本の話 

●頂いた本、最近読んだ本の一部を紹介します。現在の私の研究と深く関わりのある本は、営業秘密(?)の観点から省略しております。
●ご著書お送りいただいたみなさま、ありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。
赤い字で記しているのが頂いた本です。
●最近のものが上で、降順になっています。


2019年

ピーター・ミルワード(安西徹雄訳)『イギリスの学校生活』(新潮社、1979年)


柳沢幸雄『空気の授業:化学物質過敏症とはなんだろう?』(ジャパンマシニスト社、2019年)
小此木啓吾『一・五の時代』(筑摩書房、1987年)
近藤まさたろ『ギリシャ四季暦』(東京書籍、1996年)
橋谷晃『自然を歩こう! トレッキングのABC』(山と渓谷社、2002年)
池内紀『自由人の暮らし方』(みすず書房、2005年)
能勢博『もう山でバテない!』(山と渓谷社、2017年)
木田元『哲学散歩』(文藝春秋、2014年)
福島正明=監修、羽田治・高木みなこ=文『歩き方』(山と渓谷社、2001年)

黒田龍之介『外国語の水曜日(現代書館、2000年、2006年)
野沢延行『ネコと暮らせば』(集英社、2004年)
田中美知太郎『時代と私』(新装版)(文藝春秋、1984年)
笹原芳樹=監修、大久保忠男・砂川純子=文『山の道具』(山と渓谷社、2001年、2006年)
・高橋宏幸訳、オウィディウス『変身物語1』(京都大学学術出版会、2019年)

・蜷川幸雄『演劇ほど面白いものはない』(PHP研究所、2012年)
 本の整理をしている中で再読。

・小林標『ロマンスという言語』(大阪公立大学共同出版会、2019年)

・丸谷才一『猫のつもりが虎』(マガジンハウス、2004年)
  本の整理をしている中で再読。
・山田稔『マビヨン通りの店』(編集工房ノア、2010年)
  わがフランス語文法の師である山田先生のエッセイ集。昔の大学の伸びやかさが懐かしい。
・河島重成・古澤ゆう子・小林薫(編)『ホメロス『イリアス』への招待』(ピナケス出版、2019年)
・キケロー『老年について/友情について』(大西英文訳:講談社学術文庫、2019年) 
・沓掛良彦『文酒閑話』(平凡社、2000年)