2013年の山行

・リンク【2012年【2011年】【2010年【2009年【2008年【2007年】【2006年】【2003年~2005年】

・京都北山・比良等についてはokaoka club さんのサイトへ.比良については3人8脚さんのサイトへ.

・山の仲間たちかおりと山のあなたの空とおく; 摩耶山さん歩; 山少年の山日記 ;しーちゃんの部屋

・このページについては,arborisvicus@gmail.com へどうぞ(@を半角にして下さい).


50.【12月28日】叡電修学院駅→登山口8:58→雲母坂→水飲対陣跡→千種忠顕卿の碑→10:36ケーブル駅→つつじヶ丘→見晴らし台→山頂駐車場→大比叡→12:00ケーブル延暦寺駅12:30→無動寺道→13:34林道→坂本観光案内所→甘味処うえだ→JR叡山坂本駅

 本年の登り納め.ついに今年50回登頂を果たしました.
 

 困ったときの比叡山.雪景色目当てで出かけました.登山口のあたりには雪はありませんでしたが,登るにつれ期待通りの雪.山頂では8cmぐらいの積雪.

 今日はオーソドックスなコースで雲母坂の道.久しぶりです.水飲対陣跡から千種忠顕卿の碑を経て新道で八瀬ケーブル駅へ.今はケーブルは営業していません.張り紙によれば,いつもの正月三が日の営業もお休みとか.延暦寺に行こうと思えば坂本ケーブルからでしょうね.

 さてさて,山頂駐車場に来てみれば賑やかな三人組と出会い,山頂はどこかと聞いてくる.われわれはこれから大比叡に向かうので案内する.大阪から車で坂本の日吉大社に来て,そこで車を置いて登ってきたとか.きちんと受け答えのできる立派な大学生でしたが,一人を除いてスニーカーで登ってきたとは非常識.

 大比叡を経て坂本ケーブルの延暦寺駅まで案内しました.われわれもここで昼食.彼らはケーブルで降りるとのことでここで別れてわれわれは無動寺道を進みます.

 琵琶湖病院の駐車場のところに降りてきて,道を横断し琵琶湖病院のところで左折,あとは坂本の本通りに向かいます.坂本観光案内所で杖など閉まって,そして今日のうちあげは甘味処うえだ.季節限定栗ぜんざいを頂く.

 家に帰ってカミツレ湯のあとは山名酒造の「早春賦」.

 4月からは再就職して忙しかったのですが,時間をやりくりして50回という所期の目標を達成することができました.これもひとえに職場の皆さんのご理解のおかげ,この場を借りてお礼申し上げます.


49.【12月25日】出合橋9:15→滝谷峠分岐→細ヶ谷→柳谷峠→11:47魚谷山→12:23柳谷峠→尾根コース→芹生峠→14:35奥貴船→14:55貴船倶楽部15:25→叡電貴船口

 今日は久しぶりにマラソンランナーH氏とご一緒.雪のあるところへ行こうということで昨年末と同様に魚谷山へ.
 

 烏丸北大路からモクモク号に乗り出かけます.乗客はわれわれ3人とあと2人.出合橋で降りて森林組合でトイレを借りいざ出発です.林道を歩いて行きます.1時間30分ほどで滝谷峠分岐に.ここからは細ヶ谷に入っていきます.

 何回か徒渉しながら登って行きますと,やがて今西錦司博士レリーフのところを通り,北山荘を右手に見ながら左の谷を進みます.柳谷峠までで1箇所だけ慎重を要する箇所がありました.雪でおおわれた岩を下に小さな滝を見ながら登るところです.滑らないように気をつけました.

 あとは柳谷峠.そして一路山頂へ.ここまで登山者には誰も会いませんでした.柳谷峠からは嬉しいぐらいに雪が積もっています.30~40cmはあるでしょうか.山頂でゆっくりと昼食.それからくだり,また柳谷峠.同じ道をくだるのは面白くないので雪はあるものの尾根コースに進みます.道は雪で見えないのでテープと方角を確かめながら進みます.

 雪をかきわけかきわけ進みますので疲れます.そこで滝谷峠まで行かずに,芹生峠に降りて林道を奥貴船まで歩こうと決めましたが,芹生峠に降りる分岐がよく分からず,かなり急な斜面を滑りながらゆっくりと降りました.これが今日第二の冒険.道に降りてみたら,いつもの降り口からかなり奥貴船寄りのところに降りていました.

 あとでよく調べてみたら,どうも伐採地のすぐ横の所を下に降りていったらよかったようで,木が伐採されてマークがなくなり,前回の風景と大きく異なっていたのが無理矢理の激下りにつながったようです.ここはもう一度出かけて確認する必要があります.

 今日の打ち上げは貴船倶楽部にて.チーズケーキとコーヒー.家に帰ってカミツレ湯のあとはビールで締め.


48.【12月22日】叡電鞍馬駅8:55→9:22薬王坂→戸谷峰→三叉岳→11:43天ヶ岳12:14→シャクナゲ尾根分岐→焼杉山分岐→13:41林道出合→大原寂光院

 滋賀県の方は雨あるいは雪ということなので,手近なところで雪景色を見るために今日は天ヶ岳.

 叡電鞍馬駅で準備をしたのち出発.最初はがっかりするほど全く雪がありません.しかし,戸谷峰,三叉岳と進みますと待望の雪が出てきます.わくわくします.

 天ヶ岳は最後の登りがきついです.まあ,どの山も同じなんでしょうが.例えば比良の堂満岳のように.

 頂上でゆっくりと昼食.さすがに雪は深い.昼食後尾根を進み,そこから寂光院道へ.

 観光地の大原でもやっぱり紅葉の季節とかと比べると観光客は少ないですね.さて,大原とくれば
打ち上げは雲井茶屋.白味噌アイスクリームはちと寒いのでやっぱりおぜんざい.

 大原のバス停に並び京都駅行きのバスに乗り出町柳で降りて京阪に.今日の一日を振り返りながら家路につきました.

家に帰ってお風呂の後は山名酒造の「早春賦」.うまい,最高.


47.【12月8日】イン谷口8:11→桜のコバ→東陵道→10:53堂満岳→シャクナゲ尾根→11:34金糞峠→奥の深谷→12:15八雲ヶ原12:45→北比良峠→ダケ道→大山口→14:14イン谷口

 昨日のほうが天気が悪かろうと考え,今日の山行.車で出かけたのですが,どうもぱっとしないお天気.最初は擂鉢山・烏谷山の予定でしたが,いつもの京阪丹波橋駅に間に合わなくなったので,急遽行き先変更して車でイン谷口に出かけました.

 来年のシャクナゲはどうかなとの偵察も兼ねて目指すは堂満岳.

 800mでシャクナゲが出て来るあたりからアラレが降ってきて,積もった雪が少しあります.最後の200mの急登は慎重に登ります.もう半分冬山です.シャクナゲの蕾は今年,去年にないほどたくさんありました.来年の5月が楽しみです.

 ここまで会った人はお一人だけ.風があって寒いし,山頂で写真を撮ったあとは,すぐにシャクナゲ尾根で金糞峠に.ここから奥の深谷に降りて八雲ヶ原に.ここで昼食.さすがにここに来るとけっこう大勢の人.

 縦走路を歩いていると少し陽がさすときもありましたが,全体としては曇り空でした.
 

 あとは降りるのみ.またダケ道です.車の所に戻って,イン谷口から湖西道路,名神高速道路で帰宅.

 家に帰ってカミツレ湯.そのあとの食事でビール.

 あと3回で50回.お天気と体調次第です.


46.【11月30日】坊村8:50→御殿山→西南稜→11:30武奈ヶ岳11:55→北稜→細川越え→スゲ原→広谷→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→15:30イン谷口16:00

 雪の前にもう一度武奈ヶ岳.
 出町柳の朽木学校行きのバスは余裕をもって臨時が出ました.こちらもあと2週間でお休みとなります.

 坊村でトイレを済ませ,明王院の急坂を登ります.幾人かのグループと抜きつ抜かれつです.見晴らし台にたどり着きますと,いいお天気で峰床山から愛宕山までくっきりと見えます.

 西南稜に歩を進めますと,昨晩から今朝方にかけての雪がうっすらと残っています.コヤマノ岳も白い冠をかぶっています.あちこちには霜柱.

 山頂で昼食後はいつもと同じコースでは面白くないということで,北陵を降ります.細川越えからスゲ原,広谷,イブルキノコバ.あとはいつもと同じ道.

 今日はJR比良駅とイン谷口を結ぶバスが今期の最終日.何とか乗って,乗客の数を増やし便数を継続させるべくささやかな貢献を行う.

 バスを待っていたらなんとYさんが歩いて来るではありませんか.嬉しい偶然.

 というわけで,JR比良駅前のH.S.比良でご一緒にうちあげ.今日はおはぎが売り切れていたので,サツマイモのタルトとコーヒー.手作りで変なものが入っていない.おいしく頂きました.

 家に帰ってカミツレ湯.そして今日はお鍋でビール.乾杯!



45.【11月24日】8:36西村井→9:12栃生登山口→コナラのピーク→白倉南岳→白倉中岳→11:55白倉岳→昼食→烏帽子岳→14:19西村井登山口

 黄葉・紅葉を求めての山歩きです.今日は久しぶりに白倉三山と烏帽子岳という尾根縦走コースです.お天気予報では今日は晴れのよい天気だったのですが,山は雲の多い一日でした.

 車で西村井に出かけ,そこで車を置かせてもらって栃生登山口まで歩きます.というのも,西村井から登ると栃生登山口へ降りていくことになりますが,この最後の所がロープ場ですごい傾斜が続きます.疲れてもいるだろうし,ここを最後にするのはややリスキー.

 というわけで,ここを元気な内の登りにします.ヒルのいる季節にはここでヒルが鎌首をもたげます.今は寒くなったので大丈夫です.ここからの直登はいつもしんどい.本当にまっすぐまっすぐ登って行きます.

 やがてコナラのピークに着いて90度右に曲がり,いよいよ尾根のアップダウンです.ところどころに熊のものと覚しきウンコがあります.

 南岳,中岳とほぼ尾根を進みます.最近登山道を整備して頂いたようでテープがあり邪魔な枝は切ってありました.中岳のアシウスギはいつ見ても見事です.

 こうして白倉岳へ進み,烏帽子岳との間の尾根で昼食.烏帽子岳からはひたすら下りです.

 途中,松林のところから松本地蔵までの山腹の道があり,ここは薄い道.谷へ大きく切れ込んでいるので踏み外したら大事です.慎重に慎重に進みました.

 車の所に来たら,うちあげは朽木岩瀬の栃ノ実庵です.私は栃餅ぜんざいを,ユッキーは冷たい白玉ぜんざいを注文.ここでは栃大福をお土産に.また,帰り道では焼き鯖寿司を買い求めお土産に.

 家に帰ってカミツレ湯のあとはビールで乾杯.楽しい紅葉見物の一日でした.


44.【11月17日】JR比良駅→バス→イン谷口→大山口→正面谷→金糞峠→コヤマノ岳→12:09武奈ヶ岳12:53→イブルキノコバ→北比良峠→ダケ道→大山口→15:51イン谷口16:00

 記念すべき50回目の武奈ヶ岳です.ネットで知り合った山の仲間が5人+1匹も集まってくださいました.皆さんありがとうございました.

 お天気に恵まれ快適な山行でした.

 まずはJR比良駅からバスでイン谷口へ.そして,正面谷から金糞峠,そしてコヤマノ岳に.楽しいおしゃべりをしながら登って行きます.山頂ではたっぷり時間をとり昼食.

 H.S.比良ではYさんのおごりでおはぎ.そして私はコーヒー(出町輸入食品のブルーマウンテンブレンド).たのしい打ち上げ.

 家に帰ってカミツレ湯.そして今日は山名酒造の「錦秋」.今日の一日にふさわしい名前のお酒でした.

 


43.【11月11日】北白川仕伏町バス停8:26→石鳥居→水飲対陣跡→千種忠顕卿戦死之地→山頂駐車場→11:51大比叡11:58→延暦寺・阿弥陀堂→延暦寺境内・鶴喜そば→本坂→坂本うえだ→JR延暦寺坂本駅

 昨日山行の予定が雨で中止.今日月曜日はお休みを頂いて出かける.天候きわめて不安定.特に北の方があやしいというので今日も比良行きは中止.困ったときの比叡山.

 出町柳まで京阪.そこから市バスで北白川仕伏町へ行く.バプティスト病院の横から山に入る.今日は北白川城出丸に立ち寄り,石鳥居まで.ここから水飲対陣跡まではアップダウン.3回徒渉します.1回目の徒渉がやや広く,雨量の多いときには多少苦労しますが,今日は難なく通過.

 千種忠顕の碑も久しぶりに立ち寄る.石の柵が崩れているところがありました.

 さて,今日は「ツツジ丘」と見晴らし台に立ち寄らずに行こうと思っていたところ,前からコートを着た女性が降りてきて,「延暦寺はこちらの方向ですか」とのたまう.うへぇー,こんなとこ降りていったら延暦寺どころか修学院に行ってしまいます.聞けば京都駅からバスで山頂駐車場まで来たとか.山歩きの格好ではないし地図も持っておられない.完全な観光客.

 分かりやすい最短の道を教えて別れました.こちらは山頂駐車場まで来てトイレ休憩.そして今日はお昼を延暦寺境内の鶴喜そばでとることにしていたので,そちらへ直行.延暦寺の境内はそこそこ紅葉が進んでいました.

 あとは本坂で坂本へ.坂本と言えば「甘味処うえだ」.こちらでおぜんざい.おみやげに蜜柑ゼリーとわらび餅.一路JR延暦寺坂本駅へ.

 家に帰ってカミツレの入ったお風呂.そして,山名酒造の「奥丹波・兵庫北錦」.のど越しすっきり.


42.【11月4日】9:22登山口→10:09大沢分岐→10:55ポンポン山→西尾根→12:05森の案内所12:27→杉谷分岐→金蔵寺→13:53南春日町バス停

 土曜日は勤め,日曜日は雨というわけで本日月曜日に山行となりました.滋賀県の北部のほうはお天気がもう一つとの天気予報に基づき,久しぶりに釈迦岳,ポンポン山へと出かけました.

 JR向日駅から善峰寺行き阪急バスに乗ります.山に出かける人は一人もいません.

 善峰寺のモミジは有名ですが,紅葉はまだまだです.多分今月の終わり頃が見頃か.バス停のトイレ(以前と比べると格段にきれいになっています)で用を足した後,急登で登山口に.ここからもまた急登.例の豪雨で崩れていたであろう箇所もきちんと直されています.

 ポンポン山に着いたときには写真でもお分かりのようにいい天気.ここから西尾根で森の案内所に向かいます.案内所で昼食をすませ,それから金蔵寺のほうに向かいます.

 ここで雨がぽつぽつ降り出し,やがて完全な本降りです.リュックにレインカヴァー,レインウエアを着込み,黙々と歩くことになりました.

 全体に紅葉・黄葉はまだこれからです.金蔵寺のモミジも有名ですが,こちらもまだ緑.

 今日は紅葉を目当ての山行ではなく,足慣らしのための山行でした.雨が降って大変なことは大変でしたが所期の目的は達成されましたので,これでよしとしなければなりません.

 帰りはJR向日町駅までバス.そこからJRで京都.

 京都駅と来れば八つ橋西尾.今日は比較的楽な山行でした.帰って締めはビール.


41.【10月27日】イン谷口8:08→大山口→正面谷→9:40金糞峠→奥の深谷→尾根道→コヤマノ岳→11:15武奈ヶ岳11:58→コヤマノ岳→中峠→ヨキトウゲ谷→金糞峠→正面谷→大山口→14:55イン谷口

 お気づきの方もあろうかと思いますが,1月からの山行記録,酔眼朦朧として作業をしていてなんと目が覚めたら消去してしまいました.バックアップとっているところもあるのですが,今しばらく復活には時間をください.

 と,お断りの上,武奈ヶ岳50回記念は11月10日と決めましたので,なんとしてもそれまでに天気が許せば武奈ヶ岳ということで,今回も武奈ヶ岳山行の記録です.いつも同じ道ではこちらもおもしろくないので,今日は金糞峠から奥の深谷におりて武奈最短コースの尾根道で武奈ヶ岳に.そして帰りは八雲ヶ原をパスして中峠からヨキトウゲ谷を経て正面谷からおりました.
 
 紅葉・黄葉が進んでいて満喫しました.また,山頂では山少年組のネコさんと出会い,下りではしーちゃんと出会うという,偶然の出会いに短い楽しいおしゃべりをしました.

 そこからコヤマノ岳に寄り,中峠に下り,ヨキトウゲ谷へと降りていきました.このコースを下りで使うことは稀なので新鮮でした.

 ヨキトウゲ谷は数え切れないほど徒渉しなければならないのですが,特に台風の豪雨でかなり荒れていていろいろと工夫しながら徒渉しました.

 さらに,正面谷を下りに使うのも珍しいので滑らないように気をつけながら大山口まで降りていきました.

 家に帰ってビールでうちあげとしました.


40.【10月14日】イン谷口8:10→大山口→正面谷→9:37金糞峠→ヨキトウゲ谷→中峠→ワサビ峠→西南稜→11:38武奈ヶ岳12:04→ゲレンデ跡パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→14:50大山口→イン谷口

 今日も武奈ヶ岳.Yさんのいわゆる比良の王道で正面谷,金糞峠からヨキトウゲ谷を経て中峠へ.ヨキトウゲ谷ではずいぶん徒渉を重ねることになりますが,感じのいい道です.そして中峠からどんどん下って口の深谷へ.この道も我々のお気に入りです.そしてどんどん登ってワサビ峠.あとは西南稜を登る.

 いい天気になりました.
 
 山頂は相変わらず大勢の人です.東からの風が強いので西側で昼食.

 昼食後はゲレンデ跡パノラマコースでススキの中を通り八雲ヶ原へ.湿原ではウメバチソウの観察です.まだまだたくさん咲いていました.

 北比良峠からはダケ道です.あちこちで手を入れていただいていることが分かります.歩きやすくなっています.感謝.

 大山口からイン谷口の車までたどり着き,着替えをして一路帰宅の途に.

 家ではカミツレ湯.そして,本日は山名酒造の「吟にごり」で締め.48回目の武奈ヶ岳でした.



39.【10月6日】坊村8:20→10:21御殿山→西南稜→11:06武奈ヶ岳11:32→西南稜→御殿山→13:57坊村

 今日は早く帰りたいので,車で坊村へ.身支度をしてトイレをすませ早速登り口へ.車で来た登山者が次から次へと.

 坊村では小雨が降っており,早速レインウェアを着てリュックカヴァーもつける.

 が,しかし,最初の植林の中ではあまり雨もかからないし,その上暑いので途中で雨具は脱ぐ.我々の言うモミジノコバを過ぎてまた急な道では前の台風の豪雨の跡があちらこちらに.石がごろごろ,道も薄い.ゆっくり慎重に登る.今日はペースがきちんと守られているからか,あまりしんどくはない.

 枯れ谷のところのキタヤマブシは盛りを過ぎていたが,陰の部分ではまだ美しく咲いているのもあり.見晴らし台の群落はキタヤマブシと言うよりはトリカブトか.茎が弓のようにしなっているのに直立しているので.

 御殿山までではそのほかカマツカの赤い実,タンナサワフタギの青い実が美しい.ツルリンドウはもう濃い赤い実をつけていた.

 御殿山から西南稜へ.雲の切れ目から太陽が出たり隠れたり.ここではリンドウ,センブリ.ホツツジは紅葉を楽しむ.リンドウはまだ半開きの状態なので,帰りに写真と考え,先を進む(やっぱり,ピストンの帰りではもっと開いていた).そのほかにはアキノキリンソウ.

 山頂では大勢の人がいたので北陵を少し進んだところで昼食.やや風あり.47回目の武奈ヶ岳.

 あとは帰るのみ.坊村では「茶坊」でお茶して車に乗り込む.家で打ち上げはビール.


38.【9月30日】イン谷口8:18→大山口→正面谷→金糞峠→八雲ヶ原→イブルキノコバ→コヤマノ岳分岐→12:02武奈ヶ岳12:25→コヤマノ岳分岐→パノラマコース→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→15:04大山口→イン谷口

 休みを取って月曜日の山行.バスもないし,早く帰ろうというので車で出かける.イン谷口に車を置いて青ガレ,正面谷を登って行く.


37.【9月22日】武奈ヶ岳
36.【9月7日】武奈ヶ岳
35.【8月19日】大比叡
34.【8月17日】武奈ヶ岳
33.【8月11日】荒川越え
32.【8月8日】武奈ヶ岳
31.【8月3日】伊吹山
30.【7月31日】八雲ヶ原
29.【7月28日】武奈ヶ岳
28.【7月25日】大比叡



27.【7月6日】7:58登山口8:10→奥駈道出合→弥山(1895m)→八経ヶ岳(1914.9m)→弥山→奥駈道出合→15:30登山口

 オオヤマレンゲを見に行きませんかと山少年からお誘いがあり,出かけて来ました.

 奈良の大峰山系のほうは行ったことがなく,朝3時半に起きて家を4時半に出ました.オオヤマレンゲは感動もの.さらにバイケイソウがこんなに一杯咲いているのを見たのもはじめて.思い切って出かけて本当によかった.

 山少年グループのみなさん,ありがとうございました.

 行者還トンネル西口(1104m)に車を駐め,スパッツをつけ準備したのち登山口へと向かう.ここからは急登.1時間ほどで奥駈道出合(1495m)に到着.ここからは比較的なだらかな登りで聖宝ノ宿跡に到着.ここからまた急登.俗に「聖宝八丁」と言うそうだ.

 雨が時々降り,リュックカヴァーをつけ,雨具を装着しての登りです.蒸し暑いけれど仕方がない.雨のため見晴らし悪く,道はどろどろ.雨の多いところだからこれも仕方がない.やっとの思いで弥山小屋に到着.ここにはトイレあり(100円).弥山の山頂はあとで行くことにして,まずは100m下って100m登り返しで八経ヶ岳.途中で鹿よけ柵があり,いよいよ大山レンゲの登場です.

 雨に打たれて清楚な大山レンゲはますます清らかに.バックの葉は艶やかな緑.八経ヶ岳は関西の最高峰でいかにも山頂という感じであまり広くありません.景色もガスって何にも見えないので,写真撮ればそそくさと100m降りて100m登り返し.ああしんど.弥山小屋のところでゆっくりと昼食.その後,弥山の山頂(といっても,天川大辨財天社奥宮があり)に行き,あとは下るのみ.

登山口の沢のところでスパッツや靴を洗って,車に乗り込み,天の川温泉センターへ.汗を流してリラックス.車を運転しなければならないのでビールはお預け.家に帰って,ビールで乾杯.


 ここも山少年様がお誘いくださらなければ出かけてなかったところ.それにグループの中に,以前同じ町内だった旧姓Fさんがおられて,数十年ぶりの再会というハプニングもありました.山少年様,ありがとうございました.


26.【6月30日】イン谷口8:20→大山口→正面谷→9:40金糞峠→ヨキトウゲ谷→中峠→コヤマノ岳→11:16武奈ヶ岳11:36→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→14:02大山口→イン谷口

 今日はどこへ行こうかと思案して,結局,武奈ヶ岳に行くことに決める.最近歩いていないヨキトウゲ谷を歩きたいと考えたわけです.

 そこそこ早い時間に到着したのだが,かなりの数の車がすでに駐車している(あとで分かったのだが,昨日来,テン泊していたD大学の山岳部の学生たちの車も数台あったよう).

 曇りの空模様でやや蒸し暑いものの,日差しがないので,ときおり風でも吹けば涼しい,気持ちいいということになる.正面谷を登り,金糞峠で一息ついて奥の深谷のほうに降りていきます.このあたりも若葉の緑とせせらぎで,いつまでも歩いていたいと思わせるところです.

 そしていよいよヨキトウゲ谷.何回も徒渉しますが,歩いていて気持ちのよい谷です.谷を離れて中峠に向かって登ります.最初の登りはきつい.そしてピークを2つ超してやっと中峠です.ここから口の深谷に降りてワサビ峠へと登り返し西南稜を武奈ヶ岳へというルートもありますが,わたしたちは,中峠からコヤマノ岳に登って武奈ヶ岳にというルートをとりました.

 山頂はすでにいっぱいの人です.いつもは北西の風が強い山頂だが,今日は東からの風が帽子を吹き飛ばしそうな勢い.山頂の西側で昼食としました.

 帰りは早く帰るのであればゲレンデ跡のパノラマコースということもあるのですが,あまりおもしろくないので,遠回りにはなるけれども,イブルキノコバ経由で八雲ヶ原に行くことに決めました.結果としてこれがよかった.コアジサイのオンパレード.ブルーあるいは紫の強いのもあれば,ほとんど白に近いのもあり,写真を撮るのに忙しく,あちこちで立ち止まりました.

 八雲ヶ原の湿原ではモリアオガエルの卵塊を確認.今年は昨年よりも数が多いと思いました.あとはダケ道でイン谷口まで.途中のカモシカ台で休んでいたところ,上から降りてきた人が「木村先生ですね」と声をかけられました.聞けば,「かおり」さんのお仲間とかで,年間100回の山行を目標に昨年は102回を数えたとか.今年も半年過ぎ,単純に2倍すれば昨年の記録を上回るそうです.リタイアされているから可能なんだろうけれど週2回の登山とはすごい.

 家に帰って,今日もビールで締め.次回はお天気さえ許せば,すごいところに行きます.


25.【6月22日】坊村8:10→10:17御殿山→11:00武奈ヶ岳11:22→御殿山→13:33坊村

 雨にも負けず,怪我にも負けず,山に出かける.

 怪我は腫れはひいたのですが,目の周りの内出血はまだあり,パンチを食らったボクサーのようです.とほほほ.

 夕方からの用事があるので早めに登り早めに降りるということで武奈ヶ岳に車で出かけることに.途中から雨が降ってきて,レインウェアを着込み,山頂で昼食としたのですが,雨もあり急いで食べました.ガスで何にも見えません.視界20~30m.

 雨の中の花も風情があっていいものですが,今日の最大の発見は山ヒルにあったこと.明王院からの登りで発見したのですが,なんと,家に帰ってスパッツ(ゲイター)を洗っていたら,くねくねと出てきました.急いで塩をかけて退治しました.沢沿いの道でもないのにヒルがいるとは驚きです.幸い血を吸われる等の被害はありませんでした.

 あと,これも驚きの発見は,ササユリを発見したことです.小雨にうたれて本当にきれいでした.

 うちあげは,坊村の茶坊で.ユッキーはコーラフロート,私は梅ジュース(お店の自家製).家に帰ってビールでしめました.

 今日の花はヤマボウシ,タンナサワフタギ,ササユリ,ヤマツツジ,コアジサイ等々.
 ベニドウダンはもう散っていました.ヤマボウシにもいろいろあり,紅のさしているものあり,幅広のあり,幅が細いのありでした.

 梅雨であるのに多少の雨はかまわずに出かけていますので,順調に回数が伸びています.



24.【6月15日】生きものふれあいセンター8:58→登山口→天空温泉分岐→展望台→11:00蛇谷ヶ峰山頂→展望台→天空温泉分岐→登山口→12:30生きものふれあいセンター

 日曜日は用事があるので雨覚悟で今日山行決行.午後には雷の予報もあるので早く行って早く帰れるところとして車で蛇谷ヶ峰に出かける.オオバアサガラを見ることを課題にして.

 少し遅い目でしたがオオバアサガラは咲いていました.今日を逃せばだめだったところ.これはよかったのだが,ユッキーがボールペンを落としたので,私が取りに行こうと急斜面を下りかけたときに,足を取られて哀れキムケンは顔から岩の地面に激突.おかげで右目の横が内出血,腫れてひどいことに.

 まあ,しかし,ここで撤退しては怪我までしてここへ来た甲斐がない.ということでタオルマフラーをぐるりと巻いて登りました.霧かと思っていたらぽつぽつ雨が来て,山頂では周囲は全く見えません.写真を撮ってすぐに降り,お見合い広場で雨の中急いで昼食.ユッキーはパンを持ってくるのを忘れていたので,私が持ってきたパンを半分ずつ食べました.
 
 あとは,急ぎ足で車の所まで戻りました.ここへ来れば栃ノ実庵に.店の様子が変わっているので不思議に思っていたら,洋菓子担当のお父上が4月末で急逝されたとのこと.お父上の形見の(?)カステラが売りに出ていたので買わしてもらいました.お店では「わらび餅ソフト」.

 怪我のこともあるし急いで帰ろうと思っていたのですが,昼食がいつもの半分だったため少しお腹がすいてきました.そうしたら鯖街道沿いに「永昌庵」なる蕎麦屋の看板が目に入ったので,ここで鴨ざる.なんだか食べ歩きのようになってきました.

 家に帰ってシャワーのあとはビールでしめました.雨の中でしたが,雨に濡れたコアジサイとか,ヤマボウシ,オオバアサガラ,ネジキ,タンナサワフタギ,ハナヒリノキ,ホウノキの花,エゴノキとお花を楽しめました.



23.【6月8日】坊村8:53→御殿山→11:23武奈ヶ岳11:53→コヤマノ岳→金糞峠→大山口→15:23JR比良駅15:37

 今日は比良のベニドウダン,サラサドウダンがどうなっているかの観察を第一に出かける.出町柳のバス停ではすでに長い列があり,いつもとは異なり,定刻の10分以上前からすでにバスが来て乗客は乗り込み始めました.

 バスの運転手は臨時のバスが出るかどうかは分からないと言うので,仕方なく乗り込んだところ,我々の前の人が座れる最後.仕方ない,立っていこうと思っていたら,出発の時間の少し前に,なんと臨時のバスがうしろに来ているではないですか.いまさら降りるわけにもいかず,1時間立って坊村まで行きました.以前のように車庫との連絡がほしいところでした.(後から来た人が座れて,先に来ていたものがぎりぎりのところで立っていかねばならないんですからね).

 とつまらないことを書きましたが,今日はいい天気で強くない風もあり,気持ちよく登って行きました.予想より少し早く山頂に着けたのも真夏ほどの暑さではなかったからでしょう.山頂でお昼にしました.大勢の人が来られていました.

 そこからコヤマノ岳へ.こちらのブナの並木(?)のすばらしいこと.そこからは最短コースで奥の深谷へ.金糞峠に登り,あとは下るだけです.正面谷を注意して下り,大山口からイン谷口,そして桜のコバを通ってJR比良駅まで歩きました.(そうそう,7月からはイン谷口とJR比良駅との間のバスが土・日に復活します).

 ベニドウダン,サラサドウダンは立派に咲いていて,今日来てよかったと思いました.ロング・コースでしたが,快い疲れとなりました.HSで休もうかと思ったのですが電車の時間が近かったのでうちあげは京都駅「八橋西尾」.夏の定番「黒糖氷」がすでに出ていました.新メニューでは抹茶あんみつが登場.今度来たときはこれにしよう.家ではビールで締め.

 今日の花はフタリシズカ,タニウツギ,ベニドウダン,サラサドウダン,アカモノ,カマツカ等々.


22.【5月25日】イン谷口8:11→大津ワンゲル道→10:40釈迦岳(1060.3m)→カラ岳→縦走路→山上駅跡→北比良峠→ダケ道→13:32大山口→イン谷口

 今日のテーマはシロヤシオ.夕方から用事があるので車で出かける.

 大津ワンゲル道はいい道なのだが,この頃歩く人が少ないのか,倒木等もあり道が少し荒れています.雄松山荘道出合からは岩を木の根を頼りによじ登ったりするところがあります.そしてハイライトはイチョウガレ.杖をしまってよいこらしょ.

 山頂近くに行くとやっぱりシロヤシオありました.よかったよかった.

 山頂からあとは尾根道を縦走です.シロヤシオのほかにはサラサドウダンは房が小さく,ベニドウダンは咲き始めなのか黒っぽいのがありました.

 カラ岳,山上駅跡ときて北比良峠からダケ道を車の置いてある事務所前まで歩きました.打ち上げは家でビール.

 名残のイワカガミ,シャクナゲ等も少しだけありました.


21.【5月18日】JR柏原駅7:33→二本杉(二合目)→避難小屋→経塚山→最高点(1094m)→三角点山頂(1083m)→お虎が池→汗ふき峠→カナヤ14:53→醒ヶ井養鱒場バス停15:32→JR米原駅

 今日は山少年グループのお誘いではじめて鈴鹿の山へ.朝4時に起き,5時に家を出て近鉄丹波橋駅で始発の電車に乗りました.ここで5人の方と合流.

 JR京都駅から米原駅へ.そこで乗り換え柏原駅で下車.途中いろんな話で盛り上がりあっという間に目的の駅に着いてしまいました.ここから中山道の道を横切って山道へ進みます.はじめての道はわくわくします.

 養鶏場を過ぎていよいよ山道に.一合目,二合目と順調に進んでいきます.四合目のコンテナーの避難小屋では休憩.

 もう一つの避難小屋(米原小屋と言うそうですが)を過ぎると比良とは全く違った景観となります.雄大な景色です.木がほとんどありません.経塚山から最高点に行きさらに下りて一登りで三角点のある山頂に.ここでみんなと楽しい昼食.みんな思い思いのお昼で山少年のホットコーヒーの差し入れあり.

 さて,昼食後,経塚山へ引き返し,お虎が池から汗ふき峠へ向かい,カナヤで一服してからバスの時間を気にしつつ急いで下る.走るがごとくに降りてバス停に.バスはすでに来ていましたが,武士の情けで遅い人を待ってもらいました.

 バスで米原駅に.そこからは新快速で一路京都駅に.山少年ご一行は京都駅近くで打ち上げをされるとのことでしたが,我々夫婦は用事があり,まっすぐ家に帰りました.

 今日のお花は,フジの花,ヤブデマリ,アオダモ,タニウツギにカマツカ,ヤマシャクヤク,エビネ,ニリンソウ等々.

 とても我々だけでは行けなかった鈴鹿の山.お誘い下さった山少年ご一行様には感謝のみ.

 幸いヒルもいなかったし,雄大な鈴鹿の山と自生のヤマシャクヤクの見事さをたっぷり堪能できました.


20.【5月12日】黒河林道8:58→黒河峠→三国山→明王の禿→12:35赤坂山→粟柄越え→ブナノキ平→マキノスキー場→13:58バス停14:13

 今日もマキノへ.実は昨日鈴鹿の山へのお誘いがあり出かけようとしていたのにあいにくの雨で中止.

 うってかわって今日は晴天.体がなまるのはよくないので,比較的軽いところへ出かける.今日はイワカガミねらい.


 JRマキノ駅からタクシーで黒河林道口までバスの接続が悪いので仕方ありません.ときおり車が通っていくのはしゃくですが仕方ない.黒河峠にトイレあり.ただしメインテナンス極めて悪いので覚悟して入ること.

 林道を離れて山道を登っていきます.今日は三国山にも登ってきました.明王の禿で昼食.風を避けるポイントを見つけるのがポイント.

 昼食後赤坂山から粟柄越え.ここへは先週来たところ.あとは先週と同じ道をひたすら下っていきます.先週は連休で多かったスキー場のキャンプも今日は本当に少なかったです.

 さらさ温泉前からバスに乗ってJRマキノ駅に着き,しばし待って新快速に乗り京都駅へ.

 京都駅ではアンジュへ入り,いつものやつを.

 家に帰ってお風呂の後はビール.

 お花と言えば赤坂山.たくさん登山客が来られていました.イワカガミはもちろんのこと,オオバキスミレ,イカリソウ,名残のタムシバと大いに目を楽しませてくれました.


19.【5月5日】石庭(イシバ)8:55登山口→百瀬川源流→11:35大谷山→12:08寒風12:30→粟柄越え→マキノスキー場→14:43バス停15:13

 今日はカタクリの日.

 今日はお花見物に大谷山に出かけました.JRマキノ駅からタクシーで石庭の登山口まで(1580円).大谷山まではもう1グループと抜きつ抜かれつしながら,最後は我々が谷の百瀬川源流コース,彼らが尾根コースで結局山頂にはグループの方が先に着いていました.

 しかし大谷山までは谷コースのほうが絶対おすすめです.ブナ林の芽吹きが本当にきれいで,陽光の中で黄緑色の霧のようです.

 ここから寒風に向かうと粟柄越えや赤坂山の方から次々と登山者がやってこられます.

 縦走路は日本海からの風が強くゆっくり写真を撮ることができないほどです.少し風が弱くなったところで寒風で風を避けて昼食.

 昼食の後は粟柄越えに向かいます.粟柄越えからは積雪時にスノーシューをかついで登ったルートを再確認しながら下って行きました.本来の登山道でないところをよくもまあ登ったことだと感心しました.冬の積雪時ならではのことです.

 マキノスキー場のゲレンデに近づくにつれ階段道となります.歩きにくいですがまあ仕方ありません.スキー場の所ではオートキャンプでたくさんの人が来られていました.バスは1時間に一本しかないので30分ほどゆっくり待ちました.

 今日もうちあげは家で.ビールで乾杯.

 今日の花はイワカガミ,オオイワカガミ,イカリソウ,キスミレ
キランソウ,ニシキゴロモ,シハイスミレ,ヤマツツジ等々.


18.【4月29日】8:08坊村8:16→城の鼻→ブナ平→10:01鎌倉山→オグロ坂峠→八丁平→中村乗越→13:49葛川学校前→14:24坊村

 今日はイワウチワ狙いで鎌倉山へ.明日は仕事ということで早く帰るべく車で出かける.
 
 お天気に恵まれ,なおかつ名神もそれほど渋滞していなかったのですいすいと葛川青少年センターに到着.

 いつもながらの急登でセンターから登って行きます.ブナ平には1時間弱で到着.さらに1時間弱で山頂に到着.これまでにシャクナゲ(今年は極めて少ない)やらイワウチワを見ての山頂到着です.

 ここからアップダウンを何度も繰り返しながらオグロ坂峠に到着し,今日は峰床山をカットして時計回りの反対で八丁平を周回する.同志社大学の新心荘跡で昼食.

 中村乗越からあとは下るだけ.しかし,あちらこちらのお花で足を止められ,ゆっくり下山.

 葛川学校に到着して車のあるセンターに戻るまで鯖街道では面白くないというので川のそばをセンター方向に進む.

 昨年は豪雨の後の崩壊,倒木に悩まされたのですが,今年はそれなりの修復はなされていて,センターに到着.

 今日も打ち上げなしで早々に帰る.家でビールで乾杯.

 
今日の花はタムシバの名残,これからの数少ないシャクナゲ,オオカメノキ,クロモジ,イワウチワ,少し早いイワカガミ,終わりかけのキンキマメザクラ,ミヤマカタバミ,ニリンソウ,チャルメルソウ,ヤマルリソウといったところです.


17.【4月27日】イン谷口8:34→桜のコバ→東陵道→10:52堂満岳→金糞峠→12:43山上駅跡→北比良峠→ダケ道→14:12大山口→イン谷口

 本日はイワウチワ見物とシャクナゲの偵察(すでに蕾がほとんどないとの情報は得ているけれども確認のため).

 夕方から用事があるため早く帰れるように車で出かける.名神はやや混んでいたけれど,渋滞というほどのことはなく進み,湖西道路に入ると雨がぽつぽつ降ってきました.今更やめるわけにはいかないし,昼からは晴れるとのことだったのでイン谷口まで.トイレ前に駐車し,雨を避けるため車の中で雨具をフルにつけ出発.

 ところが,イン谷口の小屋跡まで来たところ雨があがってきてここでレイン・ウエアを脱ぐ.やれやれということになる.これで30分はロスしました.よくあることです.

 谷をつめていって尾根に乗るまでがまずちょいとしんどい.さて,尾根に乗って一服して最後100mほど登ります.この頂上前の最後の登りはいつもながらさらにしんどい.やっとのことで堂満岳.確かにシャクナゲは蕾ほとんどなし.今年はシャクナゲ目当てで堂満に来てもだめですね.
 
 そしてあとは稜線を金糞峠まで.そこからアップダウンを繰り返し山上駅跡まで.この途中でいつもの場所で昼食.山上駅跡から北比良峠まで少し登り,あとは,ひたすら下りです.

 道が整備されていて石ころ道のダケ道ももずいぶんと楽です.ここでコバノミツバツツジを楽しみ,大山口まで.大山口で靴や杖を洗って車の所まで.

 今日は打ち上げなしで家に直行.名神も混んではいませんでした.お風呂のあとはビールで乾杯.いろんな花を楽しむことができて満足の一日でした.


 シキミ,シロモジ,イワカガミ,イワウチワ,シャクナゲ,コバノミツバツツジ,バイカオウレン,ショウジョウバカマ,イワナシと言ったところが本日の花.


16.【4月20日】JR八木駅8:24→バス→越畑9:05→芦見峠→地蔵山→11:35愛宕山11:58→ツツジ尾根→JR保津峡駅14:22

 本日は愛宕山のツツジ尾根にコバノミツバツツジ見物に出かける.
 
 まずはJRで八木駅へ.ここからバスに乗る.乗客は我々2人と地元の人1人.越畑で降りて早速登り始める.獣柵を過ぎて後,木の伐採,道の補修などで今年1月に来たときと比べると大きく道が付け替えられているように感じました.芦見峠までえらい直登です.「前はもうちょっとゆるやかだったのになあ」などとぶつぶつ言いながら登り,芦見峠で90度右に曲がります.

 スキー場跡を横に見ながらさらに植林の中を進み,やがてアセビが見える頃,西向き地蔵.それから10分ほどで地蔵山.さらに尾根をどんどん進み,反射板.さらに樒原分岐を経て愛宕山三角点に到着.我々2人だけで昼食.まもなく登山者お一人がベンチに座られ昼食.我々は出発.

 相変わらず愛宕神社の境内にはたくさんのハイキング客.トイレをすませ,水尾の分岐を過ぎ,いよいよツツジ尾根に.

 前もって調べていた情報ではコバノミツバツツジも終わりかなと予想していたのですが,荒神峠までの間にまだ立派に咲いているツツジ.昨年はこのあたり不作だったのに,と思いながら荒神峠を過ぎると,まだまだ立派なのが一杯咲いていました.昨年よりはうんといい.

 天気予報通り午後からだいぶ曇ってきましたが,ツツジのトンネルの中をどんどん下って行きます.下に行けば行くほど花はだいぶ痛んでいました.

 JRで保津峡駅から京都駅まで.途中の嵯峨嵐山ではずいぶん観光客が乗ってきました.京都駅では「八つ橋西尾」.なんだか寒くなってきたのでここは「おぜんざい」.

 家ではカミツレ湯のあと,ビールで締め.いよいよ花の春です.次回はイワウチワ見物に.


15.【4月13日】西村井8:50→栃生登山口9:25→白倉南岳→白倉中岳→白倉岳→烏帽子岳→松本地蔵→14:55西村井

 本日はタムシバ見物に白倉三山と烏帽子岳に向かいました.車はいつもの西村井のところに.

 途中の登山口まで車道を歩きそこから登り始めます.ここが急登.しかもジグザグとならずに直登.いつもながらしんどいことです.

 我々がコナラのピークと呼んでいる所で90度右へまわり,尾根を進みます.7分ほどで白倉南岳.そこから下って登り返します.尾根歩きはこのアップダウンがきつい.そして立派な芦生杉のある中岳.

 それからまたアップダウンを繰り返しながら白倉岳.二等三角点があります.ここから激下りで烏帽子岳へ.途中で昼食.

 烏帽子岳からはひたすら下ります.雪のせいで倒木が多く少し時間をとられます.松本地蔵から西村井の車を置いてあるところに到着して今日の山歩きは終了.

 うちあげは朽木岩瀬の栃ノ実庵に.はやくもわらび餅ソフトがメニューにあったのでさっそくゲット.お土産はイチゴ大福.

 久しぶりの白倉三山と烏帽子岳.お目当てのタムシバは昨年不作の年でしたが今年はたくさん咲いていました.ただ,4月の暖かくなったり寒くなったり,しかも,先週の嵐ということで,咲き始めで茶色くなっているタムシバがありました.

 青い空にタムシバの白が映えて見事.そのほか,思わぬ所にバイカオウレンを見つけました.イワカガミが一部すでに咲いていたり,あるいは,コバノミツバツツジもまだまだこれからとは言え少し花が開いているのもありました.最初から最後まで山では誰とも会いませんでした.

 家に帰ってカミツレ湯のあとは,伏見藤岡酒造の「蒼空おりがらみ」.にごり酒です.これに鯖の一夜干しひものに豆ご飯.春の宵うれしいひとときでした.

 来週のお花見はどこに行きましょうか.お天気だけが心配です.


14.【3月30日】出合橋→森林組合9:15→樋ノ水峠分岐→滝谷峠分岐→柳谷峠→11:32魚谷山12:00→柳谷峠→芹生峠分岐→滝谷峠→奥貴船橋→14:31貴船倶楽部15:06→叡山電鉄貴船口15:51

 今日は魚谷山リヴェンジの山行.雪のため断念した山頂にチャレンジ.今日は雪がなかったのでスムーズに山頂へ.

 山頂で昼食.それから,今日は東尾根をたどって滝谷峠へのルートをとる.以前は芹生峠分岐から芹生峠を経て長い長い自動車道を奥貴船まで進んだのだが,今日は芹生峠分岐から尾根筋を南下して滝谷峠へのルートをとる.初めての道.

 尾根が分かれていて難しいルートだが地図,磁石で確かめながら滝谷峠までたどり着きました.

 この尾根では誰とも会いませんでした.

 滝谷峠からは奥貴船へ.貴船倶楽部に立ち寄りチーズケーキとコーヒーを頂いて叡電の駅へ急ぎました.

 お風呂の後の仕上げは山名酒造の「春霞」.


13.【3月26日】イン谷口8:20→大山口→正面谷→金糞峠→奥の深谷→八雲ヶ原→ゲレンデ跡パノラマコース→12:20コヤマノ岳13:00→イブルキノコバ→八雲ヶ原→北比良峠→ダケ道→大山口→16:04イン谷口

 妻に休みが取れたので平日の山行.正面谷から武奈にということで今日も車で出動.さすが平日.イン谷口に駐まっている車は数えるほどです.

 昨日の夜から今朝にかけてどれぐらい雪が降ったかということにも興味があったのですが,登山道に関する限り金糞峠まででは峠の下の所を除いてはほとんど問題なし.上の写真で分かるように青ガレもうっすらと雪化粧をしていますが,問題なし.金糞峠の直下の所だけはアイゼンがほしいところでした.ただ,今日アイゼンをもってきていましたがここでは使いませんでした.新雪は2,3cmから5cm.

 さて,奥の深谷から最短コースで武奈ヶ岳にと思っていたのですが,橋が壊れていてしかも水量がけっこう多かったので八雲ヶ原経由で行こうと予定を変更.この奥の深谷は雪深く随所でずぼ足となり,時には腿あたりまで.足を抜くのに苦労しました.そして八雲ヶ原.冬の八雲ヶ原を見ておきたいと思っていましたので,雪もだいぶ溶けて水面が出ていましたが我々2人で独り占め.予定より時間をくいました.雪の関係で体力もだいぶ使っています.ここでやめておけばよかったのですが,人間欲が出ます.せっかくなんだからということで武奈ヶ岳に向かって進みます.

 ここからゲレンデ跡パノラマコースで直登(イブルキノコバ経由は帰り道に使おうと考えて).先行者一人のトレイスはあります.ゲレンデ跡を過ぎて尾根を進むと小さなピークが前に立ちはだかっています.夏道だと多分ここの斜面を巻いていく所なんでしょうが,なにせ冬で道はなし.先行者も無理矢理このピークを登っています.仕方なく我々も木やら岩やらをつかみながら無理矢理登りました.こうして武奈ヶ岳とコヤマノ岳の分岐にたどり着いたのですが,この時点でタイムアウト.まあ武奈には3日前に登ったことでもあるし今日はコヤマノ岳だけにしておこうと決めました.コヤマノ岳近くで昼食.今日はストーブ持参でカップラーメン.


 コヤマノ岳から冬道経由でイブルキノコバへ.ここはアイゼン絶対必要.アイスバーンとなった雪にしっかりと爪を立てて降りていきました.八雲ヶ原に降りてアイゼンを外しました.あとは北比良峠からダケ道.大山口で靴や道具類の泥を落として車に乗りました.今日は打ち上げは家で.ビールで乾杯.



12.【3月23日】8:19坊村8:32→見晴らし台→御殿山→11:28武奈ヶ岳山頂12:00→御殿山→見晴らし台→14:16坊村

 残雪を求めて武奈ヶ岳に.今年初めての武奈ヶ岳です.夕方から町内役員会やら諸事あり.そこで車で行ってピストンとする.天気予報は日曜日より土曜日の方がいいということだったのですが,坊村に着く前にパラッと雨が.たいしたことはありませんでしたが,曇り空.

 モミジのコバあたりから少し雪が増え出すが,御殿山まで雪の事は心配する必要なし.しかし,モミジのコバを過ぎてから見晴らし台まで2箇所ほど地面が雪解けでぐちゃぐちゃになっていて滑るかもしれないという恐れあり.

 見晴らし台から御殿山までの間でコゲラを発見.4mぐらいのところで一生懸命堅い木を突っついているのはかわいらしくも感動的でした.御殿山の所ではガスが出てきて武奈ヶ岳も西南稜も全く見えず.

 御殿山からワサビ峠までの斜面には雪も残っていてアイゼンを持ってくればよかったなあと後悔したところです.滑らないように慎重に進みました.しかし,アイゼンの必要を感じたのはこの箇所だけ.

 山頂でお昼にしていると少し太陽が出てきて,やっと,コヤマノ岳や琵琶湖が見え出しました.

 ピストンの下りでダンコウバイを発見.登りの時には下ばっかり向いているからか気がつきませんでした.そして,泥にまみれた用具や靴を明王院横の明王谷の川で洗っていたら土手にかわいいミヤマカタバミが咲いていました.雪解けとともに春は一歩一歩近づいています.
 
 今日は坊村の茶坊でおぜんざい.
 家に帰ってビールで締め.




11.【3月16日】生きものふれあいセンター登山口9:08→展望台→11:00山頂11:30→12:36登山口

 今日はO家でのパーティーのため早く帰らなければならず,しかし,最後の雪山を楽しみたいということで蛇谷ヶ峰に目をつける.

 車で出かけ生きものふれあいセンターに駐めました.ワカンとアイゼンをもってきたのだが,センターの人がワカンはまず要りませんとの話.そこでワカンを車に置いて出発.車の時にはこういうことができるので便利.

 尾根道を登っていきますがほとんど雪はありません.しかし,カツラの谷からの合流地点からは雪が30~40cmありました.ここからアイゼンをつけます.これで滑ることもなく前進.お見合い広場ではベンチが雪で埋まっていました.山頂は風で雪が吹き飛ばされあまり積雪はありませんが,それ以外の所では結構ありました.風をよけて南東の斜面で昼食.

 あとはピストンで下山.1時間ちょっとで下りました.センターではアセビの花が咲いていました.

 ここからいつもの朽木本陣という道の駅へ行き,買い物をして栃ノ実庵に.朽木ぜんざい(栃餅ぜんざい)をおいしく頂き,あとは一路我が家へ.お風呂に入った後,O家へ.4月からの私の再就職をお祝いしていただいてのパーティー.

 日本酒はハクレイ酒造の純米吟醸生原酒「大鬼」.ビールはドイツのビール.ワインは私が持参したボルドーの赤ワイン.これはチャンポンもいいところ.鹿の肉のジビエ料理あり,鴨あり,チーズ各種ありのご馳走.


10.【3月9日】JR京都駅8:08→J8:15R向日駅8:35→善峰寺バス停→9:17登山口→釈迦岳→10:30ポンポン山→西尾根→11:40ツツジの丘12:00→森の案内所→東海自然歩道→善峰寺バス停14.24→JR向日駅→JR京都駅

 本日はお花見ハイキング.お目当ては福寿草.昨年は天気があまりよくなく,福寿草もきれいに花開くというところまではいっていなかったのですが・・・

 今日は絶好のお天気.善峰寺バス停から歩き出します.そうそう,ここのトイレ改修がなされてきれいなトイレになっていました.先週は雪の赤坂山という厳しいところに出かけていたので,今日のコースは楽々登れました.釈迦岳,ポンポン山とまわり,西尾根を進みます.そして福寿草保護区域.係の人がおられて,名前,住所など書いてゲートから入って福寿草を見せてもらいます.

 谷の斜面,一部は猪の掘り起こしにあってだめでしたが,それ以外は本当にきれいな福寿草でした.来週まで持つでしょうか.見頃は今日が最後のような気がします.これを見てからさらに西尾根を進み,ツツジの丘で昼食.さらに森の案内所まで進みました.ここでトイレ.

 ここから金蔵寺をまわって南春日町のバス停に出るか,それとも,東海自然歩道で善峰寺へ戻るかの選択肢があったのですが,1時間に一本のバスの時間を考慮して,結局,善峰寺のバス停に戻ることにしました.

 京都駅では「八つ橋西尾」が混んでいたので今日は「京アンジュ」.カロリー的におつりが出るなあと言いながら「ほうじ茶パフェ」.
 
 家に帰ってカミツレ湯,今日の締めは山名酒造の「奥丹波・三尾山」.先週の「寒造り新酒」よりはマイルドなお酒でした.



9.【3月3日】JR京都駅7:25→JRマキノ駅9:00→バス→9:18マキノ温泉さらさバス停→登山口→ブナノキ平→12:01赤坂山山頂12:05→ブナノキ平・ランチタイム→登山口→マキノ温泉さらさバス停14:17→JRマキノ駅14:50

 満を持して赤坂山に.昨年はブナノキ平までだったのでなんとしてでも山頂まで行きたいと思いました.結果としては雪はそこそこありましたがトレイスがあり,幸い,山頂まで登ることができました.スノーシューは最初の登りだけで使用.あとはアイゼン.下りはずっとアイゼン.

 バスを待っていたところ,冬は毎週赤坂山に来ているという大阪の人がおられ,いろいろお話を聞いていたら,先週日曜日に来たが,雪が多くラッセルに次ぐラッセルで途中で撤退したとか.

 今日はトレイスがあり道はほぼ踏み固められているので,そのあとを黙々と辿っていきました.ブナノキ平の東屋の雪も昨年の1月と比べればずっと少ない.沢が見えてきて堰堤のところの横からは急斜面をよじ登るという感じで登ります.靴を蹴り込んで足場を確保しながら一歩一歩.

 粟柄越えをスキップして尾根を山頂に.冬道ということでしょうか.ここからは雪が凍ってアイスバーン状態.アイゼンの爪をきかしながらようやく山頂に.尾根にのったとたん風とともにアラレが吹きつけ顔が痛いのなんの.日本海からまともに風が吹きつけています.写真を撮って早々に下山開始.堰堤横の急斜面は下りはちとやばいなあと思っていましたが,トレイスはそこを避けて沢に入るところについていました.多分これが夏道なんでしょう.ほっと一息.ブナノキ平の東屋でランチ.

 そこからの下りは楽ちんです.思っていたよりも1時間も早く登山口に着きました.そうしたら,以前車でお世話になっていたディーラーのAさんとばったり.Aさんは山のヴェテランで,今日はスキー場から寒風,大谷山のピストンだったそう.こんな体力は我々にはありません.

 帰りにJR京都駅で久しぶりに「八つ橋西尾」でおぜんざい.帰ってお風呂の後は山名酒造の「寒造り新酒」.きりっとしたお酒.


8.【2月23日】平バス停9:36→アラキ峠→権現山→ホッケ山→小女郎峠→蓬莱山→笹平→14:15打見山→ゴンドラ→山麓駅→バス→JR志賀駅

 スノーシューを使いたいということで赤坂山とも考えたのですが,北の方は天気が悪そうだったので2週間前と同じで権現山から打見山までの縦走.

 堅田でバスを待っていたら,なんと,okaokaご夫妻が来られ,しかも,今日はわれわれと同じコースとか.バス待ちの間ゆっくりお話ができたのは今日がはじめてでした.

 平で降りて道を渡って登山口.ここでスパッツ,アイゼンをつける.ドン谷を登って行きます.アラキ峠までは登りはじめということもあり,傾斜が急でもなんとか登っていけますが,アラキ峠から権現山山頂までの登りはきつい.さすがというかokaoka さんの登る速度の速いこと.ここから考えればokaokaグループのJOEさんやこてつさんのスピードはわれわれの想像を絶するんでしょう.

 2週間前とくらべると新雪が20cmから30cmはあり,権現山でアイゼンを外しスノーシューに.今日はスノーシューを楽しめました.ホッケ山から小女郎峠までの間で昼食.30分近く雪景色を楽しみながらの食事.ちょっと時間を取りすぎたこともあり,さらに,風が強くなってきたので小女郎池には立ち寄らずそのまま蓬莱山,打見山へと進みました.

 スキー場の所はフェンス沿いに雪庇に気をつけながらそろりそろりと.okaoka さんとはゴンドラの駅で合流.ずいぶんとお待たせしました.

 降りたらお茶しませんかと登る途中でお誘いを受けていたので,京都駅近鉄の1階ミヤコミチの「京アンジュ」にご案内しました(もう一つ「八つ橋西尾」という選択肢もあったのですが,あそこは狭いのでこちらに).我らが師匠のokaokaさんとは山談義で話が弾み,あっという間に時間が過ぎました.今日は一日ありがとうございました.

 雪をまとった木々は白いアートです.これを見ることを可能にしてくれた健康に感謝.カミツレ湯で筋肉をほぐし,そして,伏見藤岡酒造(家から歩いて8分ぐらいのところにあります)の「蒼空(純米吟醸酒・山田穂)」で締めました.(「山田穂」は「山田錦」の親の幻の酒米).


7.【2月17日】叡電二ノ瀬駅9:04→夜泣き峠→大岩分岐→樋ノ水峠分岐→樋ノ水峠→貴船山三角点(P699)→11:26鞍部11:56→P710→P722→滝谷峠→P710→大岩分岐→15:20二ノ瀬駅15:40

 土曜日は用事があり日曜日の山行.昨日雪が降ったので近場で雪を楽しもうと今日は貴船三山(P699,P710,P722)雪めぐり.ワカン使用.アイゼンは持っていったけれど不使用.

 駅でトイレに行きスパッツをつけ出発.夜泣き峠を経て大岩分岐と進みます.最初2,3cmの積雪も樋ノ水峠分岐あたりでは10cmほどに増えています.ここでワカン装着.ふかふかの新雪でトレイスないところをワカンですいすい.樋ノ水峠から貴船山三角点に.このあたりになると20cmほどの積雪.

 ここから東の鞍部へ降りいつもの我々の昼食場所.誰もここへは来られていないようで鹿の足跡以外はトレイスなし.アセビなどの常緑樹があり,枝々には10cmほど雪がのっかっています.クヌギやコナラ,ミズナラにも雪が積もり花が咲いたようです.

 昼食後,縦走路にのり,ケルンがあるP710の貴船山に.位置的にはここが貴船神社の裏山,真西の方向にあたります.この二つの貴船山は訪問者が多いようですが,もう一つ高いP722の貴船山には訪れる人も少ないよう.まあ見晴らしも悪いし,しんどいだけということが理由か.山頂と覚しきところには枝に小さな札がかかっているだけです.

 さて,さらに縦走路に戻って滝谷峠まで歩を進めました.ここから奥貴船に降りる道はあるのですが(そして今日は1人だけトレイスがあったのですが),道が厳しいのと雪ということでここからは降りず,元の道を戻りました.大岩分岐からは二ノ瀬ユリで一路二ノ瀬駅に.途中で出会ったご夫婦に駅近くで再会し,出町柳駅まで山談義に花が咲きました.この方「かおりさん」のブログのファンで,そこに出ていた我々の顔を覚えておられて話しかけてこられました.思わぬところでコミュニケーションの輪が広がるようです.

 出町柳の「上燗や茶房」でおぜんざい(ここのおぜんざいにはお餅代わりに生麩が入っています).帰って今日も山名酒造の「奥丹波」で仕上げました.
さてさて次はどこへ.


6.【2月10日】平バス停9:30→アラキ峠→権現山→11:55ホッケ山→小女郎池→蓬莱山→笹平→14:25打見山→ゴンドラ→山麓駅→バス→JR志賀駅

 スノーシューを使いたいということで権現山からの縦走.JR堅田駅でバスを待つ.なんとわれわれが先頭.しかし,次の電車であとからあとから降りてこられ長蛇の列となりました.結局,臨時が出て,最初のバスは平,坊村直行便となりました.

 平で本当にたくさんの人が降りられます.われわれも出発.登山口に入ったところでアイゼン装着.10本爪のをもってきたのですが,結果として軽アイゼンでもよかったところ.これが重い分,足にこたえました.

 次に権現山山頂でスノーシューに.これもワカンでもよかったところ.まあしかし,スノーシューも使ってやらないとかわいそう.

 小女郎池で昼食に.ここはスノーシューで踏み跡のないところをザックザック.


 蓬莱山のスキー場のところはフェンスの外をそーろそーろと歩きます.打見山に登って予定通りゴンドラで山麓に.歩きも考えたけれどバスに乗りJRの駅まで.打ち上げは近鉄京都駅の1階「京アンジュ」.家に帰ってカミツレ湯.そして今日は山名酒造の「寒造り新酒」で締め.


5.【2月2日】叡山電鉄八瀬駅8:46→西山峠→見晴らし台→山頂・大比叡→坂本ケーブル・延暦寺駅→13:52林道出合→坂本「うえだ」→JR坂本駅.

 2月3日のほうが天気はよいことは分かっていたのだけれども,義母の四十九日があるので,本日山行決行.

 久しぶりに叡電八瀬駅の横から松尾坂を登る.今日も坂本に降りるまで山歩きの人には誰も会わず,静かな山歩きでした.雪はほとんどなく,ただ,西山峠から先は道の溶けた雪が凍っていてつるつるのところがあちこちに.ここだけはアイゼンがあればとも思いましたが,今日は持ってきていません.慎重に歩を進めました.

 深い霧の中を進んで行きます.山頂駐車場のバス停のベンチで昼食.ドライヴウェイであがってきた車が1台だけ.中から降りてきた方は中国語を喋っていました.大比叡からテレビの中継基地横を通り激下りでケーブル延暦寺駅へ.折しもケーブルが到着して出てきた方がこれまた中国語.

 下りも久しぶりに紀貫之の碑があるところを通るルート.坂本へ降りれば観光案内所でトイレ.そして,甘味処「うえだ」.今年初めて.期間限定の「栗ぜんざい」.家に帰ればカミツレ湯.そして山名酒造の「醪」.


4.【1月27日】叡山電鉄鞍馬駅8:58→薬王坂→戸谷峰→三叉岳→11:43天ヶ岳12:20→シャクナゲ尾根分岐→13:54林道出合→雲居茶屋→大原バス停

 雪が増えているかなあと考え,今日は天ヶ岳に.六本爪軽アイゼンとワカンとバーナーを持って出かけました.

 登山道に入ってもほとんど雪はありません.薬王坂でやっと1cmほど.これではアイゼンもワカンも出番はありません.このルート三叉岳あたりまではそれほどの傾斜ではありませんが,アップダウンがいくつかあります.このあたりからアイゼンをつけました.山頂の手前になると胸突き八丁.一番しんどいところです.ここで雪は3cmから5cmになりました.足跡はありますが誰にも会いません(結局今日一日誰とも会いませんでした).

 山頂でお湯を沸かしてカップ麺(そうそう,京阪の電車の中でお箸を持ってくるのを忘れたことに気づいてあわてて出町柳のアンスリーで割り箸を買おうと思ったのですが,割り箸を売ってはいず,困っていたところ,店員さんがお弁当に添える割り箸を下さいました.親切に感謝.いつもと違うことをやると何か忘れます).山頂で雪は20cmほど.

 山頂も我々だけで独り占め.昼食後,尾根を百井峠・大原分岐のところまで行ったところ,雪が今日のルートでは一番多く30cmほど.それからは順調に寂光院の前まで降りました.

 打ち上げは雲居茶屋でおはぎとコーヒーのセット.家に帰ってカミツレ湯のお風呂の後は山名酒造の純米大吟醸でしめ.次回は土曜日(日曜日は義母の四十九日なので)なんですが,雨の予報が出ています.さて,どこへ?


3.【1月19日】出合橋バス停9:10→森林組合→滝谷峠分岐→細ヶ谷→北山荘→アズキ坂→滝谷峠→大岩分岐→叡電二ノ瀬駅15:55

 昨年末に行けなかった魚谷山山頂を目指しての今日の山行.烏丸北大路8時40分発のモクモクバスで出発.9人乗って残された1人は次のタクシーでとあいなる.10人の内,山行は我々入れて3人.あとの7人は雲ヶ畑であるイヴェント参加者と後で森林組合で分かる.山行のお一人は岩屋橋から桟敷とのこと.

 いつものように森林組合の支所でおトイレを借り出発.最初は溶けた雪が凍ってガチガチで滑りやすい道.しかし,樋ノ水峠分岐あたりから雪が増え,最初は5cmから10cmぐらいが最後には40cmぐらいになる.トレイスなしで小動物の足跡が点々と.持参のワカンをつけてギシギシ音を立てながら進みます.これでけっこうエネルギーをくい,予定の時間が徐々に遅れ始めます.北山荘に着いたときには予定より30分遅れ,すでに3時間歩いてきたことに.それで今回もここで引き返すことにしました.あとのアクシデントを考えればこの選択は結果としてよかったことになります.

 そのアクシデントとは.アズキ坂を降りて滝谷峠への谷をつめていきます.倒木が多いが仕方ない.滝谷峠へ登る最後の斜面.ここはいつも細いジグザグの道なのですが,雪が30cmほど積もっていてどこが道やらさっぱり分かりません.直登はできない斜面なので適当にジグザグと道をつけて進みますが,つかまるものもなく,新雪もろともずーっと滑ったりしながら必死の思いで滝谷峠に着きました.ここからは貴船のユリ道.まだしばらくワカンをつけたまま進みました.出会った人はゼロ.

 うちあげは出町柳の「上燗や茶房」.今日はわたしもおぜんざい.お餅の代わりに生麩が入っています.家に帰ってカミツレ湯.そして,京都伏見は藤岡酒造の「蒼空」.心地よい疲れに陶然となる.


2.【1月13日】朽木いきものふれあいセンター9:41→てんくう温泉分岐→カツラの谷分岐→11:32蛇谷ヶ峰山頂12:06→林道出合→13:08生きものふれあいセンター

 「かおりさん」のブログで昨日の蛇谷ヶ峰の雪の様子が分かったので,巳年でもあることだしと蛇谷ヶ峰.車で名神の京都東インターで降りようと思ったところすごい渋滞.ここで10分ほどロス.しかし,その後は湖西道路に入っても渋滞はなく,すいすいと朽木いきものふれあいセンターまで.

 最初少しお日様もあったのですが,天気予報では午後からという雲が早くも尾根コースを登っていると出てきました.昨日よりは悪そうです.尾根コースにのるあたりから軽アイゼンをつける.これで特に下りはずいぶんと助かりました.

 最初は5cmぐらいの雪ですがカツラの谷分岐あたりからは20cmぐらいの雪.しかし,大勢の人が登っておられるので登山道は踏み固められています.

 山頂のすぐ下のお見合い広場のベンチは雪ですっかり見えなくなっていました.山頂は大勢の人が来られていて,蛇谷ヶ峰は巳年だからというだけではなくて人気がある山だということを実感..我々は北西の風をよけて山頂から少し東の方向に下ったところで昼食.

 食べ終わったところで急いで下山.アイゼンのおかげですいすいと.生きものふれあいセンターからは栃ノ実庵に.朽木ぜんざいをいただく.栃餅が入っていて,ほどよく煮てあるアズキとベストマッチ.おぜんざいはあちこちで食べていますが,栃ノ実庵のおぜんざいは抜群のお味です.帰りはすいすいと帰りました.カミツレ湯のあとは今日はサントリー・ザ・プレミアムモルツ.歩きやすい雪山でした.次回はまた北山に行く予定.


1.【1月6日】JR京都駅7:40→8:18JR八木駅8:24→バス→8:56越畑バス停9:07→芦見峠→西向き地蔵→地蔵山→11:40愛宕山三等三角点12:10→農林道→13:36水尾14:25→バス→JR保津峡駅14:42

 今年初の山行.病み上がりなので比良は避け,地蔵山・愛宕山に出かける.マラソンランナーH氏夫妻とご一緒.

 八木駅からのバスは我々4人だけ.越畑バス停でスパッツを着け,いざ登り口へ.芦見峠までの変化といえば,崩落箇所で修復されていた道が山腹の少し上に付け替えられていました.歩きよい道です.芦見峠では近くの送電線の鉄塔が取り替えられ,そのためにまわりの木が伐採されて見通しよくなっていました.

 雪は2cmほどで,昨年1月8日に来たときと比べると今年はうんと少なくなっています.アセビのトンネルを抜けると西向き地蔵.そして地蔵山.ここには一等三角点があります.そして愛宕山三角点へ.鉄塔下のベンチは一杯なので三角点のあるところで昼食.それから神社の境内に.あちらこちらで山のグループが新年会をやっています.中には50人ほどのグループがあって「二列に並んで」などとやっています.われわれは静かな方が好きなのでトイレを済ませて下山にかかります.

 最初,ツツジ尾根から保津峡駅へと考えていたのですが,水尾自治会のコミュニティーバスにゆうゆう間に合うということで,農林道を滑りに気をつけながらタッタタッタと下りました.あまり人が来ないはずの農林道ですが,けっこう雪が登りの人に踏み固められていて滑りやすくなっていました.水尾に降りたら50分ほど時間がありましたが,せっかくなのでバスを待ち,ゆっくりと後片付けをしました.バス代は250円.打ち上げは京都駅で「西尾」が一杯なので「京アンジュ」で栗ぜんざい.家に帰ってお風呂の後は山名酒造の「丹波旬楽・初しぼりかすみ酒」.ああおいしい.健康で山歩きができることに感謝しながら.