最近の仕事今の仕事

・「エッセー好きなせりふ:ギリシア悲劇の普遍性」(『上方芸能』195、2015年3月)p.68.
・’Reception of Greek Tragedy in Japanese Literature and Performance' in Hanna M. Roisman (ed.), The Encyclopedia of Greek Tragedy, Wiley-Blackwell, 2013.
・「美学な幕切れ:ギリシア悲劇『メーデイア』の舞台」(『上方芸能』187,2013年3月)p.66.
・(論文)「古代ローマの俳優と演技」(『「文化」の解読(10)―文化と身体―』大阪大学大学院言語文化研究科 2010年5月)pp.1-10.
・(書評)A. J. Boyle, Octavia Attributed to Seneca, Oxford 2008 (『西洋古典学研究』LVIII 岩波書店 2010年3月)pp. 132-135.
・分担執筆『ラテン語辞典』(白水社)


これまでの仕事
【著書】
【9】共編著『言語文化学への招待』(木村・金崎編、大阪大学出版会、2008年3月)
【8】共著『シュンポシオン:高岡幸一教授退職記念論文集』(朝日出版社、2006年3月)
【7】『日本におけるギリシア・ローマ演劇上演史研究』(科研費報告書、2005年3月)
【6】共著『批評の現在』(和泉書院、1999年10月)
【5】共編著『言語文化学概論』(藤本・木村編、大阪大学出版会、1997年11月)
【4】共著『性をめぐる基礎知識』(自由国民社、1994年1月)
【3】共著『ラテン文学を学ぶ人のために』(松本・岡・中務編、世界思想社、1992年7月)「プラウトゥス」「テレンティウス」pp.17-36.
【2】共著『ことばは生きている』(高岡・宮川編、人文書院、1991年9月)
【1】共著『世界の奇書101冊』(自由国民社、1978年12月)「アルス・アマートーリア」「メタモルフォーセース」pp.131-136.

【訳書】
【7】テレンティウス『アンドロス島の女』(『ローマ喜劇集5』京都大学学術出版会、2002年8月)
【6】キケロー『トゥスクルム荘対談集』(岩谷智氏と共訳『キケロー選集12』岩波書店、2002年4月)
【5】プラウトゥス『ほら吹き兵士』(『ローマ喜劇集3』京都大学学術出版会、2001年10月)
【4】プラウトゥス『商人』(『ローマ喜劇集3』京都大学学術出版会、2001年10月)
【3】プラウトゥス『アンピトルオ』(『ローマ喜劇集1』京都大学学術出版会、2000年9月)
【2】オウィディウス『悲しみの歌・黒海からの手紙』(京都大学学術出版会、1998年9月)
【1】セネカ『オクタウィア』(『セネカ悲劇集2』京都大学学術出版会、1997年9月)

【論文】
【54】「古代ローマの俳優と演技」(『「文化」の解読(10)―文化と身体―』大阪大学大学院言語文化研究科 2010年5月)pp.1-10.
【53】「ギリシア喜劇とローマ喜劇」(『ギリシア喜劇全集』別巻、岩波書店、2008年11月)pp.277-303.
【52】 「キケローの《演劇論》と俳優たち」(共同研究プロジェクト『〈文化〉の解読(8)』)大阪大学大学院言語文化研究科,2008年5月,pp.1-10.
【51】「映画の中の古代ギリシア・ローマ:映画『トロイ』を中心に」(『言語文化学への招待』大阪大学出版会、2008年3月)pp.3-14.
【50】「劇作家としてのセネカ」(『西洋古典学研究』LVI、岩波書店、2008年3月)pp.110-113.
【49】「古代ギリシア・ローマの笑い、上方の笑い:喜劇の場合」(『適塾』No.40、2007年12月)pp.20-29.
【48】「都市と文化―劇場都市ローマ」(言語文化共同研究プロジェクト2006『「文化」の解読(7)―システムとしての文化―』大阪大学大学院言語文化研究科2007年5月)pp.1-10.
【47】「ギリシアからローマへ:喜劇の場合」(言語文化共同研究プロジェクト2005『「文化」の解読(6)―文化受容のダイナミクス―』大阪大学大学院言語文化研究科2006年   5月)pp.1-10.
【46】「古代ローマ演劇の起源をめぐって:Valerius Maximusの場合」(『シュンポシオンー高岡幸一教授退職記念論文集ー』朝日出版社、2006年3月)pp.315-324.
【45】「『ハリソン神話』の誕生とその後」(言語文化共同研究プロジェクト2004『文化の解読(5)―文化生産の諸相―』大阪大学大学院言語文化研究科2005年5月)pp.9-16.
【44】「演劇の位置付け」(『上方芸能』155号、2005年3月)pp.42-43.
【43】「日本における西洋古典学受容の一側面」(言語文化共同研究プロジェクト2003『文化の解読(4)―文化批判の機能をめぐって―』大阪大学大学院言語文化研究科、2004年5月)pp.37-46.
【42】「古代ローマ演劇とテレンティウス」(『ローマ喜劇集5』京都大学学術出版会、2002年8月)pp.727-747.
【41】「ギリシア・ローマ演劇と笑い」(『シアターアーツ』16,晩成書房、2002年4月)pp.38-40.
【40】「接吻と古代ローマ人」『接吻考』(言語文化共同研究プロジェクト2000、大阪大学言 語文化部・大学院言語文化研究科)、2001年3月)pp.1-10.
【39】「演劇にとって批評とはなにか:劇評と演劇批評」(『批評の現在』和泉書院、1999年10月)pp.113-143.
【38】「古代ローマ演劇とプラウトゥス」(『ローマ喜劇集1』京都大学学術出版会、2000年9月)pp.521-549.
【37】 「古代ローマ演劇の起源・再考」(『演劇学論集』37、日本演劇学会、1999年9月)pp.347-363.
【36】 「日本におけるギリシア・ローマ演劇の受容」(『日本をめぐる国際関係と言語文化交流の史的研究』科学研究費補助金基盤研究(B)(2)研究成果報告書、1999年3月)pp.44-61.
【35】「西洋古典語文化論:ローマの愛と愛の言葉」(『言語文化学概論』大阪大学出版会、1997年11月)pp.189-200.
【34】 「『オクタウィア』の構造―観客の視点から―」(『西洋古典論集』XI、岡道男教授退 官記念号、京都大学西洋古典研究会、1994年3月)pp.212-226.
【33】「アルス・アマートーリアを越えて」(『性をめぐる基礎知識』自由国民社、1994年1月)pp.79-83.
【32】「演劇とことば」(『ことばは生きている』人文書院、1991年9月)pp.144-154.
【31】「喜劇・エレギーア・オウィディウス―Amores I.6 を中心に―」(『言語文化研究』 17、1991年3月)pp. 177-194.
【30】「古代ローマに於ける芸能とパントミームス」(『大阪樟蔭女子大学英米文学会誌』 27、1990年3月) pp.27-44.
【29】「《夢》のドラマトゥルギー: Mercator と Rudens」(『西洋古典学研究』 37、1989年 3月)pp.78-90.
【28】「プラウトゥスに於ける《夢》」『大阪樟蔭女子大学論集』 25 (1988年3月) pp.33-48.
【27】「舞踊と演劇:古代ギリシア・ローマの場合」(『舞踊學』10、舞踊学会、1987年12月) p.5.
【26】「関西の新劇」(『演劇年報1987』早稲田大学演劇博物館、1987年)pp.109-112.
【25】「俳優と演技:ローマ帝政期初期に於ける」『大阪樟蔭女子大学英米文学会誌』 24 (1987年3月) pp.53-70.
【24】「演出の時代:その意義と役割」(『上方芸能』91、1986年5月)pp.4-7.
【23】「演出家の時代」(『上方芸能』89、1985年)p.62.
【22】「古代ローマの役者たち・寸描:共和政期を中心に」(『大阪樟蔭女子大学英米文学会誌』 22 、1985年3月) pp.75-92.
【21】「古代ローマの詩人たち(二):カトゥルス第1歌、第2歌、第3歌」(『而シテ』 14、1984年9月) pp.138-142.
【20】「ひとり芝居考現学」(『上方芸能』81、1983年)p.58.
【19】「古代ローマの詩人たち(一)」(『而シテ』 13 、1982年10月) pp.126-129.
【18】「Plautus, Casina の構造: ludus と変装」 (京都大学文学部西洋古典研究室編『古典古代における伝統の継承と革新』、1982年3月)pp. 36-56.
【17】「Exsul の詩人オウィディウス(2):『悲歌』 I.ii.,iii.」(『大阪樟蔭女子大学論集』18、1981年3月) pp.31-50.
【16】「牧神パーンと《夢》:メナンドロス『気むずかし屋』の構造」(『大阪樟蔭女子大学英米文学会誌』 17、1980年3月) pp.11-32.
【15】「Exsul の詩人オウィディウス(1):『悲歌』 I.i.」(『大阪樟蔭女子大学論集』 17、1980年3月) pp.19-34.
【14】「オウィディウス・ノート(6)追放の原因(I)」(『而シテ』 10 、白地社、1980年8月)pp.70-79.
【13】「『恋の歌』と『嘆きの歌』:オウィディウス・ノート(5)」(『而シテ』 8 、白地社、1978年7月) pp.12-18.
【12】「スカトロギアの諸相:西洋古典文学に於ける」(『ユリイカ』 10-7青土社、1978年6月) pp.214-223.
【11】「アルフィエリ氏はコロスか?:アーサー・ミラー『橋からの眺め』のドラマトゥルギー」(『大阪樟蔭女子大学英米文学会誌』15 (1978年3月)pp. 1-26.
【10】「オウィディウスの流刑地への旅路(4)」(『而シテ』 7 、白地社、1977年9月) pp.42-45.
【9】「西洋古典文学に於けるスカトロギア序説(3):カトゥッルスの場合」(『ユークロニア』6 ユークロニア同人会、1977年6月) pp.16-23.
【8】「プラウトゥスに於ける《接吻》: osculum と savium 」『西洋古典学研究』25(日本西洋古典学会、1977年3月) pp.78-90.
【7】「オウィディウスの追放・(3)」(『而シテ』6、泊地社改め白地社、1977年1月)pp.24-49.
【6】「オウィディウスの追放・ノート(2)」(『而して』5、泊地社、1976年6月)pp.26-35.
【5】「現代アメリカ文学断章:ワイルダー、ヘラー、コジンスキー」(『ユークロニア』 5 、ユークロニア同人会、1976年4月)pp.39-46.
【4】「オウィディウス・ノート(1)」『而して』4(泊地社、1975年11月)pp.2-7.
【3】「ミシガン・ノート」(『ユークロニア』4、ユークロニア同人会、1974年11月)pp.55-63.
【2】「西洋古典文学に於けるスカトロギア序説(1):ミソギュニアとの関連で」(『ユークロニア』2、ユークロニア同人会、1972年10月)pp.18-25.
【1】「黄金時代・Saturnaliaとローマの諷刺詩人たち」(『ユークロニア』1、ユークロニア同人会、1972年3月)pp.6-16.

【その他】
【1】「西洋古典文学に於けるスカトロギア序説(2):小休止あるいは前回の補足と今後の方向」『ユークロニア』3(ユークロニア同人会、1974)p.23.
【2】「ギリシア悲劇をめぐって」岩波書店『ギリシア悲劇全集』7 月報 (1991年)pp. 4-7.
【3】「古代ローマ喜劇研究の現在」地中海学会・月報 139-4 (1991年) p.6.
【4】「ことば、ことば、ことば」岩波書店『岸田國士全集』18 月報 (1992年)pp. 9-12.
【5】「役者・考」大阪大学言語文化部「言文だより」9(1992年)pp. 4-6.
【6】「演技のスタイルについて」大阪大学文学部芸能史・演劇学講座「まくあい」3(1992年) p.2.
【7】「身体の復権!」近畿大学文芸学部芸術学科 演劇・芸能専攻 舞踊研究室「身体表現学」Vol.1(1992) 
【8】 「古代ギリシャにおける〈演技〉ノート」近畿大学文芸学部芸術学科 演劇・芸能専攻 舞踊研究室「身体表現学」Vol.3(1994年)
【9】「『ローマを見た』に見られるもの―二つの問題点―」大阪大学文学部芸能史・演劇学講座「まくあい」10(1995年)10-11.
【10】「ルナールと岸田國士と新劇と」『ジュール・ルナール全集』8(臨川書店)月報(1995年)pp.6-8.
【11】 「ローマ喜劇あれこれ」『関西シェイクスピア研究会会報』17(1996)p.14.      
【12】「オウィディウスと本―流刑地トミスにて―」『大学出版』No.30,'96夏号(大学出版部協会)pp.1-5.
【13】「空間論のための覚書」 近畿大学文芸学部芸術学科 演劇・芸能専攻 舞踊研究室「身体表現学」Vol.5(1996年)
【14】「ワーグナーかモーツアルトか」(『岡道男先生追悼文集』京都大学西洋古典研究会 2001年1月31日)pp.111-114.
【15】「ある院生との対話あるいは『ゆっくり急げ』」(『読書探検』38. 大阪大学生活協同組合 2001年8月20日)pp.1-2.
【16】「古典語教育の過去・現在・未来」(『言文だより』20.大阪大学言語文化部・大学院言語文化研究科 2003年3月)pp.20-22.
【17】「古典語教育講座の28年あるいは27年」(『言文だより』22号、2005年3月)
【18】「高大連携講座―京都府立嵯峨野高校」(『言文だより』22号、2005年3月)
【19】「言語文化研究科再編拡充戦記ー『ガリア戦記』風にー」(『言文だより』23号2006年3月)
【20】「Memorabilia:Pater familias としての松平先生」(『松平千秋先生追悼文集』京都大学西洋古典研究会、2007年3月)pp.104-106.
【21】・「MAGISTER ARITVNEVS の思い出」(『ラテン詩人水野有庸の軌跡』大阪公立大学共同出版会,2009年3月)pp.24-27.

【書評】
【1】G. Karl Galinsky: Ovid's Metamorphoses: An Introduction to the Basic Aspects.Oxford 1975. 『西洋古典学研究』 24 (1976)pp. 117-119.
【2】オリヴァー・タプリン『ギリシア悲劇を上演する』(リブロポート,1991)「東京新聞」1992年1月26日朝刊
【3】A. J. Boyle, Octavia Attributed to Seneca, Oxford 2008 (『西洋古典学研究』LVIII 岩波書店 2010年3月)pp. 132-135.

【共著・監修と分担執筆】
【1】学習研究社『グランド現代百科事典』 (1973)ラテン文学関係の8項目執筆。
【2】平凡社『最新世界大百科事典』 (1984)演劇学関係の4項目執筆。
【3】小学館『新大日本百科事典』 (1984)ラテン文学関係の2項目執筆。
【4】集英社『世界文学大事典』 (1996 )ラテン文学関係の8項目執筆。
【5】週刊朝日百科『世界の文学』第1巻53号(2000)、「オウィディウス・追放された詩人」   pp.82-85.

【口頭発表】
【1】「プラウトゥスに於ける《接吻》: osculum と savium」 日本西洋古典学会(1976/5/28)京都府立大学
【2】「Menandros, "Dyskolos" の構造:プロロゴスを中心に」日本演劇学会(1979/11/24)大阪大学
【3】「古代ギリシア演劇から Plautus へ:変装のモチーフの流れ」日本演劇学会1982/10/16)甲南女子大学
【4】「古代ギリシア・ローマ演劇と舞踊」舞踊学会(1986/10/26)武庫川女子大学
【5】「≪夢≫のドラマトゥルギー:MercatorとRudens」日本西洋古典学会(1988/6/5)大阪大学
【6】「喜劇・エレギーア・オウィディウス:Amores I.6を中心に」ギリシア・ラテン文学研究会(1989/10/28)大阪樟蔭女子大学
【7】「演劇にとって批評とは何か」懐徳堂講演(1993/5/24)
【8】「ローマ文化再考」東京朝日カルチャーセンター講演(1994/1/22)
【9】「ローマ喜劇あれこれ」関西シェイクスピア研究会講演(1995/12/17)
【10】「ローマ文化再考ーーローマの喜劇について」神戸朝日カルチャーセンター講演(1996/7/13)
【11】「ローマ文化再考ーー流謫の詩人オウィディウス」神戸朝日カルチャーセンター講演(1996/9/21)
【12】「日本におけるギリシア・ローマ演劇の受容」大阪大学・コペンハーゲン大学学術交流プログラム・記念シンポジウム(1998/7/11)大阪大学
【13】「古代ギリシア・ローマの笑い、上方の笑いー喜劇の場合ー」適塾記念講演会、大阪大学中之島センター、2006年11月29日。
【14】「劇作家としてのセネカ」日本西洋古典学会シンポジウム「セネカとその時代」パネリスト、青山学院大学、2007年6月2日。

【学会活動他】
所属学会 日本西洋古典学会、日本演劇学会、地中海学会、日本英文学会、美学会

日本西洋古典学会 委員(1998年〜2010年)
日本演劇学会 理事(2006年−2008年)
日本演劇学会関西支部幹事(1983年−2003年)

東北大学大学院国際文化研究科外部評価委員会委員長(2006年)

日本学術会議西洋古典学研究連絡委員会委員(1998年−2002年)

【その他の活動】
【1】1979年:『世界伝記大事典』(ほるぷ出版):ローマ史関係の校閲。
【2】1979年:神澤和夫創作舞踊研究所プロデュース『ギリシア悲劇メデイア』上演の監修(大阪サンケイホール)。
【3】1980年6月〜1991年12月:京都新聞「新劇時評」担当。夕刊、毎月1回。
【4】1992年2月:第13回京都演劇フェスティヴァル一般部門審査委員。
【5】1994年1月〜現在に至る:十三夜会(関西の演劇評論家のグループ)に所属。
【6】1998年7月30日:アルティ・ブヨウフェス・シンポジウム「関西舞踊の現状」のパネリスト。
【7】1999年2月11日:アルティ・ブヨウフェス、作品の批評。
【8】2000年2月11日:アルティ・ブヨウフェス、作品の批評。
【9】2004年2月28日:アルティ・ブヨウフェスティヴァル、作品の批評。