2014年の山行        
・リンク 【2013年】 【2012年】 【2011年】 【2010年】 【2009年       
  【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).

Home


51.【12月27日】坊村→冬道→見晴台→御殿山→ワサビ峠→西南稜→武奈ヶ岳→西南稜→御殿山→見晴台→冬道→坊村

 本年50回目の登山は御殿山帰りという達成感に若干欠けるうらみがあったので,本日,武奈ヶ岳に再挑戦しました.午後からは天気がよくなるということに一縷の望みをかけて.今年最後の山歩き.

 今日も車で出陣ですが,タイヤをスタッドレスにして効果が実感できました.前回よりは明王院から最初の植林地の中でも雪が少し残っています.モミジノコバで前回同様に軽アイゼンをつける(ユッキーはあらたにアイゼンを購入しました).夫婦そろって靴はスカルパ,6本爪軽アイゼンはマウンテン・ダックス.

 先行者のラッセル,踏み跡でつぼ足,ずぼ足で進みます.

 今日も冬道.4日前から比べるとさらに30cmは積雪があります.これで50cmから80cmの積雪.

 見晴台に立ってもなんの見晴らしもありません.風とアラレが吹き付けます.午後から天気はよくなるという予報は一体何だったんでしょう.ワカンに変えてもいいところですが,時間が取られるので軽アイゼンのまま進みました.御殿山でもホワイトアウト.

 西南稜が長く感じられます.雪に足を取られたせいか少し疲れが出てきています.しかし,ここで引き返すわけにはいきません.辛抱して4つのピークを過ぎてようやく武奈ヶ岳の山頂にたどり着きました.まだ昼食を取っていません.しかし,山頂でお昼をとるには風が強く寒すぎます.写真を撮ってすぐ下山.下りでワカンをつけました.

 帰りの西南稜では行きの時の踏み跡は吹雪のせいで消されていました.

 前回同様ワサビ峠で昼食.カップラーメンとヨモギ大福.ようやく元気が出て,御殿山に登り返し,あとはひたすら下山.


 滑らないように細心の注意を払い,無事坊村に到着.地主神社の前の水路で杖,スパッツ,靴の泥を落としました

 いつもよりだいぶ時間がかかりました.駐車場にもほとんど車は残っていません.栃ノ実庵も今日からお休みということを聞いていましたので今日は打ち上げなしで帰路につきました.

 名神が帰省の車で渋滞しているかと思いましたが,杞憂に過ぎませんでした.

 家に帰って,ゆっくりお風呂に入り,ビールでしめました.

 これで今年の山歩きはおしまい.目標の50回を達成し,1回おまけがつきました.今年の山行で印象に残ったのは,初めての横山岳,ヨネチャンと出かけたシャクナゲ見物と岩籠山,okaoka clubの小てつさん,JOEさんとの山行,かおりさんとの皆子山などでした.

 来年は1月4日が初登り.さてどこへ行こうか


50.【12月23日】坊村→冬道→見晴台→御殿山→ワサビ峠→御殿山→見晴台→冬道→坊村

 今日は今年50回目の山行。どうも山行以外の用事を入れたときには晴れて、山行を予定した日は天気が悪い。

 家を出るときから霧雨のようなものが。怪しい天気です。しかし、車のタイヤもスタッドレスにはきかえたことだし、出発します。目標は武奈ヶ岳。イン谷口から行くか坊村から行くかは途中での判断としました。そして結局早く登れるだろうということで御殿山コースに。

 アイゼンとワカンを持っていざ出発。

 われわれが「モミジノコバ」と呼んでいるところに着いて、さあ、アイゼンをつけて急な斜面を登ろうという時に、想定外のことが起こりました
アホなことです。初歩的なミス。というのも、ユッキーは靴をシリオからスカルパに変えたのですが、シリオで合わせていた軽アイゼンを、来る前にあてがいもせずそのまま持ってきていたのです。前の靴でひもが余りすぎていたので切っていたところ、スカルパでは足らなくなってしまったのです。これではだめだ。おまけに予備の靴紐ももってきていない。ここから下りて蛇谷ヶ峰にでも行こうかと思って途方に暮れていました。

 そこに親切な人が現れたのです。ご自分の持っておられる予備の靴紐を提供して下さったのです。これをつないでなんとか登りを続行することができました。お名前を聞くこともできなかった親切な方、この場を借りて御礼申し上げます。


 
教訓 1.予備の靴紐をリュックに入れておくこと。
     2.アイゼンと靴の相性を行く前にしっかり確認しておくこと。


 
結局大幅な時間のロス。さらにつないでいるところがゆるんできたりして何回も立ち止まる。かなり遅れて御殿山にたどりつきました。武奈ヶ岳は全く見えないという悪天候。しかたなくワサビ峠でお昼と思って下りたところ、風が吹き付けて寒いこと。一計を案じてワサビ峠から口の深谷に7~8mおりて平らなところでお昼としました。ここだと風も吹かず快適でした。


 時間的には余裕は少しありましたが、アイゼンがこんな調子ではということで、下山することにしました。坊村に着いて久しぶりに栃ノ実庵に。栃餅ぜんざいを食べました。ここのおぜんざいは最高です。帰ってお風呂の後はビーフシチューに合わせてボルドーの赤ワインで締めました。

 
とんだアクシデントではありましたが、親切な方に助けられ、冬の雪山を楽しみました。今年あと1回行けそうです。
 

49.【12月9日】イン谷口8:25→大山口→正面谷→金糞峠→奥の深谷→10:59八雲ヶ原11:33→北比良峠→ダケ道→大山口→13:10イン谷口

 日曜日は法事があったため,本日火曜日の山行.比良山系の雪はどうなっているかと観察に出かける.

 JR比良駅からイン谷口へのバスは12月にはないので車で.トイレ前には1台も駐車していず,われわれの車だけ.そらそうでしょうね,ウィークデイの天気の悪い日に出かける物好きは少ないにきまっています.

 車を降りたところ,すでに時雨かみぞれのようなものが降っているので,リュックカヴァーをつけ,雨具を着ます.雪はこのあたりでは積もっていません.

 青ガレ近くで雪が少し見られるようになりました.青ガレは雪が凍っているところもあるので慎重に登ります.アイゼンは結局車の中に置いてきました.

 金糞峠にもそれほど雪は積もっていません.しかし,ここから奥の深谷に降りたところ,待望の雪が積もっていました.5cmぐらいでしょうか

 八雲ヶ原方向に歩き始めてコヤマノ岳を登ることもちらっと考えたのですが,雪のことを考えて今日はおとなしく八雲ヶ原から北比良峠で帰ろうと決めました.これが結果として最良の選択でした.というのも,八雲ヶ原に近づくにつれて雪は激しくなり、吹雪状態になったからです.昼食は八雲ヶ原で.

 八雲ヶ原の池は氷り,吹雪の中,幻想的な光景.北比良峠のあたりが吹きだまりのようでかなり雪が積もっていました.


 北比良峠からダケ道を下っていきます.すぐに雪はなくなります.途中登山道に近いところのシャクナゲで蕾を確認しようと思いましたら,やっぱりほとんどありません.まあ,今年あんなに立派に咲いてくれたのだから,毎年毎年というわけにはいきません.

 カモシカ台を過ぎて大山口,そして車の所に戻ってきました.今日は歩く距離もそれほどはなかったし,疲れはあまりありませんでした.時間も比較的早いので湖西道路も混み合わず,早々と家に帰りました.いつもならすぐにお風呂ということになりますが,今日は夕方まで用事をすませてからお風呂ということになりました.最後の締めは山名酒造の「Nouveau ささにごり」.すっきり辛口でうまいということになる.


48.【12月2日】善峯寺登山口9:21→見晴台→釈迦岳→10:43ポンポン山→西尾根→リョウブの丘→11:25ツツジの丘11:50→森の案内所→金蔵寺→13:44南春日町バス停14:03

 日曜日はキムケンが狂言を観に行ったために、いいお天気にもかかわらず山には行けず、ユッキーやや不満。

 というわけで本日火曜日。昨晩から雨、風強く、ここは北の方へは行かず西山に残り紅葉を訪ねての山行となる。

 近鉄で丹波橋からJR京都駅へ。出勤の人々で車内は混み合う。そしてJR向日町で下車。ここからは阪急バスで善峯寺行き。阪急の駅に寄っていくのでウィークデイにもかかわらずそこそこの乗客。

 善峯寺で下車、トイレをすませ用意をして出発です。舗装道路をまっすぐ上っていきます。ここがけっこうつらいところ。どんつきで右に行けば杉谷に。左へ行けば釈迦岳の方向。迷わず左に行きます。

 斜面の道から谷の向こうの善峯寺を見れば、もう紅葉は終わっています。こちらの登山道でも落葉した紅葉を踏みしめながらの登りです。見晴台から釈迦岳へ。そしてポンポン山。風が強く寒いしお昼にはまだ早い。ということで森の案内所まで西尾根を進みます。

 結局お昼はツツジの丘で。間伐等の作業をされている横でカップラーメン。食後にココア。それから20分ほどで森の案内所。今日は火曜日なので中に入ることはできません。外のベンチでどら焼きを食す。ここでトイレ。ここから金蔵寺のほうへ進もうと思ったときに、森の案内所の敷地から出るところに掲示があり、駐車場として使用可能(土、日)と書いてありました。出たところの道に駐車する車が通行の車の邪魔になるからということなのでしょうか。まあ、いいことではあります。10台くらいは駐められるでしょう。

 さてさて、道を東へ進み、杉谷分岐を過ぎてもう一つの分岐から金蔵寺の方に向かいます。金蔵寺の紅葉もほぼ終わり。バスの時間も気になりますので中に入らず、先を急ぎます。ここからがまた長いのですが、これも仕方がない。住宅地の中をだらだらと降っていきました。バス停には余裕の20分前。1番乗りでした。


 阪急バスでJR向日町まで。京都駅では八つ橋西尾に立ち寄り、近鉄で帰る。今日の家でのうちあげはビール。距離は長いけれども678.9mのポンポン山なので、大した疲れもなく尾根歩きを楽しみました。


47.【11月23日】平8:42→東尾根→P837→P941→10:46皆子山10:55→P926→南西尾根→P773→13:09大見町→大見三叉路→13:45小野谷峠→14:41小野谷口

 かおりさんにかねてよりお願いしていた皆子山へ今日案内していただきました.お天気はまずまず.途中北山時雨とまではいかない雨がぱらっと来ましたが.

 出町柳で待ち合わせ.かおりさんのお知り合いのFさんもご一緒.われわれのパーティーは4人+1匹(サラちゃん).バスは2台出ました.

 平で降りて準備をしたのち安曇川をわたり,お寺(トイレあり)の横から登っていきます.かなり急ではありますが,坊村・明王院から御殿山への道と比べればそれほどでもありません.寺谷からの道と合流したあとは少しで皆子山山頂です.下の方では名残紅葉を楽しめました.

 ガイドブックには狭くて暗くて見晴らしが悪い皆子山の山頂写真が載っていますが,晩秋というか初冬の今日,ご覧のように広々とした明るい山頂でした.昼食はここから西へ進んだところで.

 P926からは南西方向の尾根を下ります.どんどん下っていきP773を過ぎると大見川沿いの林道に出ました.ここからは大見川沿いに北西方向に進みます.途中湿原を通り,大見三叉路に出て左の方向に進み小野谷峠まで.

 ここからは小野谷を沢沿いに下っていきます.昨年,今年の豪雨のせいかかなり荒れています.今日初めてのアドヴェンチャー・ワールド(ちと大げさ)です.

 途中からバスの時間を気にしながら進みましたが,バス停にはバスの時間14時47分の6分前に到着しました.さすが名ガイドかおりさんです.これを逃せば17時57分まで待たねばなりませんから.

 バスは鞍馬,貴船で大渋滞.帰りの京阪も大勢の人.しかし,なんとか思ったよりも早い時間に帰れました.帰ってカミツレ湯のあとは山名酒造の青木杜氏の酒でしめました.すっきり辛口.

 かおりさん,ありがとうございました.おつきあいくださったFさんも.

 


46.【11月15日】西村井→朽木栃生登山口9:24→白倉南岳→白倉中岳→11:55白倉岳→烏帽子岳→松本地蔵→14:17西村井登山口

 熊騒ぎで躊躇していた白倉岳に行ってきました。朽木栃生から登り始めたらうしろからトレイル・ランナーが2人来られ、これは珍しいと思っていましたら、来週、蛇谷が峰から鯖街道に下りて朽木栃生登山口からまた登り尾根を北進して朽木学校まで行くトレイル・ランの競技会があり、その下見だそうです。

 このあと2組(計5人)のランナーにも会いました。 熊対策には万全を期して来たのですが、これで一安心でした。

 今週末こちらの方に来られる方はそのことを頭に入れておいたほうがいいと思います。ゆっくり登ることはできないでしょうから。

 いつものように西村井のところで車を置かせてもらい、まずは道路を進みます。朽木栃生の登山口から激登り.ヒルの季節にはここで出会って白倉はあきらめ蛇谷ヶ峰に変更したことなど思い出しながら。

 トレイル・ランに備えてでしょうか、登山口とか山頂とかにはしっかりした道標がありまた比較的節度をもった間隔でテープがあります。基本的には稜線をアップダウンを繰り返しながら北へと進むことになります。

 われわれがコナラのピークと呼んでいるところを直角に右へまわり、尾根を北進。南岳を過ぎ、中岳、そして白倉岳へと向かうところで、雨ともみぞれともつかないものが降ってきました。標高がもう少し高ければ完全な雪でしょう。さて、どこでお昼にしようか思案しながら、とりあえずレインウェアを着込みザックカヴァーもつけます。

 烏帽子岳、烏帽子峠でやっと立ちながらの昼食としました。このあとはただ降るのみ。黄葉・紅葉はまだ十分楽しめました。雨は降ったりやんだり。

 松本地蔵まで来たらあともう少し。これからの溝状の道は足下は石の連続で濡れていて滑りやすく注意が必要。それから倒木が登山道をふさぎ、くぐり抜けたり迂回したりと、結構やっかいでした。西村井の車の所に着いて本日の山行は終了。ユッキーの体調不良で今日は家に直行。かなり早く帰れました。

 あとはいつものルーティーン。カミツレを入れたお風呂の後は今日はポーク・シチューなのでブルゴーニュの赤ワインで締めました。 



45.【11月11日】イン谷口8:30→大山口→アオガレ→正面谷→金糞峠→奥の深谷→コヤマノ岳南尾根→コヤマノ岳→11:42武奈ヶ岳12:12→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→15:05イン谷口

 本当は先週の8日(土曜日)に山行の予定が、またしてもユッキーのトラブル。飼い猫フワに手の甲をひっかかれ発赤し、腫れてきました。破傷風がこわいので病院に。というわけで土曜日は中止、本日火曜日の山行となりました。

 フワが今日の天気のよいことを予想していたのか、午後になると雲が少し多くなってきましたが全体としてはいいお天気でした。

 最初は紅葉見物に白倉連山あたりを考えていたのですが、どうも熊が出そうな雰囲気。今年は食糧不足で山奥から出てきているとの情報もあり。ところが、比良山系の神璽の谷にも熊が出たとの情報。さらにコヤマノ岳でも目撃されているとの情報も。種々検討の結果、他の登山者がいる可能性が高いところに行こうということで、武奈ヶ岳を選びました。

 イン谷口に着きますと数は少ないながらもやっぱり来ておられます。これで安心して(?)登れます。

 金糞峠までは紅葉楽しむことができました。ここから武奈ヶ岳山頂まではもう終わっています。

 奥の深谷から武奈ヶ岳最短コース。コヤマノ岳を経由して武奈ヶ岳に。コヤマノ岳のブナの林はもうすっかり葉っぱを落とし、冬に備えています。ヨキトウゲ谷経由も考えたのですが、脚のことを考えて、武奈ヶ岳に。本当にいいお天気です。

 下りは少し遠回りしてイブルキノコバ経由で帰ることにしました。西南稜でOさんと出会う。お互いウィークデイに山歩き、好きですねということになる。

 ダケ道はまだ紅葉を楽しむことができました。車の所に着いて後始末、着替えを行っていたら、なんとOさんがうら若き女性と下りてこられたではありませんか。これはどういうこと?と思っていたら、「迷子を連れてきました」とのこと。聞けばアオガレの近くで道に迷い警察に電話したこの女性をOさんが見つけられ、一緒にここまで下りて来られ、「迷子」は救助取り消しの電話をしたということでした。

 Oさんのおかげで危うくこの若い女性は遭難を免れたわけですが、山に入るにはあまりにも無防備(地図もコンパスもなし。読図力はなさそう)でした。帰路につくときに管理小屋の前を通ったらパトカーが待機していました。たぶん事情聴取と厳重注意がこのあとあったのでしょう。

 HS比良も火曜日なので開いていないことだし、どこにも寄らず家に帰りました。

 家に帰ってカミツレ湯のあとは山名酒造の「奥丹波・冷やおろし」で締め。熊にも出会わず、800m以下のところで紅葉・黄葉を楽しみました。

    


44.【11月4日】北白川仕伏町バス停8:30→石鳥居→水飲対陣跡→スキー場跡→11:45見晴台12:13→大比叡→根本中堂前→本坂→14:19日吉大社→甘味処「うえだ」

 今日はユッキーの負傷後のリハビリ山行です。ということで、困ったときの比叡山。いざというときにはケーブルも使えるというので。

 最初、雲が多く、これは天気予報と違うなあと思いながらも、われわれの好きな北白川からの道で。京阪出町柳からはバスで北白川仕伏町まで。ここから北白川バプティスト病院の横を登っていきます。「熊に注意」の看板が一つならずあります。われわれも熊鈴をつけて進みます。

 紅葉期待で今日は北白川城の出丸跡(=白鳥山)にも寄りましたが、この低いところではまだまだ。雲は次第に晴れてきます。

 ウィークデイだからでしょうか、水飲対陣跡までは誰にも会わず。石鳥居から音羽川を渡って水飲対陣跡に登り返し、そこからきらら坂を登っていきます。いつもここからがきついと感じます。

 今日は千種忠顕の碑に寄らないでここから新道。そしてケーブル駅には寄らないでスキー場跡を横切ります.

 見晴台に着いてここで昼食。脚をかばいながらですのでいつもよりは時間がかかっていますが無理は禁物。今日はカップ麺にしました。

 ここから山頂駐車場に進み、トイレ休憩。大比叡に寄ってそこから延暦寺の境内へ。延暦寺会館の横から本坂を通り、坂本の日吉神社に降りました。
 
 紅葉情報としては、今日の時点では700m、800m台では紅葉・黄葉が見られますが、これ以下だとまだまだ青葉です。本坂では青葉のままでした。

 観光案内所のところで着替え、トイレ。坂本と言えば甘味処「うえだ」。お久しぶりということになる。今日は栗ぜんざい。暖まってほっこりして、お土産にミカンゼリーを買って帰りました。家ではカミツレの入ったお風呂、そしてビール.

 ロングコースでしたが、ユッキーもなんとか歩けて、ほんのちょっぴり秋の紅葉を楽しみました。


43.【10月19日】市橋登山口9:05→夕暮山・岩籠山分岐→夕暮山→11:25夕暮山・岩籠山分岐→12:26岩籠山12:55→インディアン平原→夕暮れ山・岩籠山分岐→15:35市橋登山口

 今日の行き先はひょんなことから岩籠山となりました。Yさんがご一緒です。JR、バス等を考えましたが、どうも新疋田から歩きで登山口までというのがへたれの我々には気が進みませんでしたので、車で出かけることになりました。

 YさんをJR山科駅でピックアップして湖西道路を北へ北へ。途中、道の駅でトイレ休憩のときにユッキーは車止めでけつまずいて膝を強打。気丈なユッキーは痛みを笑顔で隠して山行を続行(登り下りでやや時間がかかりました。Yさんすみませんでした)。

 161号線を北上します。やがて8号線となってしばらく行くと市橋の交差点。これを左折。ここからは車1台しか通れない狭い道。どうぞ下りてくる車がないようにと祈りながら進みます。さいわい1台の対抗車もなく駐車場に。20台は駐められる駐車場にすでに数台車あり。簡単なトイレもあり。

 ここから歩き始めます。最初は林道です。林道の終わりから細い登山道に入ります。「熊出没注意」の看板あり。ここからは谷沿いに幾度となく徒渉をして進んでいきます。石が濡れているので滑りやすく、慎重に渡ります。

 最後に谷を離れ、ジグザグ道を登っていきます。かなりの急登。やっとコルに着きました。ここからまずは夕暮山まで。せっかく来たのだからとピークより少し低いところにある三角点に。そして次は岩籠山に。お天気に恵まれ絶景。

 風がやや強かったので服を調節し、頂上で昼食。終了後インディアン平原へ。雄大な景色に見とれるばかりです。
 
 あとは降るのみ。やはり徒渉のところは要注意。
 
 登山口に下りてきて着替えをして車に乗り込みました。
 このあとが大変でした。161号線が大渋滞。3時間のドライヴと相成りました。北陸自動車道、名神にまわればよかった。これは反省点。

 家に帰って、今日はビールでしめました。岩籠山は楽しめる山です。滝のある沢筋、開放的な稜線、特異な形をした岩群と興趣が尽きません。またぜひ行きたいと考えています。



42.【10月11日】坊村8:36→御殿山→11:15武奈ヶ岳12:00→御殿山→14:14坊村

 今日の山行の目的は2つ.
 1.2週間後のリンドウはどうなっているかを確認すること.
 2.鯖街道で鯖寿司を買って帰ること(実は12日は地元の御香宮のお祭り.この日に鯖寿司を食べるのがこの辺の風習.そこで,近所の寿司屋で鯖寿司を予約しているのだが,食べ比べをしようということになって「栃生梅竹」に寄る).

 以上により,車で出動.


 渋滞もなくスムーズに坊村に到着.センターにはすでに多くの車が駐まっています.トイレをすませてゆっくりと登り始める.実はここ1ヶ月ほど毎朝(雨の時と山行の翌日を除く)ジョッキング+速歩を30分やっているせいか,あまりつらくなく御殿山まで進めました.

 御殿山から武奈ヶ岳のほうを眺めますと,まだ少しではありますが,紅葉が始まっています.見頃になるのはあと1ヶ月ほどか.

 御殿山からいったん下ってワサビ峠.ここから3つピークを越えて進みます.山頂ではすでに大勢の方が昼食をとっておられます.われわれも東側のところで場所を見つけお昼を食べ始めたところ,なんとYさんが山頂に現れました.今日は南比良かなと思っていたのですが,ウメバチソウが気になってこちらへ来られたとか.

 花情報を交換したり楽しいおしゃべりであっという間に時間が過ぎました.

 最初はここからコヤマノ岳にまわり口の深谷,ワサビ峠と考えていたのですが,リンドウが午後にはもっと開いているかもしれないと思ってピストンすることにしました.予想通り,開いている花が多かったので,ピストンの単調さを補ってあまりありました.

 下りは登りより時間はかかりません.滑らないように注意しながら車のところに戻ってきました.

 さて,まずは「栃生梅竹」まで鯖街道を進み,ひとまず鯖寿司を予約.40分後には店に寄りますと言ってさらに鯖街道を北に行き,久しぶりに「栃の実庵」.山を下りてくるとやっぱり暑かったのでわらび餅ソフト.甘いものでの打ち上げの後「栃生梅竹」に寄って鯖寿司を受け取り帰宅の途に.

 帰りの湖西道路のいつもの坂本あたりの渋滞もなく,名神にも渋滞なく意外に早く家に着きました.

 家に帰って,カミツレ湯のあとは山名酒造の「吟にごり」でうちあげ.今日もいい一日でした.


41.【10月4日】栗原登山口9:08→ズゴノバン→11:01権現山11:07→ホッケ山→小女郎峠→12:05小女郎池12:30→小女郎峠→蓬莱山→打見山→クロトノハゲ→天狗杉→キタダカ道→15:16JR志賀駅15:24

 南比良の稜線を歩きたい,ついては平から権現へはよく行っているので栗原から行ってみようかということで,8年ぶりに琵琶湖側から権現に登りました.登山口まではバスの便が悪くバス停から1時間歩いてやっと登山口なのでJR和迩駅からタクシーで.

 霊仙山へは寄らずに直接ズゴノバン,権現へと行くルートをとりました.8年前は霊仙山を経由するコースだったのですが,もう一つおもしろくなかったのが理由の一つ.もう一つの理由は台風が近づいているのでなるべく早く縦走したかったため.


 林道をお花を見ながらゆっくり進みます.林道の終わりのところで「アサギマダラを調べる会」の方と出会い,いろいろお話を伺いました.こういうところでも自然と関わり植物を大事にしようとするヴォランティアの方がおられて地道な活動をされているのには頭が下がります.

 ズゴノバンで霊仙山からの道と合流します.いよいよ権現山に近づくにつれて登りの角度は急になります.一汗かいて権現山.ここからは稜線を歩くわけですが,風の強いこと.台風のせいもあるかと思いますが,ともかくレインウェアを着て服装を調節します.

 冬にスノウシューハイクで来るときとはもちろん風景ががらりと変わります.お花を見ながら進んで小女郎池まで行って昼食.


 さらに縦走.蓬莱山へ登り,鹿のうんち場と化したスキー場の斜面を下り,笹平のトイレをお借りし,また登って天心苑からゴンドラ下を進みクロトノハゲに.ゴンドラ下あたりの斜面の道はかなり細いので慎重に進みます.

 ここからはキタダカ道.ごろごろしていますが,比較的歩きやすい道.しかし油断をしていると浮き石で滑ることもあります.

 風がかなり強いので湖西線が止まりやしないかとひやひやしながら駅に着きました.しかし,下界では山の中ほど風は強くなく列車の遅れもありませんでした.

 京都に着いて久しぶりに「八つ橋西尾」.8月以来です.まだ「黒糖氷」はやっていましたが,今日は「抹茶白玉あんみつ」.


 家に帰ってお風呂の後はビールでしめました.ややロングウォーク.しかしそれほど疲れはなく,いろんなお花が見られて大満足.リンドウはあと1週間で見頃か.


40.【9月27日】イン谷口8:28→大山口→ダケ道→北比良峠→八雲ヶ原→イブルキノコバ→広谷→スゲ原→細川越え→北陵→12:40武奈ヶ岳13:13→西南稜→ワサビ峠→御殿山→15:27坊村15:46

 比良のキタヤマブシの確認を行いたいために本日は武奈ヶ岳に。武奈、八雲ヶ原、広谷、北陵、にはぜひとも行きたいと思っていたので、結局JRで比良駅に行きそこからバスというルートをとりました。湖西線の車窓から進行方向左手を眺めれば、すでに刈り取りをすませた田んぼのあぜ道には彼岸花が少し色あせていましたがあちこちに。比良山系は南から北までくっきりと見えています。こんなにいいお天気は一年にそれほど多くはないでしょう。

 比良駅からイン谷口へのバスは全員が座れる程度の数。こんなにいいお天気なのに意外と少ないなあというのが感想。

 イン谷口から今日は広谷、北陵を通って武奈ヶ岳になるべく早く着き、坊村の堅田駅行きのバス(15時46分発)に乗れるようにと、正面谷を行かず、あえてダケ道を進みました。

途中で道の改修をしてくださっているWさんにお会いし、ごあいさつ。いつもながら頭が下がります。

 北比良峠から八雲ヶ原湿原へ.そしてイブルキノコバから広谷に。ここでYさんと出会う.
 ここからは3人でスゲ原から細川越え、武奈山頂へと進みます.Yさんといろんな話がはずみます.
 北陵の最後の登りはいつ来てもしんどい.シャリバテも関係しているか.やっとのことで山頂.昼食.伊吹山がよく見えます.

 昼食後,西南稜を進み,わさび峠でYさんと別れました.あとは御殿山から坊村に.いつもであれば茶坊に寄るところなんだが,少し時間がおしてきていたので今日はパス.バスでJR堅田駅へ.京都駅から近鉄で帰りました.

 帰ってみたら御嶽山の噴火のニュース.京田辺山友会の方々が7合目でいざ出発という時に撤退されたのが出ていました.実はこの方々とは比良で9月7日に会っています.御嶽山に登るのでそのトレイニングとして武奈ヶ岳に来ているのだと話しておられました.ほんのちょっとの偶然が生死を分けるんですね.

 今日はロングコースでした.カミツレ湯にゆっくり入って,本日無事に帰ってこれたこと,いろんなお花が見られたことを感謝してビールで乾杯.


39.【9月21日】】久多滝谷分岐8:45→登山口・演習林小屋→滝谷北尾根→11:38天狗峠12:25→滝谷北尾根→14:20登山口→久多滝谷分岐

 本日も小てつさんのお誘いで奥深い天狗峠(=天狗岳)へ。 

 お天気に恵まれわれわれにとっては初めての天狗峠。デポ地から岩屋谷沿いの林道を進みます。先週の久良谷分岐を経て、京都府立大学久多演習林管理舎に到着します。

 ここからがいよいよ急斜面を登る登山の開始です。ジグザグジグザグ登って高度をかせぎます。支尾根に乗ってさらに西へ西へ.やがてP936のある稜線に出会うと見晴らしがよくなります.尾根をひたすら進みます.分岐が多くあり,迷いやすい尾根です.

 やっと天狗峠に着きました.ここで昼食.食後は小てつさんのお手前でお薄を頂く.なんという趣向! 静かな山頂で最高でした.

 このとき初めて単独の登山者に会いました.滝谷から登ってこられたとか.

 われわれはこのままピストンです.三国岳に寄るという案もあったのですが,今日はやめ.いろんな話をしながら下りました.登りの時と同じ道でも目に入る光景,印象はずいぶんと違います.

 小屋のところまで来たら山頂で会った人が追いついてこられました今日出会った人はこの人と釣りの人だけ.

 小てつさんには最後にビールまで頂き,出町柳まで送ってもらいました.
 家に帰れば,汗にまみれた服を早速洗濯.カミツレ湯に入って,仕上げは山名酒造の「奥丹波・白露」.

 小てつさん本当にありがとうございました.



38.【9月15日】久多滝谷分岐8:45→登山口→久良谷→11:00経ヶ岳→西南尾根→12:07ミゴ谷口→登山口

 今日はリヴェンジ登山で念願の経ヶ岳へ。出町柳で小てつさんにピックアップしてもらう予定で交差点を渡ろうかと思っているところにokaoka clubの哲郎さんと道子さんとばったり。武奈のほうへお出かけとか。励ましの言葉をかけて頂いて出発。JOEさんもご一緒。

 鯖街道・梅の木から久多の方に進みます。ここは細い道で百里ヶ岳に行くために過去2度使っていますが、対向車にひやひやしながら運転し、登る前から疲れてしまった経験がある道。今日は小てつさん運転で助かりました。

 久多滝谷分岐で車を置き、ヒルよけを足下に噴霧します。まず京都府立大学の演習林であるため車止めがあります。チェーンを乗り越え、林道の左右をきょろきょろしながら花を探して進んでいきます。そして木の案内板があるところからいよいよ久良谷遡行の始まりです。登山道はありませんから流れを何回も徒渉しながら進みます。気持ちのよい谷です。

 途中で道なき道を100mほど登るところがあり、ここはかなり緊張しました。予想よりも早く山頂に到着.ここで差し入れのノン・アルコールビールで乾杯.JOEさんのご厚意ここからはかなりの急斜面2カ所を含む尾根で降りていきます.

 降りたって林道を登山口,駐車場所へ戻ります.河原でいよいよシェフ・JOE登場.おいしい豚汁をいただく.そして小てつさんのお心入れのラーメン.はたまた,小てつさんの細やかな心遣いでビール.私の愛飲のサントリー・ザ・プレミアム・モルツ.昼食後,帰路につきました.家に帰ってカミツレ湯.そして山名酒造の「丹波旬楽・秋季冷やおろし」で仕上げ.

 結局山ヒルの被害には誰もあいませんでした.われわれだけでは絶対に行けなかった経ヶ岳.小てつさん,JOEさん本当にありがとうございました.


37.【9月7日】イン谷口8:05→大山口→ダケ道→北比良峠→八雲ヶ原湿原→イブルキノコバ→広谷→スゲ原→細川越→北陵→12:13武奈ヶ岳13:05→イブルキノコバ→八雲ヶ原湿原→北比良峠→ダケ道→16:00大山口→イン谷口

 本日はYさんの比良山系山行300回目ということで、参加予定であったのだが、昨日からの雨が朝もまたあり、どうしようかと迷っている間に時間的にJR京都駅からの電車では行けなくなり、車でイン谷口に出かける。昼からは晴れという天気予報を信用して。

 今日は広谷から武奈ヶ岳に行きたかったのであえてダケ道を利用しました。八雲ヶ原湿原で花の観察の後イブルキノコバから広谷へ。スゲ原から細川越へ。久しぶりです。以前はガリヴァー旅行村から大擂鉢を経て広谷に来ていたのですが。

 細川越から武奈ヶ岳へは急登です。山頂がなかなか目に入りません。粘土質の滑りそうな道を慎重に登りました。

 山頂ではすでにYさんの偉業を讃える方々が集まって昼食中。さながらオフ会の様相を呈しています。Yさん武奈ヶ岳100回記念の昨年は雨にたたられましたが今日は青空。さわやかな日となりました。Wさん、Sさん,Oさん、かおりさんにしーちゃん、Fさんと楽しい集まりとなりました。
 
 それぞれ好きな道から登ってきて山頂に集合し、また好きな道から下山しました。われわれはイブルキノコバ経由で八雲ヶ原、そしてダケ道で下りました。この道で下ったのはわれわれ二人を含めて5名+1匹(サラちゃん)。

 Fさんの車とわれわれの車で「HSひら」に移動。今日は迷わずかき氷。

 帰路、湖西道路と名神が渋滞していていつもの倍の時間で家に着きました。今日はビール。次回もキタヤマブシ、トリカブト観察で比良行きの予定。


36.【9月3日】イン谷口8:39→リフト釈迦岳跡→10:54カラ岳・昼食→11:30北比良峠→ダケ道→大山口→12:48イン谷口

 今日は午後から天気が悪いということで、久しぶりに釈迦岳に登ろうということになる。
 イン谷口に車を駐めて出発したところ、車が近づいてきて「連日比良ですね」と声がかかる。
 ヨネチャンつながりのOさんでした。ウィークデイであるにもかかわらずお互い「好きですね」ということ。

 さて、大津ワンゲル道も雨の後どの程度の荒れ具合かわからないので、リフト道で行くことにする。

ところが800mを過ぎる頃から雨が降ってきてリュックカヴァー、レインウェア着用。ガスってきて先が見えなくなる状態。

 これで釈迦岳へ行くことは諦め、カラ岳の方向に。尾根に乗ったら風が強く、寒いぐらい。雨も少しやんできたようなのでカラ岳のベンチで急いで昼食。

 昼食後北比良峠へ。北比良峠へ行くまでの道では、2ヶ所ほど雨の影響で道が細くなっているところがありました。今のところ通るには問題ありませんが、この先どうなるでしょうか。

 ダケ道は下の方で先週の土曜日以降修復されたような感じでした。いつもながらWさんありがとうございます。

 今日は水曜日。HSひらは営業日です。そこで迷わずというか、最初からそのつもりでHSひらに立ち寄りました。時間もまだ1時過ぎということで昼食を食べに来られている方で賑わっていました。メニューにまだかき氷はありますが、もうその気分ではないのでこの前と同じようにホット・コーヒーとカボチャプリンと思ったらカボチャプリンは売り切れ。そこでおからで作ったガトー・ショコラ。美味しくいただきました。人気の高いおはぎは今月中旬からの予定だそうです。

 風の強いのは困りますが、それを除けばこの程度の雨の中の山行はそれなりに趣があり楽しめました。
 今日の打ち上げは山名酒造の「生貯蔵酒」。うーん、五臓六腑にしみわたる。



35.【8月30日】坊村8:52→明王院→10:53御殿山→西南稜→11:35武奈ヶ岳→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→14:43大山口→イン谷口

 坊村から御殿山、武奈ヶ岳へはしばらく行っていません。そこで今日はバスで坊村に。出町柳ではおばさん山歩き隊のTさんがすでにバスの列に並んでおられました。いろいろと情報交換。バスの乗客は思っていたほどにはありませんでした。3、4人が立っておられたか。

 いつも見ているところのトリカブトはほぼ全滅。水不足が原因でしょうか。見晴台のところでは咲き始めていました。満開になっても昨年ほどに咲くかどうか疑問です。
 
 まあしかし、お花を見ることは見て御殿山。西南稜から武奈ヶ岳に。

 昼食を山頂近くでとり、ぼちぼち行こうかと思ったところ、なんとナベさん登場。久しぶりです。つい今さっきまでヨネチャンと一緒だったとか。

 我々はイブルキノコバ経由で八雲に。ナベさんは北陵、広谷から八雲に。あとはご一緒して北比良峠、ダケ道で降りました。


 イン谷口からJR比良駅というか「ホットステイションひら」までナベさんに送ってもらいました。

 HSひらでは今日はホットコーヒーとカボチャプリン。コーヒーには芋カリントウがついています。かき氷とも思ったのですが、ちょっと寒いかなという感じ。元気になって帰途につきました。疲労回復に甘い物はよく効きます。

 家では山名酒造のお酒「平成26年度生貯蔵酒」で乾杯。今日はよく歩きました。登りはじめの所では蝉の声もまだ聞こえますが、山は少しずつ秋の気配が感じられます。


34.【8月24日】イン谷口8:10→大山口→正面谷→金糞峠→奥の深谷→八雲ヶ原→イブルキノコバ→12:00武奈ヶ岳12:35→ゲレンデ跡パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→14:46大山口→イン谷口

 サギソウが花盛りとの情報を得ましたが、昼から雨との予報があり、雨に降られることも覚悟で出かけました。最初、坊村から西南稜を経て武奈ヶ岳に登り、八雲ヶ原からイン谷口のコースも考えたのですが、雨と雷の場合にすぐ戻れるようにということで結局車でイン谷口まで。

 ここから正面谷に向かう。8月10日の台風、さらに昨日の雨でかなり荒れています。正面谷を登っていたところでヨネチャンが後ろから追いつき、さらに比良山系ははじめてという大阪の若者もご一緒ということで、金糞峠からは4人のグループで進みます。金糞峠近くのところの崩落が大きかったです。

 金糞峠から奥の深谷を経て八雲ヶ原湿原に。さてさて武奈ヶ岳まで行くかどうか。少し陽も差してきたのでここまで来たからには行ってみようということで、イブルキノコバ経由で武奈ヶ岳に。

 昼食をとっていると、次第にガスがあがってきてまわりは白くなってきます。遠くには雷も鳴っています。これはやばい。天気予報の通りだ。ということで、急いで片付け、山頂を後に。早く降りるためにとゲレンデ跡パノラマコースに向かいます。とうとう雨が降ってきました。ゲレンデ跡の一番高いところでリュックカヴァー、雨具をつけました。

 もうここからは蒸し暑いので汗がぼとぼと、そこに雨がざあざあ。樹木のない北比良峠は長居してはいけません。さっさと通り越しダケ道に入りました。Wさんの苦心の道もところどころこれまでの雨でえぐれたり、砂が流されたりしています。

 よたよた、へろへろ、でやっと大山口に下りました。ここの橋はもうWさんの手で復旧しています。実にありがたいことです。

 このあとはHSひらでヨネチャンと我々でうちあげ。やっぱり紫蘇かき氷。

 湖西道路では大渋滞。枯れ枝等の撤去で渋滞が発生したみたいです。予定より1時間遅れて家に到着。今日はぬるめのカミツレ湯でゆっくり入って筋肉をほぐしました。

 そして、最後はこのまえ「こてつ」さんに頂いた富山のお酒「三笑楽」。コクがあり、奥行きのあるいいお酒でした。


33.【8月17日】杉峠→和佐谷峠→小野谷峠→和佐谷峠→杉峠

 小てつさんからお誘いを受け,われわれが登ったことのない経ヶ岳に出かける予定だったのですが,
昨日からの雨.雨の中のフル装備,ヒル覚悟で出かけました.

 しかし,しかし,大原から途中越で鯖街道と思っていたところ,八瀬へ行くまでのところで途中越から鯖街道は全面通行止めの表示があり,それなら西の方からと広河原美山線を北上しても大布施町の農協前でこの先全面通行止め.しかしここからがガイド小てつのすごいところ.ちゃんと代替コースを用意してくださいました.

 向かったところは花脊峠から林道を上がり杉峠.ここで駐車.本日のメニューは大見尾根周回コース.和佐谷峠まではナッチョに行くために歩いたことがありますが,ここから北へは行ったことなし.時計回りでぐるっと大見尾根を回ってきました.静かないい尾根.気に入りました.

 今日のハイライトはJOEさん作のおそうめん.こんなところで素麺が頂けるとは,感激でした.

 昼食のあとは二ノ谷を遡行するような形で登っていきます.そして和佐谷峠,杉峠へ.車のところで着替えして打ち上げ.なんと小てつさんは缶ビールを持ってきてくださったのです.クーラーボックスから取り出されたのはサントリー・ザ・プレミアム・モルツ.小てつさんの細やかなお心遣いにまたまた感激.

 小てつさん,JOEさん,ありがとうございました.家に帰って締めは山名酒造の「Dragon Eye」(昨日封を開けたもの).小てつさんに頂いたお土産は大切にとっておきました.

 P.S. 本日ユッキーは2箇所(胸元とふくらはぎ)ヒルにやられました.私はやられませんでした.ユッキーはこれで4回目.私はまだ一度もヒルにとりつかれたことがありません.不思議です.


32.【8月13日】二合目8:40→三合目→11:09伊吹山山頂→三合目→一合目→14:21登山口バス停

 ようやく恒例の伊吹山登山.okaokaさんのレポートを見て毎年登っているのですが,今年は台風などがあり間が少し空きました.例によって予約タクシーで二合目まで.三合目までは会社の指示により行けないそうです.
 
 太陽が照りつけると,この登りは辛いのですが,今年も曇りでときおりガスっているので蒸し暑く汗は出ますが,ときおりの風にも助けられ比較的快適に登っていけます.

 聞いていたとおり,花は激減しています.時期的にはユウスゲはすでに終わり,メタカラコウも終わりかけです.頂上のお花畑を楽しみに登っていきます.8合目あたりから最後の登りがきつい.9合目を過ぎたたところでなんと旧知のTさん(「おばさん山歩き隊」)とばったり.バスであがって今降りられるところとか.この場はご挨拶して別れました.

 頂上で早速伊吹牛乳を購入し,持参のパンで昼食です.確かに花は減っています.梅雨時に雨が少なかったから順調に成育せず花を咲かせることができなかったのでは,というのがわれわれの推測です.

 さて,昼食後,東遊歩道,中央遊歩道はパスして西遊歩道は途中まで進み,引き返して登山道に戻り,そのまま上野登山口まで.

 バスの時間を見にバス停まで行けばなんとあと8分ほどで来ます.登山者も10人ちょっと待っておられます.これはラッキー.と思っていたら,9合目でお会いしたTさんがやはりバスを待っておられました.バスの中や近江長岡駅でいろいろとお話をしました.明日からお盆のせいか,電車は近江長岡からも米原からも混んでいました.京都駅では「八つ橋西尾」の黒糖氷.帰って家ではビールで乾杯,サントリー,ザ・プレミアム・モルツ.


 今年は9月にまた伊吹に行く計画を作成中.


31.【8月5日】北白川仕伏町バス停8:30→石鳥居→白鳥越え→11:01一本杉11:22→弁天堂→無道寺道→13:47坂本観光案内所→坂本「うえだ」→JR叡山坂本駅

 天候の関係でこの前の土・日は山歩きをあきらめ,あえて今日伊吹山に行こうと思っていたのですが,天気予報では雨で雷雨に注意とのこと.伊吹山で雷なんてなことになったら一大事なので伊吹山はあきらめて「困ったときの比叡山」.

 京阪で出町柳まで行き,そこのおにぎりやさんでおにぎりを買って久しぶりに白鳥越えで一本杉.ドライブウェイと交差するわけですが,ここの駐車場のベンチで大津の町を眺めながら昼食.自販機でお茶を買い足す.

 ここから比叡山ドライヴウェイを横切り,ロテルデ比叡の横から山道に.弁天堂から無道寺道に入る.この道は本坂よりもよほど歩きやすい.

 坂本観光案内所に着いたら今日の山歩きは終了です.ここでトイレと着替えをしました

 あとは「うえだ」.

  ずいぶんと早く山から降りられました.最後の打ち上げはビール.到来物のヱビスビール.

 伊吹山は来週です.


30.【7月30日】イン谷口8:29→大山口→正面谷→金糞峠→奥の深谷→ヨケトウゲ谷→中峠→11:27コヤマノ岳11:51→武奈ヶ岳→ゲレンデ跡パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→14:59大山口→イン谷口

 この前の土曜日,日曜日がつぶれたので,休みを取って水曜日の山行.バスもないので車で出かける.

 涼しいところということで久しぶりにヨキトウゲ谷.曇り空で風があるので汗はかくもののけっこう涼しい.

 汗のせいかしんどいのでだらだら登る.コヤマノ岳に着いて昼食.これから戻っても今日はいいかという感じだったのだが,お昼を食べると元気になりました.ここまで来て武奈ヶ岳に登らないというのももったいない.

 一時山頂を独占.しかしまあウィークデイといえども武奈は武奈.坊村からも登ってくる人がいます.食事は済ませているので急いで下山.途中でヨネチャンの山の先輩の方と出会う.2回目か.「土日以外にも登られるんですね」と声かけていただき,「この前の土日がつぶれたので今日休みを頂きました」とお答えする.

 イブルキノコバ経由を考えたのだが雷雨の予報を考えてまたまたパノラマコース.ゲレンデ跡にはずいぶん草が茂ってきました.


 あとは八雲ヶ原から北比良峠,そしてダケ道.大山口に出てきて,顔を洗い,イン谷口の車まで.

 JR比良駅前の「ホットステイションひら」に寄って紫蘇ジュースかけのかき氷.後味さっぱりでおいしい.お土産に芋けんぴ.

 家に着いたら雨が降ってきました.いいタイミングです.締めは山名酒造の「純米吟醸 奥丹波No.310」.切れのある辛口.


29.【7月20日】北白川仕伏町バス停8:32→石鳥居→水飲対陣跡→スキー場跡→見晴台→12:16大比叡→延暦寺根本中堂→本坂→13:53坂本観光案内所→甘味処「うえだ」→JR比叡山坂本駅

 明日は植木屋が来るので外出できず,今日しかない.だが,今日の天気予報は不安定で昼過ぎから雷雨とのこと.そこで比良行きを諦め,困ったときの比叡山.
 今日は北白川バプティスト病院の横からトレイル道のコースをとりました.

 このコースはお散歩道のようで高度はかせげませんがゆっくりと登っていくコースです.距離はありますがしんどさはうんとましです.石鳥居で下り音羽川を渡渉して水飲対陣跡にたどりつきます.ここが雲母坂コースとの合流点です.

 ここからがしんどくなります.千種忠顕の碑をすぎて,今日は新道のほうのコースをとりました.久しぶりの感じ.この道を行きますと蛇ヶ池のスキー場跡の真ん中あたりに来ます.ここからコンクリートの道を登って山頂のガーデンミュージアムの所に出るか,スキー場跡を横切って見晴台を経由してガーデンミュージアムの所に出るかの選択となります.私たちはコンクリートの道を敬遠して後者のコースをとりました.

 山頂駐車場のトイレをお借りして,自販機で冷たいお茶のペットボトルを買い足してここで昼食.それから大比叡に向かいます.ガスが立ちこめてきてもうすぐ雨かということになったので,今日は蟻ヶ滝コースを予定していたのですが,それを変更して延暦寺の境内を通って本坂で下ることにしました.

 下の方に来ると雨が降ったあとが顕著になってきます.日吉大社近くで会った人によればすごい夕立だったとのこと.ちょうどいいときに降りてきたことになります.坂本と言えば「うえだ」.昨日からかき氷を始めたとのことで,「宇治金時」.いろいろ食べ比べをしましたがここのが最高です.

 家に帰ってシャワーのあとは山名酒造の「夏にごり」.うまい!  


28.【7月12日】イン谷口8:18→大山口→正面谷→金糞峠→奥の深谷→コヤマノ岳南尾根→コヤマノ岳→11:50武奈ヶ岳12:30→イブルキノコバ分岐→コヤマノ岳分岐→パノラマコース(ゲレンデ跡)→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→15:18イン谷口


 週末出かけるとすれば土曜日ということで,梅雨の中休み(?)本日出かけました.台風がどの程度山に影響を及ぼしたかの確認も兼ねて.

 夕方町内会の地蔵盆の打ち合わせがあるので車で出動.イン谷口の管理事務所の横に車を置いて出発.

 蒸し暑いからなのか汗が吹き出ていつもよりも身体が重く感じられる.時折の風は暑さを緩和してくれる.ゆっくりゆっくりのペースで正面谷を進みやっとのことで金糞峠.

 ここから歩いて気持ちのよい奥の深谷.今日は最短コースでコヤマノ岳南尾根.ブナの木が見え出すと頂上までもう少しというところになります.台風の雨に洗われた直後のブナの木.緑がひときわさえます.ここは赤坂山のような悲惨な被害を蒙ってはいません.

 心が和むコヤマノ岳頂上周辺のブナの木.ここからいよいよ武奈ヶ岳に.武奈ヶ岳頂上で昼食をすませ,さあ写真を撮って出発,と思っていたらヨネチャンの声.今日も八淵の滝,広谷から登ってこられたとのこと.滝では水量が多かったそうです.ヨネチャンはこれから昼食ということで我々は出発.

 急ぐのでゲレンデ跡のパノラマコース.八雲ヶ原.モリアオガエルの卵塊あり.今年は数が少ないとのヨネチャン情報.北比良峠からダケ道.大山口にやれやれ着いたと思ったら,なんと正面谷を降りてきたヨネチャンが河原に.中峠,ヨキトウゲ谷を降りてきたとのこと.なんと速い.それにしても我々の遅さ.
 このあとHSひらで打ち上げのため,車にヨネチャンを乗っけてJR比良駅の前まで.3人とも紫蘇ジュースのかかったかき氷
さっぱりして汗がひきました.

 ここでヨネチャンと別れて我々は湖西道路.坂本の手前で渋滞.いつものことです.そして京都東から名神に乗り,京都南インターで降りて帰宅しました.シャワーをすませ,このあと町内会の役員会.帰ってきて今日はビールで乾杯.レインウェア,傘等も不要で,1日山で遊ばせてもらいました.




27.【7月6日】黒河林道→黒河峠→明王の禿→赤坂山→粟柄越え→ブナノキ平→マキノスキー場さらさ温泉バス停

 okaoka組の小てつさんからメールを頂き,本日赤坂山へ行かれるとのこと.一度お目にかかりたいものと思い,さらに1週間後のキンコウカと毛虫のその後を確認するためもあって,今週も赤坂山へ.

 駅から黒河林道の登山口を少し上がったところまではタクシー.そこから黒河林道を峠まで歩いていたら,後ろから神戸ナンバーの車がやってきてそばに止まり,「乗って行かれませんか」と声をかけていただきました.林道の花は先週見たので,お言葉に甘えて,黒河峠まで乗せていただきました.ありがとうございました.
 
 峠からしばらく行ったところで小てつさんとJOEさんに追いつきました.こんなに早く追いついたのも車に乗せてもらったおかげです.ここから明王の禿,赤坂山までご一緒しました.花談義でいつのまにやら赤坂山に着いたという感じでした.コアジサイはもう終わり.ヤマボウシも.キンコウカはまだ見られましたが来週はどうでしょう? 毛虫は雨のせいかうごめいているのはほとんどいず,ブナの木の幹にへばりついて死んでいました.しかし,ずいぶんと葉っぱが食べられて,木が落葉した冬の木のようになってたのは悲しい光景でした.

 赤坂山で一緒に昼食.いろんな話が出て、最後はokaokaさんのオフ会にお誘いを受けました.

 そこで小てつさん,JOEさんとは別れて我々は粟柄越えの方へ.あとは下るのみ.バスに乗ったら地元の人が一人乗られていただけであとは我々2人.こんなに少ない乗客でいいのかなあと思ったりしました.駅に着いて少し時間があったので駅前のフナ寿司を売っている店に入ってお土産(フナ寿司ではありません)を買い,JRで京都駅に.今日は甘いものの打ち上げはなしで帰宅.京都では昼過ぎにすごい雨が降り始めたようでしたが,赤坂山は北の福井に近いところにあるからか,雲は多かったものの雨には遭わず,風があってすごしやすい山行でした.今日のうちあげは山名酒造の「丹波旬楽(氷点貯蔵・生)」


26.【6月29日】黒河林道→9:48黒河峠→11:05明王の禿→11:28赤坂山11:52→粟柄越え→ブナノキ平→13:26マキノスキー場さらさ温泉バス停14:13

 okaoka組のJOE・小てつグループによる昨年6月30日のレポートを見て,今日は赤坂山にキンコウカを見に出かけました.日も1日違いの今日,キンコウカが満開.これだけで本日の所期の目的は達成されました.

 
バスの接続の関係でJRマキノ駅からタクシーを利用し,黒河林道を少し上がったところまで乗りました.ここからは林道を黒河峠まで進みます.ヤマブキショウマやイワガラミ,ヤマアジサイにコアジサイ,ヤマボウシ等を見ながらゆっくり登っていきます.

 黒河峠にはトイレがあります.ここから山道です.昨年のJOEさんのレポートにもありましたが,ここから登山道の両側には毛虫がうじゃうじゃ.大発生です.おそらく昨年よりも多いのではないでしょうか.道に落ちたのから,風で目の前に落ちてくるのから,ブナノキにびっしりついているのから.周りの葉っぱはみんな食べられていました.


 刺されては大変ですから(もちろん帽子に長袖シャツですが),急ぎ足になります.途中で「桃山のおばさん」(おばさん山歩き隊)に会いました.久しぶりです.花の情報交換をして別れました.われわれは時計と反対回りですが,桃山のおばさんは時計回り.

 明王の禿に着いてほっとしました.木がないので毛虫もいないということで.ここから一旦下って登り返し.赤坂山山頂に到着.ここで昼食.

 黒雲が近づいてきていて少し怪しくなってきました.雨はともかく雷が怖いです.そこで急いで下山の途に.

 バス停に着いたら1時間ほど待つことになりました.さらさ温泉に入ろうとも思いましたが,シャツ以外の換えは持ってきていないので入ってもまた汗臭いのを着るのもいやだしということで,シャツだけ着替えてバスを待ちました.バスに乗ったところ白谷温泉から桃山のおばさんが乗ってこられました.なるほど1時間に1本のバスであればこういうことになるのか.


 うちあげは京都駅の八つ橋西尾.この時期は黒糖氷.今年初めてです.家での乾杯はビール.サントリー・ザプレミアムモルツ今日の花は,ヤマブキショウマ,イワガラミ,ヤマアジサイ,ササユリ,キンコウカ,オトギリソウ,コアジサイ,ヤマボウシ,ベニヤマボウシといったところ.次はまた武奈かな.



25.【6月21日】8:53叡電修学院駅→登山口→水飲対陣跡→千種忠顕の碑→ケーブル駅→つつじヶ丘→見晴台→山頂駐車場→11:28山頂→11:58坂本ケーブル駅12:20→無道寺道→琵琶湖病院→14:00坂本観光案内所→甘味処うえだ→JR叡山坂本駅

 夕方から雨の予報があり,早く行って早く帰れるところということで「比叡山」.たとえ雷雨があったとしても比叡山にはエスケープルートがたくさんあるので安心です.

 比叡山に登るのもいくつものルートがありますが,今日はきらら坂.近くトレイルランの大会があるのか,それなりの格好をした人が追い抜いていきます.トレイルランナーとわたしたちでは山登りの目的がずいぶんと違います.わたしたちのように道ばたの草花を愛でながら歩いていると時間がかかります.

 大比叡の山頂に辿りついてさらに進みます.まだ昼食をとってはいません.ようやく坂本のケーブルの駅に辿りついたところで琵琶湖を眺めながら昼食.今日はここから無道寺道.

 ケーブル駅から急な参道を下ります.玉照院を過ぎるといよいよ山道となります.箸塚の細い流れを渡りアップダウンを繰り返しながら進みます.途中紀貫之の墓からの道と合流します.そして,琵琶湖病院の駐車場,道を渡って琵琶湖病院の横からJR坂本駅のほうへ行きたいので北へ進みます.やがて比叡山高校の横を過ぎて坂本観光案内所に着きます.ここでトイレ,着替え.
 
 坂本へくれば「甘味処うえだ」さん.なんと今年初めてで本当に久しぶりです.いろいろ四方山話をして白玉あんみつ.ここのかき氷は梅雨明けから.お土産にわらび餅(ここのわらび餅は本ワラビを使っているので弾力がすごくあります)と夏みかんゼリー.


 結局雨は降りませんでしたが,久しぶりの比叡山を楽しみました.家に帰って今日の締めは山名酒造の「純米生酒・ささ澄み」.乾杯.ああおいしい.


24.【6月14日】坊村8:50→11:08御殿山→西南稜→12:02武奈ヶ岳→コヤマノ岳→金糞峠→大山口→イン谷口16:00

 西南稜のレンゲツツジを見ようということで出町柳へ.朽木学校行きのバス(7時45分発)を待ちます.相変わらずのグループの横入り.他の人への配慮が全くなく,腹が立つやら悲しいやら.バスで出かけるのがいやになる理由の一つがこれです.

 バスを待っていましたら,なんとかおりさんがサラちゃんと一緒に来られているではありませんか.西南稜のレンゲツツジを見るがためわざわざ出町柳の京都バスバス停まで来られたのです.バスは結局2台.道中かおりさんといろいろと情報交換.

 お天気は曇りですが日差しがなくちょうどいい温度です.かおりさん,サラちゃんと一緒に明王院からのきつい登りを進みます.

 御殿山手前から西南稜にかけてはベニドウダンが立派.そして西南稜ではレンゲツツジ.おそらく昨日の夕立のせいか緑が鮮やか.そこへレンゲツツジの朱色.コントラストがきれいです.

 曇りのせいで見晴らしはよくありませんが,山頂でゆっくり昼食.それからコヤマノ岳に.ここのブナ林はいつ来ても心癒やされます.この山頂でもかおりさんとゆっくりお話を.そして奥の深谷に降り金糞峠にあがり正面谷です.登りはところどころでだっこされていたサラちゃんも下りはしっかり歩いて降りました.

 大山口で休憩してからバス停に進みました.16時発のバスには余裕です.そこそこ乗客はありましたから一安心(乗客が減ればバス会社も運行を考え直すかもしれませんし).

 JR比良駅に着いたらHSひら.私たちはかき氷.かおりさんはおはぎとアイスコーヒー.今日は比較的涼しかったのでかおりさんの選択のほうがよかったかなとあとで思いました.

 乗り換えの都合上かおりさん,サラちゃんは山科駅で降りられました.それまで山談義.

 家に帰ってシャワーのあとはビール.喉の渇きを癒やしました.それにしてもネットで知りあった仲間と図らずもご一緒に山歩きをする,不思議なご縁です.なお西南稜の写真はかおりさん撮影のものです.


23.【6月7日】生きものふれあいセンター跡8:55→登山口→尾根コース→11:00蛇谷ヶ峰山頂→尾根コース→登山口→12:39センター跡

 今日はオオバアサガラを見に蛇谷ヶ峰に.夕方に用事があるので早く帰れるということも考慮して車で.
 生きものふれあいセンターは残念ながら今年の3月末で閉館となってしまいましたので,途中,道の駅の朽木新本陣へ寄ってトイレを済ませました.これまでのセンターの駐車場はそのまま利用できます.

 お天気は悪いのですが,雨が降るところまでは行かず.山頂付近でほんの少し降りましたが,すぐに止み,雨具を出すほどではありませんでした.ただガスっていて山頂では何も見えず.


 オオバアサガラは咲いていました.皮肉なことに,鹿が好まないためにこの木は大きくなっています.今日はそのほかにヤマボウシ,コアジサイ,タンナサワフタギ,ホウ,タニウツギ,ハナヒリノキなどを鑑賞しました.

 尾根コースの登山道では特にコアジサイがきれいでした.600m以下の所では満開.
 
 山頂の手前で少しぽつぽつしてきましたが,レインウェアも着けずに山頂まで.そうしましたら,雨も止んで来ました.
 
 山頂付近はガスの中で幻想的な雰囲気です.
 
 あとは同じ道を下るだけです.けっこう早く降りてこられました.ここへ来れば栃ノ実庵です.わらび餅ソフトを頼みました.お土産もいろいろ買って帰途につきました.

 湖西道路も名神高速道路も渋滞なくすいすいと.



22.【6月1日】イン谷口8:15→大山口→正面谷→金糞峠→中峠→口の深谷→ワサビ峠→西南稜→12:15武奈ヶ岳12:40→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→15:33イン谷口

 今日は西南稜のベニドウダンがどうなっているか見に行こうということで,出町柳からバスで出かける予定でしたが,朝,庭の花の水やりに時間がかかり,結局,バスの時間に間に合いそうもなくなり車で出動.いいお天気で渋滞もなくすいすいと進み管理事務所の横に駐めさせてもらう.

 大山口,正面谷に進もうとしていたら青ガレへ行くまでのところでokaokaグループのJOEさんに会いました.これまで親しく話をする機会がありませんでしたが,今日は話ができました.花の情報交換でとても楽しかったです.しかも金糞峠では我々の到着を待っていただいていたような感あり.足を止めてすみませんでした.

 こここから奥の深谷におりてヨキトウゲ谷に進みます.やっと中峠に着いたと思ったら,今度は口の深谷におり,そこからワサビ峠に向かって登り返しです.このルートでいつもこのあたりがしんどいところです.しかし西南稜を通って武奈ヶ岳に行くにはこれしかありません.バスに間に合っていたら坊村からそのまま御殿山,西南稜と来れたものを・・・

 ある人がこのルートこそ比良の王道と言ったとか.とすれば我々は王道を進んでいるわけ.西南稜はベニドウダン,サラサドウダンそしてレンゲツツジと目を楽しませてくれます.特にサラサドウダンはすごい.ベニドウダンはやや小粒な感じがします.それに実のつき具合がやや少ないようにも.

 武奈ヶ岳山頂でゆっくり昼食.帰りはスキー場あとパノラマコースも考えたのですが,この晴天,この暑さではかなわんと考え,遠回りになるけれどもイブルキノコバ経由で八雲ヶ原へ.そして北比良峠からダケ道.

 驚いたことに先週と比べてもさらに整備が進んでいました.ただただ感謝です.

 イン谷口の車の所に戻り,今日はホットステイション比良で打ち上げ.紫蘇ジュースのかかったかき氷を注文.6月1日の今日から始めたそうでした.あっさりしていて汗がすーっとひきました.
 
 家に帰って打ち上げはきりりと冷やしたフランスの白ワイン.楽しい楽しい1日でした.



21.【5月24日】イン谷口8:35→10:30イチョウガレ→11:10釈迦岳→カラ岳→12:27北比良峠→ダケ道→カモシカ台→大山口→イン谷口14:18→桜のコバ→14:50比良ホットステーション→JR比良駅15:21

 今日はシロヤシオ鑑賞で比良に出かけました.私たちが毎年シロヤシオの定点観測をしているのは釈迦岳からカラ岳にかけての縦走路です.

 本当にいいお天気に恵まれてJR比良駅からバスに乗りました.ほぼ全員が座れる程度の混みようでした.

 イン谷口の登山口から登り始め,倒木等で少々荒れている道を登って行きます.大津ワンゲル道です.途中ヤマツツジや遅咲きのシャクナゲ,さらにはサイゴクミツバツツジを見ながらイチョウガレまでやって来ました.いつも緊張するところですが,先週は横山岳のもっと緊張するところを経験していますから緊張の度合いはかなりましです.

 釈迦岳頂上近くになるとシロヤシオが見えてきました.シャクナゲ同様今年は立派に白く輝いています.釈迦岳では昼食には少し早いので,縦走路を進みます.いよいよシロヤシオの登場です.年によっては本当に少ないシロヤシオ.今年は当たり年です.

 さらにサラサドウダンが立派に花開いています.ベニドウダンはやや小ぶりです.もう少し時間が経てば大きくなるかもとも思いますが,今年はこんなものなのかなあとも思います.

 カラ岳のベンチで昼食と思っていたのですが,座っておられる方がおられたのでさらに先に進み,尾根のところで昼食としました.

 リフト駅跡までやってきて金糞峠まで行くかどうか迷ったのですが,尾根のアップダウンもしんどいなあということで,結局,北比良峠,ダケ道で下山しました.

 バスの時間には1時間以上もあるので,駅まで桜のコバを通って歩きました.

 早く降りてこられたので,JR比良駅前の「ホットステーション比良」でうちあげ.Yさんの推奨のかき氷はまだやってなかったので,これもYさん定番のおはぎとホットコーヒー.コーヒーは京都の出町輸入食品のもの.入れ方も上手で雑味のないいい味でした.おはぎも上品な甘さでおいしかったです.


 家に帰って締めは山名酒造の「奥丹波式 九零壱号改」.青木杜氏によるすっきり辛口の酒.ああうまい.大満足の1日でした.



20.【5月17日】白谷登山口8:55→白谷本流コース→経ノ滝→五銚子ノ滝→12:12横山岳西峯12:40→横山岳東峰→東尾根→15:00白谷登山口

 風邪でいいお天気の山行きを逃してはや10日.ようやく風邪を治して,これまで行きたいと思ってもなかなか行けなかった横山岳に行ってきました.車で出動.

 今日は絶好の山日より.横山岳は明日18日山開きだそうです.

 山仲間のYさんは10日(日)にヤマシャクヤクを見られていて,17日では散っているかもとの情報はあったのですが,わずかな希望をもって登りました.やっぱりだめでした.地元の方に聞いたら,今年は雪が少なく(ということはあまり寒くなく)ヤマシャクヤクは開花を早めたそうです.


 京都から2時間ほどで登山口へ.最初は林道です.もうここから花,花,花.なかなか先へ進めません.沢に降りると何度も渡渉します.経ノ滝あたりまではまあ何とか登っていけますが,五銚子ノ滝の横を登るあたりからは厳しい道です.ロープがあちこちで張られています.助かります.いやらしいトラヴァースもあります.

 山頂までともかく激登りの山でした.山頂は大勢の人がおられ,関東弁と関西弁の入り交じり.

 下りは尾根を東峰に向かい,東尾根を降りました.ここのブナ林の見事なこと.これまで見た中では最高によかった.

 林道に降りてからの道は登山口まで長いこと長いこと.やっとの思いで駐車場所まで戻りました.

 あとは渋滞に引っかかることもなく家に帰れました.

 今日はもうビールです.いいお天気で喉が渇きました.


 次回はシロヤシオ狙いで比良山系に出動の予定.



19.【5月6日】ガリヴァー旅行村9:45→10:13大擂鉢→広谷・七遍返しの滝分岐→七遍返しの滝→カラ岳西尾根→13:25カラ岳14:00→リフト道→イン谷口バス停16:30

 今日は比良でのシャクナゲ鑑賞会.Yさんが秘密の花園へ案内してくださるというので,お願いして出かけました.高所恐怖症である私のことも考えてくださり,大擂鉢から貴船の滝ルートを変更し,大擂鉢から広谷の方向へ向かい,分岐から八淵の滝最後の七遍返しの滝に出るというルートでした.七遍返しの滝横の鎖場をやっとこさで登り,さらに,壊れかけた丸太橋を渡ります.そしてここからカラ岳西尾根にとりつきます.すごい傾斜面をロープに助けられながら登っていきます.これが秘密の花園です.最後はシャクナゲだらけで四つん這いになってシャクナゲの下を通らせてもらいました.こんなにシャクナゲが密集しているところは他に見当たりません.しかもシャクナゲの木が高くなく,人間の目線の高さに花があります.苦労して登ってきた甲斐がありました.

 今年のシャクナゲは本当にすごい.もし30年に1回ということであれば,次のシャクナゲはもう見られません.しっかり目に焼き付けておきました.

 カラ岳へ向かう途中で「3人8脚」さんのホームページに投稿されている「フウテン」さんに出会いました(もっとも私はお名前だけでこの方が「フウテン」さんとは分からず.Yさんこと「ヨネチャン」が巧みに聞いてくださって,「ヨネチャン」と「フウテン」さんがお互いそれと分かった次第.このお二人とも初対面).ところが「フウテン」さんが私の杖の命の恩人となったのです.

 何のことか分かりますか? 実はこの尾根を登っていてシャクナゲの下を四つん這いで歩いていたときにリュックにはさんだ杖の一本を枝に取られてしまっていたのです.カラ岳近くに来たときにそのことに気づいたのですが今さら急斜面を杖のために降りる元気はありません.シャクナゲ鑑賞料だなあと思っていたのです.そして「フウテン」さんの報告でリフト道もすごいことになっているとの話でしたので,下りはリフト道を使おうということになり,昼食後カラ岳から釈迦岳に行きリフト道を降りました.ここも見事なシャクナゲの連続でした.

 イン谷口のバスの時間を考え,水場でゆっくりしていたときになんと「フウテン」さんが降りてこられて私の杖を持ってこられたのです.いやあ,まさか拾って持ってこられるとは夢にも思っていませんでした.従って「フウテン」さんは私の杖の命の恩人というわけです.
 
 ヨネチャンありがとうございました.フウテンさんありがとうございました.


 今日は時間も時間だし,どこにも寄らず家に帰りました.仕上げはビール.ああよかった,よかった.



18.【5月4日】叡山電鉄鞍馬駅8:35→薬王坂→戸谷峰→三叉岳→11:04天ヶ岳→シャクナゲ尾根→13:19小出石登山口→13:34小出石バス停

 今日は大原のシャクナゲ尾根へシャクナゲ見物に.前日行かれたYさんのレポートでも今年のシャクナゲがすごいことになっているとのこと.

 お天気に恵まれ,幸先よいスタートです.鞍馬駅でトイレを済ませ,鞍馬寺の山門の前を通って登っていきます.ここからシャクナゲ尾根に向かう人はほとんどいません.帰りにここを下るルートをとる人がほとんどのようです.早くも咲き始めているヤマツツジを見ながら,標高の低いところほど散りかけているコバノミツバツツジを見ながら,最後の登りがしんどい天ヶ岳に到着です.

 ここからは一路シャクナゲ尾根に向かって進みます.すごいシャクナゲでした.過去30年の中で今年が最高と言う人もおられるほど.我々は4年前あるいは9年前に花また花のシャクナゲ尾根を見ましたが,それと同じかそれ以上でした.途中尾根の鉄塔広場付近で昼食.

 ここまで来ると大勢の人が来られています.おそらく小出石か大原寂光院から登ってこられたのでしょう.
 シャクナゲ,シャクナゲと写真を撮っては足を止めていましたが,小出石発国際会館行きのバスが13時48分,次が15時48分ということで,なんとか13時48分のに乗りたいものとシャクナゲがなくなってからは少し急いで下山.登山口からバス停までもけっこう長く感じられる距離.まあしかし,発車14分前に着きました.すでに12人のグループが待っておられます.

 ところが13時48分にはバスは来ていません.遅れています.せっかく早く着いて待っているのになあと思っていましたら,バスが小出石を出て大原まで進んだら,原因が分かりました.お祭りで御輿が3基もある行列でした.これは仕方がない.

 今日は家にストレートに帰って,お風呂のあとはビールで乾杯としました.この連休中次は比良のシャクナゲ見物に出かけます.



17.【4月27日】小入谷越え登山口9:13→百里新道→シチクレ峠→10:46県境尾根出合い→11:14百里ヶ岳11:55→県境尾根分岐→根来坂峠→焼尾地蔵→14:30小入谷越え登山口

 今日は久しぶりでマラソンランナーH氏夫妻と高島トレイルの百里ヶ岳へ.朽木新本陣で集合してさらに30分ほどドライヴ.

 小入谷越えの登山口で車をとめ,ここから登り始めます.いきなりの急登.百里新道で,尾根に乗るとあとはアップダウンしながら少しづつ登っていきます.緩やかな部分と急な部分とをうまく組み合わせた道です.シチクレ峠を過ぎ,県境尾根にのるとあと30分ほどです.

 遠く武奈ヶ岳,蓬莱山,あるいは蛇谷ヶ峰を右手に見ながら,一方左手には若狭の小浜あたりを見ながら尾根を進みます.最後の急斜面を登り切ると百里ヶ岳の頂上です.

 頂上には誰もおられず我々4人で独占しました.ゆっくりと昼食.頂上から降りて県境尾根を歩いていると登ってくるグループに出会いました.

 分岐からは西へと進み,根来坂峠.ここからは南へと進みます.途中2回ほど林道に出ますが,我々は少し高いところにある旧道を降りていきます.あちらこちらにタムシバがあるものの,散りかけています.

 驚いたのは,シャクナゲの発見です.ここへはたいがい秋に来ていたので,シャクナゲの存在には気づきませんでした.今ほぼ満開の状態です.

 出会ったお花はこのほかにオオカメノキ,イワナシ,ショウジョウバカマなどでした.

 車の所に戻って,途中何カ所も狭いところのある道を朽木新本陣の方向に.そして,朽木と言えば「栃ノ実庵」.わらび餅ソフトを頂き,本日最終日のイチゴ大福をお土産に帰路につきました.

 今日の打ち上げは山名酒造の「月杜」.一般には売られていない,ラディシュ・ボーヤの会員限定のお酒.実に奥行きのある日本酒でした.




16.【4月19日】イン谷口8:32→大津ワンゲル道→イチョウガレ→11:04釈迦岳→ヤケオ山→12:48ヤケ山→北小松

  しーちゃんのシャクナゲ情報もあり,久しぶりに釈迦岳→ヤケオ山→ヤケ山→北小松のルートで出かける.
 いいお天気だし,さぞかしJR比良駅からのバスは満員だろうと予想していたのですが,予想に反して乗客は8人ぐらいと少なかったです.バスの乗客で釈迦岳に向かうのは我々だけでした.

 さて,イン谷口から登山口を経て大津ワンゲル道を登っていきます.そうしたら,早咲きのシャクナゲにお目にかかりました.雄松山荘道の分岐にもシャクナゲがありましたが,こちらはまだこれからでした.
 花と言えばこの大津ワンゲル道では400m付近までコバノミツバツツジが満開.

 雄松山荘道分岐からはなかなか険しい道です.やせ尾根に穴ぼこが2ヶ所,よじ登る岩場が2ヶ所.そしてそのあとにイチョウガレ.三点確保でゆっくりと.木々の葉っぱがないので岩の崖が丸見えで高所恐怖症の私としては下を見ずひたすら岩をつかみ木の根をつかんで上に向かいます.

 やっと登れて,そのあとはアカモノの蕾,ショウジョウバカマなど見ながら山頂に向かいます.

 山頂で昼食にはまだ少し早いので写真だけをとって先を急ぎます.ここから北へ向かうのは本当に久しぶりです.ヤケオ山の近くの岩陰で昼食をとることにしました.北西風がけっこう強く吹いています.

 ヤケオ山からヤケ山までは激下りです.タンヤマの頭を越え,まだまだ下ります.250m下ってコルからP705mを越え,登り返してヤケ山です.

 東へ向かって大石道を下り涼峠.コバノミツバツツジが徐々に増え登山口まで.ここのツツジは愛宕山のツツジ尾根に匹敵するぐらいのものでした.これはうれしい予想外のことです.JR比良駅北小松の駅に14時20分に着いたら14時26分の新快速に乗ることができ,とても早く帰れました.打ち上げは京アンジュの抹茶クリームあんみつ.ほっこり.家に帰って今度は山名酒造の酒で仕上げ.



15.【4月15日】イン谷口8:47→大山口→正面谷→10:37金糞峠→東レ新道→11:34堂満岳11:53→東陵道→ノタノホリ→桜のコバ→13:50イン谷口

 4月13日に堂満へ行かれたYさんからの情報でおすすめですとのことで,我々も同じコースで出かける.ウィークデイでバスもないので車で.

 お天気に恵まれ,空の青,イン谷口の桜も満開.ヤマザクラにソメイヨシノ.大山口付近ではコブシとタムシバの白.それにキブシが黄色を添えています.

 正面谷から金糞峠へ.ここではバイカオウレン.東レ新道ではイワウチワが一杯.日当たりのいいところでは咲いていますが,全体としては3分咲きくらいか.


 堂満岳で昼食としました.琵琶湖を見ながらゆっくりと.まわりのシャクナゲは無数に蕾をつけています.今年は当たり年になりそうです.

 堂満からの下りはとても急です.気を引き締めて下ります.ノタノホリまでの下りではタムシバを楽しませてもらい,ノタノホリからはコバノミツバツツジを楽しませてもらいました.コバノミツバツツジはまだ蕾もあり,1週間後くらいが満開となるでしょうか.

 今日はこのほかにミスミソウとかショウジョウバカマの花を鑑賞しました.


 帰りはどこも立ち寄らず,家に帰ってビールでうちあげ.


14.【4月12日】バス停洛西高校前8:52→西山山荘前→11:17大暑山→小塩山→天皇陵道→14:29大原野神社→バス停南春日町15:03

 今日は山仲間のYさんの案内で大暑山から小塩山へと歩きました.

 大暑山は初めての山で,そこを通ってから小塩山へと向かう.
 
 NTTのアンテナが近くにあるから「Nの谷」と呼ばれているカタクリの花保護区には見学者が大勢.ここ数年で有名になったようです.


 
お昼はこのアンテナの近くで食べました.

 あとは天皇稜道を通り大原野神社へ.トイレを済ませ一路バス停に.

 今日はシュンランとカタクリとクロモジとツバキとコバノミツバツツジの1日でした.帰ってうちあげはビール.

 Yさんありがとうございました.



13.【4月8日】西村井8:35→栃生登山口→11:39コナラのピーク→11:51白倉南岳12:26→コナラのピーク→栃生登山口→14:37西村井

 今日はタムシバ見物にとこの時期の恒例白倉連山に.

 車はさほど混まず鯖街道を快走.

 西村井に車を置かせて頂いて,いざ出発.栃生登山口までは車道を歩いて行きます.まあ,車道と言ってもほとんど車は来ません.

 さて,最初の登りは激登りです.ここを下りに使うのはいやなので登りに使っているわけです.しかし・・・

 タムシバは咲き始めたばかりです.750mをすぎると雪があちらこちらで残っています.ようやくコナラのピークで縦走路にのったわけですが,予定よりずいぶん時間がかかりました.山腹の雪の残る道ではトレイスがなく道を切って進まなければならず,その蓄積が時間の遅れとなった次第.

 少し疲れてもきましたので,縦走するか引き返すか迷いましたが,結局引き返すことに.白倉南岳までは進みました.写真でお分かりのようにシャーベット状の雪がまだだいぶ残っています.


 白倉南岳で昼食.誰もいない中でいいお天気.ゆっくりとお昼.
 
 あとは引き返し,激下りで登山口に.かなりの緊張を要しました.西村井まで車道をだらだらと歩いて車の所まで辿りつきました.


 火曜日なので栃ノ実庵は休み.道の駅の朽木本陣はやっているだろうと思って車を進めたらここも休み.仕方なく,帰路につきました.

 打ち上げは家で山名酒造の「丹波旬楽」.


12.【4月2日】バス停戸寺9:05→江文峠→10:45金毘羅山→11:24翠黛山11:46→12:54焼杉山→14:00大原寂光院→バス停大原

 今日もお休みを頂いてお花見物.okaokaクラブにリンクが張ってある「山歩きおばさん隊」の情報をもとに江文峠から神社までのツバキ街道にまずは行ってみようということになりました.大原三山縦走は久しぶりです.

 バスを降りてお店「志野」でよもぎ餅を買い,出発.

 久しぶりなので懐かしい感じがします.順調に江文峠へ.さあ,鳥居をくぐりいよいよツバキ街道です.参詣の表参道だからでしょうか,石の階段(だいぶ崩れています)が続きます.道の両側にはヤブツバキ.写真をとりながらゆっくり登ります.

 江文神社からの道と合流し,またしても階段道(だいぶ崩れてはいますが).尾根に乗るとあとはぐんぐん登り,三壺の社を経て金毘羅山三角点へ.そしてまた三壺の社に戻り,次に翠黛山を目指します.ここで昼食.

 さらに進み,寂光院道分岐を経て焼杉山山頂へ.ここの登りがしんどい.行けども行けどもいくつかピークがあって,やっと焼杉山に.ここからは最短コースで急な斜面を一気に下ります.林道までなんと24分.ここから林道を寂光院のほうに.この道がけっこう長く感じられました.

 戸寺からこれまで誰にも会わず.ウィークデイの山歩きですからね.しかし,寂光院の前に出るとやはり春の京都ということで観光客が来ておられました.ここで雲井茶屋に寄り,白味噌アイスクリーム.きな粉がかかっていて横にあんこが添えられています.なかなかおいしい.

 あとはバスに乗り家路につきました.今日のお酒は山名酒造の未鑑定大吟醸.これもおいしい.すっきりしたお味.  

 いよいよ花の季節が始まりました.写真で説明なしなのがイワナシ.開くまでもう少しです.そのほか,ショウジョウバカマ,タムシバも咲いていました.タムシバの花は高い木の上の方にあるのでなかなかいい写真がとれませんでした.カタクリの花はえっ,こんなところにという場所に一輪だけ.大発見でした.


11.【3月27日】北白川バプティスト病院8:40→石鳥居→水飲対陣跡→11:14ケーブル駅11:50→つつじヶ丘→見晴台→山頂駐車場→12:34大比叡→延暦寺→本坂→14:14坂本日吉神社→JR坂本駅

 今日はお休みを頂いて,「困ったときの比叡山」.今年初めての比叡山です.2,3年前までは冬には比良を避けて雪の比叡山あるいは貴船山あるいは魚谷山ということにしていましたが,スノーシューを購入後はあえて冬に比良山系ということにしてきております.そこで今年初めての比叡山ということになりました.

 金曜日,土曜日,日曜日といろいろと用事があるので仕方なく本日.

 北白川のバプティスト病院の横から登っていきます.京都1周トレイル道です.歩きやすいはずですが,石鳥居までのところで倒木により木をまたいだり迂回したりしたところが2ヶ所ありました.

 途中,ヤブツバキやダンコウバイを楽しみながら登っていきます.石鳥居から川を3本渡って水飲対陣跡へ.ここはアップダウン.最初の音羽川の源流の水量はやや多かったですが,渡るのがむつかしいというほどではありません.

 ケーブル駅横のベンチで京都市内を見渡しながら昼食.ここでトイレを拝借し,つつじヶ丘,見晴台,山頂駐車場と登っていきます.午後から天気がよくなるという予報にもかかわらず,山頂ではガスって悪い天気.それに風の強いこと.

 山頂からは延暦寺の境内に入り,そこから本坂へ.ゴロゴロ石の道ですが,比較的短時間で降りられました.

 坂本といえば「甘味処うえだ」なのですが,そうです,本日は木曜日で定休日.途中で気がついていて結局打ち上げなしで帰ることにしました.強風の影響でJRは20分近く遅れていました.よくあることです.

 帰って,お風呂.湯上がりあとにビール.見晴らしはあまりよくなかったけれど,山歩きを楽しみました.


10.【3月23日】イン谷口8:20→大山口→青ガレ→正面谷→10:08金糞峠→ヨキトウゲ谷→尾根コース→11:47コヤマノ岳→12:16武奈ヶ岳12:55→冬道→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→カモシカ台→15:52大山口→イン谷口

 おそらく今シーズン最後の冬山でしょう.コヤマノ岳,武奈ヶ岳に行ってきました.車での出陣

 ワカンも持っていきましたが結局車の中に置いていきました.アイゼンのみ使用.

 雪の積もった青ガレも慎重にすいすいと.今日の天気のいいこと!青空に雪の白さが映えて一段と鮮やかです.金糞峠の手前の所でも岩が雪に覆われていて春から秋の道は全く見えません.トレイス頼りに直登.

 ヨキトウゲ谷から南尾根コースでコヤマノ岳へ.そして武奈ヶ岳に.コヤマノ岳のブナ林も雪の中で一段ときれい.

 武奈ヶ岳最後の登りも普段の道は全く分からず直登.すごいもんです.

 山頂で昼食.下りは冬道の尾根コースでイブルキノコバ経由八雲ヶ原.湿原もどこにあるのか輪郭すら分からないほど.

 そこから北比良峠へ.ここはいつもしんどい登り.下りやのになんで登らんといかんのか,といつもながらの理不尽なぼやき.

 北比良峠からダケ道.カモシカ台に来てアイゼンをはずしました.そこからは雪解けのぐじゅぐじゅ道を大山口まで.

 雪道の正面谷を登りたいという所期の目的は達することができました.この時期でも雪の武奈ヶ岳を楽しめたのは大収穫.

 ただ,帰りの湖西道路の渋滞にはまいりました.三連休になっていたからでしょう.今日でワカン,スノーシュー,アイゼンを仕舞うことにおそらくなるか.家に帰ってビールで締めました.


9.【3月16日】善峯寺登山口9:17→釈迦岳→10:50ポンポン山山頂→西尾根→12:00ツツジの丘12:28→森の案内所→杉谷分岐→14:05善峯寺バス停

 今日はお花見山歩き.福寿草をお目当てにポンポン山へ.

 お天気に恵まれ,明るい光の中できれいに咲いていました.


 例によって釈迦岳経由でポンポン山へ.

 写真を撮ってすぐに西尾根に.福寿草の管理地でゆっくり鑑賞してからさらに西尾根を北へ進みツツジの丘で昼食.

 さらに北へと進み森の案内所でトイレ.さて,これから金蔵寺・南春日町バス停に行くか,杉谷分岐を経て善峯寺バス停に帰るかの選択肢.結局,後者を選択.
 
 ゆっくりバス待ちをして乗車.JR向日駅まで.うちあげは京アンジュで黒糖抹茶クリームあんみつ.

 
 打ち上げはビール.4月になったら西山ではカタクリの花.今年はどうでしょうか.



8.【3月8日】平バス停→登山口9:30→ドン谷→10:32アラキ峠→権現山11:30→ホッケ山→13:10小女郎峠→蓬莱山→笹平→14:40打見山15:00→ゴンドラ→山麓駅

 新雪ありということで,雪山遊びの最後にとスノーシューが使えるところとして南比良縦走ということにしました.

 JR堅田駅のバス停で待っていましたら意外に登山客は少なめで臨時も出ずにバス1台で出発しました.平で降りたのは半分くらいでしょうか.

 登山口から林道のところにも雪はありますが,とりあえずアイゼンつけずに登っていきます.ドン谷に入って堰堤の横を超したあたりで結局アイゼンをつけました.新雪は20cmほどでしょうか.新雪に先頭を切っている人がトレイスをつけていきます.同じバスに乗っていた10数名が列をなして―次第にばらけますが―登ります.


 2月11日と同様に権現山でスノーシューをはきました.打見山へ向けて縦走です.途中のアップダウンでは登りとなるとヒールリフターをあげ,下りとなるとヒールリフターを下ろしと忙しいことです.しかし,ふかふか雪の新雪を楽しみながら進んでいきます.

 ホッケ山と小女郎峠の間で昼食.今日は曇り空で見晴らしはよくありませんが,風がなく,それほど寒くありません.蓬莱山に着いてあとはスキー場のフェンス沿いに笹平から打見山へ進みました.
 
 今日の予定はこれまで.ロープウェイのゴンドラで山麓に.1000円也.あっという間の5分です.それからバスに乗り志賀駅まで.ちょうど都合よく京都行き普通が来たのでそれに乗り京都駅に.

 京都駅では「八つ橋西尾」でおぜんざい.帰宅して今日の日本酒は伏見藤岡酒造の「蒼空」.

 今日でおそらく今シーズンのスノーシューの使い納めでしょう.いよいよ春の花の季節に.


7.【3月2日】坊村8:30→12:05武奈ヶ岳12:55→15:31坊村

 土曜日は大学の入学試験で山行をあきらめ、日曜日に出かけることになりました。土曜日の午後から雨となり、日曜日の朝まで続いていましたが、天気予報では午後から晴れということなので車で出かけました。

 坊村の葛川青少年センターで車を駐めました。8時すぎですでに多くの車が駐まっています。ここで準備をして坊村のトイレに寄り、いざ出陣。明王院のあたりも、そこからの急坂にも全く雪はありません。一応、アイゼンとワカンを持ってきました。

 植林を抜けてわれわれが「紅葉のコバ」と呼んでいるところで休憩。ここでアイゼンを装着。このあとの山腹のジグザグ道では威力を発揮。夏道・冬道の分岐から冬道を登っていきます。夏道にはまだトレイスはありません。

 ようやく見晴台に到着しました。もっともガスで全く見晴らしはできません。見晴台から御殿山までこんなに遠かったのかなあとこぼしながら御殿山山頂に。春から秋にかけての御殿山とは様相を一変しています。

 さて、ここからワサビ峠までの下り、いつもの道とは違うところにトレイスがあります。このくだりも気を遣いました。西南稜の途中で一瞬雲があがりました。しかし、そのあとはずーっとガス、またガス。

 山頂でも同じ事。少し北稜のほうへ行ったところで昼食。武奈ヶ岳を振り返れば、ほんのわずかな距離なのに全く見えません。トレイスがあるとはいえ、知らない道でこんな状態だったらちょっと怖いですね。

 あとは滑って泥だらけにならないように慎重に降るだけ。何回か滑りましたが、幸いおしりがどろどろということにはなりませんでした。


 ずいぶんと時間がかかって坊村に無事到着。今日はアイゼンをつけていたからかややくたびれました。どこにも寄らずそのまま帰路の途に。
 
 帰ってお風呂の後は、山名酒造の「社」で締めました。あと1回ぐらいは雪山に出かけたいと思っております。


6.【2月22日】生きものふれあいの里9:20→天空温泉分岐→カツラの谷分岐→11:33山頂12:20→カツラの谷分岐→天空温泉分岐→14:00生きものふれあいの里

  日曜日のほうが天気がよさそうだけれども息子が帰ってくるので本日土曜日山行.今日は今日で夕方からユッキーに用事があり,簡単に登れて雪遊びができるところということで蛇谷ヶ峰にしました.雪用タイヤをはいた車も使ってやりたいし.

 登り始めは青空もあったのだけれど,山頂に着いた頃には雪雲におおわれ,雪こそあまり降らないけれどもいいお天気ではないことは確か.

 しかし,金曜日に新たな積雪ありということで,尾根に乗ってからはスノウシューをはきヒールリフターをあげて登っていきました.いつもの階段道だけれども雪で完全に覆われていて楽しく登って行けました.

 山頂でゆっくりと昼食.カップうどん.

 下りもかなりの部分スノウシューで降り,天空温泉分岐あたりからアイゼンに履き替え,登山口から林道を経て生きものふれあいの里まで.

 いつも行き帰りに寄ってトイレを使わせてもらっている「朽木生きものふれあいの里」のセンターがこの3月末で終了するとか.実に残念です.

 さて,下山して打ち上げは朽木岩瀬の「栃ノ実庵」.ここでおぜんざいを頂き,お土産に米粉のシフォンケーキ.帰路,鯖街道の「栃生梅竹」で鯖寿司をゲット.

 今日はビールで締め.あと3回ほどは雪山を楽しもうと考えています.


5.【2月16日】バス停戸寺平9:45→10:58寒谷峠→11:13瓢箪崩山11:47→13:40三宅八幡

 今日はいろんな事を考え愛宕山へ行こうと思っていたのですが,朝5時に起きたらけっこうな雨.昼から晴れという天気予報ではあるけれどもこれではなあと考え,風もありましたし山行き自体を中止しようかとも思っていました.ぐずぐずしているうちに愛宕山へ行く時間,気力が失せてしまいました.

 結局お手軽な瓢箪崩山に行こうという結論.京都マラソンでバスのダイヤは乱れていましたが,京阪三条から大原行きのバスに乗り,戸寺で降りました.

 バス停の横から下って行き橋を渡って最初の分かれ道で左に取り進んでいきます.懐かしい.3年ぶりぐらいのこの道です.登山口には獣よけのゲイトがあります.そこから,沢沿いに谷をつめていきます.最後の源頭から急な斜面を一登りすれば寒谷峠です.ここで小休止.今日はアイゼンを持ってきたのですが結局使わず.

 左手のごつごつした岩の道をよじ登るようにして登り,一つのピークから斜面を下り,登り返します.ここが瓢箪のくびれ部分.山頂ではもう一グループ(四人)が来られましたが,まずは我々だけ.比叡山のほうを見ながら昼食を終わり,下ろうかと思ったところ,50人のパーティーが来るとのこと.我々は這々の体で逃げ出しました.こんな小さな山に50人とはねえ.

 下りは岩倉への道ではなく三宅八幡への道をとります.あまり取られないコースなので静かでいい,と思っていたところバイクで上がってくる輩がいます.最初は伐採の音か工事の音かと思っていたのですが,数台のバイク.せっかくのいい空気が排気ガスでわやです.こんなところに上がってくるとはねえ.


 ともかく三宅八幡神社の境内に降りました.叡電の駅前にある若菜屋でお土産を買って帰宅の途に.今日の締めも山名酒造の「九零壱号改」.2本買ってあった残りの1本.


4.【2月11日】バス停平→登山口9:28→アラキ峠→11:10権現山11:28→ホッケ山→13:28権現山→アラキ峠→15:07登山口→バス停平15:59

 午後からいい天気になるとの予報で,よし,今日は南比良スノーシューハイクをしたい,と思って出かけました.バス停から登山口のほうへ歩き,雪がけっこう積もっている林道を進みます.途中でアイゼンを装着.順調にアラキ峠へと向かいます.何人か先に行かれる方がおられて,道ははっきり分かります.新たに降った雪は重くなく,いい感じです.

 権現山の手前の平らなところで先に行かれた方がコースを間違い左に向かわれたようです.ここでわれわれはスノーシューに履き替えていると,間違って左に行かれた方々が戻ってこられました.20分ロスしたとかぼやいておられました.道がついていても,鵜呑みにせずしっかり確かめる必要があります.

 さて,縦走路を小女郎峠に向かっているときに,ゴンドラが強風のために営業していないという情報が入りました.ありがたい.知らずに進んでいたらゴンドラが使えずリスクをおかしてキタダカ道を下ることになっていたに違いありません.途中何人かのヴェテランらしい人に会って聞いてみたら,彼らも,われわれよりも先に進んでいたのだがやっぱりとても降りられないと戻ってこられました.仕方なくピストンした次第.


 縦走路では風が強く霰のような雪が横から吹き付け(地吹雪とかいうそうですが),細い尾根では雪庇に気をつけ,飛ばされないように身を低くしてひやひやしながら降りてきました.

 権現山からアラキ峠の道も行きに使った道が雪でかき消され,迷いつつ10名ぐらいのグループで平のバス停まで降りました.無事に降りられ,しかも,バスの時間(15時59分)に間に合ってよかったです.

 バスで堅田駅まできたところ,湖西線名物の強風のための遅れ.堅田駅で京都行き普通が止まっており,それに接続するはずの新快速が20分遅れているとのことで,普通の方が先に出発したのでそれに乗って大した遅れもなく京都駅に到着しました.京都駅では「西尾」.ここでおぜんざい.上品な甘さでほっこり.帰宅して今日の締めは山名酒造の会員限定販売の「九零壱号改」.骨太のしっかりした酒.青木杜氏の個性が出ています.


3.【2月1日】イン谷口8:50→大山口→ダケ道→北比良峠→11:30八雲ヶ原→ゲレンデ跡→八雲ヶ原→ゲレンデ跡→13:35北比良峠→ダケ道→15:02大山口→15:12イン谷口

 今日は春のような陽気で,スタッドレスタイヤをはいた車でイン谷口まで出かけたのですが,タイヤの効果を試すことができませんでした.ノーマルタイヤでも行けたところです.先週雪が余り降らず,雨だったようで,かなり雪は溶けました.登っている途中で暑くなり汗だくだく.シャツ1枚になるところもありました.

 正面谷から登ろうかとも考えたのですが,安全第一でダケ道を登りました.途中カモシカ台でアイゼン装着.このあたりまではあまり雪がありません.こうして北比良峠,そしていつもの道で八雲ヶ原の湿原へ.ここでワカンに変えました.雪が少ないために湿原の輪郭が分かりました.

 時間的に少しおしてきたのでコヤマノ岳までとも考えたのですが,今日はゲレンデ跡をコヤマノ岳方向に登った途中で昼食としました.ゆっくり昼食ののち,ゲレンデ跡を八雲ヶ原に降り,今度はゲレンデ跡を登って北比良峠に向かいました.

 あとはダケ道.朝以上に雪解けは進んでいました.

 行くときには湖西道路の渋滞で困ったのですが,帰りは比較的すいすい.

 帰って,カミツレ湯.そして,本日は山名酒造の「奥丹波 醪」でしめ.濁り酒です.




2.【1月25日】生きものふれあいの里9:23→尾根コース→11:22カツラの谷分岐→11:48山頂12:25→13:58生きものふれあいの里

 思い切ってタイヤをスタッドレスにして今日が初運転.2週間もあいているし,今日は軽いところということで行き先を蛇谷ヶ峰にする.残念なことに今日はノーマルタイヤでも行け,スタッドレスの効果は確認できませんでした.しかし変えておいて安心です.
 
 先週末以来積雪はなかったようだったので,スノーシューは持っていかずに軽アイゼンとワカンを持って出かけました.これは正解でした.登り始めはアイゼンで,天空温泉分岐あたりから頂上まではワカンで.道はしっかりとついています.

 今日はいい天気で風もあまりなく,頂上に着いたところ360度フルヴューと言いたいところですが,雲がかかっているところもありました.高島トレイル方面とか,武奈ヶ岳方面はくっきりとよく見えましたが,他方,琵琶湖は雲海状態でよく見えず.伊吹山とか鈴鹿の山々は見えました.山頂の標識はほとんど埋まっていました.多分積雪は1mはあるでしょう.ここでカップラーメンとあんパンの昼食.

 尾根コースの階段道はいつもならいやなところなんですが,雪に覆われて楽に降りてこられます.今週も積雪はなさそうで温度も高いので今週末には階段が顔を出しているかもしれません.
 
 降りてきて朽木岩瀬の「栃ノ実庵」に.朽木ぜんざいを頂く.焼いたとち餅に,小豆が型崩れせず,ほどよい甘さ.ここのおぜんざいが最高です.お土産にわらび餅を買って帰りました.途中で「栃生梅竹」に寄り,鯖寿司をお土産にしました.鯖街道の鯖寿司ではこれまで食べ比べた中ではここのが一番おいしいと思っています.

 家に帰っていつものコース.お風呂のあとは山名酒造の「奥丹波」で締め.


1.【1月12日】叡電二ノ瀬駅8:50→夜泣峠→大岩分岐→樋ノ水峠分岐→10:40樋ノ水峠→10:50貴船山三角点(699.8m)11:30→貴船山P710m→12:15大岩分岐→叡電二ノ瀬駅12:54

 今日が今年初めての山行です.ユッキーも胃にきたウィルス性の風邪からようやく回復して山歩きを始めました.

 本当は月曜日に行くはずだったのですが,用事が入り急遽今日の山歩き.また,今日の夜はF家での新年会のご招待もあり,早く帰ってくる必要があり,結局貴船山巡り.雪との出会いはもちろん期待してのことです.

 夜泣峠のあたりから少し雪が見え始めます.しかし,本格的には樋ノ水峠分岐あたりから.次第にワクワクしてきます.樋ノ水峠分岐から少し雪山の様相を呈してきて,樋ノ水峠へ.例年ほどの雪はまだありませんが,それなりに雪を楽しむことができます.

 急登で山頂へ.ここが貴船山三角点のあるところです.699.8m.積雪5cmほど.ここから鞍部におり,いつもの昼食タイム.カップラーメン.デザートにあんパンと牛乳.

 ここらか縦走路へ出て,P710mへ.ここがガイドブックには貴船山と記されているところです.われわれの解釈では,貴船山と呼ばれるピークは3つあり,貴船山三山ということになります.今日は夕方から新年会のお呼ばれということで,ここから滝谷峠に向かって三つ目の貴船山(三山の中で最高峰)に行くことはやめ,ぐるっとまわって樋ノ水峠分岐まで.それからユリ道をてくてくと叡電二ノ瀬駅まで.

 打ち上げは久しぶりに出町柳の「上燗や茶房」.半兵衞の生麩の入ったおぜんざいをおいしく頂く.

 家に帰ってお風呂に入り,それからF家に出かける.打ち上げはビールと赤ワイン.