本の話 

●頂いた本、最近読んだ本の一部を紹介します。現在の私の研究と深く関わりのある本は、営業秘密(?)の観点から省略しております。
●ご著書お送りいただいたみなさま、ありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。
赤い字で記しているのが頂いた本です。
●最近のものが上で、降順になっています。


2018年
・逸身喜一郎『ギリシャ・ローマ文学』(研究社,2018年)
・井上ひさし『本の運命』(文藝春秋,1997年)
・吉武純夫『ギリシア悲劇と「美しい死」』(名古屋大学出版会,2018年)
・山沢孝至:神戸大学英米文学会(編)『教養主義の残照』(開文社出版株式会社,2018年)
・井上ひさし『本の枕草紙』(文藝春秋、1982年)
・門井慶喜『銀河鉄道の父』(講談社,2017年)