷林道でのんびりと駐車場まで。駐車場で着替えをして、車に乗り込むと小てつさんによる宴会のはじまり。小てつさんドライヴァーで飲めずお気の毒。

 この山域は花崗岩質のざらざら道、大岩があり、水があり、植林が少なく全体に雑木林で野草観察にはいいところです。ササユリはもう終わっていましたが、他にコバノトンボソウ、ジガバチソウ、モウセンゴケ等を観察しました。

 家に帰って今日は山名酒造の「純米吟醸・奥丹波」で締めました。帰りの車の中のビールで下地があり、日本酒を飲んだら、いい気持ちとなり8時30分には床につきました。(本日ユッキーはカメラを持参するのを忘れ、私の古いカメラで撮ったものだから接写したのはことごとくピンぼけ。これだけが残念ということになる。)

 小てつさん、JOEさん、ありがとうございました。お二人と話をしながらの一日、楽しい思い出が共有できました。


27.【6月21日】黒河林道砂利置き場→黒河林道→黒河峠→明王の禿→黒河峠→黒河林道→黒河林道砂利置き場

 昨年から6月の終わりは赤坂山のキンコウカ見物と決めていて、土曜日か日曜日に出かけようと思っていたところ、小てつさんから日曜日に出かけますがとのお誘い。
 
 渡りに船とばかりに本日の山行。出かけるときからえらい雨。われわれだけだと家を出るときに雨であれば中止するのだけれど、全天候型の小てつ・JOE組はもちろん出かけられるに決まっている。それで大きな傘をさして京阪丹波橋の駅を目指す。京阪出町柳で車に乗せてもらい出発。高野川は濁流で水かさも増えている。しかし、こんな雨の中遊びに出かける人はなく、湖西道路もすいすいと。
 
 黒河林道砂利置き場で車を降り、雨天のフル装備で出発。林道斜面をきょろきょろしながら黒河峠まで。さらにきょろきょろしながら明王の禿を目指します。雨は次第に止んできました。


 先週もこちらへ来られた小てつさんのレポートにもある通り、今年は毛虫も見当たらず一安心。いろいろ寄り道しながら明王の禿に着きました。ここから赤坂山の方に下ったところで昼食。JOEさんの野菜たっぷりワンタンスープ豚肉入りを頂き、お腹いっぱい。花もないので赤坂山には行かず、明王の禿に引き返し、登りで見落とした花がないかとうろうろきょろきょろ。

 駐車場所に戻ってきて道具をしまい、着替え。帰りの車の中は小てつバーとなって、おつまみとサントリー・ザ・プレミアム・モルツを頂き、無事京都まで帰りました。

 家に帰ればカミツレ湯。そして締めはサントリー「マスターズドリーム」。確かに深い濃い味でした。

 キンコウカは今日が一番いいところという感じで、来週はやや衰えていると予想されます。ただ、今年の天候不順のせいか、一斉に全部が咲き誇るということにはなっていませんでしたが。ヤマボウシとコアジサイに関しては「もうええわ」というぐらいに一杯で堪能させていただきました。
 小てつさん、JOEさんありがとうございました。お誘いがなければ実現していなかった山行でした。



26.【6月13日】坊村8:53→見晴台→10:50御殿山→西南稜→11:30武奈ヶ岳12:02→北陵→細川越え→広谷→イブルキノコバ→13:18八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→14:59大山口→15:17イン谷口

 本日は、恒例の西南稜のツツジ見物.okaokaさんの先週のルートそのままに出かけました.

 出町柳にいつもの時間に着いたら,列は絶望的な長さ.列の前から4,5番のところにM2さんを発見.ご挨拶.蛇谷ヶ峰から武奈ヶ岳への縦走とのこと.いつもながらの健脚に驚嘆.

 京都バス,今日は太っ腹でした.臨時便を2台も出して合計3台で出発です.われわれも三台目に乗り,全員座って出発.

 坊村、、明王院からの御殿山コースは久しぶりです。東京から夜行で来られたとかいうお二人を案内しながらゆっくりと登る。われわれが勝手にモミジノコバと呼んでいるところで名残のツルアジサイを見て、今のところ元気なキタヤマブシを確認しつつ進む。夏道、冬道の分岐でどちらにしようかと思ったのだが、この時期冬道を行ったことがないので尾根筋の冬道コースを取る。

 登って着いた見晴台のキタヤマブシも今のところ元気。そこからは散ってしまったベニドウダンを見ながら、御殿山。一方でおそらく先週よりはやや衰えたヤマツツジを見ながら西南稜。緑にツツジの赤がアクセントになって本当にきれいです。

 4つのピークを超して武奈ヶ岳山頂。昼食です。北陵を行く予定なので、山頂から少し北へ行ったところで。

 あとは細川越えから広谷へ。そしてイブルキノコバから八雲ヶ原。この季節、池にはモリアオガエルの卵塊が。そして北比良峠。ダケ道。

 大山口を過ぎてトイレの前まで来たときに、Yさんが下りてこられました。こちらも相変わらずの健脚で八淵の滝から武奈ヶ岳、イブルキノコバから八雲、奥の深谷、金糞峠、正面谷のルート。イン谷口で一緒にバスに乗りました。

 一緒にうちあげはもちろん「ほっとすていしょん比良」で。三人ともかき氷。お土産に芋けんぴ等を買ってJRで京都駅まで。車内ではYさんと山の情報交換。

 家のうちあげは愚息の誕生パーティーということで、ボルドーの赤ワインで乾杯。

 P.S. 蛇谷ヶ峰の鳥、マラソンランナーH氏にご教示頂きました。「ヤイロチョウ」でした。さすが野鳥の会会員。



25.【6月7日】駐車場所8:45→9:08登山口→10:48蛇谷ヶ峰11:23→登山口→12:50駐車場所

 6月と言えば蛇谷ヶ峰のオオバアサガラとコアジサイの見物に出かけることが恒例の山行となっています。
 というわけで、本日は蛇谷ヶ峰に。昨日でもよかったのですが今日の方が天気がよさそうなので。

 曇り空の中、例によって車での出動です。名神、湖西道路、鯖街道と渋滞もなく進めました。朽木新本陣道の駅でトイレ。ちょうど日曜朝市をやっていました。で、あん入り栃餅をゲット。

 さていつもの駐車場所と思っていたところ、生き物ふれあいセンターの建物撤去とともになのでしょうか、いつもの駐車場所には入れないように杭がうってあります。そして10台ぐらいの先に来ていた車が道に縦列駐車。仕方なくわれわれも道に縦列駐車。

 この大勢の車は大阪ナンバーでバード・ウオッチングのために来られたようで、一生に一回見られるか見られないかの稀少な鳥がここの森に来ているとか。バズーカみたいなレンズを備えたカメラでじっと待ってられました。(昼過ぎにわれわれが下りてきたときもまだじっとカメラの横で待機されておられました。ご苦労様。)この鳥(名前忘れてしまいました)、センターの建物がなくなり、訪れる人が少なくなってからやって来たとか。人間の口笛のようないい声で鳴いていました。

 林道を登っていきます。沢沿いです。もっとも林道はかなり高いところにありますが。やがてこの沢を離れて左手に90度曲がって支尾根に登ることになります。この沢の処にオオバアサガラがあります。今年は全体として花がすべて早いですが、今日来たら、こちらの花も痛みかけておりました。どんぴしゃりで山の花に出会うのはなかなかむずかしい。オオバアサガラは鹿が嫌うためにあちこちで大きくなっているようです。

 支尾根を登っていきます。おぞましい階段道です。しかし、コアジサイが次々に展開するのでそれほど苦痛ではありません。下の方では終わりかけの感じでしたが、登るにつれて斜面一面コアジサイというようなところが出てきました。

 お見合い広場から最後の登りで頂上です。今日は曇り空。伊吹山をはじめとする遠くの山々は霞の中です。武奈ヶ岳も頂上付近はもやの中。風が強く寒いので、写真をとってすぐに下りお見合い広場で昼食。

 あとは降るのみ。ここのコースは本当に楽ちんです。子ども連れのグループを3組ほど見ました。カツラの谷も久しぶりに行きたいのですが、ヒルがいやなのでヒルの出ない11月ぐらいに来たいものと思案。

 そして、「栃ノ実庵」に寄り、わらび餅アイスクリーム。アイスクリームのまわりにここの名物のわらび餅が配され、黄な粉のトッピング。帰りも渋滞なしですいすいと帰宅。カミツレ湯のあとはビールでしめ。


24.【5月30日】イン谷口8:00→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→中峠→ワサビ峠→西南稜→11:45武奈ヶ岳12:15→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→カモシカ台→14:52大山口→イン谷口

 今日は西南稜のベニドウダンとレンゲツツジを見に行こうということで、武奈行き。出町柳からのバスで行こうと思っていたのだけれど、庭の水やりと忘れ物で結局車で行くことになる。

 バスで行けば坊村から行って西南稜、武奈ヶ岳を経てイン谷口に降りられるのだが、車で行って坊村ピストンではおもしろくないのでイン谷口に行き、そこから比良の王道時計回りで山頂に着き、イン谷口に降りてくるというルート。ロングコースとなりました。

 ウツギやタニウツギを見ながら林道を上っていきます。青ガレに行くまでの水場でタオル・クール。まだ5月だというのに暑い山登りです。正面谷の途中でヨネチャンのお知り合いでこの前武奈の山頂で紹介してもらったYさんに会いました。

 金糞峠からは今度はヨキトウゲ谷を登っていきます。何回か渡渉しますが、支尾根を登るよりはこちらのほうが楽しいです。やっと中峠に着きました。今日は西南稜に行くのが目的ですから、ここでいったん口の深谷へ下ります。心の安まるところです。

 そしてワサビ峠へと一登り。いつもこのルートでここが一番つらいところです。

 ワサビ峠に着いて、いよいよ写真撮影の始まりです。なかなか先に進めません。出町柳からのバスで来られた方のトップが着き始めています。花に興味のない人はどんどん追い越していきます。ベニドウダンは見事でした。サラサドウダンはもともとこのコースには少ないのですが、あまり元気がない感じ。今年は不作なのか。

 予定通りの時間に山頂に着いて昼食。その最中にM2さんと遭遇。さらに食事を終えて降りかけていたところ、今度はかおりさんに出会いました。

 下山のコースはいくつかあります。
1.北陵から広谷経由、八雲ヶ原。
2.イブルキノコバ経由、八雲ヶ原。
3.ゲレンデ跡パノラマコースから八雲ヶ原。
4.コヤマノ岳を経て金糞峠。

 結局われわれはまた沢が楽しめるイブルキノコバ経由で下山しました。北比良峠からはダケ道。

 大山口で顔を洗い、道具を洗ってイン谷口へ。あとはやっぱり「ほっとすていしょん比良」です。かき氷。紫蘇ジュースのシロップ。
 
 それほど渋滞もなく無事帰宅。お風呂の後はビールで締めました。


23.【5月23日】市橋駐車場9:05→市橋コース→夕暮山・岩籠山分岐→夕暮山→分岐→12:28岩籠山12:40→インディアン平原→分岐→15:12市橋駐車場

 5月17日にokaoka club の小てつさんがJOEさんと一緒に岩籠山に出かけられたとのレポを読んで、そうだ、春の岩籠山はどうなんだろうということで本日の山行。

 名神京都南から京都東まで、そして湖西道路に入り、順調に進みます。今日はどういうわけか坂本あたりの渋滞もさほど目立たず。

 道の駅藤樹の里あどがわでトイレ休憩。実は昨年秋岩籠山へ行く途中ここで休憩したときにユッキーは車止めに足を取られて転倒するというアクシデントがありました。今年は慎重にトイレまで。しかし、今度は別のアクシデントが別の場所でキムケンに。

 市橋の交差点で8号線を離れて左折。ここからは道が細くなります。上から他の車下りてくるなよと念じながら運転していると、今日も上から2台下りてきました。どうやら駄口にデポするためらしいです。仕方がないなあと細い道を5メートルほどバック。


 それでやっと登山者の駐車場に。すでに7、8台の車が駐まっています。京都からだと大変ですが、福井の方だとすぐですものねえ。

 駐車場にトイレあり。ここから出発です。最初は林道です。やがて山道らしくなっていきます。コアジサイがもう色づいています。上の方ではまだでしたが。市橋コースは沢を遡行するルートです。それがため何回か渡渉を繰り返します。

 滝上の大岩のあるところで、ギボウシの花をもっと近くで見ようとしてキムケンはスリップ転倒してしまいました。怪我はしなかったのですが、体を支えようとついた左腕が痛いという結果になってしまいました。やれやれ。私は経験しなかったのですが「五十肩」と同じような症状で手を挙げたり服の袖を通そうとしたら痛みが走ります(週明けに整形外科に出かけましたら、骨には異常がないが、肩から上腕にかけての筋が傷を負ったようであるとのこと。湿布と痛み止めの薬の処方)。

 まあしかし、歩くのには問題ありません。そこでさらに谷をつめていきます。沢から離れるといよいよ急登の始まりです。イチゴ畑をすぎ、関電巡視路のプラスティック階段をひいこらひこら言いながら登ります。尾根のコルに乗るまでが大変。ようやく分岐に着き、荷物をデポして夕暮山へ。景色を堪能した後戻って今度は岩籠山へ。途中いったん降るのがつらい。しかし仕方がない。ようやく山頂に着きました。食事中の人で山頂は一杯。そこでインディアン平原に移動して昼食としました。

 風が強いのでウィンドブレーカーを着込みました。あとは同じコースを下るだけです。登るときに見落としていた花がないかときょろきょろしながらではありますが、かなり時間は短縮されました。帰りは渋滞を避けて北陸自動車道・敦賀インターから名神で帰りました。時間はそれほど短縮されませんでしたが渋滞のストレスは全くありませんでした。


 帰宅してカミツレ湯、ビールで締めました。次回は比良のシロヤシオ、ベニドウダン、サラサドウダン見物の予定。


22.【5月17日】イン谷口8:26→大山口→金糞峠→ヨキトウゲ谷→中峠→11:17コヤマノ岳→11:40武奈ヶ岳12:08→北陵→細川越→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→15:11イン谷口

 絶好の山日和となりました。それでどこへ行こうかということで、5月になって武奈ヶ岳にはまだ行ってないなあ、ここは一つ 、武奈ヶ岳への月詣で。

 今日はJRで比良駅に。8時20分のバスに乗車。乗客は10人ほどで意外に少ない数。バスの時間までに歩いてイン谷口へ向かわれた方とか、あるいは車で出かけた方とかで乗車人数の少なさとなったのだろうか。 

 イン谷口に着いてみるとすでにたくさんの車が駐まっています。なかにはマイクロバスまで。ナンバープレートを見ていたら、岐阜とか福井とかの車も見られました。

 タニウツギやフジの花を見ながら大山口、正面谷、金糞峠まで進みます。ここらでシロヤシオの観察。数は多くありません。

 金糞峠からヨキトウゲ谷へ。コヤマノ岳南尾根でさっさとコヤマノ岳にあがることもできますが、ヨキトウゲ谷を渡渉を繰り返しながら登っていくほうが面白いのでこちらのルート。中峠で口の深谷に下りてワサビ峠へということも考えたのですが、今日もこれはやめにしてコヤマノ岳に進みます。

 コヤマノ岳の登りから武奈ヶ岳への道までのブナの新緑が本当に美しい。特に今日のようないいお天気の日には。

 武奈ヶ岳ヴィユーポイントから山頂を見れば、すでに大勢の人で一杯です。ようやく山頂に着いたと思ったらYさんが食事中。われわれもここで昼食としました。

 食事後別れてわれわれは北陵から細川越、広谷へ。沢の横の道をこうしてたどるのは心に安らぎを与えてくれます。イブルキノコバから八雲ヶ原、そして北比良峠。バスの時間が気になりますので、水休憩のあとはダケ道を下りていきます。ベニドウダン、ヤマツツジを見ながら下りていきました。

 バスには悠々間に合いました。バスでYさんと再会。比良駅に着いて「ほっとすていしょん比良」でうちあげ。とみると、かおりさんが来られていました。われわれは紫蘇ジュースのシロップがかかったかき氷を注文。あとくちもよく汗がすーっとひきました。

 今日の収穫をみんなで見せ合ったりヤマ情報を交換したりして乗り込んだ電車まで話は続きました。


 ロングウォークでしたが、予想より若干早く帰れました。カミツレ湯のあとはビールです。乾杯。


21.【5月10日】ミステリー・ツアー(お花の保護のためルートを記しておりません.悪しからず).

 小てつさんから秘密の花園へご招待したいと思いますが,いかがでしょう,とお誘いを受けました.
 
 もちろんお供しますと二つ返事で今日の山行.「靴はスカルパにして手袋も」ということで,これは大変なことだなあと思いながら出町柳の集合場所へ.

 今日も小てつさんの車で出動です.


 いいお天気で文句なし.「猟犬」とも「天狗」とも「マタギ」とも言われるお二人のあとをひーこらひーこらついて行きます.

 ズルズル滑る斜面では小てつさんのロープにすがり必死の思いで登ったり降ったり.いつもの山行ではそれほど使わない筋肉をフル稼働しました.

 季節の花に巡り会い,お昼にJOEさんの豚汁を頂き,ノーアルコールビールで喉を潤し,打ち上げには小てつさんのビールを頂き,山のお花でいい気持ちになり,さらに,食べる・飲むでいい気持ちになり,大満足の一日でした.

 家に帰ってはいつものようにカミツレ湯のお風呂.最後にビールで締めました.


 小てつさん,JOEさんありがとうございました.今日も我々二人だけでは絶対に行っていないルートでした.



20.【5月6日】河内谷林道ゲート→河内谷林道→本谷橋→近江坂峠→大御影山→反射板→本谷東尾根→本谷橋→河内谷林道ゲート


 小てつさんから大御影山へ行きませんかとお誘いがあり,もちろんぜひぜひということで,連休最後の今日の山行となる.

 はじめ石田川ダムからの道が車で通れるかどうかの問題があり,ヴィラデストからの道も選択肢にあったのだが,小てつさんがいろいろ手を回して確認して頂き,河内谷林道のルートとする.花といえばJOEさんということで,小てつ,JOE,キムケン&ユッキーのパーティー(そんな大袈裟な).

 比較的スムーズに鯖街道を北上し,石田川ダムに.ここでトイレ休憩.ここからやや荒れた道を河内谷林道ゲートまで.1台バイクがすでにおいてありました.

 花の話やらいろいろとしながら林道を歩きます.今日はかんかん照りではなく雲が多いので暑からず寒からず快適に登っていきます.

 ヴィラデストからの合流点でJOEさんからチョコレートの差し入れ.尾根に乗るとブナの木が出てきます.新緑の若葉のブナの木街道です.さわやかな風が吹き,気持ちのよい山歩きです.ロングウォークでしたがとうとう山頂に着きました.

 いよいよ昼食タイム.山頂から反射板のあるところまで少し移動します.福井県の美浜から三方五湖のあたりが一望できます.ここでJOEさんのワンタンスープを頂く.野菜もたっぷり入った1品.われわれはおにぎりを各自2個もってきていたのですが,お腹いっぱいになりました.そう,それとノンアルコール・ ビール.小てつさんにはタムシバ・ティー.いい香りのハーブティーでした.われわれからはデザートとしてリンゴと藤岡酒造の酒まんじゅう.

 ゆっくりとお昼をすませ,帰りは本谷の東尾根です.薄い踏み跡はついていますが,小てつリーダーのもと,ゆっくりと下りていき,最後はJOEさんがアクセルかかりあっという間に林道に下りられました.我々はギアはローのまま,跡を追い,最後の急傾斜を滑ることもなく降りてやれやれということになる.

 あとは林道を車が駐めてあるゲートまで歩きました.ゲートで車に乗り込み,石田川ダムまで来て着替え等を行いうちあげ.小てつさんからはサントリー・ザ・プレミアム・モルツとナッツのつまみまで頂きました.帰りの鯖街道はやや車が多かったものの渋滞とまでは言えず,京都に帰ってきました.

 小てつさん,JOEさん,本当にありがとうございました.お二人のサポートがなければここまで来られなかったし,これほど多くのお花も見ることができなかったでしょう.感謝,感謝の1日でした.


19.【5月2日】石庭登山口9:00→11:41大谷山→12:25寒風12:52→粟柄越え→ブナの木平→マキノスキー場→14:58さらさ温泉バス停15:13

 今日はマラソンランナーH氏夫妻と花巡り.

 京都駅でシーちゃんとばったり.キタダカ道で蓬莱山へとのお話.志賀駅までいろいろとおしゃべりで楽しく.

 JRマキノ駅ではたくさんの人が降りられました.駅のトイレには行列が.われわれはさっさと降りて先頭でトイレに.そして予約していたタクシーで石庭の登山口まで.バスの便が悪いのと登山口までバス停からかなり歩かないと行けないのでタクシーにしました.1650円.4人で割れば1人400円ちょっと.ただ連休のこと,湖国タクシーに前日予約しようとしたところ予約一杯で配車できずということであわてて第1タクシーに電話したところようやく予約ができました.こういうこともあります.

 また,タクシーの運転手さんからつい最近在原で熊が出たとの情報も得ました.そこでしっかりと熊鈴をつけて出発.そう言えば大谷山に登っているところで朴の木の実がいくつも囓られて落ちていました.ひょっとすればこれも熊の仕業かと.
 
 百瀬川源頭近くに来ると尾根コースと谷コースに分かれています.お花のことを考えたら当然谷コースです.源頭には残雪が40cmぐらいはありました.これから急登.道の両側にはイワカガミがありますがここでは葉っぱだけでつぼみは見当たりません.

 大谷山に出ました.ここからは琵琶湖側も福井県側も見ながら気持ちのよい稜線歩き.カタクリ街道です.こちらのカタクリは大きさこそ小さいですがあちらこちらに数多く見られます.

 寒風に着いて木立のあるところで昼食.ここまでくると大勢の人が見えています.

 あとは粟柄越えへ.ここで赤坂山へ行って戻ってくるという選択肢もあるのですが,バスが1時間に1本ということで赤坂山には行かずマキノスキー場,さらさ温泉へと降りました.

 バス停で驚いたことにかおりさんと会いました.お花目当てに寒風,赤坂山に出かけられたとのこと.

 バス停に着くと接続よく電車が来ました.姫路行き新快速.座って京都駅まで.今日は遅くなったのでうちあげなしで帰宅.

 家に帰ってカミツレ湯の後は今日もビール.連休中もう1回山へ出かける予定です.花情報としては,こちらではイワウチワは終わり,イワカガミがほぼ満開.場所によってはまだ蕾のところもあり.タムシバはほぼ終わり,コバノミツバツツジも.レンゲツツジはちょうどいい時.ブナの若葉はすがすがしい.



18.【4月29日】イン谷口→8:20大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→10:48中峠→コヤマノ岳→11:35武奈ヶ岳12:00→イブルキノコバ→八雲ヶ原→湿原→13:20北比良峠→ダケ道→カモシカ台→14:50大山口→イン谷口

 そういえば4月にまだ武奈ヶ岳に行っていないということで本日は武奈ヶ岳詣で.今日も車で出動.祝日であるにもかかわらずなぜか湖西道路は渋滞なし.

 イン谷口で用意していたら,Yさんがやって来るではありませんか.今日は堂満から奥の深谷とか.いろいろお話ししながら正面谷を金糞峠までご一緒.

 Yさんと別れて,ここからわれわれはヨキトウゲ谷を進みます.雪の時にコヤマノ岳からの下りでこのルートを使いましたが,雪もなくなり様相は一変しています.渡渉を繰り返しながら登っていきます.中峠に着いて,「比良の王道」は口の深谷,ワサビ峠,西南稜と行くそうですが,軟弱なわれわれは中峠からコヤマノ岳に進みます.

 コヤマノ岳の最後の登りはいつも苦しい.しかし,コヤマノ岳から武奈ヶ岳への道はブナの林の下を楽しく進めます.武奈ヶ岳の山頂ではすでに大勢の人が食事中です.風がやたら強いのでウィンドブレーカーを着込み少し北陵を進んだ岩陰で食事.今日は自家製パン(といってもパン焼き器利用)と自家製の梅ジャムと牛乳.デザートは草餅.


 下りはゲレンデ跡パノラマコースかイブルキノコバ経由かどちらにしようかと迷ったのですが,イブルキノコバ経由のほうにしました.時間はかかってもこちらのほうが楽しそうなので.夏道,冬道がありますが,雪ももう溶けているだろうとの見込みで夏道で.雪がまだ溶けていず迂回の道をとるところも何カ所かありましたが,まあそれほどの困難なくイブルキノコバまで行けました.八雲ヶ原湿原では木道を歩いていましたら,Yさんと再会.

 ここからご一緒に北比良峠,ダケ道,大山口と降りました.

 今日の掘り出し物はダケ道のシャクナゲ.昨年のシャクナゲはすごいものでしたが,その反動で,今年はどこも蕾なくシャクナゲ鑑賞は無理と思っていたのですが,わずかではありますが,今年咲いているのを見つけました.

 今日のメインはイワウチワ.今週で終わりでしょう.イワカガミはこれからもう少し見られるか.あと,エンレイソウ,ミヤマカタバミ,イワナシ,ショウジョウバカマ,オオカメノキ


 打ち上げはYさんと一緒に「ほっとすていしょん比良」で.今日が水曜日なのであいていました.おはぎとホットコーヒー(写真撮るのを忘れてしまった).

 帰りの湖西道路,いつもの少しの渋滞以外は比較的すいすいと帰れました.いいお天気で暑い一日.カミツレ湯で疲れを癒やし,今日はビールで乾杯.


17.【4月25日】イン谷口→大山口→正面谷ダケ道→北比良峠→ゲレンデ跡→八雲ヶ原→イブルキノコバ→広谷→スゲ原→細川越え→12:10釣瓶岳12:30→ナガオ尾根→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→湿原→北比良峠→ダケ道→15:40大山口→イン谷口

 ナガオ尾根をいつか歩いてみたいと考えていて,秋の紅葉の時期が一番いいのだけれど,今,葉が茂っていなくて見通しのいい時に下見をしておこうということで,本日は釣瓶岳に.朝,庭の花の水やりをしていたら出町柳発のバスには間に合いそうではなくなったので車で出かける.イン谷口から釣瓶岳というとロングコースになるのだけれども仕方なし.

 往きと帰りで変化をつけるためには正面谷から登った方がいいのだけれど,さらに時間がかかるので,ダケ道から.せめて変化をつけるために往きは八雲ヶ原の湿原に寄らず広谷からスゲ原を通り細川越えから釣瓶岳にというコース.

 広谷からは左手に広谷小屋,同志社の小屋を見ながら,スゲ原に.こちらには右手に阪大の暮雪荘を見ながら細川越えへと登ります.ここからは小ピークを2つ超えて釣瓶岳に到着です.ここで昼食.

 誰もいないところで狭い山頂を独占.昼食後いよいよナガオ尾根をはじめて歩きます.いい尾根です.尾根の芯をはずさずに南東あるいは南へ進みます.地図と磁石は必須です.一般の登山道ではありませんから,絶えず地図を参照し,確かめながら進みます.P991の一つ前のピークの前の鞍部で直角に右へつまり西南西の方向に曲がり,広谷方向へ降りていきます.ここまで誰にも会いませんでした.紅葉の時期が楽しみです.

 八雲ヶ原の湿原ではミズバショウは倒れていて,予想通り,来るのが遅かったということになる.下りの登りで北比良峠へ登り,ダケ道を降りていたところ,なんと,シーちゃんとかおりさん(先週神璽の谷であわや遭難かというアクシデントにあっておられた)が先を降りているところに遭遇.お元気なかおりさんにほっとしました.

 こうしていろいろお話ししながらダケ道を降りていきました.いつもの単調なダケ道の下りも仲間と一緒だとあっという間に大山口に着きました.

 お二人+1匹を車に乗せてJR比良駅前の「ほっとすていしょん比良」まで.ここでサツマイモのタルトとコーヒーでうちあげ.

 本日は上の写真のほかにコバノミツバツツジ,タムシバ,ダンコウバイ,オオカメノキを見物しました.

 家に帰りカミツレ湯のあとは山名酒造の「純米大吟醸 清酒奥丹波」で締め.29日からの連休中はお天気さえ許せば3回山行の予定.


16.【4月18日】イン谷口8:36→大津ワンゲル道→イチョウガレ→11:38釈迦岳→ヤケオ山→ヤケ山→13:16涼峠→楊梅の滝雌滝→13:58登山口→D's Hut→14:42JR北小松駅14:44

 今日はコバノミツバツツジ狙いでイン谷口から大津ワンゲル道で釈迦岳に.そこから縦走してヤケオ山,ヤケ山,楊梅の滝でJR北小松駅というルートを予定.

 いいお天気だし,さぞかしJR比良駅からのバスは満員だろうと予想していたのですが,予想に反して乗客は8人ぐらいと少なかったです.ここで久しぶりにかおりさんとサラちゃんにバスの中で.かおりさんは神璽の谷へ向かう予定とのこと.

 さて,イン谷口から登山口を経て大津ワンゲル道を登っていきます.この大津ワンゲル道では400m付近までコバノミツバツツジが昨年は満開でしたが,今年はつぼみの数が少なく残念ということになりました.コバノミツバツツジは上に行けば行くほど花は開いていずつぼみ状態でした.

 雄松山荘道分岐からはなかなか険しい道です.やせ尾根に穴ぼこが2ヶ所,よじ登る岩場が2ヶ所.そしてそのあとにイチョウガレ.三点確保でゆっくりと.木々の葉っぱがないので岩の崖が丸見えで高所恐怖症の私としては下を見ずひたすら岩をつかみ木の根をつかんで上に向かいます.

 やっと登れて,そこにはアカモノの蕾があるはずなのだけれど,豪雨の後,土とともに流されてしまったためか,見当たらず.これも残念と言うことになる.

 山頂で昼食にはまだ少し早いので写真だけをとって先を急ぎます.ヤケオ山で昼食.ヤケ山をを過ぎ,大石道を下り涼峠.コバノミツバツツジが徐々に増え登山口まで.しかし,つぼみの数は去年ほどではない感じ.

 楊梅の滝の雌滝も一昨年の豪雨のあとからでしょうか,遊歩道が崩れて立ち入り禁止になっています.

 京都駅でうちあげでは人で一杯でなかなか店に入れないだろうということも考慮して,登山口近くの「D's Hut」でうちあげ.アイスコーヒーとアーモンドパイのセット.

 JR北小松駅に着いたらあと2分で京都行きの普通列車が発車とのこと.疲れた足にむち打って階段を駆け上がり滑り込みセーフ.

 家に帰ってカミツレ湯の後は山名酒造の「春霞」でしめ.

 いいお天気の中,いろんなお花を楽しめて最高でした.タムシバ,ヤマザクラも愉しみました.このルートでも昨年たっぷりと楽しめたシャクナゲは今年はつぼみゼロ.しばらく休憩して力を蓄えてもらわないとなかなか昨年みたいな満開ということにはならないのでしょう.


15.【4月12日】西村井→9:19朽木栃生登山口→11:32白倉南岳→11:52白倉中岳→12:06白倉岳→12:49烏帽子岳→松本地蔵→14:20西村井

 今日はタムシバ見物にシラクラへ。車を西村井において歩き始めます。この車道歩きが長いので靴はスカルパからシリオに替えました。

 登山口からはいきなりの急登です。ここからは支尾根をまっすぐに登っていきます。

 われわれがコナラのピークと呼んでいるところを90度右に曲がってあとは稜線をアップダウンしながら縦走します。最初の南岳へのアップダウンは大したことはありません。ただ、南岳から中岳へのアップダウンは相当のものがあります。

 昼食をどこでとろうかと思案しながらさらに進みます。中岳から白倉岳、そして烏帽子岳へ。結局いつものように烏帽子岳の手前の稜線でお昼にしました。

 白倉岳から烏帽子岳へは90度左にまわります。そしてこの部分は激下りです。烏帽子岳から松本地蔵へ。お目当てのタムシバに関しては、朽木栃生から南岳への間はあることはありますが、数も少なくあまりきれいではありません。しかし、烏帽子岳から松本地蔵の道ではきれいなのが一杯あって、来てよかったということになります。

 ただ、コバノミツバツツジに関しては少し咲いているのもありますが、蕾の数は少なくやや寂しい感じです。いつもより開花が遅いだけではないような気もします。 

 この区間、倒木が4ヶ所ほどあり歩きにくいのと斜面の道が崩れかけているところがあり注意を要します。斜面の道に関しては迂回路が尾根の上にあるようです。

 松本地蔵まで来ればあとはもう少しです。滑りやすいところもあり、慎重に降りました。

 今日は最初から最後まで誰にも会わず、珍しくも静かな山行でした。お天気は曇り空で、もう少し青空があったらタムシバも映えただろうにと願ったりしましたが、これぞ望蜀とでも言うべきでしょう。雨にも降られず所期の目的を達したところで満足。
 
 ここへ来たら「栃ノ実庵」へ行かねばということになる。着いたところ、わらび餅もわらび餅ソフトアイスも三色団子も売り切れでした。私たちは栃餅ぜんざいを頂き、お土産はそばかりんとうとしました。

 帰り道、堅田インターから湖西道路に乗ろうとしましたが、これが大渋滞。30分はいつもより余計に時間がかかりました。帰って、カミツレ湯。そして、うちあげはサプライズで愚息の差し入れの「蒼空」(山田錦おりがらみ)。これで若竹煮ときて、春を満喫。


14.【4月4日】JR向日駅→大原野神社9:14→炭の谷→11:10Nの谷→小塩山12:35→天皇陵道→正法寺→14:00バス停南春日町→阪急桂駅西口

 今日はお隣の山ビギナーを小塩山に案内しました。天気予報とは異なりいいお天気になり、ラッキーでした。

 JR向日町から大原野神社まではタクシーを使いました。山ビギナーのことも考え、このほうが早く登山口につけるからです。普通だと阪急バス南春日町バス停からずいぶん歩かないといけませんので。

 大原野神社の駐車場にトイレがあります。ここで身支度をして登山口へ。防獣柵があります。ここのはご丁寧に2ヶ所のフック以外に紐が3ヶ所縛ってあります。

 ゆっくりと川沿いに進み、それから右手の尾根へと登ります。山行きを嫌いになってもらっては困りますので時間をかけて登ります。


 まずは炭の谷。お世話をして下さっている方(西山ネットワーク)の話では今日から案内を始めたとか。保護よろしくカタクリは立派に咲いていました。咲き始めというところか、蕾もまだあります。

 じっくり観察させて頂いて次はNTTのアンテナ下にあるNの谷。

 そこからあがってNTTのアンテナ広場(?)で昼食。ゆっくりしました。

 もうひとつ保護地域はあるのですが、今日はビギナーさんのことを考えて省略しました。あとは天皇陵道を降るだけです。

 竹林が現れるとあとは車道歩き。正法寺に寄り、桜を見て、また、朝の大原野神社の駐車場トイレに。

 ここから南春日町のバス停まで。京都縦貫道のせいで景色は大幅に変わっています。バス停に着いたら長い列。ほぼ同時刻初の市バスの桂駅行きのバスだと座れそうだったので、こちらに乗って阪急桂駅まで。

 今日は打ち上げなしで家に帰ってお風呂の後は山名酒造の「丹波旬楽」でしめました。


 恒例のカタクリ見物はできました。今日の登りの時にも見たのですが、タムシバが咲いています。次回はシラクラのタムシバ見物かなと考えています。

 もう、春の花巡りの山行ですね。


13.【3月28日】出合橋バス停9:10→滝谷峠分岐→細ヶ谷→11:25柳谷峠→11:35魚谷山12:04→東尾根→P760→13:38滝谷峠→ユリ道→大岩別れ→15:20叡電二ノ瀬駅

 今日は久しぶりにマラソンランナーH氏との山行。久しぶりに魚谷山に。北大路烏丸からモクモク号で出発。出合橋で降りたのはわれわれ3人だけ。今日はいいお天気であるにもかかわらず、帰りの叡電二ノ瀬駅まで誰にも会いませんでした。

 森林組合の建物の前で身支度をしてトイレも済ませ出発。林道をひたすら歩いて行きます。わずかに勾配があり、滝谷峠分岐まで。ずいぶんあちこちで伐採されたり伐採の予定があったりで、景色は変貌を遂げつつあります。麗杉荘はまだ残っています。

 分岐からはあやうい橋を渡り、細ヶ谷をつめていきます。水量はそれほど多くありません。そして今西錦司博士のレリーフを見て、柳谷峠に。

 ここへ来ればあと山頂まで少しだけ。ここで昼食。今日から菓子パンと牛乳。デザートは草餅とコーヒー。コーヒーはH氏持参のもの。

 暖かい春の日差し。少し長居をしました。まだ先は長い今日の行程。片付けをして早足で柳谷峠に。ここからはきつい斜面を登ります。東尾根コースで滝谷峠へ。支尾根が出ていて間違いやすい道です。地図、GPSを見て東に進みそれから南に進みます。

 以前芹生峠に降りるべく激下りをした伐採地のところも過ぎてP720に。ここから魚谷山を振り返ります。

 滝谷峠に着いて、奥貴船へ降りる道は崩れているとかいうことなので勝手知ったるユリ道をひたすら二ノ瀬の駅まで。駅の階段を登っていたら電車が入ってくるのが目に入りました。急いで電車に。中の座席は鞍馬からの観光客で満席。今日は好天に恵まれ、観光客も多かったのでしょう。

 出町柳で打ち上げということは上燗屋茶房。ところがお休みで「当分の間休ませて頂きます」との無情の張り紙。近くに店はないかとみたら柳月堂の東隣に「ダイニング・カフェ・シュクル」なるお店が。

 ここで私はハイネケン、H氏はギネス、ユッキーは何とかパフェ。なんでもありのお店です。

 帰ってカミツレ湯のあとは、山名酒造の「天空晴明」。フルーティーでさわやかなお酒でした。
 
 今日の花はネコノメソウぐらい。クリンソウはあと1ヶ月くらいで開花か。


12.【3月21日】平8:40→ドン谷→アラキ峠→10:14権現山→ホッケ山→小女郎峠→11:38小女郎池12:10→小女郎峠→蓬莱山→14:29打見山→ゴンドラ→ゴンドラ麓駅→JR志賀駅

 冬季の南比良縦走は今冬1回だけなので、雪がだいぶ溶けていることは承知しつつ、名残の雪を求めて南比良に。

 出町柳のバス停で相変わらずの団体さんの横入り、大きな声を出しましたがどこ吹く風で無視されました。さらに驚いたことは先に乗った老人がザックを座席に置いてお連れを呼んでいます。やれやれ。こんな輩がいるのでバスで出かけるのがいやになります。

 今日は春になって初めてのバス運行でした。

 団体さんを含めてほとんどの人が武奈ヶ岳狙いのようで平で降りた乗客は我々を入れて6名ほど。登山口からアラキ峠までは雪なしでアイゼンを持ってきていますが今日使うかなあと疑問に。緩んだ雪に足をぼそぼそと入れながら尾根を登って行きます。権現山山頂近くでもアイゼンなしで十分行けます。

 あとは縦走です。雪はありますが、アイゼン、ワカンを使わねばならないほどではありません。前回はパスした小女郎池に下りて昼食としました。今日もカップ麺。デザートに菓子パンとコーヒー。ここから蓬莱山にあがってゲレンデの端をおりて笹平に。ゲレンデはまだ雪があり、ボーダー、スキーヤーそれぞれ最後の雪山を愉しんでいるようです。

 われわれは打見山に登り、ゴンドラで下りる前に、クロトノハゲに下りる冬道を確認しました。

 あとはゴンドラ。麓の駅に下りてから今日はバスを利用せずに駅まで歩きました。

 京都駅に着いて八つ橋西尾を見たらずいぶんの待ち人。そこで京アンジュに。ここも列ができていて少し待ちました。ここではいつも抹茶白玉クリームあんみつ。

 帰っていつものようにカミツレ湯のあとはビールでしめました。今日で今シーズンの雪山はたぶん終わりとなります。


11.【3月17日】イン谷口8:28→大山口→正面谷→金糞峠→ヨキトウゲ谷→南尾根→コヤマノ岳→12:34武奈ヶ岳13:12→ゲレンデ跡→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→16:10大山口→イン谷口

 ついに山の宿題の一つを果たすことができました。しかも、本当にいいお天気で。

 車で出かけてイン谷口に。大山口までは雪は残っていませんが、アオガレに近づくにつれて残っている雪が増えてきました。そこでアオガレの出発点でアイゼンを着用。今日は本当にいいお天気で暖かい。汗をぬぐいメリノウールのシャツ1枚になってしまいました。

 時々ずぼ足になりますが、慎重に歩を進めて金糞峠に到着。雪の時はやはり時間がかかります。

 金糞峠からヨキトウゲ谷を進みます。やはり雪は深い。ここでワカンに変えました。徒渉箇所もトレイスがありますので比較的楽に渡渉。

 あとはコヤマノ岳南尾根に乗って頂上を目指すということになります。かなりの急登でしんどいですが、一歩づつ。ブナの木が多くなると山頂も近い。コヤマノ岳では遠く白山、伊吹山までくっきりと見ることができました。

 ここから武奈ヶ岳まではもう一息です。まずは少し降ります。イブルキノコバの分岐で目をやりますと、こちらからのトレイスはありません。
あとは柔らかいザラメ雪(それにしても1m以上あります)の斜面を滑らないように一歩一歩登ります。とうとう西南稜に着きました。頂上まではあと少し。ついに山頂に。

 お昼はカップうどん。こんな暖かさだとそろそろパンと牛乳に戻ろうかと思ったりしました。

 帰りは雪の急斜面をくだり、ゲレンデ跡パノラマコースで八雲ヶ原に。そこから北比良峠へ。この登りの道がいつもしんどい。今日も長い距離を歩いてきましたので我慢の登りです。北比良峠に着いたところで、コーヒーとクッキーを食べました。

 ここでワカンを外したのですが、少し早すぎたみたいで、ダケ道は苦労しました。カモシカ台ぐらいまではつけておくべきでした。雪がたくさん残っているということです。

 カモシカ台ではマンサクの花が咲いていました。もう春ですね。

 駐車場では我々の車を除けばみんな帰ってしまったようです。

 帰りの湖西道路は比較的スムーズに進みました。家に帰ってカミツレ湯、仕上げはビールで締めました。

 今週末の山歩きが最後の雪山となるでしょうか。


10.【3月10日】叡電修学院駅→鷺宮神社→蔓殊院→9:07雲母坂登山口→水飲対陣跡→千種忠顕の碑→10:45八瀬ケーブル駅→見晴台→山頂駐車場→11:58大比叡→延暦寺会館→本坂→13:43坂本観光案内所→甘味処うえだ→JR坂本駅

 土曜日は仕事、日曜日は南座へ歌舞伎見物。ということで、本日火曜日の山歩きとなりました。
が、しかし、あいにくの悪天候。どうしようかなと困ったときの比叡山。これで2週間連続の困ったときの山歩きとなりました。

 1月にも比叡山に行っていますので、同じ道は避けようということで、修学院から雲母坂。登山口への道もいつもは音羽川沿いに歩いているのですが、今日は寄り道。こちらの方が変化があって楽しめそうです、桜の季節と秋の紅葉期に。

 登りはじめの登山道、もう雪はありません。昨日の雨のせいか、少し濡れています。水飲み対陣跡に来るとうっすら雪が。しかし、千種忠顕の碑あたりにくると粉雪が舞ってきました。そして、まだ休止中の八瀬ケーブルの駅のところに来ると吹雪状態です。

 少し早いですが、ここで駅舎の軒をかりて昼食としました。カップ麺。昼食後、雪の中を見晴台、山頂駐車場、大比叡へと進みます。これまで誰にも会いません。積もった雪が1cmから2cm。

 大比叡からは1月は坂本ケーブルの延暦寺駅へと向かったのですが、今日は延暦寺の境内へ。延暦寺会館の休憩所で一休み。甘酒を買い求めました。


 延暦寺会館の横の坂は凍っているととても危険なところですが、今日は温度が高いのか幸い凍っていず、慎重に歩を進めながらも無事通過。


 坂本に下りてきたら少し雲はあるものの青空です。こういうものですね、人生は。観光案内所でトイレ、杖を片付けるなどして「甘味処うえだ」に。ここで栗ぜんざい。お土産に蜜柑ゼリー。

 JRの駅に着いたら、あれほどの強風があったにもかかわらず列車の遅れはありませんでした。


 意外に早く帰れました。今日もビールでしめました。今週末、土曜日は入学試験で山には行けません。山の宿題がずいぶんあるのですが、どうしたものか。


9.【3月3日】いきものふれあいセンター跡駐車場→登山口9:04→尾根コース→天空温泉分岐→カツラの谷分岐→10:59蛇谷ヶ峰→カツラの谷分岐→天空温泉分岐→登山口→駐車場

 意地でも正面谷から武奈ヶ岳に行きたいと言って笑われていて、先週の土曜日は絶好の日和であったのですが入試で行けず、日曜日は雨。そして今日山歩きの日となったのですが、天気予報によれば昼から雨で、夕方からは雨脚が強まるとのこと。

 うーむ、どうしようと考え、困ったときの蛇谷ヶ峰(困ったときの比叡山と言うこともありますが )。短時間に登れて、それなりに雪山を楽しむことができますので。こんな天気では武奈は無理。

 駐車場では取り壊しの作業員の方ばかり。建物の中とか、駐車場とかを取り壊しておられました。山へ行くのはわれわれ二人のみ.結局今日は下りてきて登山口に着いたら、これから登ろうという若者と出会っただけでした。

 昨日朽木スキー場のHPを見ていたら、積雪30cmでスキー不可とか。これではお隣の蛇谷ヶ峰でも雪は少なかろうと判断して、ワカンとアイゼンを携行しました(結果としてワカンの出番はありませんでした)。

 最初の登山口までの林道ではほぼ雪なし。登山口に来て雪が残っています。シャーベット状の雪。登山口から尾根に乗り、アイゼンなしで進みました。やがて植林が片方にあるところに来てアイゼンをはきました。雪は次第に多くなっていきます。

 山頂では風があり、寒かったので写真を撮ってすぐ下り始めました。カツラの谷分岐のところで昼食。カップヌードル(カレー)とコーヒー、クッキー。
 
 結局雨に降られることもなく、曇り空の下、車のところまで帰ってきました。

 帰りには栃ノ実庵に寄りました。道の駅の朽木本陣は火曜日のため休み。栃ノ実庵は水曜日がお休み。

 栃ぜんざいを頂き、お土産を買って帰りました。

 渋滞もなくすいすいと帰宅。

 お風呂に入って締めはビール。3月に入れば少しずつ花便りが届きます。もう1回ぐらいは雪を楽しみたいとは思いますが、あとは花見物にということになるでしょう。


8.【2月21日】イン谷口8:56→大山口→正面谷→10:30金糞峠→奥ノ深谷→11:40八雲ヶ原→ゲレンデ跡→12:59コヤマノ岳13:35→南尾根→奥ノ深谷→14:30金糞峠→正面谷→15:36大山口→イン谷口

 土日のどちらでも山に行けたのですが,土曜日のほうがお天気がよいとのことで,本日山行.先週のリヴェンジで正面谷から武奈ヶ岳へと計画.

 先週よりも10分ほど早く家を出たのですが,いいお天気だからか湖西道路では渋滞に巻き込まれました.イン谷口ではやはり大勢の車がすでに駐車してあります.そこで釈迦岳登山口近くのところに駐車.

 先週と比べると登山口では雪が少なくなっていました.アイゼンをつけて大山口から登っていきます.滑らないように慎重に歩を進めます.

 あと少しで金糞峠というときに,犬の声がしてきました.「あっ,サラちゃんだ」と思っていると,やはりかおりさんがサラちゃんと金糞峠のところで写真を撮って休憩されていました.お久しぶりですということになる.

 聞けばコヤマノ岳,武奈ヶ岳を目指しておられるとか.金糞峠を降りて奥ノ深谷でワカンにはきかえ,分岐でどちらから登ろうか思案した上で結局先週の武奈最短コースで行こうと思ったのですが,橋のところに来て1.5m以上の壁を崩して乗り越えないと渡れないことを発見しました.さらにその先もトレイスがありません.

 そこで八雲経由で行くことにしました.登りはじめて3時間で着いたところで引き返そうと決めました.

 八雲ヶ原からイブルキノコバ経由で行くといっそう時間がかかるだろうと考え,ゲレンデ跡を直登.雪はふわふわです.最後の細尾根の真上を登るところはかなり緊張を強いられました.

 武奈ヶ岳,コヤマノ岳分岐にさしかかり,結局タイムアウト.少し無理をすれば行けなくもなかったのですが,シャリバテになっていたし,帰りの湖西道路の渋滞等を考え,今日のゴールはコヤマノ岳としました.

 ここの頂上からは東の山々がよく見えます.白山,伊吹山,鈴鹿連峰といったところを見ながらカップヌードルと菓子パンとコーヒー.

 コヤマノ岳南尾根の様子を探るべく,帰りは南尾根を下りました.途中で沢コースと尾根コースの分岐があり両方ともトレイスがあり.我々は沢コースをとったのですがこれは間違いでした.やはり冬は尾根コースです.苦労しながら金糞峠に着きました.ここまではワカン.そしてアイゼンをつけて正面谷を下ります.ここでも私の10本爪アイゼンで正解で,ユッキーの6本爪では何回か滑って尻餅をついていました.私のほうはセーフ.

 こうして大山口,イン谷口に戻りました.HS比良に寄りたかったのですが,湖西道路の渋滞を考えて,今日はパス.それが功を奏したのか,渋滞は比較的ましでした.

 家に帰ってカミツレ湯のあとはビールでしめ.まだまだ雪を楽しみたいので,次回はどこへ行きましょうか.


7.【2月15日】イン谷口8:52→大山口→正面谷→金糞峠→奥の深谷→11:30八雲ヶ原12:05→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口

 天気予報によれば今日は午前中はいいお天気のはずが、湖西道路を走っていると雨が降ってくる始末。冬山でいいお天気というのはなかなか望めません。

 1月31日に遭難された方の捜索活動を行っている人も集合されているからか、ずいぶん車が多く、トイレ前より下のところで駐車しました。

 今日は知り合い3人とお会いしました。まずは大山口で正面谷かダケ道かどちらから行こうかと思っていたときにJOEさんと。

 JOEさんは堂満岳に。大勢の人が正面谷を行かれるのでわれわれも正面谷へ。雪の時期アオガレを登るときには軽アイゼンでないほうがいいようです。私は10本爪のをはいていましたが、ユッキーのほうは6本爪。爪の数が多い方がしっかりと歩けます。

 滑らないように注意しながら金糞峠に着きました。そうしましたら、今日2人目の知り合いが登ってこられました。ナベさんです。このあとナベさんとお連れとは行程をほぼご一緒。金糞峠を少し奥の深谷方向におりたところでスノウシューを装着。

 正面谷を登っているときから雨はみぞれに変わり、次にあられとなり、この時点で今日は八雲帰りだなあと思っていましたが、ユッキーのほうは武奈とは言わずせめてコヤマノ岳でも・・・と未練がましく言っていましたが、奥の深谷からコヤマノ岳へ向かう橋のところで、いつも登山道を整備されているWさんがおられて「やめときやめとき」と言われたので、彼女も納得。

 風も出てきて吹雪き状態となり、八雲ヶ原に着いてナベさんたちとご一緒に昼食。カップ麺と菓子パンとコーヒー。

 雪にすっかり覆われた池を池を見ながら北比良峠へ。そこからはダケ道です。カモシカ台までスノーシューをつけたままで下り、そこでスノーシューをはずしました。そのかわりにアイゼンをつければよかったのですが、まあいいか、と思って降りましたが、急な斜面で踏み固められているところでは何回も滑ってしまいました。このあたりユッキーはどうもないのですが、私は・・・。年のせいだけではないと思いますが。

 結局武奈ヶ岳あるいはコヤマノ岳に行かなかったものですから、早く下山できました。車のところで後片付けをしていたら、今日の三人目ヨネチャンが下りてこられました。坊村から武奈ヶ岳、そして琵琶湖側に下りてこられたとのこと。うちあげはヨネチャンとHS比良で。コーヒーとおはぎ。これが抜群の相性で、しかも、このおはぎが甘すぎず、いいお味。家に帰ってビールで締めました。


6.【2月11日】登山口9:35→天空温泉分岐→カツラの谷分岐→スキー場分岐→11:25蛇谷ヶ峰山頂12:01→スキー場分岐→カツラの谷分岐→天空温泉分岐→13:25登山口

 今日は夕方からお呼ばれがあって4時には家に帰っていないといけない。ということで困ったときの蛇谷ヶ峰。スノウシュー・ハイクの一日。

 アイゼンとスノーシューを担いで登りましたが、登山口からなにもつけずに尾根にのるところまで歩いて行けました。5cmぐらいの雪でしょうか。斜面を登ってしばらくはそのままでいきましたが、やや雪がふかくなったところでスノーシューをつけました。雪はしまっています。


 いよいよふかふかの雪になったのは天空温泉分岐、カツラの谷分岐あたりからです。ここから頂上へはまさにスノーシューハイク。トレイスがついているところをわざと避けたりしながら登っていきます。このあたりまではいい天気でした。

 お昼を食べている頃から雲がおおってきました。こうなれば早く下山するにこしたことはありません。カップ麺とあん入り栃餅(途中寄った朽木本陣で買い求めたもの)のお昼を終えてあとは滑らないように注意しながらスノーシューのままで降っていきました。

 駐車したところは生き物ふれあいの里のあったところの駐車場ですが、建物の解体工事が始まっていました。寂しい。残念です。何か打つ手はなかったものか。

 今日は栃ノ実庵に寄らずにと思っていたら、栃ノ実庵はお休みでした。急いで帰ったのでいつもの湖西道路の渋滞もなく、すいすいと帰れました。本当は武奈か八雲に行きたかったのですが、所期の目的は達せられたのでよしとしましょう。感謝、感謝。

 今日の打ち上げはボルドーの赤ワイン。結構でした。


5.【2月1日】叡電二ノ瀬駅9:00→夜泣き峠→大岩→樋ノ水峠分岐→樋ノ水峠→11:42貴船山三角点(699m)→貴船山(710m)→12:59貴船山(722m)→樋ノ水峠分岐→大岩→ユリ道→14:44叡電二ノ瀬駅14:55

 今日は京都伏見の我が家でも雪が降り、少し積もりました。この状態ではとても比良には行けない、多少雪が降っていても行けるところ、というわけで毎年雪のあるときに2回ぐらいは出かけているところ、貴船山に出かけました。

 電車に乗っていても雪がちらついています。 二ノ瀬駅でトイレをすませ、ゲイターをつけました。今日は軽アイゼンとワカンをもってきています。


 夜泣き峠から大岩までは3cmから5cmの積雪です。新雪。夜泣き峠で一人の方に抜かされましたが、それまでは人間の足跡はありませんでした。大岩に着きますとユリ道からお一人ぐらいが上がってこられた跡がありました。

 大岩から北へ北へと進みますと雪が増えてきます。新雪ですからふかふか。アイゼンは必要ありませんがワカンは必要。どのあたりでつけようかと思案しながら樋ノ水峠分岐まで来ました。
 
 ここでワカンをつけ斜面を登っていきます。30cmは雪があります。樋ノ水峠から貴船山三角点までのところでは40cmから50cmの雪。雪というのは誰をも童心に帰らせる働きがあるようです。はしゃぎながら斜面を適当に登っていきました。ワカンをつけていても時々膝ぐらいまでずぼっといくこともあります。
 
 貴船山三角点からは東の方に下りて、われわれの「白き処女地」で昼食。三角点から降って尾根道にあがるまでの間の窪地に植林がなくすぽっと抜けているスポットがあるわけです。いつもベンチにしている倒木も変わらずありました。

 それからは尾根道にあがって、ガイドブックにはよく貴船山と紹介されているP710に登り、さらに北へ進み、P722を踏みました。ここから滝谷峠に行くという考えもありますが、時間の関係で引き返すことにしました。今度は尾根道で樋ノ水峠分岐まで。この間ずっとワカンをつけていたのですが、このあたりではずしました。

 あとは大岩まで。そして夜泣き峠へまわらずにユリ道をひたすら下っていきました。駅で片付けをして叡電に乗り出町柳駅まで。出町柳ではまた「上燗や茶坊」に寄り、またしても「白玉ぜんざい」。家に帰ってお風呂の後は山名酒造の「NIGORISAKE 奥丹波 醪」。ああ、うまい。


 遠くへ行かなくても十分に雪山を楽しむことができました。北山では魚谷山にも雪の時には出かけていますが、今シーズンはまだ。行かないといけませんがいつにするか。



4.【1月28日】鞍馬駅9:00→薬王坂→戸谷峰→三又岳→11:48天ヶ岳12:25→百井分岐→シャクナゲ尾根分岐→寂光院道→13:58林道出合→寂光院→大原バス停

 今日は特別にお休みを頂いてウィークデイの山行.天気予報によれば北の方では雪がちらつくとのことで足慣らしの山歩きであるので厳しいところは避けて久しぶりに天ヶ岳.ここでも雪がちらつくことには変わりはありませんでしたが.

 叡山電鉄鞍馬駅でトイレ,また,スパッツ,杖の準備.地面に雪は全くありません.軽アイゼンとワカンを持ってきています.

 薬王坂を経て戸谷峰に.ようやく少し雪が出てきます.1cmぐらい.次にこれがピークかと思うような三又岳.ここからがしんどくなります.雪はさらに2cmから3cmくらい.ずっと粉雪が舞っています.

 山頂に近づくとしんどい斜面となります.このあたりになるとこれまでの雪が氷りになっていて,その上を新しい雪が降り積もっていきます.

 山頂でお昼にしました.カップ麺のカレーヌードル.デザートには草餅とコーヒー.元気が出たところでアイゼンを装着して出発..ここから尾根筋を北上.そして百井分岐に出ます.われわれは寂光院を目指して南下します.途中でアイゼンをはずしました.結局ワカンは使わずじまい.


 寂光院の前に来て,うちあげは雲居茶屋と思って前を通ったらお休み.このあたりは水曜日が休みのようですね.それでバス停まで来たら出発寸前のバスがあり,飛び乗りました.結局うちあげは出町柳の上燗や茶坊3時開店と同時に入りました.恵比寿琥珀ビールあるいは日本酒とおでんというのも魅力的だったのですが,冬はぜんざい評論家ということで白玉ぜんざいにしました.お店は去年の秋から模様替えしてメニュー等も変わったようです.このおぜんざいは亀山のようで,とてもおいしかったです.

 かなり早く帰れました.お風呂に入ってビールで締めました.もう少し雪があればよかったのにとも思いましたが,誰にも会わない静かな山歩きでした.次は武奈ヶ岳,コヤマノ岳あるいは赤坂山かなあと思っているのですが,お天気次第ですね.


3.【1月24日】平→登山口9:30→ドン谷→アラキ峠→11:25権現山→ホッケ山→小女郎峠→14:02蓬莱山→14:35打見山

 日曜日の方が天気がよさそうですが,月曜日早朝から東京へ出張ということで土曜日の山行としました.

 今日はスノーシュー・ハイキング.JR堅田駅からバスに乗り平で下車.バスは満員でした.

 アイゼンも何もつけずにドン谷をつめていきます.雨,気温のせいか雪はかなり溶けたようです.しかしアラキ峠に近づくにつれ雪は増えていき,つぼ足も増えてきます.

 アラキ峠でアイゼンをつけました.今日は気合いを入れて10本爪アイゼン.シューにするか少し迷いましたが.時折ズボッと足を踏み抜きながら,権現山頂上近くの雪原へ.ここでスノーシューに変え,サングラスをつけました.全体に暖かく服の調節で何度も立ち止まりました.

 権現山からはいよいよ今日の目的のスノウシューハイク.ふかふか雪ではありませんが,軽快に北へ北へと進みます.風もあまりなく楽しく縦走.ホッケ山と小女郎峠の間で昼食としました.カップ麺のカレーヌードル.デザートはコーヒーに小さな菓子パン.小女郎峠から池に行くことは今回省略.アップダウンはこたえますが,蓬莱山に到着.

 登山の人のコースがポスターで指示してあります.金網の柵の内側を笹平まで進みます.これまで柵の外側を歩いたりしていましたので,これでちょっと安心.

 笹平から今度は打見山へ登り返します.こうして無事ゴンドラ駅に到着.持参の刷毛でスノウシューの雪を取ってゴンドラに乗り込みました.1100円.

 下の駅からはバスに乗ってJR志賀駅まで.京都駅では例によって「八つ橋西尾」.おぜんざいを頂いて帰途につきました.家ではカミツレ湯で筋肉をほぐし,ビールでしめました.


2.【1月11日】朽木いきものふれあいの里センター跡駐車場9:10→カツラの谷分岐→11:42蛇谷ヶ峰山頂12:20→カツラの谷分岐→13:53朽木いきものふれあいの里センター跡駐車場

 どこの雪山へ行こうか、いろいろ思案検討しました。

 京都北山では「雪山遊びとしては中途半端になりまっせ」という小てつさんの忠告もあり、かといって、武奈ではちょっとしんどいだろうということもあり、比良連峰の一番北の蛇谷ヶ峰に。


 スタッドレスのタイヤをはいた愛車イストで出かけました。湖西道路を走っているときに目に入る比良は真っ白で空は青空。ちらっと武奈へということも頭をかすめたのですが、まてまてスノーシューの今シーズンの使い始めだから今日は蛇谷ヶ峰で我慢。

 昨年の3月でいきものふれあいセンターは閉鎖されましたが、ありがたいことに、そのアプローチの道も駐車場も除雪されていました。どなたか存じませんが、この場を借りてお礼申し上げます。われわれが着いたときにはすでに数台車が駐まっていました。


 登り始めると、積もった雪が氷っていて滑りやすい状態です。軽アイゼン(6本爪)をつけました。例の階段道は雪で覆われ、それががちがちです。しかし、天空温泉の分岐のあたりから足が沈むようになりましたので、ここでスノーシューにはきかえました。ヒール・リフターをあげて快調に登っていきます。

 山頂は北西の風が強く、そこで東のほうへ少し降りて風を避け昼食。カップ・ヌードル、デザートにあんパン。

 下りはスノーシューでザザザと比較的短時間で降りられました。

 ここへ来ればもちろん「栃ノ実庵」。とち餅ぜんざいを頂き、お土産にあん入りわらび餅を買って帰路に。


 かなり早く帰れました。お風呂に入って疲れを癒やし、仕上げは山名酒造の「奥丹波」。いい一日でした。次の週末はセンター入試のため山行はお休み。次回は2週間後となります。



1.【1月4日】八瀬ケーブル駅8:47→松尾坂→西山峠→国家鎮護の碑→見晴台→12:44山頂駐車場13:05→大比叡→坂本ケーブル延暦寺駅→裳立山→蟻ヶ滝コース→15:00坂本・比叡山高校グランド

 今年は元日から雪が降りました。あちこちの山では積雪。そこで今年の初登りは雪のあるところにしようということで、
迷ったときの比叡山。確実に雪はあるし、エスケープルートはあるし出かけようということになりました。

 どこから登るか迷ったのですが、ここしばらく松尾坂から登っていなかったので、叡山電車で八瀬駅まで。

 松尾坂でただ一つ気がかりだったのは、最初の精華女子中・高のグランド横へ行く道の橋が健在かということだったのですが、さいわい、落ちてはいませんでした。そこで雪が積もっている橋を慎重に渡りました。これを滑ったら間違いなく大怪我するほど高さがあります。

 アイゼンとワカンを持ってきたのですが、しばらくはなにもつけずに進みます。鹿の足跡だけで人間のトレイスはありません。このコースがあまり知られていないか、あるいは、人気がないからなのでしょう。西山峠へ登る途中でワカンをつけました。西山峠からの林道はわれわれの期待通り雪が積もっています。30cmはあるでしょう。スノーシューでもいいところですが、ワカンでも十分です。

 こうして国家鎮護の碑の分岐から見晴台のほうへ進み、そこから階段道(ただし今日は雪で埋まっているので歩きやすい)を経て山頂駐車場にたどり着きました。バス停のベンチをお借りして昼食。

 トイレをすませて大比叡、ここでアイゼンを装着。坂本ケーブルの延暦寺駅までの急斜面はこれがないと危険です。本坂から下りるという選択肢もあったのですが、久しぶりに蟻ヶ滝コース。駅の横を進みます。ここも特に裳立山までは道が急ですので慎重に脚を進めます。

 いくつかアップダウンを繰り返して比叡山高校のグランドが見えてくれば今日の山歩きは終わりに近づきます。

 坂本に下りればまずは観光案内所のベンチで道具類を始末し、着替えをします。そして「甘味処うえだ」。ここで栗ぜんざい。今年もよろしくということになる。

 ゆっくり休み、お土産に黒糖わらび餅を買ってJRの駅に急ぎます。家での締めは山名酒造の「木札」。しぼりたてのいいお酒でした。

 今年の初登り。近くで、それほど高い山ではありませんが、比叡山で十分雪山を楽しむことができました。いいお天気というわけではありませんでしたが、それほど寒くなかったのも幸いしました。

 健康に留意して、今年も山を楽しみたいと思っています。みなさまどうぞよろしくお願いします。