【2007年の山歩き】
2007年は山歩き40回を達成!

40.【12月27日】朽木いきものふれあいの里センター10:12→カツラの谷→12:28蛇谷ヶ峰12:58→14:03朽木いきものふれあいの里センター
 今日で今年の山登りは40回目! めずらしく晴れで、車でいきものふれあいの里まで。そこからカツラの谷を通り、山頂へ。高島から琵琶湖方面はモヤがかかってよく見えず。朽木の方は、それに反して割合鮮明。今日も夕方に用事があったので、すぐに帰れるコースを選びました。うちあげは、栃実庵で栃餅ぜんざいを。ああ、おいしかった。あずきも適度なやわらかさ。甘さもちょうどいいぐらい。お餅がまた絶品。

39.【12月24日】戸寺バス停9:54→11:00寒谷峠→11:15瓢箪崩山山頂11:45→13:37三宅八幡
マラソンランナーH氏夫妻とご一緒。雨がぱらぱらと。戸寺ではきれいな虹が。山頂から比叡山方向を見るとはっきり見えたり、写真のようにガスがかかっていたりと、何とも不安定なお天気。今回も、岩倉へのポピュラーなコースを取らず、三宅八幡に出る。少々分かりにくいが尾根道をアップダウン。今日で今年39回目の山歩きです。
年内にあと1回行けるかどうか。


38.【12月15日】8:50坊村バス停→ぶな平→10:47鎌倉山山頂10:55→12:04オグロ坂峠(昼食)→12:54峰床山→クラガリ谷→八丁平→中村乗越→林道出合→15:30葛川学校前バス停15:50
前回の山歩きはやや物足りなかったので今日は鎌倉山と峰床山。坊村では雪がありませんでしたが、800mを越えたあたりから雪。鎌倉山では3cmは積もっていました。鎌倉山からオグロ坂まではアップダウンのくりかえし。6つほどピークを越えればやっと。これがきつい。峰床山では雪は少なめでした。中村乗越を過ぎてかなり降りたところではじめて後ろの方に人が見えました。それまでは誰とも会わず。うちあげは家で。

37.【12月1日】JR向日町9:15→善峰寺バス停10:00→釈迦岳(631m)→11:35ポンポン山(678m)→11:55リョウブの丘→大原野森林公園・森の案内所→14:05金蔵寺→15:05南春日町バス停15:15
 季節残りの紅葉、黄葉を求めてポンポン山へ。善峰寺から歩き始める。釈迦岳山頂のタカノツメは金色に輝いていました。ポンポン山からは大原野森林公園の西の尾根。リョウブの丘で昼食。リョウブはすべて葉を落とし、日光がさしこんで明るい林。コハウチワカエデ、タカオモミジの黄色や赤が日に照られさて美しい。その中でゆっくり昼食。さらに森林公園の森の案内所でトイレ休憩。そして金蔵寺。うちあげは、阪急で帰りましたので、四条小橋下がるのフランソワでケーキセット。帰ってお風呂のあと夕食。山名酒造の日本酒。 


36.【11月18日】坊村9:30→御殿山11:45→13:45坊村
 17日(土)であれば、天気がよかったのですが、用事があって、仕方なく18日日曜日の山歩き。武奈ヶ岳に登るべく、車で坊村まで行ったのですが、天気悪く、途中、比良が見えず。車を止めて、早速、レインウェアを着け、スパッツも。明王院の横から急登。植林を過ぎて雑木林の道に入ると、確かに紅葉は楽しめたのですが、みぞれまじりの雨と風。御殿山に着いたところで、先の西南稜、武奈ヶ岳は全く見えず。それに寒いこと。それで「勇気ある撤退」を行い、降りました。うちあげは、朽木まで足を伸ばして、またしても栃の実庵。今日は寒かったので、栃餅ぜんざい。テーブルで栃餅を自分で焼いてぜんざいに入れました。おいしかった。それで、車で帰り、家に帰って今日は奥丹波・山名酒造の日本酒。この日、夜に比良、京都北山、比叡山は初冠雪。

35.【11月10日】朽木いきものふれあいの里10:05→カツラの谷→展望台→12:24蛇谷ガ峰12:51→吊り橋→14:25朽木いきものふれあいの里
 昼から雨、雷等の予報あり。そこで、雨に降られてもいいところということで、蛇谷ガ峰。家から車で1時間25分。トイレをすませて、カツラの谷を経て山頂へ。901.7m。今日も見晴らしはよくなかった。特に琵琶湖側は。朽木の方は、晴れていました。階段道をとことこ降りて帰り道。今日は、想い出の森へのコースで帰ることにしました。階段道が少ないかなと思ったからです。しかし、しかし。階段道はしっかりあるは、つるつる滑る恐怖の板の道はあるは、がっかりしました。写真に出しませんでしたが、吊り橋を通って出発点へ戻ったことが収穫。結局雨にはあいませんでした。朽木の道の駅でお土産を買い、帰る途中の栃の実庵で、わらび餅ソフトと珈琲。ここのお店はとっても気に入っています。ここでもお土産を買い、帰宅の途に。家に帰ってお風呂に入り、ビール。

34.【11月3日】坊村8:55→伊藤新道→ワサビ大滝→白滝山山頂(1022m)→音羽池12:12→滝見不動→汁谷キャンプ場→木戸峠→クロトノハゲ→天狗杉→15:55JR志賀駅 

 比良で紅葉を見るのはここだと、白滝山へ。昨年も11月4日に来ました。伊藤新道は比良3大急登の一つ。しんどいですね。しかし登った甲斐がありました。白滝山、音羽池のすばらしい紅葉。音羽池で昼食。下りは、汁谷から木戸峠の道をとりました。少しスリルがありますが、全体としてはすばらしい道でした。雪や雨の日には避けたいと思いますが。うちあげはJR京都駅八条口の八つ橋西尾で、純米シフォンケーキと珈琲。(写真を撮るのを忘れた!)帰って風呂上がりにビール。



33.【10月20日】イン谷口9:00→大津ワンゲル道→イチョウガレ→11:32釈迦岳12:00→ヤケオ山→ヤケ山→14:46楊梅の滝→D's Hut→JR北小松駅15:44

 釈迦岳から尾根を縦走し、ヤケオ山、ヤケ山と進みました。イン谷口へはJR比良駅からタクシーに乗りました(前日予約)。1110円。快晴で快適な山歩きとなりました。大津ワンゲル道はあまり人気がないのか、釈迦岳までは誰にも会わず。山頂付近では、少し紅葉が始まっていました。ベニドウダン、ブナ、コハウチワカエデなど。ヤケオ山からヤケ山への尾根は右手に琵琶湖方面、左手に高島方面が見え、爽快。足下にはリンドウ、センブリ、アザミなど。イワカガミ、スミレなどが狂い咲きしていました。打ち上げは、D's Hutで、アップルパイと珈琲のセット。

32.【10月13日】9:40バス停菅原→ダンノ峠→佐々里分岐→11:45品谷山→品谷峠→廃村八丁→刑部滝→ダンノ峠→15:05菅原→15:25広河原16:00
 マラソンランナーH氏と今日は品谷山、廃村八丁へ。バス停出町柳から2時間弱で菅原へ。全体に暑くもなく、寒くもなく。佐々里分岐のところで少し迷う。しかし、地図、磁石とテープさえ辿っていけば、目的地へ着けます。廃村八丁で昼食。刑部滝の横を登るところがやや冒険。最後は広河原の庄兵衛さんのところでうちあげ。ビール一缶。

31.【10月6日】イン谷口8:56→ノタノホリ→堂満岳→金糞峠→山上駅跡→北比良峠→ダケ道→カモシカ台→大山口→15:30イン谷口
 夕方から、用事があるので、4時半ぐらいまでに帰宅ということで、結局、堂満岳に登ることに。9月15日雨中の堂満のリヴェンジという意味も。今日は珍しく快晴。例によって、車でイン谷口へ。そこから、桜のコバを通り、道標(ノタノホリ、堂満岳、金糞峠)に従って、登っていきます。ノタノホリを通り、3時間ぐらいで堂満岳へ。そこから、金糞峠。ここから正面谷・青ガレを降りずに、さらに先週も来た山上駅跡へ。途中、尾根道でかわいいリンドウを発見。山上駅跡からは先週と同じコース。連休のためか、何人かのぼりくだりの人と会いました。うちあげは家に帰ってから。

30.【9月29日】イン谷口9:25→大津ワンゲル道→11:55釈迦岳(1061m)→カラ岳(1030m)→山上駅跡→北比良峠→ダケ道→カモシカ台→大山口→15:25イン谷口 
 マラソンランナーH氏夫妻と今日も。車でイン谷口へ。そこに車を置いて登り始める。イチョウガレのところまでに琵琶湖の北の方面、伊吹山、白山が見え、曇天ながらも風景を満喫。前回はイチョウガレを過ぎてやたらと疲れを感じたのだが、今日は楽々。涼しかったからだろうか。汗もあまりかかず、山頂へ。山頂では19度。風が強くて寒いぐらい。それから、尾根をカラ岳、山上駅跡へと進む。これもいい道。山上駅跡から、北比良峠を経て、ダケ道。カモシカ台を過ぎて大山口、イン谷口へと戻る。うちあげは、そこから車で紀伊國屋ブルーベリーフィールズへ。

29.【9月24日】JRバス菩提道バス停10:25→11:00菩提滝→11:45沢ノ池→12:25沢山13:01→13:30上ノ水峠→14:18鷹峯
 マラソンランナーH氏夫妻と。曇天の中、京都駅からJRバス周山行きに乗り、菩提道へ。そこから100mほどもどったところから山道に入る。最初に菩提滝を道から降りて見る。そこから30分ほどで沢池へ。車が入っていてテントを張ったりバーベキューをしている家族がいましたが、いただけない。来るんだったら自分の足で来てほしいものです。そこから本格的な登りに入り、沢山へ。見晴らしはないですが、ここで昼食。山頂には二等三角点がありました。あとは、下り一方です。上ノ水峠の少し手前で見晴らしのよいところあり。比叡山とか大文字が見えました。明日のこともあるので今日は軽い足慣らし。今度の土曜日にはまた比良へ行く予定です。最後の打ち上げは、烏丸北大路の伊藤珈琲店で、ハイネケン。

28.【9月15日】イン谷口8:45→ノタノホリ→11:45堂満岳(1057m)→金糞峠→大山口→14:30イン谷口
 本日も比良へ。また家から車でイン谷口へ。1時間ほどのドライヴ。ノタノホリは比良山系最大の池です。登っている途中からガスがかかってきて、神秘的な風景が現出。ところが、山頂に着いた途端、雨が降り出してきました。それも半端ではない。あわててレインウエアを着て、昼食もそこそこに、金糞峠へ。そこから青ガレを降りました。何もかもびしょ濡れで、打ち上げは家に帰ってから。

27.【9月8日】イン谷口9:46→大津ワンゲル道→12:35釈迦岳(1061m)→リフト釈迦駅跡→15:05イン谷口
 本日は比良の釈迦岳へ。車でイン谷口に着いたものの、雨が降ってきたので、出発をためらう。しかし、この雨の中、武奈ヶ岳に登るというグループが駐車場のところにおられたので、よしとそれなら我々も、と励まされ、山登り決行。大津ワンゲル道を登っていく。「難路注意」と書いてあるルート。最大の難所は「イチョウガレ」。この頃には雨がやんでいたのでよかった。滑落しないようにと慎重に崖を登っていったが、エネルギーをえらく使ってしまい、あとの山頂までのエライこと、エライこと。このルートは上り専用ですね。あそこを降るのはとても大変。山頂からは、リフトと平行にある道。こちらは楽でした。打ち上げはイン谷口からの帰り道、「ブルーベリー・フィールド」へ寄り、「ティータイム・セット」。ハーブティーと季節のデザート3品。イチジクのタルト、巨峰の寒天、しょうがのジェラート。とてもおいしかった。


26.【9月1日】京都バス戸寺バス停10:00→11:00寒谷峠→瓢箪崩山(532m)→14:10叡電八幡前14:23
 足慣らし程度の比較的軽いコース。バス停から西に向かい、橋を渡り左の方向。このとりつきが分かりにくい。昔は、ガードレールにマジックで瓢箪崩山と書いてあったのですが、今は消えています。昔、寒谷峠に着くまで1〜2回休んだ記憶があるのですが、体力がついたようで、寒谷峠まで1時間、休憩なしでした。山頂に着いたのが、11時30分ぐらい。少し早い昼食としました。帰りは、山頂から八瀬方面への初めてのルートで帰りました。途中までは岩倉花園町への道と同じなのですが、分岐から、八瀬・高野方面への道へ。これが分かりにくい道でした。迷い迷いつつ、やっと三宅八幡の神社に出ました。打ち上げは、京阪三条のシュハリ。黒蜜ミルク氷、わらび餅つきというのを食べました。美味。山から下りてくると、甘いものがおいしいです。

25.【8月25日】JR北小松駅8:53→滝見台→涼峠→寒風峠→ヤケ山→涼峠→楊梅の滝・雄滝13:38→JR北小松駅
 
今日は夕方から用事があるので、早く帰れるところに行きました。京都駅8時15分発の湖西レジャー号で北小松へ。それから、かなりの勾配の車道を歩いていきます。楊梅の滝の雌滝へ行くまでのところにトイレあり。ゆっくりと登り始め、涼峠、それから、オトシと呼ばれる湿原を通り、寒風峠。4年前11月に来たときには、それこそ、寒風が吹いていました。そして、ヤケ山。後ろに聳え立っているのは釈迦岳と思われます。まだ、11時半ぐらいであり、山頂は遮るものがないので、降りる方向に。途中で昼食にしました。今日の収穫は、雄滝を見に、滝の真下まで行けたこと。この雄滝は、比良山系中、もっとも落差があるところとか。うちあげは、比良元気村の前の喫茶店D's WOODでレモンスカッシュ。雄滝へ行く道はないと書いてあるガイドブックもありましたが、近年、かなり整備されてきているようです。

24.【8月18日】JR近江高島駅9:03→9:27ガリヴァー旅行村9:45→大擂鉢→広谷→イブルキのコバ→八雲ヶ原→山上駅跡→北比良峠→ダケ道→大山口→イン谷口→桜のコバ→15:30JR比良駅15:39
 3日前に行ったところと同じところを途中まで。今日はいくらなんでもまた武奈ガ岳ということはなく、八雲ヶ原がどうなっているかを観察に出かけました。夏草やつわものどもが夢の跡。なんとも無惨な光景でした。高層湿原は一応隔離されて残っていましたが。山上駅の跡も。広谷の出合(細川越えとイブルキのコバ・武奈ヶ岳方面との分岐)で昼食。河原の木陰で快適でした。全体に木陰の山歩きという感じ。最後の大山口から比良駅までは少しつらい歩き(桜のコバを除く)。打ち上げは、JR京都駅の八つ橋西尾の「茶屋」で、黒蜜氷。黒糖とゴマのシャーベット。

23.【8月15日】JR近江高島駅→ガリヴァー旅行村9:45→大擂鉢→広谷→イブルキのコバ→武奈ヶ岳山頂(1214.4m)→御殿山→15:20坊村15:46→JR堅田駅16:39
 マラソンランナーH氏夫妻と。10日前と同じコース。暑いからか、今回もしんどかった。ほんの少しだけ前回よりも時間短縮できました。バスの中で八つ淵の滝巡りをするという3人のフランスの若者あり。フランス語と英語で案内しました。大擂鉢では前回よりも水量が減っていて石伝いに川を渡るのも楽でした。1時前に山頂、20分ぐらいの昼食休憩。上の写真の向かって左がH氏夫妻。アブに登り途中から下山途中までつきまとわれました。坊村に着いたときは今回も「茶坊」に入れず、自販機の野菜フルーツジュース缶。打ち上げは、JR京都駅のAMON でフルーツ・フラッペ。

22.【月11日】バス停野村別れ9:25→仰木峠→水井山(794.1m)→横高山(767m)→せりあい地蔵→横川駐車場→横川中堂→中尾坂→飯室谷→飯室不動堂→松禅院→西教寺→15:40JR坂本駅
 今回は昨年7月29日のリヴェンジです。飯室不動堂からの道を間違い坂本駅まで車道を歩き続けたので、町の中の道を確認するために出かけました。バス停野村別れにはファミリーマートがありますので、ちょっとしたものを買ってトイレを借りました。水井山、横高山とアップダウンをくりかえしながら尾根を縦走します。そう、この水井山と横高山は比叡山の北に続く山なんです。昨年は、横高山直前で夕立があり、私はおでこをブヨにやられてさんざんでしたが、今回は、夕立も全くなく、からから。横高山で昼食。蠅がたくさんいたのには閉口しました。飯室不動堂からは、松禅院の前を通っていきますと、橋があり、山の中にまた入ります。この道も快適な道でした。昨年とは大違い。うちあげは京都駅で、フルーツ・フラッペ。

21.【8月5日】近江高島駅→ガリヴァー旅行村9:47→大擂鉢→広谷→イブルキのコバ→武奈ヶ岳山頂(1214.4m)→御殿山→15:27坊村→JR堅田駅
 
今日は武奈ヶ岳へ高島の方から。JR京都駅8時15分発の湖西レジャー号で近江高島へ。そこからバスでガリヴァー旅行村へ。協力金を払って中へ入り、トイレを借りる。まずは遊歩道で、大擂鉢へ。次に滝の流れを石伝いに渡り(あるガイドブックには橋があると書いてあったが、流れたためか橋はない!)、いよいよ登り。なぜだか知らないが今日は疲れました。ようやくの思いで、山頂に。坊村のバスの時間があるため、山頂では15分ほど昼食休憩をして、坊村の方へ。西南稜を行き、御殿山へ登り返した時には、ああ、しんど。ここからは下りとはいえ、かなり急。膝の痛みをこらえつつ、バスの時間を気にしつつ、おりました。降りて、自販機でフルーツ・野菜缶。今日は暑くて汗も半端な量ではなく、持って行った水筒のお茶とアクエリアス(500ml)を飲み果たしていたので、おいしかった。さらに、うちあげは、京都駅の近鉄名店街の喫茶店で、宇治金時フラッペ。

20.【7月28日】坊村バス停8:50→伊藤新道取り付き→ワサビ大滝→白滝山(1022m)→音羽池→滝見不動→夫婦滝→白髭淵→牛コバ→15:25坊村バス停
 今日は久しぶりにマラソンランナーH氏夫妻と。暑いので滝巡り。ワサビ大滝を経て、白滝山山頂へ。11時30分頃。ここまでの登りはけっこうきついものがあります。それから、音羽池へ下って昼食。話に聞いていたモリアオガエルの卵が音羽池周囲の木にぶら下がっていて感激。上の写真の白いボール状のもの。本当にたくさんありました。
 そして、昼食後は、滝見不動、夫婦滝。やがて苦難が待ちかまえていることも知らずに、白滝谷を下っていきます。さらに白髭淵の滝を見て、頼りげない橋やらロープやら階段を使い降りていき、スベリ石もすぎて難所はもうないかなと思っていたところ、前回ここに来たときにもあった金属製のハシゴをおりようとしました。しかしその下の砂のところが大きく崩れていて降りられないのです。あせりました。しかたなく、斜面の道なきところをずるずるスベリながら下の川の石に墜落することなく、クリアしました。しかし、もう一つ、難所が。前回来たときにちゃんと掛かっていた橋が大雨、増水によるものか、斜めに傾き、橋の用をなさず。しかたなく、必死の思いで滑らないようにゆっくりと慎重に大石を選びつつ徒渉しました。この苦難の下山の最中、私は帽子をなくしてしまいました。ああ。うちあげは、バスの到着を気にしつつ、とりあえず、自販機からサントリープレミアムモルツ一缶で無事を祝って乾杯。さらに、JR堅田駅前平和堂のレストランハトにて生中。おつまみは枝豆。
 『滋賀県の山』(山と渓谷社、2004年)には、このコース「危険度1」ですが、今の状態では「危険度2あるいは3」ぐらいに格上げ(?)してもいいかと思います。

19.【7月25日】戸寺バス停9:00→江文神社→三壺の社→翠黛山→焼杉山→14:10大原バス停
 1ヶ月ぶりの山歩き。年休をとりました。28日にも山登りなので今日は足慣らし。大原三山の縦走です。戸寺バス停のコンビニはなくなり、道の駅のようなおみやげ屋さんになりました。江文神社には観光トイレがあります。本殿の横から、琴平新宮社を経て、三壺の社、そこの見晴台。江文峠に出る遠回りよりは近道を選びました。それから、アップダウンを繰り返して翠黛山、焼杉山。ここで昼食です。寂光院に出るダイレクトコースはとらず、大原中学、小学校の横に出るコースをとりました。うちあげは京阪三条の「シュハリ」。黒蜜アイス、わらび餅付きというのを食べました。

18.【6月23日】叡電八瀬駅8:45→松尾坂→西山峠→木場→見晴台→大比叡(848.3m)→智証大師の道標→弁天堂の鳥居→比叡山鉄道(坂本ケーブル)延暦寺駅→1:45比叡山高校グラウンド→陶茶房→JR坂本駅
 梅雨とは思えないよい天気。マラソンランナーH氏夫妻と行くはずが連絡ミスでわれわれ夫婦だけとなりました。今日も夕方から用事があり、比較的早く帰宅できるコース。ところが、歩き始めてしばらくして、後ろから一人ついてくる人あり。先に行ってもらおうと思ったら、道が分からないのでついて行くと言う。この青年、中国から門真のパナソニックに研修に来ていて1ヶ月たち、来週には中国に帰るとのこと。日本語は喋れず、英語でコミュニケートするも、英語の語彙もあまりなさそう。ともかく、彼がついてくるので、我々のペースの速いこと速いこと。結局、延暦寺に行きたいとのことで、大比叡まで一緒でそこで分かれました。思いがけない国際交流でした。
 最後は陶茶房で例によってうちあげ。例によってカボチャのプリンとアイスコーヒー。


17.【6月16日】坊村バス停8:50→見晴台→御殿山(1097m)→11:45武奈ヶ岳(1214.4m)→コヤマノ岳(1181m)→金糞峠→大山口→イン谷口→16:16JR比良駅
 今日は5月19日の武奈ヶ岳行きのリヴェンジです。日頃のわれわれの行いがいいからでしょう、好天に恵まれ、武奈に行ってきました。ベニドウダンの花は落ちかけていましたが、まだ残っていました。武奈ヶ岳の山頂でお昼。360度のパノラマ・ヴュー。帰りは比較的新しいコースをとりました。古い地図にはのっていません。コヤマノ岳まではわかりやすいのですが、問題はそれからです。2分ほどで東南の尾根に入るのですが、ここが分かりにくい。それさえ分かれば、あとはテープがあります。金糞峠近くには、シャクナゲの群生地がありました。行けども行けどもシャクナゲという感じ。来年の5月には、ここにも来ようと思ったほどです。うちあげは、JR京都駅の伊勢丹で。コーヒーゼリー・フロートを食べ(飲み?)ました。

16.【5月26日】朽木いきものふれあいの里9:45→カツラの谷→展望台→12:00蛇谷ガ峰12:30→ヒダサンショウウオの谷→13:35朽木いきものふれあいの里
 今日は夕方から用事があるので4時までには家に着くようにということで、このコース。車で「いきものふれあいの里」まで、1時間15分ほど。山頂に着いたところ、黄砂で視界きわめて悪し。琵琶湖の方を見ても、どこまでが高島市でどこからが琵琶湖なのかまったく分からず。お昼を食べて急いで下りました。いつものように朽木の「道の駅」に寄り、お土産を買って、うちあげは、帰りの道を少し行ったところ(道の駅から300メートルほど?)にある、「栃の実庵」で、わらび餅アイス。アイスクリームの上と横にわらび餅がのっかり、きな粉がかかっていました。とってもおいしかった。おかげで写真を撮るのを忘れてしまいました。

15.【5月19日】坊村バス停8:50→御殿山→西南稜→武奈ヶ岳(1214.4m)→西南稜→御殿山→14:05坊村バス停
 今日は比良の最高峰武奈ヶ岳です。天気のよいのは初めだけで、10時30分頃から雨が降り始め、風は強いは、ガスは出てくるは。西南稜はまるで雲の中を歩くよう。風も強くとばされそうでした。山頂も360度パノラマ・ヴューの予定が何も見えず。それに寒かった。というわけで、写真をとってさっさと元の道を帰りました。うちあげは、坊村の「茶坊」で、ヨモギ蕎麦とビール。バスが来るまで1時間半ほどゆっくりしました。
 
14.【5月5日】百井別れバス停8:50→百井峠→天ガ岳→シャクナゲ尾根→小出石バス停→13:30大原バス停
 
昨年は5月4日に出かけてシャクナゲを堪能しました。それで、今年もと思って出かけたのですが、花は早くもほとんど終わっていて、しかも、花が咲いていた部分が去年の1割もありませんでした。単に花が早く終わっていただけのことなら問題ありませんが、問題は、花をつけていたところが極端に少なかったことです。あとから調べたら、花の蕾は前の年の夏にできているとのこと。昨年の夏の蕾の出来が悪かったので、今年はほとんど花がなかったようです。今年の夏、ちゃんと蕾をつけてもらって、来年の春に期待したいと思います。
 小出石のバス停で、バスの時間が合わず(1時間15分も待たねばならない)、大原まで40分ほど歩きました。そこから四条河原町行きの臨時バスに乗り、打ち上げは、四条河原町の「永楽屋」の二階で、「白玉フルーツ寒」。

13.【5月3日】出町柳バス停→菅原バス停9:45→ダンノ峠→品谷山→品谷峠→廃村八丁→刑部滝→ダンノ峠→菅原バス停→15:45広河原バス停→18:00出町柳
 6月、7月、8月はヒルで悪名高いコース。出町柳バス停で、遅れてきたのに先のグループに入り込んだ老人3人。許せない。リーダーもちゃんと注意してもらわないと。バスに揺られて2時間弱。いい天気の中を出発。ダンノ峠から尾根にあがると、以後、品谷山までの尾根道は実に快適。ブナの林がきれい。遠くに佐々里峠がちらほらと。品谷峠を過ぎてスモモ谷に入ったところで昼食。廃村八丁から刑部谷に向かう。このころから雷が鳴り、雨が降り始める。午前中のあのよい天気は何だったのだ? 谷を離れるところ、急登。雨は降るし、下の岩は滑りやすい。シャクナゲが咲いていたが写真を撮る余裕なし。菅原バス停にバスの時間より早く着いたので、終点の広河原バス停まで歩いた(20分ほど)。うちあげは出町柳「カミ家」で「ホットコーヒー」。

12.【4月28日】出町柳8:30→白梅橋バス停9:30→持越峠→中川小学校真弓分校(現在休校)→岩谷峠→半国高山(670m)→岩谷峠→林道→小野郷バス停13:46→JR京都駅
 今日もマラソンランナーH氏夫妻と。今日のお目当てはコバノミツバツツジでした。ところが、昨年と1日違いで出かけたのですが、すでに花は散っていて若葉のみ。残念。山頂では雨がぱらぱら降ってくるは、雷はなるは。しかし、下山の途中から、太陽が出てきて本当にいい天気。小野郷の神社裏で、イチリンソウが一杯咲いていました。うちあげは、JR京都駅前ポルタの「カプリチョーザ」でイタリアビールDREHERと生ハムとルッコラのサラダ。

11.【4月14日】出町柳→バス停坊村8:55→ブナ平→鎌倉山→オグロ坂峠→峰床山(970m)→クラガリ谷→八丁平→中村乗越→江賀谷右股→15:30葛川学校前→JR堅田駅
 今日のお目当てはイワウチワです。あとタムシバも。久しぶりでマラソンランナーH氏夫妻とご一緒。坊村でトイレをすませ、いざ。最初は急登、ブナ平でほっとします。オグロ坂峠で昼食としました。これから峰床山までは昼食のあとか、しんどかったです。アップダウンもありましたし。うちあげは、JR京都駅で、ビールと枝豆。

10.【4月1日】バス停南春日町10:04→金蔵寺→淳和天皇陵・小塩山→天皇陵道→13:55バス停南春日町
 カタクリの花を見ようと、出かけました。途中からぱらぱらと雨が降ってきて、レインウエアを着ながらの山登り。淳和天皇陵の前で昼食。それから、カタクリの花を見に。ヴォランティアの会が年中このカタクリの世話をしておられて、今日も来ておられました。頭がさがります。花はまだ蕾でした。カタクリは芽が出て花が咲くまで8年かかるとか。また、葉が2枚にならないと蕾はできないとか。いろいろ教わりました。うちあげは、四条小橋を南にさがったところにある「フランソワ」。ダイエット効果を維持するために、ケーキは食べず、コーヒーのみ。

9.【3月29日】坊村バス停8:55→伊藤新道分岐→ワサビ大滝→白滝山(1022m)→11:48音羽池12:18→夫婦滝→シル谷→打見山→クロトノハゲ→天狗杉→JR志賀駅16:24発
 今日は比良を堪能しました。山二つとなると、やっぱりしんどい。シル谷から打見山へ向かったのは、シル谷、木戸峠からクロトノハゲがかなり危険であるとのokaokaさんの忠告に従いました。しかし、シル谷からスキー上級コースのゲレンデを登っていくのは、まっすぐな登りできつかったです。そして、JR京都駅でうちあげ。「モーツァルト」でコーヒーとザッハトルテのケーキセット。

8.【3月24日】叡電八瀬駅→松尾坂→峠→林道→雲母越→見晴台→山頂駐車場→大比叡→智証大師廟→延暦寺会館→亀堂→日吉大社→JR坂本駅
 昼から雨とのことで、行ったことがある道、比較的早く帰れる事を条件にこのルートを選びました。比叡山は今年、4回目です。前回より間が3週間空いていたので、やっぱり疲れました。うちあげは、「陶茶房」で、熱いコーヒーとカボチャプリン。慣れてくると時間がずいぶん短縮できたようです。

7.【3月3日】JR馬堀駅→宝泉寺→みすぎ山→沓掛山→野鳥園→京大桂坂キャンパス
 唐櫃越に行ってきました。室町時代の頃からの古道です。馬堀の駅から町の中を通って宝泉寺へ。これは宝泉寺が高台にあって、駅のあたりから見えます。お寺の右からお墓、竹藪を通って山道に入ります。みすぎ山からは、亀岡や愛宕山、北山がよく見えます。しばらくは尾根道ですが、やがて林道に出ます。このコースはここがあまり嬉しくないところ。林道の一部はアスファルト舗装がしてあり、夏だと暑いだろうなあと思いつつ、進みました。沓掛山登り口からは、また、尾根道です。野鳥園に下りてから阪急上桂駅まで歩こうと思ったのですが、道が分からず、ちょうど来たバスに乗って阪急桂駅まで。うちあげは四条小橋近くの喫茶店で。レアチーズケーキとコーヒー。

6.【2月24日】叡電八瀬駅→松尾坂→松尾峠→スキー場跡→見晴台→山頂駐車場→大比叡→智証大師廟→坂本ケーブル延暦寺駅→裳立山→蟻が滝→JR坂本駅
 今週も比叡山です。2月3回目。今回も松尾坂から。下の松尾峠の写真では、右から左へ行きますと、前回と同じコース。今回は、写真の正面上の方向へ、急坂を登ります。やがて尾根道を歩き、旧スキー場の管理棟の裏に出て、大比叡と向かいます。下りは、また、前回とは変更しました。蟻が滝に下りて行きました。伝教大師最澄がここで大蛇を諭したところ、大蛇が蟻になって滝の中へ消えたという故事に則って「蟻が滝」。あまり人が来ないからなのか、道がだいぶ荒れています。要注意。今週も前回と同じ「陶茶房」でうちあげ。今日はお善哉。    

5.【2月10日】叡電八瀬駅→松尾坂→松尾峠→林道→雲母越→見晴台→山頂駐車場→大比叡→智証大師廟→坂本ケーブル延暦寺駅→紀貫之墓→無動寺道→JR坂本駅
 松尾坂はいい道です。この道がガイドブックに載っていないのは何故なんでしょう。先週の雪も今日は溶けていました。下りは蟻が滝には寄らず、尾根を下りました。かなり、坂本駅からは南のほうに出てしまいました。いつか蟻が滝には寄ってみることにしたいと思います。最後は、坂本の「陶茶房」で、カボチャのプディングとコーヒー。

4.【2月3日】叡電修学院→雲母坂取り付き→水飲対陣石碑→千種忠顕碑→ケーブル比叡山頂駅→スキー場跡→見晴台→山頂駐車場→比叡山三角点山頂→延暦寺会館→亀堂→日吉大社→京阪坂本駅
 okaokaさんにならって松尾坂に挑戦とも考えたのだが、前日の降雪を考えて、今日は、非常にポピュラーなコースをとることになった。面白いことに、雲母坂では雪はほとんどなかったが、登りにつれて雪の量多し。今度の土曜日10日は松尾坂から登る予定。ほとんど迷うところはないが、坂本へ下りる道、延暦寺の境内で多少迷うところあり。一番分かりにくかったのは、延暦寺会館からの道。横の急な坂を下りていけばよい。今日は、ここが除雪したあと凍っていて、本当にへっぴり腰で滑らないように下りました。坂本におりて、駅の近くの喫茶店でチーズケーキとコーヒーで打ち上げ。

3.【1月20日】バス停旧道別れ→旧花背峠→ゲート→採石場→林道別れ→鞍馬尾根→ピーク674→ピーク634→経塚→竜神池→鞍馬寺→叡電鞍馬
 今日は、夕方から用事があるので、比較的楽なコース。マラソンランナーH氏と。バス停から林道を登っていきますが、水の流れた跡が凍っていて、滑りやすく慎重に登っていきました。林道別れのあたりで比叡山、さらに向こうの琵琶湖の湖東の山まで見えて愉快。あとは尾根。林道別れから右手に植林したところへ入りますが、ここが少し分かりにくい。テープがいくつも巻いてあるところを見逃さないように。鞍馬寺を下りて、昼食は、山門前の「心天狗(こてんぐ)」で。蕎麦と麦酒がおいしかった。

2.【1月13日】バス停戸寺→江文神社→琴平新宮社→三壺の社→翠黛山→焼杉山→阿弥陀寺山門前→バス停大原
 先週のリヴェンジです。天気は比較的よく、雪は所々。しかし、縦走して北へ行けば行くほど雪が残っており、焼杉山の頂上では、たっぷり。雪の上に敷物を敷いて昼食としました。翠黛山へ行く途中のところで、非常に間違いやすいところがあります。テープも何もないのですが、道が2方向になっていて、右をとると、先週のように寂光院の方向に行ってしまいます。左をとり、15分ほど登れば、翠黛山です。もう一つ間違いやすいところは、焼杉山へ登る途中の分岐点です。四つ辻なのですが、立派な標識は三方向しか示しておらず、焼杉山への方向の指示板がありません。翠黛山から北上してくると、左が百井・天ガ岳、右が寂光院、来た道が翠黛山。焼杉山は、まっすぐ登って行きます。2メートルぐらい行ったところに、小さな標識があり、焼杉山と書いてあります。途中で犬の鳴き声と銃声がしたと思ったら、古知谷に下りるときに犬2匹を連れた猪狩りのハンターに会いました。我々の下りる谷とは反対側の谷の下で仲間が待ちかまえているとか。山の中では、猪に間違われないためにも、目立つ色のものを着ておく必要があります。

1.【1月7日】バス停戸寺→江文神社→琴平新宮社→金毘羅山→寂光院→バス停大原
雪の中、大原三山の縦走の予定で、七草粥を食べて、出かけました。ところが、雪が降り出し、トイレのある江文神社でも吹雪状態。下にはまだそれほど積もっていませんが、金毘羅山に着きますと、8cmは積もっています。途中で2人組に出会い、翠黛山から焼杉山への縦走とのこと。我々は30分ぐらいあとから先を行く2人組の足跡を辿っていきましたところ、途中分かれ道で迷った(二人組の足跡が翠黛山方向から外れていた)のですが、結局、翠黛山には至らず、図らずも、寂光院に出てきました。雪は降り続いているし、足下は次第に歩きにくくなってきたしで、この選択はよかったのかもしれません。しかし、くやしいので、13日土曜日は、三山縦走の予定です。