ギリシア語・ラテン語に関するメモ
 西洋古典学関連のリンク: 日本西洋古典学会  山下太郎のラテン語入門


ラテン語辞書に関する案内
國原吉之助『古典ラテン語辞典』(大学書林、2005)ついに本格的なラテン語辞典が出ました。しかもお一人の手で。國原先生には直接教室で習ったということがないのですが、いろいろなところで教えを受けました。
田中秀央『羅和辞典』(研究社、1952,1966)例文がないので、いわば単語帳。しかし、骨の名前であるとか、動植物の名前とかを調べるときは便利。
木下文夫『和羅辞典』(国際語学社、2000)
C.T.Lewis, An Elementary Latin Dictionary(Oxford University Press, 1891)基本的に持って利用すべき辞典。
C.T.Lewis, A Latin Dictionary for Schools(Oxford, 1889)上記の辞典と下記の辞典の中間。
C.T.Lewis & C.Short, A Latin Dictionary(Oxford, 1879) P.G.W.Glareの下記の辞典が出るまでは羅英辞書の一番大きなものでした。
P.G..W.Glare, Oxford Latin Dictionary(Oxford, 1982) 現在、羅英で一番詳しい。
James Morwood, The Pocket Oxford Latin Dictionary(Oxford, 1913) 羅英のほかに英羅もあり、その点では便利。 
D.P.Simpson, Cassell's Latin Dictionary(Macmillan Publishing Company, New York, 1959)これも羅英と英羅の辞書です。上記のものよりは詳しい。
Chambers Murray, Latin-English Dictionary(Edinburgh, 1933, 1976,1995)LewisのElementaryとやや似ています。ただ、印刷の仕上がりが悪く見にくいところがある。
John C. Traupman, The New Collge Latin and English Dictionary(Bantam Books, 1966, 2007)小さく、値段も安いのですが、その割には、単なる単語帳よりは少しだけ上。英羅と羅英。
Collins Gem Latin Dictionary(Glasgow, 1957)
Erich Pertsch, Langensheidt Handwoerterbuch Lateinisch-Deutsch(Langenscheidt, Berlin, 1971)
Felix Gaffiot, Le Grand Gaffiot Dictionnaire Latin-Francais(Hachette, 2000)
 【続く】


西洋古典に関する案内
ラテン文法
泉井久之助『ラテン広文典』(白水社)私が水野先生にラテン語を習った時の教科書。わがmagister は、ほとんどこれを使われず。また、練習問題があまりないので、マクミランの Shorter Latin Course から先生自ら手書きで写したものをコピーして使いました。今から30数年前の話。この本も絶版でしょう。泉井先生の言語学概論の講義や、ウェルギリウスの演習にもその後出席しました。古きよき時代の大学です。復刻版が出ました!
松平千秋・國原吉之助『新ラテン文法』(東洋出版)
中山恒夫『標準ラテン文法』(白水社)
小林標『独習者のための楽しく学ぶラテン語』(大学書林)
これら3冊の本は、私が教科書として過去に使ったことがあるもの、あるいは現在使っているものです。教科書ですから、積み上げ型の構成になっています。

中山恒夫『ラテン語練習問題集』(白水社)
名詞、動詞等の活用の練習問題集。
●小林標『ラテン語文選』(大学書林)
●Richard E. Prior and Joseph Wohlberg, 501 Latin Verbs(Barron's Educational Series, Inc.: Hauppauge, NY,1995)

文字通り501個のラテン語動詞の活用表です。未来命令(第2命令)と未来受動相不定詞を除いた、すべての変化形が載せられています。まあ、こんな本を買うよりは、自分で変化表を作った方がよっぽど勉強になるとは思いますが。

文学史
松本・岡・中務編『ギリシア文学を学ぶ人のために』(世界思想社)
●松本・岡・中務編『ラテン文学を学ぶ人のために』(世界思想社)
●逸身喜一郎『ギリシャ・ローマ文学―韻文の系譜』(放送大学教育振興会)


ラテン語の『ハリー・ポッター賢者の石』を見つけました。Harius Potter et Philosophi Lapis(translated by Peter Needham), Bloomsbury, 1997
ラテン語の『星の王子様』
  Regulus vel Pueri Soli Sapiunt(A Harvest Book, 1985) サンテクジュペリもびっくりのラテン語訳です。
●『熊のプーさん』のラテン語版があります。
  Milne(translated by Staples), Winnie Ille Pu Semper Ludet(Dutton:New York, 1980).
●ラテン語で話をしたいという要望を時々聞きますので、それに役立つ本の紹介。
 ・『現代ラテン語会話』(大学書林):カペラーヌス(もちろんペンネーム)が書いた本の日本語訳。
   「ラテン語を話しますか?」ラテン語がわかりますか?」「ラテン語ができますか?」
というような文章から始まっています。
 ・John C. Traupman, Conversational Latin for Oral Proficiency, 2nd edition(Wauconda, 1999)
   Hello! What is your name? というようなところから始まっています。

 まだまだありますが、またのお楽しみに。

街角のギリシア語・ラテン語
●車の名前 
 【トヨタ】PRIUS , IPSUM, CELSIOR, GAIA, COROLLA, CORONA, BREVIS, CARINA 【ホンダ】ODYSSEY 【日産】GLORIA 【ダイハツ】ESSE
ブランド AQUASCUTUM, NIKE 
京都の町
   レストランERGO BIBAMUS(河原町丸太町東入る川端)「さあ、飲もう」
   INOBUN ビル(四条河原町) FESTINA LENTE「ゆっくり急げ」 DUM SPIRO, SPERO「私が息をしている間は、私は希望を抱いている」
   OMNIA VINCIT AMOR.「愛はすべてに打ち勝つ」      VITAE SAL AMICITIA「友情は人生の塩」


ラテン語の挨拶
  こんにちは。ご機嫌いかがですか?   Salve!  Ut vales?
  さようなら。  Vale.  または、Bene vale. 

ラテン語の語彙を増やしたい人・・・クロスワード・パズルがいいかも!
こんな本があります。Robinett & Allen, Easy Latin Crossword Puzzles(Passport Books, 1999).

●ラテン語で「痛い!」は、'oiei!'(Plautus, M.G., 1406) .
ラテン語で「がんばって」「しっかりしろ」は、'habe bonum animum!'.


ラテン語のニュースを読んだり、聞いたりしたい方に次のようなサイトがあります。これはフィンランドからの発信です。

      http://www.yle.fi/fbc/latini/trans.htm

●ポピュラーな歌をラテン語で歌いたい人には、次のようなラテン語訳歌集があります。
 Franz Shlosser, Latine Cantemus: Cantica popularia Latine reddita(Bolchazy-Carducci Publishers, Inc., 1996)