本の話 

●頂いた本、最近読んだ本の一部を紹介します。現在の私の研究と深く関わりのある本は、営業秘密(?)の観点から省略しております。
●ご著書お送りいただいたみなさま、ありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。
赤い字で記しているのが頂いた本です。
●最近のものが上で、降順になっています。


2017年

・藤原正彦『グローバル化の憂鬱』(新潮社,2013年)

・ホラーティウス『書簡詩』(高橋宏幸訳,講談社学術文庫,2017年)

・アンミアヌス・マルケリヌス『ローマ帝政の歴史1』(山沢孝至訳,京都大学学術出版会,2017年)


・鹿島茂『関係者以外立ち読み禁止』(文藝春秋,2003年)
 この頃家にある本の整理をしていて,面白そうなものは片っ端から読んでいる.これもその一つ.
 すごい名前のタイトルだが,雑学の知識が増えて楽しんだ.

・高尾慶子『ロンドンの負けない日々』(文春文庫,2005年)

・高尾慶子『イギリスウフフの年金生活』(文春文庫,2007年)

・田郁『銀二貫』(幻冬舎時代小説文庫,2010年)

・宮口精二対談集『俳優館』(大和山出版社,1983年)

・永六輔『大往生』(岩波書店、1994年)

・中原一歩『私が死んでもレシピは残る 小林カツ代伝』(文藝春秋、2017年)

・高尾慶子『イギリス・ニッポン 言わせてもらいまっせ』(文春文庫、2004年)

・藤村シシン『古代ギリシャのリアル』(実業之日本社、2015年)

・三木卓『K』(講談社文芸文庫、2017年)

・バルバラ・グラツィオージ(西村賀子監訳 西塔由貴子訳)『オリュンポスの神々の歴史』(白水社、2017年)

・角田朋司『山歩き健康法』(山と渓谷社、2004年)

・原田マハ『リーチ先生』(集英社、2016年)

・木村和也『水の容(かたち)』(創風舎出版、2017年)